萩原文博
寄稿記事(上級者向け)
モータージャーナリスト
萩原文博はぎはらふみひろ

「トヨタヴェルファイア」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

「トヨタヴェルファイア」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

圧倒的な存在感で高い人気を誇るトヨタの大型高級ミニバン・ヴェルファイア。いまやハイヤーや要人送迎車としても活躍する高級車ですが、ボディカラーもそれにふさわしい色がそろっています。そんなヴェルファイアのすべてのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別のカルモマガジン編集部おすすめカラーもご紹介します。

ボディカラー選びはなぜ重要?

新車を購入する際にボディカラーは基本色であれば価格は同じですが、パールやツートーンカラーなど追加料金が必要な有償色の設定がある車種もあります。しかし、手放すときはボディカラーによって下取りや買取りの査定額が変わることはご存じでしょうか? 白(パール)、黒を基準にシルバーが少し安く、黄色や赤などの個性的な色はさらに安くなる傾向があります。それは中古車市場での人気が影響するからです。 他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。クルマを購入する際はボディカラーをしっかりと考えて選ぶことが大事です。
今回は高級大型ミニバンで圧倒的な人気を誇るトヨタヴェルファイアの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がおすすめするカラーなどを紹介します。

トヨタヴェルファイアの人気カラーベスト3を発表!

トヨタヴェルファイアの人気カラーベスト3を発表!

トヨタ広報部に独自取材を行い、判明したヴェルファイアの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。このランキングはヴェルファイア(ガソリン車/ハイブリッド車)のカタログモデルに加えて、現在販売されている特別仕様車を含んだ順位です。
現在、ヴェルファイアには全7色のボディカラーが設定されています。2017年12月に行われたマイナーチェンジの際に「グラファイトメタリック」「スティールブロンドメタリック」「ダークレッドマイカメタリック」が追加されました。一方、同じタイミングで「グレイッシュブルーマイカメタリック」「シルバーメタリック」「グレーメタリック」が廃止されています。

第1位はやはり「ホワイトパールクリスタルシャイン」

第1位はやはり「ホワイトパールクリスタルシャイン」

シックなカラーバリエーションでクールな外観を際立たせるヴェルファイアのボディカラーの中で人気第1位となったのは「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。このボディカラーはヴェルファイアの全グレードに設定されており、+33,000円の有償色となりますが、キングオブミニバンのヴェルファイアにおいても白(パール)は圧倒的な人気を誇ります。

第2位も納得の「ブラック」

第2位も納得の「ブラック」

続く第2位に輝いたのは「ブラック」です。ブラックも全グレードに設定されており、メッキパーツを多用したヴェルファイアに黒のボディは高級感、そして存在感を際立たせる効果があります。

第3位は専用色の「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」

第3位は専用色の「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」

そして、第3位はヴェルファイア専用色として開発された「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」です。一見すると黒に見えますが、光が当たった部分は赤く光る特殊な塗装となっています。こちらも+3万3,000円の有償色です。

定番の白と黒が上位独占

「ホワイトパールクリスタルシャイン」は有償となるオプションカラーにもかかわらず1位に輝きました。2位と3位にブラック系カラーが入ったのも、法人ニーズも高いヴェルファイアらしい結果です。
※順位はガソリン車、ハイブリッド車を合算したものです。

ヴェルファイアのカラーバリエーションを全紹介!

ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン

ヴェルファイアの人気ボディカラー1位に輝いた「ホワイトパールクリスタルシャイン」は、全グレードにオプション設定された+3万3,000円の有償色です。上質な真珠のような輝きと滑らかな質感が特徴です。

ブラック

ブラック

ヴェルファイアの人気ボディカラー第2位となったのが「ブラック」です。ヴェルファイアは黒系のボディカラーが3色用意されていますが、このブラックは艶と深みの漆黒感を追求し、ダイナミックな力強さを表現しています。

バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

ヴェルファイア専用色として開発された「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」が人気第3位となりました。暗闇を流れる溶岩をイメージして、ハイライト上にブラックの奥から赤いガラスフレークがギラリと強く輝く大胆不敵な印象のカラーです。オプション設定され、+3万3,000円の有償色です。

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

エアロタイプ専用色として+3万3,000円でオプション設定されているのが「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」です。ハイライトに輝くバイオレットが色気と迫力を演出します。

スティールブロンドメタリック

スティールブロンドメタリック

標準タイプのみに設定されているのが「スティールブロンドメタリック」です。硬質でシャープな質感が先進性とプレミアム感の両立を実現しています。2017年12月のマイナーチェンジで設定されました。

ダークレッドマイカメタリック

ダークレッドマイカメタリック

2017年12月のマイナーチェンジで追加された「ダークレッドマイカメタリック」はエアロタイプ専用色となっています。深みのある赤を採用し、ビロードのような光沢を放っています。

グラファイトメタリック

グラファイトメタリック

「グラファイトメタリック」も2017年12月のマイナーチェンジで設定されたボディカラーで、全グレードに対応しています。濃いシルバーのグラファイトメタリックは、金属感の強いクールな印象を強める色です。

カルモマガジン編集部おすすめのカラーは?

全7色用意されているヴェルファイアのボディカラーの中から、編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でおすすめのボディカラーを選んでみました。

売るときに有利なカラー

売るときに有利なカラー1

売るときに有利なカラー2

売るときに有利なカラー3

やはり一般的な人気色である白(パール)、黒、シルバーでしょう。特にヴェルファイアの場合は白と黒。人気のボディカラーナンバー1となった「ホワイトパールクリスタルシャイン」をはじめ、2位の「ブラック」、3位の「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」が順当に当てはまります。

気取らないカラー

気取らないカラー1

気取らないカラー2

「スティールブロンドメタリック」「グラファイトメタリック」は落ち着いた雰囲気が漂います。ヴェルファイアの押し出しの強さをあまり強調しないカラーです。

クールなカラー

クールなカラー

エアロタイプのみの設定ですが「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」。一見すると黒ですが、光の当たった部分は紫に輝く妖艶な色です。

個性的なカラー

個性的なカラー

こちらもエアロタイプのみに設定されている「ダークレッドマイカメタリック」です。大きなボディに赤はタブーともいわれていますが、上質な布を思わせる光沢は上級ミニバンのヴェルファイアにピッタリです。

街でよく見かけるヴェルファイアだからこそ、個性的なカラーを!

LLサイズミニバンで圧倒的な人気を誇るトヨタヴェルファイア。標準系とエアロ系で設定されているボディカラーが異なっています。街でよく見かけるクルマだけに人気色のパールや黒を外して、個性的な「ダークレッドマイカメタリック」で存在感を出したいところ。しかし普通の購入では売却時の査定額を気にして正直手を出しづらいかもしれません。しかし、定額カルモくんのようなリースならば、ボディカラーによる売却額の差は関係なく自分の好きなボディカラーを選べるのはメリットといえるでしょう。

※記事の内容は2020年2月時点の情報で制作しています。

トヨタヴェルファイア の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタヴェルファイアの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr