ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ソリオバンディットのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

ソリオバンディットのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)
ソリオバンディットのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

出典:スズキ「ソリオバンディット」走行・環境性能

貯金ゼロでもマイカー持てる

車はほとんどの場合複数のグレードが設定されており、グレードによって快適装備や安全装備の充実度が異なることに加え、パワートレインが違い燃費性能や走行性能に差があるケースも存在します。そのため、車選びの際にグレード構成やグレードごとの違いを確認せずに価格のみで決めてしまうと、自分の欲しい機能が搭載されていないなど、後悔することになるかもしれません。

ここでは、スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオバンディット」のグレードや装備内容について詳しくご紹介します。

ソリオバンディットに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • ソリオバンディットのグレードは2種類
  • 搭載するパワートレインが違い、燃費性能、環境性能が異なる
  • ソリオバンディットのおすすめグレードは「HYBRID SV」

ソリオバンディットのグレード構成

ソリオバンディットは取り回しのしやすさと居住空間の広さを両立させたコンパクトハイトワゴン、「ソリオ」の派生モデルであり、より上質で個性と存在感を表現するエクステリアが持ち味のモデルです。

現行型のソリオバンディットは2020年12月に登場。登場時はマイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID MV」のみのモノグレードモデルでしたが、2022年12月に駆動用モーターを搭載しEV走行も可能なハイブリッドシステムが導入され、新たにハイブリッド搭載グレード「HYBRID SV」がラインナップに追加されました。

そのため2023年8月現在、ソリオバンディットは2種類のグレードの選択肢があります。ベースモデルであるソリオではマイルドハイブリッド、ハイブリッドのいずれも搭載しないガソリン車の設定がありますが、ソリオバンディットではガソリン車の設定はありません。

なお、ソリオバンディットの内装、安全性能について詳しくは別記事でご紹介しています。

ソリオバンディットの内装について、詳しくはこちら

ソリオバンディットの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々30,000円台からソリオバンディットを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が15万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

定額カルモくん_人気の理由_15万人

ソリオバンディットのグレードごとの特徴

ここからは、ソリオバンディットのグレードごとの装備内容の違いを比較していきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードHYBRID MVHYBRID SV
エンジンマイルドハイブリッドハイブリッド
駆動方式2WD・4WD2WD
燃費
(km/L、WLTCモード)
19.6(2WD)
18.4(4WD)
22.3
全長(mm)3,790
全幅(mm)1,645
全高(mm)1,745
最小回転半径(m)4.8

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID MV」

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID MV」出典:スズキ「ソリオバンディット」価格・グレード

〈グレード「HYBRID MV」の車両本体価格〉

グレードHYBRID MV
駆動方式2WD4WD
価格212万5,200円225万600円

現行型のソリオバンディットでは、細長いヘッドランプとポジションランプを二段構えに配置し、ほかのモデルにはない個性をアピールしているのが特徴です。

ブラックパールのフロントグリル、専用のエアロ形状のフロント・リアバンパー、サイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーなどのエアロパーツを装着し、圧倒的な存在感を表現。さらに、バックドアにもメッキのガーニッシュをあしらうなど、後ろ姿にも抜かりありません。

また、ランプ類はフルLED化されており、先進的な雰囲気も備えています。LEDフロントフォグランプも標準装備です。

ボディカラーの選択肢も豊富であり、モノトーン7色、ガンメタリック2トーンルーフ5色の計12色から好きなカラーが選べます。なお、ガンメタリック2トーンルーフが選べるのはこのグレードのみ。ソリオバンディットならではの精悍さが引き立つ魅力的なルーフカラーです。足回りにはブラックメタリック塗装の15インチアルミホイールがあしらわれます。

また、ソリオバンディットはソリオの上位モデルとして位置付けられていることもあり、快適装備も充実しています。

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID MV」2出典:スズキ「ソリオバンディット」快適装備

後席両側にワンアクションパワースライドドアを標準装備しています。このワンアクションパワースライドドアは携帯リモコンをポケットやバッグに収納したまま、スイッチ操作でドアが自動でアンロック&自動オープンしてくれる優れものです。

さらに、パワースライドドアを閉めている最中にリクエストスイッチを押すだけでドアロックが予約できる「パワースライドドア予約ロック機能」も搭載しているので、ドアが閉まりきるのを待つことなくスムーズに行動できます。

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID MV」3出典:スズキ「ソリオバンディット」快適装備

さらに、ソリオバンディットではスリムサーキュレーターが備わっています。一般的にエアコン吹き出し口がフロントにしかない車の場合、前席と後席で温度差が生じ前席は涼しく快適でも後席は暑い、またはその逆のケースもよく見られます。

スリムサーキュレーターは、車内の空気を循環させることで前後席間の温度差をやわらげてくれる便利な機能。後席の快適性が向上します。

また、リアドアには直射日光を防ぐだけでなく、プライバシーも守ってくれるロールサンシェードを採用しています。さらにフロントドアには紫外線を約99%カットしながら赤外線も抑えるプレミアムUV&IRカットガラスを標準装備し、日焼けから肌を守ったり、室内の温度上昇や不快感をやわらげたりしてくれるのもうれしいポイント。

さらに運転席・助手席にはシートヒーター、後席には足元に温風を送り込むリアヒーターダクトがあるため、季節を問わず快適にドライブが楽しめるでしょう。

EV走行可能なハイブリッドモデル「HYBRID SV」

EV走行可能なハイブリッドモデル「HYBRID SV」出典:スズキ「ソリオバンディット」価格・グレード

〈グレード「HYBRID SV」の車両本体価格〉

グレードHYBRID SV
駆動方式2WD
価格231万7,700円

2022年12月のハイブリッドシステム搭載モデルの追加に伴って新設されたグレード「HYBRID SV」では、シルバー2トーンルーフ4色、モノトーン6色の計10色のボディカラーが用意されています。また、アルミホイールはミディアムグレーになり、メッキドアハンドル、バックドアサイドスポイラーが追加されエクステリアの上質感が増しています。そのほか、快適装備などは「HYBRID MV」と大きな差はありません。

「HYBRID SV」の最も大きなメリットは、やはり燃費性能、環境性能の高さといえるでしょう。マイルドハイブリッドを搭載する「HYBRID MV」よりもかなりの低燃費を実現しているので、長い目で見ると燃料費に大きな差が出てきます。

車両本体価格は「HYBRID MV」よりも高くなりますが、燃料費や減税なども考慮するとその差はカバーできる可能性もあるので、トータルで考えてグレードを選ぶことが大切になってきます。

ソリオバンディットの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

ソリオバンディットの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

ソリオバンディットのおすすめグレードは「HYBRID SV」

ソリオバンディットはベースモデルのソリオとは一線を画す、個性的で迫力のあるエクステリアデザインが特徴のモデルです。予約ロック機能付きの後席両側ワンアクションパワースライドドアやスリムサーキュレーター、プレミアムUV&IRカットガラスなど、ドライブを快適にしてくれる機能が多く搭載されているのも魅力といえるでしょう。

ハイブリッド車の追加によってグレードの選択肢ができましたが、パワートレイン以外はそれほど大きな差はありません。おすすめはやはり燃費性能が高い「HYBRID SV」ですが、「HYBRID MV」よりも20万円程度高額になるので、頭金や初期費用などの関係で妥協することもあるかもしれません。

そういったときにおすすめしたいのが車の新しい乗り方、カーリースです。サブスク感覚で新車が利用できるカーリースなら、ソリオバンディットの「HYBRID SV」に乗るハードルも下がります。

ソリオバンディットの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのソリオバンディットを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったソリオバンディットの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでソリオバンディットに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 28,550 円からソリオバンディットに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでソリオバンディットに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。ソリオバンディットに各種税金などの維持費込みで月々 28,550 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で20万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

ソリオバンディットに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!ソリオバンディットがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分ソリオバンディットで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 28,550 円から!お得にソリオバンディットに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでソリオバンディットの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

ソリオバンディット 月額  28,550 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1ソリオバンディットのグレード構成は?

A:ソリオバンディットのグレードは「HYBRID MV」と「HYBRID SV」の2種類です。なお、「HYBRID MV」では2WDと4WDの設定がありますが、「HYBRID SV」は2WDのみです。

Q2:ソリオバンディットの装備内容は?

A:ソリオバンディットは後席両側ワンアクションパワースライドドア、運転席・助手席のシートヒーターや室内の空気を循環させるスリムサーキュレーター、プレミアムUV&IRカットガラス、ロールサンシェードなど、快適にドライブを楽しめる装備が充実しています。パワートレイン以外はグレード間で大きな装備差はありません。

Q3:ソリオバンディットのおすすめグレードは?

A:燃費性能や環境性能が高い「HYBRID SV」がおすすめです。

※この記事は2023年8月2日時点の情報で制作しています

スズキソリオバンディットの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキソリオバンディットの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る