萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「マツダCX-3」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

メーカー直撃取材!「マツダCX-3」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

美しいボディデザインを持つコンパクトSUVのマツダCX-3。このクラスで唯一のディーゼルエンジンが搭載され人気のモデルです。

今回はそんなCX-3のすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーをご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

パールやツートーンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もありますが、新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じです。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることをご存じでしょうか? 中古車市場での人気が影響し、白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。

他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はしっかりと考えてボディカラーを選ぶことが大事です。今回はコンパクトSUVの中では唯一ディーゼルエンジンを搭載するマツダCX-3のボディカラーについて検証していきましょう。

一本化用CX-3

マツダCX-3の人気カラーベスト3を発表!

マツダCX-3の人気カラーベスト3を発表!

カルモマガジン編集部がマツダ広報部に独自取材を行い、判明したCX-3の最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはCX-3のカタログモデルに加えて、現在販売、発表されている特別仕様車を含んだ順位です。

長いモデルライフの中でボディカラーはデビュー当初とは変わっていますが、CX-3には現在全8色のボディカラーが設定されています。

人気第1位はマツダらしく「ソウルレッドクリスタルメタリック」

人気第1位はマツダらしく「ソウルレッドクリスタルメタリック」

このボディカラーは2017年6月の一部改良で、ソウルレッドプレミアムメタリックから変更されました。全グレードに設定されており、+6万6000円の有償色となりますが、CX-3だけでなく、マツダ車を象徴するボディカラーです。

第2位は「セラミックメタリック」

第2位は「セラミックメタリック」

写真は2015年2月登場時のモデルです

デビュー当初から設定されているボディカラーで安定した人気を誇ります。薄いグレーで汚れが目立たないというのも人気のポイントでしょうか。

第3位は「スノーフレイクホワイトパールマイカ」

第3位は「スノーフレイクホワイトパールマイカ」

+3万3000円の有償色ですが、CX-3でも白(パール)は安定した人気を誇ります。また100周年の特別記念車のボディカラーに設定されています。

マツダCX-3のカラーバリエーションを全紹介!

ソウルレッドクリスタルメタリック

ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダCX-3で人気第1位のボディカラーとなったソウルレッドクリスタルメタリック。匠塗というマツダ独自の塗装技術によって彩度と深みを増した、従来のワインレッド系とは一線を画すカラーです。+6万6000円の有償色ですが、マツダファンはこの色に惚れ込む人が多く断トツの人気を誇ります。

セラミックメタリック

セラミックメタリック

写真は2015年2月登場時のモデルです

ホワイトとシルバーがほどよく調和した、自己主張の控えめなカラーで街中に自然と溶け込むのが特徴です。見る角度や明るさによってさまざまな表情を見せてくれるので、控えめでありながらもジワジワと満足感が増すでしょう。1台の車を長く乗る人にピッタリです。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

スノーフレイクホワイトパールマイカ

従来のホワイトはクリームカラーを入れたものが多いなかで、マツダは「スノーフレイク(雪の結晶)」という名称のとおり純白に近いホワイトを表現しているのが特徴。+3万3000円の有償色ですが、シンプルながら奥ゆかしくもある、マツダらしさが表れているホワイトは不動の人気があります。

ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカ

写真は2015年2月登場時のモデルです

ジェットブラックマイカは、マイカ(雲母)を使うことでキラキラとした真珠のような輝きを放ち、深みのあるブラックに仕上がっているのが特徴です。汚れやほこりが目立ちやすいカラーでもあるため、こまめに洗車をしてきれいに乗りこなせる人におすすめです。

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカ

写真は2015年2月登場時のモデルです

ディープクリスタルブルーマイカは、深みがあるブルーで落ち着きと若さを備えたイメージがあります。主張が強いカラーでありながら濃すぎず明るすぎず、ほどよい重厚感を印象付けるため、オシャレ感度の高い人にカッコよく乗ってほしいカラーです。

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカ

エターナルブルーマイカは、明るい印象のスカイブルー系に分類されますが、パステル調ではなく金属感が強めなのが特徴。今にも動き出しそうなくらい活動的な印象があるため、スポーツマンなど、爽やかな男性にピッタリです。

マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレープレミアムメタリックは、鉄を削り出したかのようなリアルな金属感が楽しめカラー。マツダ独自の技術・匠塗によって、2層に塗られたグレーの濃淡さが手塗りのような色彩が表現されています。シックさにスポーティな一面がプラスされます。+5万5000円の有償色になります。

ポリメタルグレーメタリック

ポリメタルグレーメタリック

ポリメタルグレーメタリックは、メタリック感のないブルーカラー。雨や洗車でボディが濡れたときはマットグレーにも見えて、他にない独特な質感があります。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全8色用意されているマツダCX-3のボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー

「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。マツダ独自の塗装によるレッドは、唯一無二の存在で評価も高く安定したニーズがあります。

気取らないカラー

気取らないカラー

写真は2015年2月登場時のモデルです

「セラミックメタリック」です。どのシーンにも溶け込む無難なカラーでありながら、表情豊かな一面もあり飽きずに乗れるでしょう。

クールなカラー

クールなカラー

写真は2015年2月登場時のモデルです

深みがあるブルーが特徴の「ディープクリスタルブルーマイカ」です。ハイセンスの持ちおもなら、TPOに合わせてオシャレに乗りこなしてくれるでしょう

個性的なカラー

個性的なカラー

「マシーングレープレミアムメタリック」でしょう。リアルな金属感が近未来的なイメージも醸しだし、メカ好きの心を虜にしそうなカラーです。

美しいスタイルのマツダCX-3には個性的なカラーがよく似合う!

美しいスタイルのマツダCX-3には個性的なカラーがよく似合う!

コンパクトカーのSUVのロングセラーであるCX-3。その美しいボディにはマシーングレープレミアムメタリックやポリメタルグレーメタリックといった個性的なカラーを選びたい方も多いのではないでしょうか。ただ、そのようなカラーは人気色ではないため、普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

マツダCX-3の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のマツダCX-3の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr