ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

CR-Vのグレードを徹底解説!7人乗りが選べるのはどれ?

CR-Vのグレードを徹底解説!7人乗りが選べるのはどれ?
CR-Vのグレードを徹底解説!7人乗りが選べるのはどれ?

出典:ホンダ「CR-V」デザイン・カラー

一般的に、車には複数のグレードが設定されています。車種を決めた後はグレードを選ぶわけですが、そのグレード選びを面倒に感じる方は少なくないといいます。しかし、グレードはカーライフの満足度を決める重要な車選びのポイント。それぞれのグレードの装備内容をきちんと確認して自身が欲しい装備を過不足なく搭載しているグレードを選ばないと、後悔することになりかねません。

ここでは、ホンダ「CR-V」のグレードについて紹介します。

  • CR-Vのグレードは3種類
  • 7人乗りが選択できるのはガソリン車のみ
  • CR-Vのおすすめグレードは「EX」

CR-Vのグレード構成

5代目モデルとなる現行型のCR-Vには、1.5L 直列4気筒ターボエンジンと、2.0L直列4気筒エンジンに2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」の2種類のパワートレインの設定があります。

用意されているグレードは価格の低いものから順に「EX」「EX・Masterpiece」「EX・BLACK EDITION」の3種類で、パワートレインによるグレードの違いはありません。なお、いずれのパワートレイン、グレードにおいても2WDと4WDの選択が可能です。

また、ガソリン車では全グレードで5人乗りと7人乗りの設定がありますが、「e:HEV」は5人乗りの設定のみとなっているため、7人乗りが欲しい場合のパワートレインの選択肢はガソリン車のみになります。

CR-Vのグレードごとの特徴

ここからは、CR-Vのグレードごとの特徴を見ていきましょう。

基本となるグレードの「EX」

基本となるグレードの「EX」出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

CR-Vは、どのグレードにも「EX」の名がついていることからもわかるように、全グレードがこの「EX」グレードを基本としており、機能性や快適性にそれほど大きな差はありません。上級グレードには、一般的にオプションとして設定されることの多い装備を標準装備し、個性を持たせています。

そのため、「EX」はCR-Vの中で最も価格の低いグレードではありますが、充実した装備を有しています。なお、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」は全車に標準装備されています。

先進性を感じさせるシーケンシャルターンシグナルランプを採用

CR-Vには、近年主流となりつつある省電力でより遠くまで明るく照らし出すLEDヘッドランプが採用されています。夜間視認性が向上しているのはもちろん、フロントフェイスに先進的な雰囲気をもたらし、SUVらしいタフなスタイリングの中にもスマートさを感じさせる洗練されたスタイルを演出しています。

先進性を感じさせるシーケンシャルターンシグナルランプを採用出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

2020年6月のマイナーチェンジでは、SUVユーザーから要望が多かったという、内側から外側へ流れるように点灯するシーケンシャルターンシグナルランプを採用しました。

先進性を感じさせるシーケンシャルターンシグナルランプを採用_02出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

アルミホイールは全グレードで18インチの同じサイズを採用していますが、それぞれカラーやデザインが異なります。「EX」では画像左側のブラック切削、「EX・Masterpiece」は画像中央のグレー切削、「EX・BLACK EDITION」は画像右側のブラッククリア塗装です。

快適装備も充実

運転席と助手席で別々に温度調整ができる左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー(プラズマクラスター技術搭載)、車内のいやなにおいやアレルゲンとなる花粉、PM2.5などを除去するアレルフリー高性能脱臭フィルターを搭載。

後席の足元を温めるリアヒーターダクトはもちろん、後席用のリアエアコンアウトレットを装備し、暑い時期でも素早く快適な温度になるように配慮されているため、いつでも、どの席に座っても快適にドライブが楽しめるのではないでしょうか。

スマートキーを身につけていればスイッチ操作でドアロックの解錠やエンジンスタートができるHondaスマートキーシステム&パワースイッチなど、今時の車に期待したい快適装備は一通りあるといえるでしょう。後席には、スマートフォンなどの急速充電に対応した充電用USBジャックも2つ備わっています。

「リンクアップフリー」に対応したHondaインターナビを標準装備

「リンクアップフリー」に対応したHondaインターナビを標準装備出典:ホンダ「CR-V」室内空間

専用通信機器を使用し、多彩な情報が利用できるリンクアップフリー機能を搭載したHondaの純正ナビゲーションシステムも標準装備されています。タッチパネル式なのでスマートフォン感覚で使用でき、使い勝手が良いのも魅力です。

「EX」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

電動サンルーフを搭載する上級グレード「EX・Masterpiece」

電動サンルーフを搭載する上級グレード「EX・Masterpiece」出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

上級グレードの「EX・Masterpiece」は、開放感が魅力の電動サンルーフが標準装備になるグレードです。

室内に開放感をもたらす「電動パノラミックサンルーフ」

室内に開放感をもたらす「電動パノラミックサンルーフ」出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

「EX・Masterpiece」にはスイッチ操作で天井部分がスライドする電動パノラミックサンルーフが標準装備されるのが、最も大きな魅力といえるでしょう。こうしたサンルーフは上級グレードであってもオプション設定になっている車種がほとんどなので、サンルーフが好きな方にとってはかなりうれしいのではないでしょうか。

なお、CR-Vの電動パノラミックサンルーフのガラス部は電動で開閉でき、チルトアップ機構も搭載されています。

荷物の出し入れが楽になる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」

荷物の出し入れが楽になる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

現行型のCR-Vは、国内のホンダ車として初めて「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を採用したモデルでもあります。ハンズフリーアクセスパワーテールゲートはリアバンパー下に足をかざすだけでテールゲートの開閉ができることに加え、開閉途中の一時停止機能や、開く高さを任意の位置に設定できる機能もあります。

5人乗りモデルでは1列目に加えて2列目の左右席にもシートヒーターが搭載され、寒い時期の快適性が増しているのもうれしいポイントです。

さらに、上質な本革シートと専用インテリアが装備されます。なお、内装については別記事で詳しく解説します。

CR-Vの内装について、詳しくはこちら

「EX・Masterpiece」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

2020年6月に追加された最上級グレード「EX・BLACK EDITION」

2020年6月に追加された最上級グレード「EX・BLACK EDITION」出典:ホンダ「CR-V」タイプ・価格・装備

「EX・BLACK EDITION」は、内外装の随所にブラックを効かせることでSUVらしいタフさや力強さを強調した最上級グレードです。2020年6月のマイナーチェンジのタイミングで追加されました。

2020年6月に追加された最上級グレード「EX・BLACK EDITION」_02出典:ホンダ「CR-V」BLACK EDITION

フロントグリルやガーニッシュ類はダーククロームメッキ、ドアミラーは鈍く輝くクリスタルブラック・パール、ブラッククリア塗装の18インチアルミホイールなど、さまざまな専用加飾をあしらい、SUVらしいタフさとスタイリッシュさを融合させています。

内外装のデザインに関する部分以外の装備は、「EX・Masterpiece」と変わりありません。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

カーリースならCR-Vの上級グレードも夢じゃない

CR-Vに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのCR-Vを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

頭金ボーナス0円_PC
頭金ボーナス0円_SP

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

月額料金_PC
月額料金_SP

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでCR-Vに月額 43,350 円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準*のカーリースで、CR-Vの新車に月額 43,350 から乗ることが可能です。

カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図
カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくCR-Vに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額 43,350 円からCR-Vに乗れるため、予算内で最上級グレードのCR-Vを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々 43,350 円から乗れるCR-Vのお試し審査をチェック!

CR-V

CR-V 月額 43,350 円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

 

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
CR-Vは月額 43,350 円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくCR-Vのプランを知りたい方はこちら

CR-Vのおすすめグレードは「EX」

CR-Vはベースグレードの「EX」であっても普段使いには申し分のない充実した装備内容となっています。電動サンルーフなどの贅沢装備が必要ないのであれば、コストパフォーマンスが良い「EX」がおすすめといえるでしょう。

CR-Vはオプションの設定が多くなく、通常はオプションになるようなものを上級グレードに標準装備しているのが特徴です。欲しい装備がどのグレードに搭載されているのかをしっかりと確認して、自身に合ったグレードのCR-Vを選んでください。

よくある質問

Q1:CR-Vのグレード構成は?

A:CR-Vのグレード構成は価格の低いものから順に「EX」「EX・Masterpiece」「EX・BLACK EDITION」の3種類です。なお、CR-Vには1.5L 直列4気筒ターボエンジンと、2.0L直列4気筒エンジンに2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」の2種類のパワートレインの設定がありますが、パワートレインによるグレードの違いはありません。

Q2:7人乗りが選べるのは?

A:7人が乗れる3列シートを備えているのはガソリン車のみで、「e:HEV」には設定がありません。なお、ガソリン車にはグレード・駆動方式を問わず5人乗りと7人乗りが用意されています。

Q3:CR-Vのグレードごとの違いは?

A:CR-Vはどのグレードも「EX」がベースになっているため、快適装備や実用性に関する装備にあまり差はなく、全体的に充実した内容になっています。

中間グレードの「EX・Masterpiece」では電動パノラミックサンルーフやハンズフリーアクセスパワーテールゲートを追加。「EX・BLACK EDITION」は内外装の随所にブラックをあしらい、SUVらしいタフさとスタイリッシュさを融合させたスタイルを持つ最上級グレードです。

Q4:CR-Vのおすすめグレードは?

A:装備内容と価格のバランスから見ると、「EX」がCR-Vのおすすめグレードといえるでしょう。

※記事の内容は2021年8月時点の情報で執筆しています。

ホンダCR-Vの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダCR-Vの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINE買い方診断_ポップアップ