ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

アルトのおすすめグレードは?価格とのバランスやオプションも考慮して選ぼう(2021年12月~)

アルトのおすすめグレードは?価格とのバランスやオプションも考慮して選ぼう

出典:スズキ「アルト」

スズキ「アルト」の車両本体価格は、グレードによっては100万円を切っており、軽自動車のスタンダードモデルとして買いやすい価格を実現しているのが魅力のひとつといえます。ただ、価格のみに注目し装備内容を確認せずにグレードを選んでしまうと、欲しい装備がないなど、思い描いていた理想のカーライフが実現できず後悔することになるかもしれません。

ここでは、アルトのグレードごとの特徴について詳しくご紹介します。

  • アルトのグレードは4種類
  • 最も安い「A」はボディカラーの設定が3色のみ
  • アルトのおすすめグレードは「L」
アルト

アルトのグレード構成

アルトのグレードは「A」「L」「HYBRID S」「HYBRID X」の4種類で、価格は「A」から「HYBRID X」に向けて高額になります。

なお、グレード名に「HYBRID」が冠されるグレードはISG(モーター機能付き発電機)を採用するマイルドハイブリッドシステムを搭載しており、2WD車のWLTCモードカタログ燃費は軽自動車トップ(2021年12月)の27.7km/Lを実現しています。

マイルドハイブリッドシステムを採用していない「A」「L」の燃費は若干劣りますが、それでも2WD車で25.2km/Lを実現しているため、燃費性能は十分といえるでしょう。

なお、駆動方式は全グレードで2WD、4WDが選択できます。

アルトのグレードごとの特徴

ここからは、アルトのグレードごとの特徴について詳しく見ていきましょう。なお、内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介します。

アルトの内装について、詳しくはこちら

アルトの安全性能について、詳しくはこちら

装備を必要最小限にして価格を抑えた「A」

装備を必要最小限にして価格を抑えた「A」出典:スズキ「アルト」価格・グレード

最も安いエントリーグレード「A」は、パワーウィンドウはフロントのみ、ハロゲンヘッドランプに足回りは簡素なセンターキャップと、快適装備などを最小限にすることで買いやすい価格を実現したグレードです。

ボディカラーの選択肢もモノトーン3色のみであり、ビジネスユーザー向けのグレードといえるでしょう。ただし、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」は標準装備されており、安全性はしっかりと確保されています。

なお、最上級グレード「HYBRID X」を除くグレードには、バックアイカメラと、スマートフォンと連携して利便性を高める7インチのディスプレイオーディオを含む「バックアイカメラ付きディスプレイオーディオ装着車」の設定もあります。

「A」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

ボディカラーの選択肢が増える「L」

ボディカラーの選択肢が増える「L」出典:スズキ「アルト」価格・グレード

ワンランク上の「L」になると、2トーンルーフ4色、モノトーン8色、計12色の豊富なボディカラーの選択肢が用意されます。

さらに、リアにもパワーウィンドウが標準装備されることに加え、ドアミラーが電動格納式リモコンドアミラーになります。また、ホイールが14インチフルホイールキャップになり、「A」よりも上質感が備わります。

また、「L」では「アップグレードパッケージ装着車」の設定があります。「アップグレードパッケージ装着車」には、ヘッドランプがLEDにグレードアップすることに加え、エアフィルター付きのフルオートエアコン、運転席シートリフターなどの快適装備が備わります。

「L」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID S」

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID S」出典:スズキ「アルト」価格・グレード

マイルドハイブリッドシステムが搭載される「HYBRID S」は、快適装備などは「L」とほぼ変わりありませんが、メッキフロントバンパーガーニッシュやカラードドアミラー、カラードドアハンドルが装備され、エクステリアの質感がアップします。

また、「LEDヘッドランプ装着車」を選択すると、LEDヘッドランプ、リアドア・バックドアのスモークガラスが追加されます。

「HYBRID S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

快適装備が充実する最上級グレード「HYBRID X」

快適装備が充実する最上級グレード「HYBRID X」-1出典:スズキ「アルト」価格・グレード

最上級グレード「HYBRID X」には、アルトで唯一14インチアルミホイールが標準装備されます。また、LEDヘッドランプを備え、フロントに先進的なニュアンスが加わるのも魅力です。

さらに、運転席シートリフター&チルトステアリングが備わるため、ドライバーの体格にかかわらずベストなドライビングポジションが確保できるでしょう。

快適装備が充実する最上級グレード「HYBRID X」-2出典:スズキ「アルト」快適装備

キーシステムは現在主流となりつつある、携帯リモコンを身につけておけばスイッチ操作でドアの解錠・施錠やエンジンの始動ができる「キーレスプッシュスタートシステム」で、さらにイモビライザー、フルオートエアコン、運転席・助手席のシートヒーターなどの今時の車であれば欲しい快適装備等がそろいます。

また、「HYBRID X」では「全方位モニター付きディスプレイオーディオ装着車」もしくは「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」の選択も可能です。

両パッケージには全方位モニター用カメラとヘッドアップディスプレイ、USB電源ソケット、ステアリングオーディオスイッチ、標識認識機能が含まれます。なお、「全方位モニター付きディスプレイオーディオ装着車」にはさらに7インチのディスプレイオーディオが追加されます。

「HYBRID X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならアルトの上級グレードも夢じゃない

アルトに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのアルトを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでアルトに月額14,200円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準のカーリースで、アルトの新車に月額14,200から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくアルトに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額14,200円からアルトに乗れるため、予算内で最上級グレードのアルトを手にすることも夢ではなくなります。

月々14,200円から乗れるアルトのお試し審査をチェック!

アルト

アルト 月額14,200円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
アルトは月額14,200円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくアルトのプランを知りたい方はこちら

アルトのおすすめグレードは「L」

アルトの特徴のひとつは、軽自動車ならではの経済性の高さといえます。今時の軽自動車に欲しい装備を網羅している「HYBRID X」は魅力的なグレードですが、アルトらしい100万円を切る買いやすい価格を実現しながらも一般的な装備は搭載しており、アップグレードパッケージの選択も可能な「L」がアルトならではの魅力を備えたおすすめグレードといえるでしょう。

よくある質問

Q1:アルトのグレード構成は?

A:アルトのグレードは「A」「L」「HYBRID S」「HYBRID X」で、グレード名に「HYBRID」がつくグレードはISG(モーター機能付き発電機)を搭載するマイルドハイブリッドシステムを採用し、カタログ燃費は軽自動車No.1(2021年12月時点、スズキ調べ)の27.7km/L(WLTCモード)を実現しています。

Q2:アルトのグレードごとの特徴は?

A:「A」は簡素な装備のビジネス向けといえるグレードで、「L」にはフルオートエアコンやLEDヘッドランプが追加される「アップグレードパッケージ装着車」が用意されています。「HYBRID S」はメッキフロントバンパーガーニッシュなどを装着しエクステリアの質感が向上。「HYBRID X」はキーレスプッシュスタートシステムやLEDヘッドランプが標準装備される最上級グレードです。

Q3:アルトのおすすめグレードは?

A:アルトらしい経済性を実現し、日常的に問題なく使用できる実用性を備えていることに加え、「アップグレードパッケージ」でより装備を充実させることも可能な「L」がおすすめです。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

スズキアルトの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキアルトの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード