ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラフィールダーのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?

カローラフィールダーのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?をイメージする画像
カローラフィールダーのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?をイメージする画像

出典:トヨタ「カローラ フィールダー」

車のグレードの選択はその後のカーライフの満足度を左右する重要なポイントです。そのためグレードごとの特徴を把握して自分に合ったグレードを選ぶことが大切といえるでしょう。

ここでは、トヨタのステーションワゴン「カローラフィールダー」のグレードについてご紹介します。

カローラフィールダーに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • カローラフィールダーのグレードは「EX」と「HYBRID EX」
  • 「EX」はマニュアルエアコン、「HYBRID EX」はオートエアコンを搭載
  • おすすめグレードは「HYBRID EX」

カローラフィールダーのグレード構成

車のグレード選びの際にはまずグレード構成を把握しましょう。カローラフィールダーにはトヨタの人気車種アクアや3代目プリウスとなどと同じ低燃費と優れた走りを両立するリダクション機構付きのTHS-IIハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車と、ガソリンエンジン車があります。

ハイブリッド車は2WDのみ、組み合わされるトランスミッションもCVTの1種類ですが、ガソリン車には2WDと4WDの2種類の駆動方式があり、さら2WD車ではCVTに加えてMTの設定もあります。

カローラフィールダーのグレードはハイブリッド、ガソリン車それぞれ1種類ずつで「EX」「HYBRID EX」のみ。非常にシンプルなグレード構成となっています。

なお、内装と安全性能は別記事で詳しくご紹介しています。

カローラフィールダーの内装について、詳しくはこちら

カローラフィールダーの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々20,000円台からカローラフィールダーを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が15万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

定額カルモくん_人気の理由_15万人

カローラフィールダーの装備内容

ここからはカローラフィールダーの装備内容をガソリン車とハイブリッド車で比較しながら見ていきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードEXHYBRID EX
パワーユニット1.5Lガソリンエンジン1.5Lエンジン+モーター(ハイブリッドシステム)
駆動方式2WD4WD2WD
トランスミッションCVTMTCVTCVT
燃費(km/L、WLTCモード)19.817.215.627.8
全長(mm)4,400
全幅(mm)1,695
全高(mm)1,4751,5001,475
最小回転半径(m)4.9

「EX」

「EX」出典:トヨタ「カローラフィールダー」価格・グレード

〈グレード「EX」の車両本体価格〉

駆動方式2WD4WD
トランスミッションCVTMTCVT
価格187万8,300円175万8,400円202万2,400円

カローラフィールダーではメッキ加飾のフロントアッパーグリルやブラックのフロントロアグリルが装備され、ステーションワゴンらしいスポーティさとスタイリッシュさを表現しています。

足回りは15インチの樹脂フルキャップ付きのスチールホイールを採用。アルミホイールのオプションはありません。ヘッドランプにはLEDを採用しています。

快適装備では「プッシュボタンスタートシステム+スマートキー」や、ドライバーの体格に合わせて高さや前後位置を調節できるチルト&テレスコピックステアリングがありますが、近年のトヨタの新型車に搭載されているディスプレイオーディオなどの最新鋭の装備は採用しておらず、コネクティッドサービスも使用できません。

なお、エアコンはマニュアルですが、2022年8月の一部改良で「ナノイーX」が全車標準装備となりました。

「HYBRID EX」

「HYBRID EX」出典:トヨタ「カローラフィールダー」価格・グレード

〈グレード「HYBRID EX」の車両本体価格〉

駆動方式2WD
価格233万400円

「HYBRID EX」は、27.8km/Lの優れた燃費性能を実現しています。また、装備面でのガソリン車との最も大きな違いはオートエアコンが標準装備であることといえるでしょう。

またハイブリッド車にはDISPステアリングスイッチが装備され、ステアリングホイールから手を放さずにディスプレイ表示の切り替えができるようになっており、利便性が配慮されています。

メーター類はガソリン車ではドライブモニター付きの単眼メーターであるのに対し、ハイブリッド車ではタコメーター+TFTマルチインフォメーションディスプレイ付きの2眼メーターになっています。

カローラフィールダーの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

カローラフィールダーの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

カローラフィールダーのおすすめグレードは「HYBRID EX」

カローラフィールダーは、ガソリン車とハイブリッド車で装備の充実度にそれほど大きな差はありませんが、燃費性能が大きく異なりハイブリッド車は高いレベルでの低燃費を実現しています。

ガソリンの価格が高騰している昨今、燃料費を節約できる燃費性能の高さはとても魅力的。カローラフィールダーのおすすめグレードは「HYBRID EX」といえるでしょう。

ただし、カローラフィールダーに限ったことではありませんが、ハイブリッド車はガソリン車よりも車両本体価格が高くなります。そこでおすすめしたいのが、初期費用なしで好きな車に乗れるカーリースです。

カローラフィールダーのハイブリッド車も夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのカローラフィールダーを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったカローラフィールダーのハイブリッド車にも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでカローラフィールダーに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

コスパの良さで大人気!月々 25,250 円からカローラフィールダーに乗れる

定額カルモくん申込者数15万人突破

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでカローラフィールダーに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。カローラフィールダーに各種税金などの維持費込みで月々 25,250 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で15万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

カローラフィールダーに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!カローラフィールダーがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分カローラフィールダーで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談

予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 25,250 円から!お得にカローラフィールダーに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでカローラフィールダーの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。

カローラフィールダー 月額 25,250 円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:カローラフィールダーのグレード構成は?

A:カローラフィールダーのグレードはガソリン車、ハイブリッド車それぞれ「EX」「HYBRID EX」の1種類ずつで、非常にシンプルなグレード構成です。なお、ガソリン車は2WDと4WDの設定があることに加え2WD車ではCVTとMTの選択が可能ですが、ハイブリッド車は2WD、CVTのみで選択肢はありません。

Q2:カローラフィールダーのグレードごとの装備の違いは?

A:カローラフィールダーでは「EX」と「HYBRID EX」でパワーユニット以外の大きな差はなく、「EX」がマニュアルエアコン、「HYBRID EX」がオートエアコンと、エアコンが異なる程度の違いしかありません。なお、「ナノイーX」や「プッシュボタンスタートシステム+スマートキー」は全車標準装備です。

Q3:カローラフィールダーのおすすめグレードは?

A:カローラフィールダーではガソリン車とハイブリッド車で燃費性能に大きな差があります。ハイブリッド車はWLTCモードカタログ燃費が27.8km/Lという高いレベルの低燃費を実現しているため、カローラフィールダーのおすすめグレードは「HYBRID EX」といえるでしょう。

※この記事は2022年12月時点の情報で制作しています。

トヨタカローラフィールダーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラフィールダーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る