デリカD:5のグレードをリサーチ!

デリカD:5のグレードをリサーチ!

出典:三菱「デリカD5」外観

車はグレードによって仕様が異なります。そのため、自分の欲しい装備が過不足なく搭載されているグレードを選ばないと、不便に感じたり物足りなく思ったりすることになりかねません。

車のグレードを選ぶ際には、おすすめされるものを盲目的に選んだり、価格のみに注目したりするのではなく、グレードごとの特徴を把握して自分に適したものを選ぶのが大切です。ここでは三菱「デリカD:5」のグレードについて紹介します。

デリカD:5のグレード構成

デリカD:5は2WDと4WD車で採用しているエンジンが異なり、2WD車には2.0L直列4気筒SOHCエンジン、4WD車には2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載しています。

エンジンは異なりますがグレード構成は2WDでも4WDでも変わりなく、「M-Limited package」と「G-Limited package」の2種類で、価格はこの順に高くなります。

2桁に及ぶグレード数を用意している車種も多い中、デリカD:5のグレード構成はシンプルで整理されており、選びやすいといえるでしょう。

デリカD:5のグレードごとの内容

ここからは、デリカD:5のグレードごとに異なる装備内容を見ていきましょう。

基本的な装備はそろっているベースグレードの「M-Limited package」

基本的な装備はそろっているベースグレードの「M-Limited package 」「M-Limited package 」出典:三菱「デリカD5」グレード・価格

ベースグレードの「M-Limited package」では、キーを身につけておけばキーを取り出さなくてもドアの解錠・施錠ができ、エンジンもイグニッションノブを回すだけで始動・停止が可能なキーレスオペレーションシステム(スマートキー)や、自動で温度や風量を調節するフルオートエアコン、後部座席でも快適に過ごせるリヤマニュアルクーラーなど、基本的な装備内容はそろっている印象です。

さらに助手席側のワンタッチスライド電動ドアも標準装備され、ミニバンとしての使い勝手はしっかりと考慮されていることがうかがえます。

ドライバーにとってベストなドライビングポジションを確保する運転席のハイトアジャスターやチルトステアリングも標準装備されており、ストレスを感じることなく運転を思う存分楽しめるのもうれしいポイントでしょう。

足回りは215 / 70R16のマッド&スノータイヤに16インチのフルホイールカバーが組み合わされていますが、走破性が自慢のデリカD:5としては、ベースグレードであってもアルミホイールを装備してほしいところです。

2WD車と4WD車で大きな装備内容の差はありませんが、4WD車には前後輪への駆動力を適切に配分する「4WDオート」、強力なトラクションを発生させて滑りやすい道での走破性を高める「4WDロック」、燃費優先の軽快な走りを実現する「2WD」の3種類の走行モードが選べる「ドライブモードセレクター」が装備されています。

加えて、2WD車のみに実燃費向上に貢献するアイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー」が搭載されている点が駆動方式による差といえるでしょう。

両側の電動スライドドアが標準装備となる「G-Limited package」

両側の電動スライドドアが標準装備となる「G-Limited package 」1「G-Limited package 」出典:三菱「デリカD5」グレード・価格

上級グレードの「G-Limited package」では、「M-Limited package」の内容に加えて運転席側のワンタッチスライド電動ドアが標準装備になり、ミニバンに期待される利便性を高めているのが特徴です。

さらに、アクセサリーソケットや、車内でくつろげる雰囲気を演出するリラックスルームイルミネーションが追加され、より車内で快適に過ごせる装備が充実します。ステアリングホイールやシフトレバーには本革が使用され、インテリアにはメッキ加飾が追加されるなど高級感もプラス。上級グレードらしい上質さを感じさせる装備内容です。

すっきりと収まるビルトイン式のETCユニットも標準装備。コックピットでは、より視認性に優れたハイコントラストメーターとカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイが採用されました。

エクステリアではフォグランプが追加。足回りは駆動方式によって差が付けられ、2WD車では215 / 70R16のマッド&スノータイヤに16インチのアルミホイール、4WD車では専用開発された225/55R18の大径マッド&スノータイヤに18インチアルミホイールの組み合わせとなっています。

両側の電動スライドドアが標準装備となる「G-Limited package 」2出典:三菱「デリカD5」性能・特長 走行性能

そのほか、「G-Limited package」ではパドルシフトを標準装備している点も特筆すべきポイントでしょう。ステアリングホイールから手を離すことなく素早くシフトチェンジができるので、デリカD:5ならではの走りをより楽しむことができそうです。素材にはマグネシウム合金を使用し、質感の高さとスポーティな雰囲気をプラスしています。

また、このグレードではベースグレードの「M-Limited package」では設定のないエレクトリックテールゲートがオプションで設定されています。キーレスオペレーションシステムと連動し、リモコン操作でテールゲートの解錠・施錠が可能なので、雨の日や荷物で両手がふさがっている時に便利です。

そのほか、運転席のパワーシートや運転席・助手席のシートヒーターのセットオプションもこのグレードでのみ選択可能となっています。

デリカD:5のおすすめグレードは「G-Limited package」

デリカD:5はベースグレードの「M-Limited package」でも実用性のある装備内容となっていますが、「G-Limited package」では両側の電動スライドドアやアクセサリーソケットなど、より利便性がアップしています。
また、デリカD:5にはミニバンの利便性の良さのほかにも、走行性能を期待したいところ。ミニバンでありながら本格SUVにも負けない走行性能を持っているモデルなので、そのポテンシャルを活かせる大径タイヤやパドルシフトが標準装備される「G-Limited package」がおすすめです。

車のグレードを選ぶ際にはグレードごとの装備内容を確認するとともに、自分に必要な装備をはっきりとさせて、目指すカーライフに適した車を選んでください。

よくある質問

Q1:デリカD:5のグレード構成は?

A:デリカD:5は駆動方式によって異なったエンジンが採用されており、2WD車には2.0L直列4気筒SOHCエンジン、4WD車には2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載しています。グレードは「M-Limited package」と「G-Limited package」の2種類で、2WD車と4WD車共通のグレード構成です。

Q2:デリカD:5のグレードはどうやって選べばいい?

A:デリカD:5では助手席側の電動スライドドアやスマートキー、フルオートエアコンなどは全車標準装備ですが、上級グレードになるとパドルシフトや大径タイヤなどの走行性能を高める機能が追加されるほか、両側の電動スライドドアも装備されるなど利便性も向上します。どの程度の機能が自分に必要なのかを見極めて、必要な装備が無駄なく搭載されているものを選ぶといいでしょう。

Q3:デリカD:5のおすすめグレードは?

A:デリカD:5はミニバンの使い勝手の良さと、本格SUV顔負けの走行性能の高さを持ったモデルです。デリカD:5ならではの走りが楽しめる機能が搭載されている上、両側の電動スライドドアやアクセサリーソケットなどを備え、ミニバンとしての利便性も十分な「G-Limited package」がおすすめです。

※記事の内容は2020年3月時点の情報で執筆しています。

三菱デリカD:5 の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他の三菱デリカD:5の記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す

pr