萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

メーカー直撃取材!「トヨタRAV4」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

メーカー直撃取材!「トヨタRAV4」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

SUVの先駆けとして登場したトヨタRAV4。一時期、日本では販売が休止していましたが2019年にデビューした現行型でアクティブなミドルクラスSUVとして見事に復活を遂げました。

今回はそんなトヨタRAV4のすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーをご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

パールやツートーンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もありますが、新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じです。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることをご存じでしょうか? 中古車市場での人気が影響し、白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。

他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はしっかりと考えてボディカラーを選ぶことが大事です。今回は2019年に日本市場に復活するやいなや、ヒットモデルとなったミドルサイズSUVのトヨタRAV4のボディカラーについて検証していきましょう。

停止中RAV4

トヨタRAV4の人気カラーベスト3を発表!

トヨタRAV4の人気カラーベスト3を発表!

カルモマガジン編集部がトヨタ広報部に独自取材を行い、判明したRAV4の最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはRAV4(ガソリン車/ハイブリッド車)のカタログモデルの順位です。標準車とアドベンチャーという2つのモデル体系をもつRAV4はSUVとしては多彩な全12色のボディカラーが設定されています。そのボディカラーのうちシアンメタリック、アティチュードブラックマイカ、グレーメタリック、アーバンカーキの4色はアドベンチャーグレードならツートーンカラーを選ぶこともできます。

第1位はガソリン車が「アティチュードブラックマイカ」、ハイブリッド車は「ホワイトパールクリスタルシャイン」

第1位はガソリン車が「アティチュードブラックマイカ」、ハイブリッド車は「ホワイトパールクリスタルシャイン」1

第1位はガソリン車が「アティチュードブラックマイカ」、ハイブリッド車は「ホワイトパールクリスタルシャイン」2

この2色のボディカラーは全グレードに設定されており、ホワイトパールクリスタルシャインは+3万3000円の有償色となります。RAV4のタフギアな雰囲気をシャープに演出するアティチュードブラックマイカ、ハイブリッド車のクリーンなイメージを強調するホワイトパールクリスタルシャインが人気となっています。

第2位はガソリン車が「ホワイトパールクリスタルシャイン」、ハイブリッド車は「アティチュードブラックマイカ」

第2位はガソリン車が「ホワイトパールクリスタルシャイン」、ハイブリッド車は「アティチュードブラックマイカ」1

第2位はガソリン車が「ホワイトパールクリスタルシャイン」、ハイブリッド車は「アティチュードブラックマイカ」2

1位と順番が入れ替わりました。RAV4でも白(パール)、黒という定番色は強さを発揮しています。

第3位はガソリン車が「アーバンカーキ」、ハイブリッド車は「グレーメタリック」

第3位はガソリン車が「アーバンカーキ」、ハイブリッド車は「グレーメタリック」1

第3位はガソリン車が「アーバンカーキ」、ハイブリッド車は「グレーメタリック」2

こうして見てみると、RAV4はガソリン車を選ぶユーザーのほうがアクティブな人が多いのではないでしょうか。

コンシェルジュに相談

トヨタRAV4のカラーバリエーションを全紹介!

アティチュードブラックマイカ/アティチュードブラックマイカ×アッシュグレーメタリック

アティチュードブラックマイカ/アティチュードブラックマイカ×アッシュグレーメタリック1

アティチュードブラックマイカ/アティチュードブラックマイカ×アッシュグレーメタリック2

RAV4で人気第1位、そしてRAV4ハイブリッドで第2位と上位を占めたアティチュードブラックマイカ。ブラックは定番カラーのひとつですが、さらに重厚感と都会的な雰囲気が増した発色になり、夜にも映えるところが人気の理由でしょう。アウトドアテイストなRAV4のボディを引き締めて見せる効果もあります。アドベンチャーのみアティチュードブラックマイカ×アッシュグレーメタリックのツートーンカラーが+5万5000円で選べます。

ホワイトパールクリスタルシャイン

アティチュードブラックマイカ/アティチュードブラックマイカ×アッシュグレーメタリック

RAV4で第2位、RAV4ハイブリッドで第1位と、こちらも人気のホワイトパールクリスタルシャイン。「ホワイトパール」という名のとおり、真珠のように少しクリームがかった上品な色合いが特徴。都会的な洗練された高級感が、乗るときのテンションをさらに高めてくれます。+3万3000円の有償色で、アドベンチャーには設定されていません。

アーバンカーキ/アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック

アーバンカーキ/アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック1

アーバンカーキ/アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック2

アーバンカーキはベースのグレーにくすんだグリーンを混ぜたようなアースカラーで、マット感のある色合いが特徴。メタリック感がなく、RAV4の無骨感がほどよく強調される点も魅力です。ミリタリー感のあるカラーは、アウトドア好きなどアクティブな男性の心を引きつけるでしょう。アドベンチャーの専用色で、+5万5000円でツートーンカラーのアーバンカーキ×アッシュグレーメタリックも選べます。

グレーメタリック/グレーメタリック×アッシュグレーメタリック

グレーメタリック/グレーメタリック×アッシュグレーメタリック1

グレーメタリック/グレーメタリック×アッシュグレーメタリック2

グレーメタリックは同系色のシルバーメタリックと同じくプレスラインを境に陰影感が出て、ボディラインをハッキリ見せてくれるのが特徴。シルバーメタリックはシャープで洗練された印象になりますが、このグレーメタリックは重厚感が高まります。アドベンチャーの専用色で、グレーメタリック×アッシュグレーメタリックのツートーンカラーも+5万5000円で選択できます。

シルバーメタリック

シルバーメタリック

シルバーメタリックは、プレスラインを境に明暗をくっきり見せてくれるのが特徴。力強いボディがイメージできるため、男性にファンが多いカラーです。シルバーは傷や汚れが目立ちにくいため、こまめなケアや洗車が面倒な人にもおすすめ。Adventureには設定されていません。

センシュアルレッドマイカ

センシュアルレッドマイカ

センシュアルレッドマイカは、エンジ色に近い深みのあるレッドでどこか大人な雰囲気があり、上品さと落ち着きを感じさせてくれます。女性に好まれそうなカラーです。+3万3000円の有償色になります。

ダークブルーマイカ

ダークブルーマイカ

ダークブルーマイカは、実際にはネイビーに近く落ちついた色のトーンで仕上げられています。太陽の光を受けて走ると、マイカ塗装に含まれるキラキラと輝く雲母が反射して煌びやかさを演出します。Adventureには設定されていません。

シアンメタリック/シアンメタリック×アッシュグレーメタリック

シアンメタリック/シアンメタリック×アッシュグレーメタリック1

シアンメタリック/シアンメタリック×アッシュグレーメタリック2

シアンメタリックは、ビビットなブルーで突き抜けるような爽快感があります。ボディが大きめのRAV4なら、どんなシーンでも派手に目立つでしょう。アドベンチャーの専用色で、+5万5000円でツートーンカラーのシアンメタリック×アッシュグレーメタリックが選べます。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全12色用意されているトヨタRAV4/RAV4ハイブリッドのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー

「アティチュードブラックマイカ」です。定番カラーとして男性だけでなく、若者や女性にも支持されているため売価も安定しています。

気取らないカラー

気取らないカラー

「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。洗練された色味はシンプルさと清潔感があり、ビジネスやファミリーどちらのシーンでもマッチします。

クールなカラー

クールなカラー

「アーバンカーキー」でしょう。ありそうでないマットなアースカラーをオシャレに乗りこなす若い男性も増えています。

個性的なカラー

個性的なカラー

明るいブルーが特徴的な「シアンメタリック」です。普通のカラーに飽きた人は、遊び心満載のこのカラーにぜひチャレンジしてRAV4を堪能してみてはいかがでしょう。

タフギアなデザインのRAV4には個性的なカラーがよく似合う!

タフギアなデザインのRAV4には個性的なカラーがよく似合う!

直線的なデザインを採用しタフギア感があふれるRAV4。グレードによって設定されているボディカラーが異なるのが特徴です。RAV4の中で最も悪路走破性に優れたアドベンチャーではかつて存在したFJクルーザーを彷彿させるポップなボディカラーを用意していますが、普通の購入では売却時の査定額を気にして手を出しづらいかもしれません。

しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係ないので、自分の好きなボディカラーを選べるというメリットがあるのです。

※記事の内容は2020年6月時点の情報で制作しています。

トヨタRAV4の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタRAV4の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr