ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す
寄稿記事
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「トヨタパッソ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

「トヨタパッソ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

コンパクトカーながら軽自動車並みの価格で人気のトヨタパッソ。OEM元のダイハツが軽自動車で培ったノウハウが投入された、その使いやすさにも定評があります。そんなパッソのすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーをご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

パールやツートンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もありますが、新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じです。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることをご存じでしょうか? 中古車市場での人気が影響し、白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はしっかりと考えてボディカラーを選ぶことが大事です。今回は軽自動車に対抗するコンパクトカーとして登場したトヨタパッソのボディカラーについて検証していましょう。

トヨタパッソの人気カラーベスト3を発表!

トヨタパッソの人気カラーベスト3を発表!

カルモマガジン編集部がトヨタ広報部に独自取材を行い、判明したパッソの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはパッソの通常のカタログモデルに加えて、現在販売されている特別仕様車を含んだ順位です。コンパクトカーらしく、豊富なボディカラーが設定されているパッソはモノトーン12色、2トーン7色の合計19色のボディカラーが設定されています。そのボディカラーのうち、一部のボディカラーはXシリーズ、MODAという2タイプのうち、どちらか一方のモデルのみに設定というものもあります。

第1位は意外や「ブライトシルバーメタリック」

第1位は意外や「ブライトシルバーメタリック」

このボディカラーは全グレードに設定されており、人気色の定番である白(パール)を抑えて堂々のNo.1となりました。法人車としても使われているパッソらしい結果かもしれません。

第2位も驚きの「ダークエメラルドマイカ」

第2位も驚きの「ダークエメラルドマイカ」

この色も全グレードに設定されており、落ち着いた雰囲気が漂うボディカラーです、MODAには+5万5000円の有償色として、2トーンカラー仕様が設定されています。

第3位はようやく定番の「パールホワイトIII」

第3位はようやく定番の「パールホワイトIII」

このパールホワイトIIIも全グレードに+3万3000円の有償色として設定されているボディカラーで、XシリーズにはこのパールホワイトIIIに加えて、ソリッドなホワイトも用意されています。またMODAには+7万7000円で2トーンルーフ仕様が有償色として設定されています。

パッソのカラーバリエーションを全紹介!

ブライトシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリック

パッソのボディカラー人気ナンバー1に輝いたブライトシルバーメタリック。その名前のとおり明るいシルバーで、老若男女問わずマッチする定番色です。Xシリーズ、MODAの両シリーズにモノトーンのみ設定されています。

ダークエメラルドマイカ/ダークエメラルドマイカ×ブラックマイカメタリック

ダークエメラルドマイカ/ダークエメラルドマイカ×ブラックマイカメタリック1

ダークエメラルドマイカ/ダークエメラルドマイカ×ブラックマイカメタリック2
パッソの人気ボディカラー2位に輝いたダークエメラルドマイカ。この色は上質さを追求したMODAのイメージカラーとなっています。すべてのモデルに設定されていますが、MODAには+5万5000円でダークエメラルドマイカ×ブラックマイカメタリックという2トーンカラー仕様もオプション設定されています。

パールホワイトIII/パールホワイトIII×ブラックマイカメタリック

パールホワイトIII/パールホワイトIII×ブラックマイカメタリック

人気ボディカラー第3位のパールホワイトIII。一般的に白(パール)のボディカラーは人気No.1になりがちですが、+3万3000円という有償色だけに価格重視のパッソユーザーが敬遠したのかもしれません。全モデルに設定されていますが、MODAには+7万7000円でパールホワイトIII×ブラックマイカメタリックという2トーンルーフ仕様も用意されています。

ファイヤークォーツレッドメタリック/ファイヤークォーツレッドメタリック×ブラックマイカメタリック

ファイヤークォーツレッドメタリック/ファイヤークォーツレッドメタリック×ブラックマイカメタリック1

ファイヤークォーツレッドメタリック/ファイヤークォーツレッドメタリック×ブラックマイカメタリック2

印象的な真っ赤なボディカラーがファイヤークォーツレッドメタリックです。全モデルに設定されていますが、MODAには+5万5000円でファイヤークォーツレッドメタリック×ブラックマイカメタリックという2トーンルーフ仕様が設定されています。

マゼンダベリーマイカメタリック/マゼンダベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック

マゼンダベリーマイカメタリック/マゼンダベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック1

マゼンダベリーマイカメタリック/マゼンダベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック2

ビビッドな濃いピンク色のボディカラーがゼンダベリーマイカメタリックです。全モデルに設定されていますが、MODAには+5万5000円でマゼンダベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリックという2トーンルーフ仕様が設定されています。

バウンダリーベージュメタリック/バウンダリーベージュメタリック×ブラックマイカメタリック

バウンダリーベージュメタリック/バウンダリーベージュメタリック×ブラックマイカメタリック1

バウンダリーベージュメタリック/バウンダリーベージュメタリック×ブラックマイカメタリック2

兄弟車のダイハツブーンでは一番人気だったのが、このバウンダリーベージュメタリックです。この違いを見てもパッソとは購入層の違いがハッキリと表れています。全モデルに設定されていますが、MODAには+5万5000円でバウンダリーベージュメタリック×ブラックマイカメタリックという2トーンルーフ仕様が設定されています。

ブリリアントカッパークリスタルマイカ/ブリリアントカッパークリスタルマイカ×ブラックマイカメタリック

ブリリアントカッパークリスタルマイカ/ブリリアントカッパークリスタルマイカ×ブラックマイカメタリック

2018年のマイナーチェンジで、ディープブルークリスタルマイカに代わって追加されたのが、このブリリアントカッパークリスタルマイカです。光沢のある茶色のボディカラーで、MODAのみに+3万3000円の有償色として設定されています。さらに、+7万7000円でブラックルーフの2トーンカラー仕様も選ぶことが可能です。

レモンスカッシュクリスタルメタリック/レモンスカッシュクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック/レモンスカッシュクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック1

レモンスカッシュクリスタルメタリック/レモンスカッシュクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック2

コンパクトカーだからこそ似合うポップな黄色のボディカラーがレモンスカッシュクリスタルメタリックです。この色は全モデルに設定されていますが、MODAには+5万5000円で2トーンルーフ仕様が設定されています。

プラムブラウンクリスタルマイカ

プラムブラウンクリスタルマイカ

落ち着いたコゲ茶のボディカラーがプラムブラウンクリスタルマイカです。Xシリーズ、MODAすべてのモデルに+3万3000円の有償色として設定されています。

ファインブルーマイカメタリック

ファインブルーマイカメタリック

南国の空のような透明感のある水色が、ファインブルーメタリックです。すべてのモデルに設定されています。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

定番色の黒です。マイカメタリックという塗料を使用することで、漆黒の中にも輝きを放ちます。すべてのモデルに設定されています。

ホワイト

ホワイト

ビジネスモデルなどに採用されるのが、ソリッドのホワイトです。このボディカラーはXシリーズのみに設定されています。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全19色用意されているパッソのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー1

売るときに有利なカラー2

売るときに有利なカラー3

一般的な人気色である白(パール)、黒、シルバーは売却時に有利なことが多いのが通例です。パッソでも人気のボディカラーナンバー1となった「ブライトシルバーメタリック」をはじめ、「パールホワイトIII」といった定番色は外せません。人気第2位となったダークエメラルドマイカは、特に上級モデルであるMODAの丸目のヘッドライトとの組み合わせで、どこか人気輸入車のミニのような雰囲気が漂います。

気取らないカラー

気取らないカラー1

気取らないカラー2

気取らないカラー3

老若男女を問わず似合うボディカラーとして「ブラックマイカメタリック」「バウンダリーベージュメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」を挙げたいと思います。中でもバウンダリーベージュメタリックはオシャレ度も高くおすすめの色です。

クールなカラー

クールなカラー1

クールなカラー2

コンパクトカーのパッソだから似合う「ファインブルーマイカメタリック」と「レモンスカッシュクリスタルメタリック」を挙げましょう。都会のモノトーンだけでなく、自然の多彩な色彩の中でも存在感をアピールできる色だからです。

個性的なカラー

個性的なカラー1

個性的なカラー2

個性的なカラー3

「マゼンダベリーマイカメタリック」「ファイヤークォーツレッドメタリック」といった小さなボディでも存在感をアピールできる鮮やかなボディカラー、そして質感の高さを主張できる「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」とします。

コンパクトなパッソにはビビッドカラーがよく似合う!

コンパクトなパッソにはビビッドカラーがよく似合う!

鮮やかなボディカラーを用意しているコンパクトカーのパッソ。Xシリーズ、MODAとモデルによって設定されているボディカラーが異なっているのが特徴です。街でよく見かける車種だけに「ファインブルーマイカメタリック」や「レモンスカッシュクリスタルメタリック」、そして「マゼンダベリーマイカメタリック」のようなビビッドな色で個性を主張したいところですが、普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係なく自分の好きなボディカラーを選べるメリットがあるのです。

メルマガ登録

※記事の内容は2020年4月時点の情報で制作しています。

トヨタパッソの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタパッソの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード