萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタシエンタ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

「トヨタシエンタ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

コンパクトミニバンとして抜群の人気を誇るトヨタシエンタ。2019年8月には軽自動車を除く販売ランキングで初の1位を獲得しました。今回はそんなシエンタのすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーもご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じですが、パールやツートーンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もあります。一方で手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることはご存じでしょうか? 白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。それは中古車市場での人気が影響するからです。 他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はボディカラーをしっかりと考えて選ぶことが大事です。
今回は人気のコンパクトミニバン、トヨタシエンタの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がおすすめするカラーなどを紹介します。

トヨタシエンタの人気カラーベスト3を発表!

トヨタシエンタの人気カラーベスト3を発表!

トヨタ広報部に独自取材を行い、判明したシエンタの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはシエンタ(ガソリン車/ハイブリッド車)のカタログモデルに加えて、現在販売されている特別仕様車を含んだ順位です。
2015年に登場した現行型シエンタはデビュー当初、「モノトーン」と呼ぶ9色、そしてブルーやブラウンをアクセントカラーに使用した「フレックストーン」5色の合計14色を用意していました。2018年9月にマイナーチェンジを行い、モノトーンのボディカラーは「レッドマイカメタリック」と「グリーンマイカメタリック」が廃止され、新たに「ベージュ」「センシュアルレッドマイカ」「ラディアントグリーンメタリック」が追加され合計10色となっています。またフレックストーンも廃止され、その代わりにブラックやブラウンルーフのツートーンカラーが6色用意されています。

第1位は定番中の定番「ホワイトパールクリスタルシャイン」

第1位は定番中の定番「ホワイトパールクリスタルシャイン」

オーナーの生活を彩る、様々なカラーバリエーションを用意するシエンタのボディカラーで人気第1位となったのは、他の車種でも人気の高い「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。このボディカラーはオプション設定で+33,000円の有償色となりますが、コンパクトミニバンの人気モデル、シエンタでも白(パール)の人気は高くなっています。

第2位も定番カラー「ブラックマイカ」

第2位も定番カラー「ブラックマイカ」

続く第2位に輝いたのは「ブラックマイカ」です。こちらも白(パール)と同様にどんなクルマでも定番となっていますが、ファミリーユースが中心のシエンタでもブラックの人気は高いことに、ある種の感慨があります。

第3位もやはり定番「シルバーメタリック」

第3位もやはり定番「シルバーメタリック」

そして、第3位は「シルバーメタリック」となりました。汚れが目立ちにくいということもあり、幅広い人にシルバーが選ばれているようです。この上位3色はすべてのグレードで選べるカラーとなっています。

シエンタですら定番の白と黒のシルバー支持が高い

ポップなデザインとカラフルなボディーカラーを用意するシエンタでさえも白、黒、そしてシルバーが上位を占める結果となりました。販売ランキング上位の常連ということで、やはり日本人の好みが反映されているのでしょう。
※順位はガソリン車、ハイブリッド車を合算したものです。

シエンタのカラーバリエーションを全紹介!

スーパーホワイトII

スーパーホワイトII

雪のような透き通る白が特徴の「スーパーホワイトII」。この色は車いす仕様車のみに設定されています。

ホワイトパールクリスタルシャイン/ホワイトパールクリスタルシャイン×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン2

ホワイトパールクリスタルシャイン×ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

シエンタの人気ボディカラー1位に輝いた「ホワイトパールクリスタルシャイン」。全グレードにオプション設定されており、+3万3,000円の有償色となっています。また、+7万7,000円でルーフが「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」に塗られたツートーンカラーも選べます。

シルバーメタリック

シルバーメタリック2

シエンタの人気ボディカラー第3位となった「シルバーメタリック」。最近シルバーは濃淡2色設定されることが多いのですが、シエンタはこのシルバーメタリックのみとなっており、全グレードで選ぶことができます。

ブラックマイカ

ブラックマイカ

シエンタの人気ボディカラーで第2位となった「ブラックマイカ」。ファミリーカーでもカッコ良さを求めるお父さんが積極的に選んでいるのでしょう。このブラックマイカも全グレードで選ぶことができます。

センシュアルレッドマイカ/センシュアルレッドマイカ×ブラックマイカ

センシュアルレッドマイカ

センシュアルレッドマイカ×ブラックマイカ

2018年9月のマイナーチェンジで追加された「センシュアルレッドマイカ」。鮮やかな赤色で、+3万3,000円のオプション設定となっています。さらに+7万7,000円で「ブラックマイカ」ルーフのツートーンカラーも選ぶことができます。

ベージュ/ベージュ×ブラックマイカ

ベージュ_1

ベージュ×ブラックマイカ2

2018年9月のマイナーチェンジで追加された2列シート仕様、ファンベースの専用カラーとして登場したのが「ベージュ」。+5万5,000円のオプションとして「ブラックマイカ」ルーフのツートーンカラーも選ぶことができます。

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン/ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン×ブラックマイカ

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン×ブラックマイカ2

深みと鮮やかさを併せ持つ都会的な大人のブラウンが「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」です。+3万3,000円の有償色ですが、落ち着いた雰囲気が漂います。さらに+7万7,000円で「ブラックマイカ」ルーフのツートーンカラーも選ぶことができます。

エアーイエロー/エアーイエロー×ブラックマイカ

エアーイエロー

エアーイエロー×ブラックマイカ2

現行型シエンタのイメージカラーとなっているのが、鮮やかな黄色である「エアーイエロー」です。軽快で楽しくアクティブなイメージで、家族みんなで出掛ける際に気分を高めてくれそうな色です。+5万5,000円で「ブラックマイカ」ルーフのツートーンカラーも選ぶことができます。

ラディアントグリーンメタリック/ラディアントグリーンメタリック×ブラックマイカ

ラディアントグリーンメタリック

ラディアントグリーンメタリック×ブラックマイカ2

2018年9月のマイナーチェンジの際に追加された新色「ラディアントグリーンメタリック」。この色は3列シート車の専用カラーとなっています。そして+5万5,000円で「ブラックマイカ」ルーフのツートーンカラーも選ぶことができます。

ブルーメタリック

ブルーメタリック

鮮やかな印象の深みのある青のボディカラーが「ブルーメタリック」です。車いす仕様車を含めて全グレードで選ぶことが可能です。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全16色用意されているシエンタのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー1

売るときに有利なカラー2

売るときに有利なカラー3

一般的な人気色である白(パール)、黒、シルバーは外せないでしょう。シエンタのボディカラー人気上位となった「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラックマイカ」「シルバーメタリック」としました。

気取らないカラー

気取らないカラー1

気取らないカラー2

「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」や「ブルーメタリック」はポップすぎず、落ち着いた雰囲気が特徴です。「ブルーメタリック」なら車いす仕様車でも選べます。

クールなカラー

クールなカラー1

クールなカラー2

「ベージュ」と「ラディアントグリーンメタリック」です。ベージュは2列シート車、ラディアントグリーンメタリックは3列シート車の専用色となっているように、使う人の目的にしぼったボディカラーといえるでしょう。

個性的なカラー

個性的なカラー

イメージカラーの「エアーイエロー」でしょう。街に埋没することなく、遠くからでもシエンタと一目でわかるビビットなボディカラーです。

ポップなシエンタには個性的なカラーを!

コンパクトミニバンのベストセラーモデルであるシエンタ。街や郊外にあるシッピングモールなどでよく見かけるクルマだけに、定番の色をあえて外してイメージカラーの「エアーイエロー」や「ベージュ」「ラディアントグリーンメタリック」など個性的な色を選びたいものです。
普通は売却時の査定額が気になって、そのような個性的なカラーは正直手を出しづらいかもしれません。しかし定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係なく自分の好きなボディカラーを選べるメリットがあります。

※記事の内容は2020年2月時点の情報で制作しています。

トヨタシエンタ の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタシエンタの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr