ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラ アクシオのグレード選びのポイントをチェック

カローラ アクシオのグレード選びのポイントをチェック

出典:トヨタ「カローラ アクシオ」ギャラリー

車種を決める際には走行性能やデザイン性などを細かくチェックしても、その後に待っているグレード選びはなんとなくおすすめのものを選んでしまう、という声も少なくありません。しかし、車はグレードによって快適装備の充実度や燃費性能に差が出るケースもあることから、グレード選びにも慎重になることが大切であるといえるでしょう。

ここでは、トヨタの5ナンバーセダン「カローラ アクシオ」のグレードについて紹介します。

【この記事のポイント】
✔カローラ アクシオのグレードは「EX」「HYBRID EX」の2種類
✔「HYBRID EX」にはオートエアコンや「ナノイー」が搭載されている
✔おすすめは燃費がいい「HYBRID EX」

カローラアクシオ

カローラ アクシオのグレード構成

カローラ アクシオは、トヨタのグローバルモデル「カローラ」から派生したモデルであり、日本国内の道路事情に適したボディサイズで開発した国内専用の5ナンバーサイズのセダンとして、2006年に登場したモデルです。

グローバルモデルと共通仕様のカローラは9代目モデルが2006年に日本国内での販売を終了しており、10代目、11代目モデルは海外のみの販売となりました。こうした経緯からカローラ アクシオは日本国内においてのカローラの10代目・11代目を担う後継モデルという立ち位置になります。

そのため2006年登場の初代モデルはもちろん、2012年登場の現行モデルもデビュー当初は複数の排気量のエンジンの設定、多彩なグレードが用意され特別仕様車も頻繁に登場していましたが、2019年に12代目カローラが日本国内に導入されたことから、5ナンバーセダンニーズに対応するモデルとしてグレード体系が刷新されました。

その結果、カローラ アクシオのグレード構成は1.5Lガソリン車、ハイブリッド車ともに「EX」の1種類のみとなっています。なお、駆動方式は1.5Lガソリン車では2WDと4WDが用意されますが、ハイブリッド車は2WDのみです。

カローラ アクシオの装備内容

ここからは、カローラ アクシオの1.5Lガソリン車とハイブリッド車それぞれの装備内容を見ていきましょう。

ベースとなる「EX」

ベースとなる「EX」出典:トヨタ「カローラ アクシオ」グレード・価格

現行型のカローラ アクシオは2012年に登場したモデルであり、モデルライフは長くなっています。登場以降2015年、2017年と2回のマイナーチェンジが行われていますが、2019年に12代目となるカローラが日本国内に導入されたこともあり、コネクティッド技術をはじめとした近年の快適装備や先進装備はあまり搭載されていません。

ヘッドランプはマニュアルレベリング機能付きのハロゲンで、前後のフォグランプはオプションです。なお、LEDヘッドライトへのアップグレードオプションの設定はありません。

快適装備としてはプッシュボタンスタートシステム&スマートキー、ダイヤル式パネルのマニュアルエアコンなど、実用に問題ない程度の最低限のものが装備されています。

なお、衝突被害軽減ブレーキなどを含む衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」は全車に標準装備です。

トランスミッションは2WD車ではCVTとMTから選択が可能ですが、4WD車はCVTのみの設定となっています。

「EX」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

オートエアコンが搭載される「HYBRID EX」

オートエアコンが搭載される「HYBRID EX」出典:トヨタ「カローラ アクシオ」グレード・価格

ハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID EX」では、ガソリン2WD車のWLTCモードカタログ燃費は19.8km/Lであるのに対し、27.8km/Lの優れた燃費性能を実現しているのが魅力です。特に高速道路に乗る機会が多いなど、ロングドライブを頻繁に楽しむ方には大きなメリットとなるでしょう。ハイブリッド車ならではの静粛性も魅力です。

基本的な装備は「EX」と大きく変わりありませんが、メーターがハイブリッド車専用のTFTマルチインフォメーションディスプレイ付き2眼メーターになること、タコメーターが追加されるなど、メーター類がグレードアップします。

また、エアコンが花粉除去モード付きのオートエアコンになることに加え、「ナノイー」が搭載されることが「EX」との最も大きな差といえるでしょう。ヒーターコントロールパネルもプッシュ式になるため、インテリアの質感もアップします。

なお、カローラ アクシオのボディカラーはガソリン車、ハイブリッド車共通で「スーパーホワイトII」「シルバーメタリック」「ブラックマイカ」「アバンギャルドブロンズメタリック」の4種類です。

「HYBRID EX」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならカローラ アクシオの上級グレードも夢じゃない

カローラ アクシオに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのカローラ アクシオを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでカローラ アクシオに月額23,000円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、カローラ アクシオの新車に月額23,000から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくカローラ アクシオに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額23,000円からカローラ アクシオに乗れるため、予算内で最上級グレードのカローラ アクシオを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々23,000円から乗れるカローラ アクシオのお試し審査をチェック!

カローラアクシオ

カローラ アクシオ 月額23,000円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
カローラ アクシオは月額23,000円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくカローラ アクシオのプランを知りたい方はこちら

おすすめは低燃費を実現している「HYBRID EX」

カローラ アクシオはガソリン車とハイブリッド車でそれほど大きな装備の差はありませんが、2WD車はガソリン車とハイブリッド車で10km/L以上燃費に差があります。そのため、ロングドライブをする機会が多い方は2WD車であれば「HYBRID EX」がおすすめといえるでしょう。4WDが必要な方、MT車にこだわりがある方はガソリン車を選択することになります。

スポーツモデル以外にMTを採用する車が少ない昨今、MT車の設定があるのもカローラ アクシオの魅力のひとつ。自身のカーライフに最も適したカローラ アクシオで、充実したカーライフを送ってください。

よくある質問

Q1:カローラ アクシオのグレード構成は?

A:カローラ アクシオは、2019年に12代目となるカローラの日本再導入に伴いグレードが整理されたため、1.5Lガソリン車に「EX」、ハイブリッド車に「HYBRID EX」のそれぞれ1グレードずつの設定となっています。

Q2:カローラ アクシオはグレードによって駆動方式やトランスミッションの違いはある?

A:はい、あります。駆動方式においては1.5Lガソリン車には2WDと4WDの設定がありますが、ハイブリッド車は2WDのみです。さらにトランスミッションにも違いがあり、ガソリン2WD車ではCVTとMTから選択できますが、ガソリン4WD車、ハイブリッド車ではCVTの設定しかありません。

Q3:カローラ アクシオのおすすめグレードは?

A:カローラ アクシオはハイブリッド車にオートエアコンや「ナノイー」が搭載される程度で動力源や駆動方式による装備内容にそれほど違いがありませんが、燃費に大きな差があります。ハイブリッド車のカタログ燃費はガソリン車を10km/L以上上回っているため、ロングドライブの機会が多い方には「HYBRID EX」がおすすめといえるでしょう。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

トヨタカローラアクシオの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラアクシオの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー