カムリのグレードをリサーチ!

カムリのグレードをリサーチ!

出典:トヨタ「カムリ」デザイン・スタイル

貯金ゼロでも

車種選びの次に待っているグレード選びに悩んでしまう人は少なくないといいます。何を基準にグレードを選べばいいのかわからない、といった声も。

車のグレードを選ぶには、まずはその車のグレードごとの仕様の違いを理解しなければなりません。ここではトヨタ「カムリ」のグレードについてわかりやすく紹介します。

カムリのグレード構成

カムリはハイブリッド専用車種で、パワートレインは2.5Lダイナミックエンジン×ハイブリッドシステムの1種類のみです。

グレードは大きく分けて「X」「G」「WS」の3種類。この順に価格は高くなります。また「G」と「WS」には本革シートが標準装備される“レザーパッケージ”がプラスされるグレードが用意されています。

いずれのグレードにも2WDと4WDの設定があります。

カムリのグレードごとの装備内容

ここからは、カムリのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

エントリーグレードの「X 」

エントリーグレードの「X 」「X」出典:トヨタ「カムリ」価格・グレード

カムリではグレードごとにエクステリアや足回りに変化がつけられているのが特徴です。最もお手軽な価格のグレードである「X」では、フロントロアグリルにはブラックメタリック塗装、フロント・センターのピラーガーニッシュにはブラックが採用され、足回りは16インチのスチールホイールとなっています。

1灯でハイビームとロービームの切り替えが可能なBi-Beam LEDヘッドランプや、3層に連なったLEDクリアランスランプが標準装備され、視認性や被視認性に配慮されているとともにエクステリアにプレミアムセダンらしい質感の高さを与えています。リヤコンビネーションランプはバルブタイプです。

またカムリは専用車載器DCMを標準装備しています。ホテルやレストランの予約などのオペレーターサービスや車から離れた場所にいても愛車の状態を確認できたりする「マイカーサーチPlus」、緊急時にはオペレーターを通じて警察や消防などに取り次いでくれる「ヘルプネット」など、カーライフを安心で快適・便利に楽しめるコネクティッド機能が使用できる点も魅力的です。

さらにスマートフォンとの連携機能を搭載したディスプレイオーディオを搭載しているので、いつものスマートフォンアプリをカムリのディスプレイ上や音声で操作したり、ハンズフリーで通話したりすることなどが可能です。

トヨタの先進安全機能「Toyota Safety Sense」は全車に標準装備されていますが、この「X」ではペダル踏み間違い時加速抑制装置であるインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]はオプションでの設定となっています。

運転席・助手席のエアバッグに加えてサイドエアバッグやカーテンシールドエアバッグも標準装備されている点は評価できるポイントです。

オプションの選択肢が増える「G 」

オプションの選択肢が増える「G 」「G」出典:トヨタ「カムリ」価格・グレード

このグレードではフロントロアグリルが金属調塗装に、フロント・センターのピラーガーニッシュはピアノブラックになり、よりエクステリアの高級感が増しています。足回りには17インチのシルバー塗装のアルミホイールを採用し、「X」とは明確な差をつけています。

またこのグレードからリヤコンビネーションランプがLEDタイプになります。充電用USB端子やリヤドア・バックウィンドウのソフトプライバシーガラスもこのグレードから標準装備になり、より実用性が高められている印象です。

安全装備では「Toyota Safety Sense」に加えてインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が標準装備になるほか、運転席からの死角になりやすい後側方の車の接近を検知して安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」と、後退して駐車場から出庫する際の接近車両を検知して緊急ブレーキを作動させる「リヤクロストラフィックオートブレーキ」がオプションで追加可能です。

このほかにもパノラマムーンルーフやカラーヘッドアップディスプレイ、アクセサリーコンセントやおくだけ充電、JBLプレミアムサウンドシステムなど、「X」では設定のないオプションが多数用意されているので、好みに合わせてカスタマイズできる自由度が高い点がこのグレードの特徴といえるでしょう。

スポーティなエクステリアが特徴の「WS 」

スポーティなエクステリアが特徴の「WS 」「WS」出典:トヨタ「カムリ」価格・グレード

「WS」ではスポーツ仕様のフロントグリルや前後バンパー、リヤスポイラーなどの「WS」専用のエアロパーツに加えて左側2本出しのマフラーカッターを採用し、ほかのグレードとは一線を画すスポーティなイメージを持つカムリに仕上げています。

走りにもこだわり、「WS」専用のサスペンションチューニングを行い、より応答性の高いステアリングフィールとフラットな走りを追求しました。パドルシフトも標準装備されます。

そのほかの装備内容はほぼ「G」に準じます。

本革シートが標準装備になる“レザーパッケージ ”

本革シートが標準装備になる“レザーパッケージ ”1「G“レザーパッケージ”」出典:トヨタ「カムリ」価格・グレード

本革シートが標準装備になる“レザーパッケージ ”2「WS“レザーパッケージ”」出典:トヨタ「カムリ」価格・グレード

「G」と「WS」には“レザーパッケージ“の設定があります。レザーパッケージには本革のシートのほか、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキ、カラーヘッドアップディスプレイやT-Connectナビキット、18インチのアルミホイールが含まれます。

なお、アルミホイールは「G“レザーパッケージ”」ではシルバー塗装、「WS“レザーパッケージ」ではブラック塗装という違いがあります。

好みに合わせてオプションを追加できる「G」がカムリのおすすめグレード

カムリの価格帯の車であればやはりアルミホイールは欠かせないでしょう。ペダル踏み間違い時加速抑制装置やスマートフォンなどの充電に便利なUSB端子も近年の新型車であれば欲しいところです。

そういった点を考慮すると、「G」グレードがバランスの取れた装備内容といえるでしょう。さらに「G」は「X」では選択できなかったオプションが多数設定されているので、プラスしたい機能があれば追加できるのも魅力です。

グレードごとの特徴を把握して、自分のカーライフに最適なカムリを選んでください。

よくある質問

Q1:カムリのグレード構成は?

A:カムリには大きく分けて「X」「G」「WS」の3つのグレードがあります。価格はこの順に高額になります。加えて「G」と「WS」には本革シートなどが標準装備となる“レザーパッケージ”が追加される「G“レザーパッケージ”」と「WS“レザーパッケージ”」の設定があります。

Q2:カムリのグレードはどうやって選べばいい?

A:カムリはグレードごとにエクステリアや足回りに変化を持たせています。エクステリアや足回りの印象からどのグレードにするのかを選ぶのもひとつの方法でしょう。またカムリでは選択できるオプションがグレードによって異なるので、オプションの追加を考えている場合はオプション設定の有無でグレードを選ぶのもいいかもしれません。

Q3:カムリのおすすめグレードは?

A:17インチのアルミホイールや充電用USB端子などが標準装備される上、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載し十分な安全性能を持った「G」がカムリのおすすめグレードです。「G」は選択できるオプションの選択肢が豊富なのも魅力です。

※記事の内容は2020年2月時点の情報で執筆しています。

トヨタカムリの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカムリの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
読了後バナー