ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

CX-8のグレードはどう選ぶ?装備内容を詳しく解説

CX-8のグレードはどう選ぶ?装備内容を詳しく解説

出典:マツダ「CX-8」特長

マツダの3列シートSUV「CX-8」には、複数の特別仕様車を含む多彩なグレードが用意されています。自身に合ったグレードを選ぶためには、グレードごとの特徴を把握することが大切です。

ここでは、CX-8のグレードについて詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔CX-8には多彩なグレードの選択肢がある
✔ターボガソリンエンジンが搭載されるのは「25T Exclusive Mode」のみ
✔快適装備の充実度がグレード選びのポイント

CX-8

CX-8のグレード構成

CX-8のグレードは搭載するエンジンによって2.5LNA(自然吸気)ガソリンエンジンの「25S」、2.5Lターボガソリンエンジンの「25T」、2.2Lディーゼルエンジン「XD」の3種類に大きく分けられます

2.5LNA(自然吸気)ガソリンエンジンと2.2Lディーゼルエンジンにはそれぞれのベースグレードとなる「25S」と「XD」に加え、共通して「PROACTIVE」「L Package」の設定があります。

また、最上級グレードにあたる「Exclusive Mode」は「XD」と「25T」に設定されており、「25S」には設定されていません。

なお、これらに加えてCX-8には「Smart Edition」と「Black Tone Edition」の2種類の特別仕様車が設定されており、「Smart Edition」は「25S」「XD」、「Black Tone Edition」は「25S PROACTIVE」「XD PROACTIVE」をベース車両としています。

CX-8のグレードごとの装備内容

ここからは、CX-8のグレードごとの装備内容を見ていきましょう。なお、内装と安全性能は別記事で詳しく紹介します。

CX-8の内装について、詳しくはこちら

CX-8の安全性能について、詳しくはこちら

「25S」/「XD」

「25S」/「XD」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

「25S」「XD」は、ベースグレードでありながらも電動パーキングブレーキやLEDヘッドランプ、全面UVカットガラス、3ゾーン対応フルオートエアコン、マツダ独自のコネクティビティシステム「マツダコネクト」が使用できる8.8インチセンターディスプレイ&コマンダーコントロールなどが標準装備され、充実した装備内容となっています。

なお、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術は「25S」「XD」を含む全グレードで標準装備です。

「25S」「XD」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

特別仕様車「Smart Edition」

特別仕様車「Smart Edition」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

2020年5月にラインナップに加わった「Smart Edition」は、「25S」「XD」をベースに、予防安全装備や快適装備を追加した特別仕様車です。

特別装備として高速道路でのドライバーの運転負荷を軽減する「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付き)」、車線内走行を維持するようサポートする「レーンキープ・アシスト・システム」などの多数の先進安全技術が搭載されます。

さらにIRカットガラスや、電子キーを身につけておけばキーを操作することなくドアの解錠や施錠ができる「アドバンストキーレスエントリーシステム」も搭載されるので、利便性が大幅に向上するのが魅力です。

「Smart Edition」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

「25S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」

「25S PROACTIVE」/「XD PROACTIVE」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

「PROACTIVE」は「Smart Edition」に搭載される装備に加え、運転席・助手席・2列目シート左右席のシートヒーター、運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能、助手席6Way パワーシート、ステアリングヒーターなど上級モデルらしい装備が搭載されるグレードです。

また、このグレードからルーフレールや電動スライドガラスサンルーフ、オーディオメーカーのボーズと協業しCX-8のどの席に座っても同じ質の良いサウンドで音楽を楽しめる「ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+10スピーカー」がオプションで追加可能になり、自身の好みに合わせてカスタマイズできるのも特筆すべきポイントでしょう。

「25S PROACTIVE」「XD PROACTIVE」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

特別仕様車「Black Tone Edition」

特別仕様車「Black Tone Edition」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

「25S Black Tone Edition」「XD Black Tone Edition」は、「PROACTIVE」をベースにした特別仕様車で、グロスブラックのフロントグリルやブラックメタリック塗装のアルミホイール、グロスブラックの電動格納リモコン式カラードドアミラーなど、ブラックをエクステリアに取り入れてスポーティーな世界観を表現したクールさが魅力の特別仕様車です。

ワイヤレス充電や3列目シートサイドの充電用USB端子など、今の時代であれば欲しい便利機能も備わります。

「Black Tone Edition」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

「25S L Package」/「XD L Package」

「25S L Package」/「XD L Package」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

「L Package」以上のグレードでは、ほかのグレードのフロントグリルが水平基調であるのに対し、ブロックメッシュタイプになり、ひと目見てわかる差をつけています。「L Package」ではシックなグロスブラックカラーを採用。SUVらしさを強調するルーフレールも標準装備になります。

また10.25インチの大型のセンターディスプレイに加え、LED間接照明、運転席・助手席のシートベンチレーション機能、「ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+10スピーカー」などの上級グレードならではのおもてなし装備が多数搭載され、所有欲を満たしてくれるグレードといえるでしょう。

「25S L Package」「XD L Package」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

最上級グレードである「Exclusive Mode」では、大径のマフラーカッター、フロントグリルは高級感のあるガンメタリックのブロックメッシュタイプがあしらわれます。なお、ガソリン車においてはこのグレードのみターボエンジンが搭載されます。

「25T Exclusive Mode」/「XD Exclusive Mode」出典:マツダ「CX-8」グレード・価格

さらに、「Exclusive Mode」では「L Package」の内容に加え電動スライドガラスサンルーフも標準装備となるため、広い室内で開放感を味わいながらゆったりとドライブが楽しめるでしょう。

「25T Exclusive Mode」「XD Exclusive Mode」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならCX-8の上級グレードも夢じゃない

CX-8に新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのCX-8を手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでCX-8に月額40,710円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、CX-8の新車に月額40,710から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくCX-8に乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額40,710円からCX-8に乗れるため、予算内で最上級グレードのCX-8を手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々40,710円から乗れるCX-8のお試し審査をチェック!

cx-8

CX-8 月額40,710円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
CX-8は月額40,710円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくCX-8のプランを知りたい方はこちら

快適装備の充実度がCX-8のグレード選びのポイント

CX-8はマツダのSUVラインナップにおけるフラッグシップモデルで、ベースグレードであっても一般的な装備は網羅しています。上級グレードになるにつれて快適装備が充実するので、どの程度までの装備を求めるのか、予算との兼ね合いも考えながら最適なグレードを選び、CX-8でのカーライフを楽しんでください。

よくある質問

Q1:CX-8のグレード構成は?

A:CX-8のグレードはガソリンエンジンの「25S」、2.5Lターボガソリンエンジンの「25T」、2.2Lディーゼルエンジンの「XD」の3種類に大きく分けられ、「25S」と「XD」には「PROACTIVE」「L Package」と2種類の特別仕様車「Smart Edition」と「Black Tone Edition」の設定があります。最上級グレードとなる「Exclusive Mode」は「XD」と「25T」に設定されています。

Q2:CX-8はグレードによってエクステリアに差がある?

A:はい、あります。上級グレードの「L Package」と最上級グレードの「Exclusive Mode」は、ほかのグレードのフロントグリルが水平基調であるのに対し、ブロックメッシュタイプとなるほか、ルーフレールが標準装備されます。「Exclusive Mode」にはさらに大径マフラーカッターを搭載し、後ろ姿においてもほかのグレードとは差をつけています。

Q3:CX-8のグレードはどう選ぶ?

A:CX-8はマツダのSUVラインナップにおけるフラッグシップモデルのため、ベースグレードであっても一般的な装備はそろえています。上級グレードになるにつれて快適装備やおもてなし装備が充実するため、どの程度までの装備を求めるかを予算との兼ね合いで決めるといいでしょう。

※記事の内容は2021年10月時点の情報で執筆しています。

マツダCX-8の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダCX-8の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー