ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

アトレーワゴンのグレードごとの違いを徹底解説

アトレーワゴンのグレードごとの違いを徹底解説

出典:ダイハツ「アトレーワゴン」外観・カラー

車はグレードごとに価格が異なるだけではなく、装備内容にも大きな差があります。特にスライドドアを搭載するモデルではグレードによってパワースライドドアを採用していない場合もあるため、車選びの際にはグレードによる装備内容の差をよく確認する必要があります。

ここでは、ダイハツ「アトレーワゴン」のグレードについて詳しく解説します。

【この記事のポイント】
✔アトレーワゴンのグレードは2種類
✔安全装備や快適性に大きな差はない
✔パワースライドドアの有無がグレード選びのキーポイント

アトレーバン

アトレーワゴンのグレード構成

車のグレード構成は車種によってさまざまで、中には10を超える豊富な選択肢を用意している車種も存在します。グレードが多いと選ぶ楽しみはありますが、違いがよくわからず混乱してしまうことも。

その点、アトレーワゴンは採用しているパワートレインが1種類ということもあり、グレードはベーシックグレードの「カスタムターボRS “SA III”」と上級グレードの「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」の2種類のみ。

非常にシンプルなグレード構成になっているため、グレード選びにそれほど悩まされることはないでしょう。なお、いずれのグレードでも2WD、4WDの選択が可能です。

アトレーワゴンのグレードごとの特徴

ここからは、アトレーワゴンのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

使いやすいベーシックグレード「カスタムターボRS “SA III”」

使いやすいベーシックグレード「カスタムターボRS “SA III”」出典:ダイハツ「アトレーワゴン」グレード・価格

べーシックグレードの「カスタムターボRS “SA III”」は、基本的な装備はそろった使いやすいグレードです。

商用車ベースとは思えないスタイリッシュなエクステリア

アトレーワゴンは、ダイハツの軽商用バン「ハイゼットカーゴ」をベースにしたモデルです。

商用車ベースのモデルは実用性や機能性に重きが置かれ、デザイン面はあまり期待できない傾向がありますが、現行型のアトレーワゴンは2017年11月のマイナーチェンジにおいてエクステリアのデザインが大幅に刷新され、商用車べースであることを感じさせないスタイリッシュなデザインへと進化しました。

商用車ベースとは思えないスタイリッシュなエクステリア出典:ダイハツ「アトレーワゴン」ナビ・その他装備

メッキのフロントグリルやLEDヘッドランプを採用し、今時の細目のフロントフェイスが先進性や上質さを表現しています。

またLEDヘッドランプはデザイン性だけでなく、少ない電力でより遠くまで明るく照らしだすため燃費向上と夜間視認性向上も期待できるのがうれしいポイントです。

スライドドアのパワースライド機能はない

アトレーワゴンは広い室内空間を有効活用できるスライドドアを採用しているモデルですが、「カスタムターボRS“SA III”」には運転席側・助手席側のどちらにもパワースライド機能が搭載されません。

オプションの設定もないため、パワースライド機能の搭載がマストであれば上級グレードの「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」を選ぶことになります。

自動で開閉するパワースライドドアはあれば便利な装備ではありますが、「カスタムターボRS“SA III”」ではパワースライド機能を搭載しない分価格が抑えられているため、利便性を取るか、価格を優先するかが判断のポイントとなるでしょう。

パワースライド機能がないことがそれほど大きなデメリットに感じないのであれば、お買い得なグレードといえます。

スライドドアのパワースライド機能はない出典:ダイハツ「アトレーワゴン」車内空間・荷室・内装

フロントウィンドウにはブルーのスモーク加工を施すことでまぶしさを抑えるトップシェイドガラスを採用。さらに紫外線を99%、赤外線もカットしてくれるスーパーUV&IRカット機能も搭載されています。

また、プッシュ式のオートエアコン、クリーンエアフィルターなど、パワースライドドア以外の快適装備は上級グレードの「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」と同じものが採用されています。商用車ベースであっても一般的な軽自動車に搭載される快適装備はそろっているため、快適にドライブを楽しめるのではないでしょうか。

先進安全技術は標準装備

アトレーワゴンでは、全グレードに同じ内容の先進安全技術パッケージ「スマートアシストIII」を採用しています。先進安全技術を全車に標準装備するモデルは少なくありませんが、上級グレードと下位グレードでその内容を変えているモデルも多い中、これは評価できるポイントといえるでしょう。

アトレーワゴンの安全性能について、詳しくはこちら

「カスタムターボRS “SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

パワースライドドアを標準装備する上級グレード「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」

パワースライドドアを標準装備する上級グレード「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」出典:ダイハツ「アトレーワゴン」グレード・価格

上級グレード「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」と「カスタムターボRS “SA III”」の最も大きな違いは、パワースライドドアの有無でしょう。「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」には、助手席側のパワースライドドアが標準装備されます。

パワースライドドアの操作は専用リモコンのほか、運転席のスイッチやドアハンドルでも可能。大きな荷物を載せる機会が多い方や、小さな子供がいるファミリーにはうれしい機能です。

パワースライドドアには半ドア状態まで閉めると自動で全閉してくれるイージークローザー、スライドドアの開閉時に一定以上の力が加わると自動で反対方向に作動させる挟み込み防止機能も搭載されています。なお、アトレーワゴンでは運転席側のパワースライドドアの設定はありません。

このほか、「カスタムターボRS “SA III”」との違いはルーフエンドスポイラーやドアミラーターンランプ、内装にメッキ加飾が追加される程度で、快適装備や実用性に関わる装備はほぼ変わりありません。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならアトレーワゴンの上級グレードも夢じゃない

アトレーワゴンに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのアトレーワゴンを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでアトレーワゴンに月額20,690円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、アトレーワゴンに月額20,690から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくアトレーワゴンに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額20,690円からアトレーワゴンに乗れるため、予算内で最上級グレードのアトレーワゴンを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々20,690円から乗れるアトレーワゴンのお試し審査をチェック!

アトレーワゴン

アトレーワゴン 月額20,690円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
アトレーワゴンは月額20,690円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくアトレーワゴンのプランを知りたい方はこちら

アトレーワゴンのグレード選びのポイント

アトレーワゴンのグレードを選ぶポイントは、パワースライドドアの有無になるでしょう。なお、パワースライド機能は後から追加できるものではないので、価格とのバランスなどをよく考え、後悔のないグレード選びをしてください。

よくある質問

Q1:アトレーワゴンのグレード構成は?

A:アトレーワゴンは採用しているパワートレインが660cc直列3気筒ターボエンジン+4ATの1種類ということもあり、グレードはベーシックグレードの「カスタムターボRS “SA III”」と上級グレードの「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」の2種類と、シンプルなグレード構成になっています。

Q2:アトレーワゴンのグレードごとの違いは?

A:アトレーワゴンは、快適装備や安全装備には大きな差がなく、いずれのグレードにもフルオートエアコンや先進安全技術パッケージ「スマートアシストIII」が搭載されています。グレード間での最も大きな違いは助手席側のパワースライドドアの有無で、パワースライドドアが装備されるのは「カスタムターボRS “リミテッドSA III”」のみ。「カスタムターボRS “SA III”」にはオプションでの設定もありません。

Q3:アトレーワゴンのグレード選びのポイントは?

A:助手席側パワースライドドアの有無がアトレーワゴンのグレード選びのポイントといえるでしょう。パワースライド機能は後から追加できるものではないため、価格とのバランスも考慮しながら自身が理想とするカーライフに必要かどうかを判断してください。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

ダイハツアトレーバンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツアトレーバンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー