ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

シビック ハッチバックはモノグレード!装備内容を徹底解説

シビック ハッチバックはモノグレード!装備内容を徹底解説

出典:ホンダ「シビックハッチバック」スペシャルコンテンツ

ホンダの歴史を象徴する車「シビック」。歴代のシビックはセダンをはじめハッチバック、クーペなどさまざまなボディタイプが用意されていましたが、2020年8月のシビック セダンの販売停止に伴い、現在はハッチバックを残すのみとなりました。ここでは、ホンダ「シビック ハッチバック」のグレード構成や装備内容について紹介します。

【この記事のポイント】
✔シビック ハッチバックはモノグレードで、トランスミッションが6MTとCVTの2種類の設定がある
✔トップロードサンルーフの追加が可能
✔スマートキーや電子制御パーキングブレーキなどを標準装備

シビック ハッチバックのグレード構成

車には仕様を変えた複数のグレードが用意されることがほとんどです。グレードの違いがよくわからずにグレード選びに悩んでしまう、という声はよく聞かれますが、シビック ハッチバックに関してはその心配はありません。

シビック ハッチバックはモノグレードのため、グレードは「HATCHBACK」の1種類。採用されているパワートレインはシビック専用チューニングを施した1.5L直列4気筒ターボエンジンのみ、駆動方式も2WDのみとなっているため、選択肢はほぼないといえるでしょう。

トランスミッションのみ6MTとCVTが用意されているので、シビック ハッチバックを選ぶ際にはトランスミッションを決めるのみのため、それほど迷わずに済むのではないでしょうか。

シビック ハッチバックの装備内容

ここからは、シビック ハッチバックの装備内容について見ていきましょう。

ロー&ワイドなエクステリア

ロー&ワイドなエクステリア出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

シビック ハッチバックのエクステリアはロー&ワイドを基本とし、機能美を追求したものとなっています。スポーティーハッチバックと呼ばれるにふさわしく、ダイナミックな走りを予感させるスタイリングはドライバーの所有欲を満たしてくれるでしょう。

18インチのアルミホイール

18インチのアルミホイール出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

足回りは存在感と精悍な表情を演出するアルミ切削+ブラッククリア塗装の18インチアルミホイールがあしらわれています。タイヤは235/40R18 95Yスチールラジアルタイヤ。走行性能を前提にセレクトされたタイヤです。

センターデュアルエキゾースト

スマートキーを標準装備出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

シビック ハッチバックでは車両中央から2本出しにしたエキゾーストパイプを標準装備。リアビューにより迫力やスポーティーさをもたらします。

充実した快適装備

シビック ハッチバックには、近年の新型車らしくさまざまな利便性や快適性を高める装備が搭載されています。

スマートキーを標準装備

スマートキーを標準装備出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

キーを携帯していれば、その度にキーを取り出さなくてもドアの解錠ができるHondaスマートキーシステムが装備されています。降車時にはキーを携帯したまま車から1.5m以上遠ざかり、少し待つとキー操作なしで自動施錠する降車時オートドアロック機能も搭載されているため、便利です。

CVT車では、離れた場所からでもエンジンの始動が可能なエンジンスタートボタン付きのキーも付属します。エンジンとともにエアコンも連動して作動するため、快適な室温にしておいてから乗車することもできる優れものです。

電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能

電子制御パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

指先でパーキングブレーキを作動させる電子制御パーキングブレーキと、坂道や渋滞などの停車時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持し、アクセルを踏むと発進するオートブレーキホールド機能も搭載されました。

このほか、寒い季節も快適なドライブが楽しめる運転席・助手席のシートヒーターやフルオートエアコン、アレルフリー脱臭フィルター、リアワイドカメラ付きのナビ装着用スペシャルパッケージなど、近年の新型車であれば欲しい装備はほぼ網羅されているといえるでしょう。

ブラック基調のインテリア

ブラック基調のインテリア出典:ホンダ「シビックハッチバック」タイプ・価格・装備

シビック ハッチバックのインテリアは、ブラック基調でシャープさやスポーティーさを感じさせるものになっています。本革やメタリック素材を随所にあしらい、シビックならではの上質さを演出しているのも特筆すべきポイントでしょう。

トップロードサンルーフも選択可能

トップロードサンルーフも選択可能出典:ホンダ「シビックハッチバック」インテリア

2020年1月に実施されたマイナ―チェンジでは、ガラス部が電動で開閉できるチルトアップ機能を備えたトップロードサンルーフの選択も可能になりました。

開放感を室内に与えるとともに、チルトアップ時には室内の換気ができるのもうれしいポイントでしょう。

「Honda SENSING」を標準装備

シビック ハッチバックには、ホンダ自慢の安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されています。「Honda SENSING」はミリ波レーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで車両前方の状況を認識し、状況に応じてブレーキやステアリングを制御することで衝突の回避や被害軽減をサポートしてくれるシステムです。

「HATCHBACK」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

カーリースならシビック ハッチバックも夢じゃない

シビック ハッチバックに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースもあるので、現金で用意しておかなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのシビック ハッチバックを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのシビック ハッチバックが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利の負担もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでシビック ハッチバックに月額38,060円から乗れる

カルモくん_new

カーリースの定額カルモくんでは、実店舗を持たないオンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシ・残価精算のないクローズドエンド方式では新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月2日、ステラアソシエ株式会社調べ)で、シビック ハッチバックに月額38,060から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくシビック ハッチバックに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額38,060円からシビック ハッチバックに乗れるため、予算内でシビック ハッチバックを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

シビック ハッチバックの選択肢はトランスミッションのみ

シビック ハッチバックはモノグレードのため、トランスミッションのみが選択のポイントとなります。どちらのトランスミッションを選ぶかは所持している免許にもよりますが、ホンダ車ならではの走りの質感、シビック専用に開発されたエンジンのパワーを存分に体感できるのは6MTではないでしょうか。

シビック ハッチバックはスマートキーや電子制御パーキングブレーキなど、新型車に期待したい装備は一通りそろっています。実用性とMT車ならではのスポーティーな走りを求める方には最適な一台になるでしょう。

よくある質問

Q1:シビック ハッチバックのグレード構成は?

A:シビック ハッチバックは「HATCHBACK」の1種類のグレードしか設定のないモノグレードの車種です。採用されているエンジンは1種類、駆動方式も2WDのみ。トランスミッションが6MTとCVTの2種類用意されているので、シビック ハッチバックの選択肢はトランスミッションのみとなります。

Q2:シビック ハッチバックにはどんな装備が搭載されているの?

A:シビック ハッチバックには走行性能を前提に選択された235/40R18 95Yスチールラジアルタイヤとアルミ切削+ブラッククリア塗装の18インチアルミホイール、Hondaスマートキーシステム(CVT車はエンジンスタートボタン付き)や電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド、安全運転支援システム「Honda SENSING」などが搭載されています。

Q3:シビック ハッチバックに追加できる装備はある?

A:2020年1月のマイナーチェンジでは、トップロードサンルーフがオプションで設定されました。ガラス部分が電動で開閉できるチルトアップ機能付きのサンルーフです。室内の開放感を高めたい方にはうれしい装備でしょう。

※記事の内容は2020年12月時点の情報で執筆しています。

ホンダシビックハッチバックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダシビックハッチバックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー