ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

デイズのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2019年~現行モデル)

デイズのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2019年~現行モデル)
デイズのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2019年~現行モデル)

出典:日産「デイズ」外観・デザイン

カタログを見ながらグレードごとに異なる仕様を把握するのはなかなか手間がかかるし面倒、という声は少なくありません。しかし、グレード選びはその後のカーライフの満足度を左右する重要な車選びのポイントです。価格だけで判断して適当にグレードを選んでしまうと、必要な装備がなくもの足りない、使い勝手が悪いと感じることになりかねません。

そのため車のグレードを選ぶ際には、グレードごとの特徴を把握することが大切です。ここでは日産「デイズ」のグレードをわかりやすくご紹介します。

デイズに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • デイズには多彩なグレードの選択肢がある
  • カスタマイズカー「ボレロ」や特別仕様車「ファイントーン」の設定もある
  • デイズのおすすめグレードは「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」

デイズのグレード構成

デイズには、軽自動車らしい親しみやすいデザインのノーマルタイプと、よりスポーティーな装いの「ハイウェイスター」の2タイプの設定があります。

ノーマルタイプに設定されたグレードは「S」「X」の2種類で、ハイウェイスターは「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の4種類の設定があります。

これらに加え、カスタマイズカーの「ボレロ」、特別仕様車の「ファイントーン」の設定もあるため、デイズはかなり豊富な選択肢が用意されているといえるでしょう。

なお、デイズの内装や安全性能については別記事で詳しくご紹介します。

デイズの内装について、詳しくはこちら

デイズの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々10,000円台からデイズを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が15万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

定額カルモくん_人気の理由_15万人

デイズのグレードごとの特徴

ここからは、デイズのグレードごとの装備内容の違いを比較していきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードS/XハイウェイスターX
ハイウェイスターX プロパイロットエディション
ハイウェイスターGターボ
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション
エンジンNAエンジンNAエンジン+モーター
(スマートシンプルハイブリッド)
ターボエンジン+モーター
(スマートシンプルハイブリッド)
駆動方式2WD・4WD
燃費
(km/L、WLTCモード)
23.2(2WD)
21.0(4WD)
23.3(2WD)
21.1(4WD)
21.5(2WD)
19.4(4WD)
全長(mm)3,395
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,650(2WD)
1,670(4WD)
最小回転半径(m)4.5(NAエンジン)
4.8(ターボエンジン)

※カスタマイズカー「ボレロ」、特別仕様車「ファイントーン」の諸元はそれぞれのベースグレードと同様

必要最低限の装備内容にしてお手軽な価格を実現した「S」

必要最低限の装備内容にしてお手軽な価格を実現した「S」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈グレード「S」の車両本体価格〉

グレードS
駆動方式2WD4WD
価格133万2,100円146万6,300円

エントリーグレードの「S」は、装備内容を必要最低限なもののみにして価格を抑えたグレードです。キーシステムはスマートキータイプの「インテリジェントキー」ではなく、リモートコントロールエントリーシステムで、エンジンはスイッチ式ではありません。エアコンもマニュアル式です。

また、この「S」グレードのみ足回りはアルミホイールではなく14インチのフルホイールカバーとなっています。このあたりがエントリーグレードであることを感じさせる部分といえるでしょう。インテリアにおいても加飾はほとんど使用されず、収納も上級グレードと比較するといくつか省かれているものがあります。

新型車であれば欲しい装備がプラスされる「X」

新型車であれば欲しい装備がプラスされる「X」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈グレード「X」の車両本体価格〉

グレードX
駆動方式2WD4WD
価格138万4,900円151万9,100円

この「X」から、「インテリジェントキー」や「プッシュエンジンスターター」、タッチパネル式のオートエアコンなど近年の新型車であれば欲しい装備が搭載されます。

フロントドアガラスには99%紫外線をカットするスーパーUVカット機能とIRカット機能が付いた断熱グリーンガラスを採用。女性には特にうれしい機能でしょう。

足回りは14インチのアルミホイールとなり、ルックスにおいても「S」とは差をつけています。ボディカラーの選択肢も広がり、「S」ではモノトーン3色の設定だったのに対し、「X」では2トーンカラー3色を含む計9色から選択が可能です。

スマートシンプルハイブリッドシステムを搭載する「ハイウェイスターX」

スマートシンプルハイブリッドシステムを搭載する「ハイウェイスターX」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈グレード「ハイウェイスターX」の車両本体価格〉

グレードハイウェイスターX
駆動方式2WD4WD
価格159万2,800円172万7,000円

この「ハイウェイスターX」からスマートシンプルハイブリッドシステムが搭載され、燃費性能・環境性能が向上します。加えてクロームタイプのフロントグリルやエアロバンパー、サイドシルプロテクター、ルーフスポイラーなどのハイウェイスター専用外装が標準装備になり、「S」「X」とは一線を画す迫力のあるエクステリアデザインになるのがハイウェイスターシリーズの特徴です。

アルミホイールは14インチでサイズは「X」と変わりませんが、ハイウェイスター専用デザインのものが装備されます。

またLEDヘッドランプやLEDポジションランプ、フォグランプが標準装備になり、夜間の視認性や被視認性もアップしています。

最新の運転支援技術が備わる「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」

最新の運転支援技術が備わる「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈グレード「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」の車両本体価格〉

グレードハイウェイスターX プロパイロットエディション
駆動方式2WD4WD
価格169万1,800円182万6,000円

「ハイウェイスターX」の装備内容に加えて、最新の運転支援技術である「プロパイロット」が標準装備になるのがこの「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」です。「プロパイロット」は高速道路において、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作をシステムが制御することでドライバーの運転疲労を大幅に減らして安全運転に貢献する機能です。

このほかにも上空から車両を見下ろすような画像を表示して安全な駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付き)」や電動パーキングブレーキ、停止中にブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持する「オートブレーキホールド」、GPSアンテナとTVアンテナがセットになった「日産オリジナルナビ取り付けパッケージ」、6スピーカーなどが装備され、充実した装備内容となっています。

ターボエンジンが搭載される「ハイウェイスターGターボ」/「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」

ターボエンジンが搭載される「ハイウェイスターGターボ」/「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈グレード「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の車両本体価格〉

グレードハイウェイスターGターボハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション
駆動方式2WD4WD2WD4WD
価格167万4,200円180万8,400円177万3,200円190万7,400円

「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」は、最高出力64psを発揮するターボエンジンが搭載されるグレードです。それ以外の装備内容はそれぞれ「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」に準じますが、ターボエンジン搭載車には15インチのアルミホイールが装備される点のみが異なっています。

キュートさが魅力の「ボレロ」

キュートさが魅力の「ボレロ」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈カスタマイズカー「ボレロ」の車両本体価格〉

グレードボレロ
駆動方式2WD4WD
価格151万1,400円164万5,600円

「ボレロ」は「X」をベースにしたカスタマイズカーで、上質なかわいらしさを持つスタイリングが特徴です。フロントグリルやバックドアフィニッシャーをダーククロームメッキで仕上げ、ホワイトパールのアウトサイドドアハンドルやドアミラー、ホワイトの専用14インチアルミホイールを採用しています。

特別仕様車「ファイントーン」

特別仕様車「ファイントーン」出典:日産「デイズ」価格・グレード

〈特別仕様車「ファイントーン」の車両本体価格〉

グレードXファイントーンハイウェイスターXファイントーンハイウェイスターX プロパイロットエディション ファイントーン
価格(2WD)145万900円165万8,800円172万4,800円
価格(4WD)158万5,100円179万3,000円185万9,000円

2022年9月の一部改良のタイミングで新設された「ファイントーン」は、黒とベージュの洗練された特別内装や、シート表皮には撥水加工素材を使用した特別仕様車です。

「S」とターボエンジン搭載車を除くグレードに設定があり、周囲の安全確認をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付き)」が特別装備として搭載されます(「ハイウェイスターX プロパイロットエディション ファイントーン」はベースグレードに標準装備)。

ボディカラーなどのエクステリアやホイールなどの足回りに関しては、それぞれのベースグレードに準じます。インテリアデザインにこだわる方や、安全装備を充実させたい方におすすめです。

デイズの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

デイズの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

デイズのおすすめグレードは「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」

デイズには多彩なグレードの選択肢が用意されており、ニーズに合わせて選べるメリットがあります。装備内容と価格のバランスから見ると、最新の運転支援機能「プロパイロット」や電動パーキングブレーキなど、最新鋭の機能が満載の「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」がおすすめでしょう。

しかし、軽自動車は経済性も大切です。コストパフォーマンス重視で考えるのであれば、実用性を高める装備をそろえ安全性も十分な「X」グレードも良い選択肢といえるのではないでしょうか。

グレード選びの際はグレードごとに異なる仕様を把握して、自分に必要な機能が過不足なく搭載されているものを選びましょう。

デイズの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのデイズを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったデイズの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでデイズに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 17,330 円からデイズに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでデイズに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。デイズに各種税金などの維持費込みで月々 17,330 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で20万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

デイズに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!デイズがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分デイズで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 17,330 円から!お得にデイズに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでデイズの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

デイズ 月額  17,330 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:デイズのグレード構成は?

A:デイズのグレードは標準タイプの「S」「X」、よりスポーティーなエクステリアデザインの「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」「ハイウェイスターGターボ」「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」で構成されています。これに加えてカスタマイズカー「ボレロ」、特別仕様車「ファイントーン」の設定もあります。

Q2:デイズのグレードはどうやって選べばいい?

A:デイズは2種類のエクステリアデザインがあり、パワーユニットも複数あるのでまずどちらのデザインがいいか、どのパワーユニットにするのかを決めましょう。それから実用性や安全性を高める機能に注目すればデイズのグレード選びはそれほど難しくありません。

Q3:デイズのおすすめグレードは?

A:総合的な装備内容の充実度から見れば最新の運転支援技術「プロパイロット」や電動パーキングブレーキが装備される「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」がおすすめのグレードです。コストパフォーマンスを重視するのであれば、必要十分な装備内容と安全性を備えた「X」もおすすめです。

※この記事は2023年7月1日時点の情報で制作しています

日産デイズの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産デイズの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る