ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ハリアーのグレードはどう選ぶ?ハリアーのグレードごとの違いを徹底解説(2020年~現行モデル)

ハリアーのグレードはどう選ぶ?ハリアーのグレードごとの違いを徹底解説(2020年~現行モデル)
ハリアーのグレードはどう選ぶ?ハリアーのグレードごとの違いを徹底解説(2020年~現行モデル)

出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

カルモスリー

車のグレード選びに悩んでしまう方は少なくないといいます。違いがよくわからないので価格で選ぶ、という声もあるようですが車はグレードによって仕様が異なるため、しっかりと内容を確認せずに選んでしまうと欲しい装備が不足していたり逆に不要な装備があって無駄になったりなど、後悔することになりかねません。
ここでは、トヨタ「ハリアー」のグレード選びに悩む方のために、ハリアーのグレードごとの特徴やおすすめグレードについて紹介します。

  • ハリアーのグレードは「S」「G」「Z」の3種類
  • 「Z」には本革シートが標準装備になる「Z“Leather Package”」の設定がある
  • ハリアーのおすすめグレードはハリアーならではの魅力が味わえる「G」

ハリアーのグレード構成

ハリアーでは、大きく分けて「S」「G」「Z」の3種類のグレードがあり、価格はこの順に高くなります。「Z」には本革シートが標準装備になる「“Leather Package”」の設定があります。

どのグレードも、2WDと4WDから選ぶことができます。燃費については、​​ガソリン車におけるWLTCモードの場合に2WDが15.4km/L、4WDが14.7km/Lと、低燃費を実現しているのが特徴です。

ハリアーは2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと2.0L直列4気筒ガソリンエンジンの2種類のパワートレインを用意していますが、パワートレインによるグレードの差はありません。

​なお、全車に予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準搭載しています。これにより、交差点右折時の対向直進車や、右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知することが可能です。また、先行車発進告知機能(TMN)やパーキングサポートブレーキ(前後方静止物)が標準装備されており、夜間の歩行者や自転車をきちんと​検知し、衝突を回避することができます。

ハリアーのグレードごとの特徴

ここからは、ハリアーのグレードごとの装備内容と価格を見ていきましょう。

機能的には十分なエントリーグレード「S」

機能的には十分なエントリーグレード「S」出典:トヨタ「ハリアー」価格・グレード

スマートキーやディスプレイオーディオを標準装備

ハリアーの中で最も価格の安い「S」では、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や左右独立温度コントロールフルオートエアコン、スマートキー&スタートシステム、3灯式LEDヘッドライトやコネクティッドサービスが使用できるDCM(専用通信機)、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応した8インチのディスプレイオーディオ、バックガイドモニターや充電用USB端子など、機能面ではかなり充実した内容となっており実用性は十分でしょう。

ハリアーの安全性能や「Toyota Safety Sense」について詳しくはこちら

ラグジュアリーさは上級グレードに及ばない

ラグジュアリーさは上級グレードに及ばない出典:トヨタ「ハリアー」スペック・装備比較

ただ、上級グレードは18インチ以上のアルミホイールを採用しているのに対し、この「S」では17インチのアルミホイールを採用していたり、エクステリアのメッキ加飾やインテリアの加飾類が省かれていたりと、ハリアーならではの高級さを感じさせる部分が省かれています。
トヨタで初採用された前後方向録画機能付きのデジタルインナーミラーも省かれているため、ラグジュアリーなハリアーの魅力を堪能したいのであれば、少しもの足りなさを感じるかもしれません。
「S」の価格は、ハイブリッド車の2WDは371万8,000円、4WDは393万8,000円です。一方、ガソリン車の2WDは312万8,000円、4WDは393万8,000円となります。

「S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

ハリアー本来のラグジュアリーさが魅力の「G」

ハリアー本来のラグジュアリーさが魅力の「G」出典:トヨタ「ハリアー」トップページ

「G」ではフロント・リアバンパーにメッキガーニッシュが追加されるほか、アウトサイドドアハンドルもメッキになり、より華やかさのあるスタイリッシュなエクステリアになっています。ヘッドライトもプロジェクター式オートレベリング機能付きのLEDヘッドランプにグレードアップ。LEDフロントフォグランプも追加されています。

アルミホイールは18インチに

アルミホイールは18インチに出典:​​トヨタ「ハリアー」スペック・装備比較

また、18インチの切削光輝・ダークグレーメタリック塗装の18インチアルミホイールが標準装備となり足回りの存在感も増しています。

録画機能付きのデジタルインナーミラーも標準装備

録画機能付きのデジタルインナーミラーも標準装備出典:トヨタ「ハリアー」特長

新型ハリアーの目玉のひとつである前後方録画機能付きのデジタルインナーミラーもこの「G」から標準装備となります。クリアな後方視界を確保できるほか、走行中の前後カメラの映像を録画できる機能が付いた優れものです。

快適機能も充実

このほかに運転席のランバーサポートや8ウェイパワーシート機能、ナノイー、パワーバックドア、スーパーUVカット・IRカット・撥水機能付きのフロントドアグリーンガラスなどが装備され、快適装備が充実することに加え、インテリアにも加飾類があしらわれるなど高級車らしい装いと装備内容を持ったグレードになっています。

なお、コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオが装備されており、収録済のナビ情報を活用するのではなく、センターから通信によって届く新しい情報を取得することができます。

「G」の​​価格は、ハイブリッド車の2WDが411万9,000円、4WDが433万9,000円です。また、ガソリン車の2WDは352万9,000円、4WDは372万9,000円となります。

「G」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

すべてにおいて贅を尽くした最上級グレード「Z」

すべてにおいて贅を尽くした最上級グレード「Z」出典:トヨタ「ハリアー」価格・グレード

19インチアルミホイールやロングタイプのLEDハイマウントストラップランプを搭載

最上級グレードとなる「Z」は、19インチの高輝度シルバー塗装のアルミホイールが奢られます。最上級グレードにふさわしい精悍でゴージャスな印象です。

19インチアルミホイールやロングタイプのLEDハイマウントストラップランプを搭載出典:トヨタ「ハリアー」スペック・装備比較

さらにロングタイプのLEDハイマウントストラップランプやサイド部にピアノブラック塗装を施したカラードリアルーフスポイラーが標準装備になり、後ろ姿もぬかりありません。

T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムを標準装備

T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムを標準装備出典:トヨタ「ハリアー」スペック・装備比較

「Z」ではディスプレイオーディオがさらにグレードアップしたT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備になります。

高精細12.3インチのワイドタッチディスプレイにSDナビゲーションシステム、オーディオ・ビジュアル機能やスマートフォン連携機能、ETC2.0ユニットなどを搭載し、コネクティングサービスも使用できる多機能なナビです。

迫力と臨場感のある音響空間を実現

JBLプレミアムサウンドシステムは高性能な12chアンプや音響レンズを搭載したドアウーハー、ハリアーの室内空間に合わせて配置された9つのスピーカーによって迫力と臨場感のある音響空間を作り出します。車内であっても音質にこだわる方にはうれしい機能でしょう。高級車ならではの贅沢さを実感できる装備でもあります。
「Z」の価格は、ハイブリッド車の2WDが462万8,000円、4WDが484万8,000円です。ガソリン車の2WDが403万8,000円、4WDが423万8,000円となります。

​「Z」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

本革シートが標準装備になる「Z“Leather Package”」

本革シートが標準装備になる「“Leather Package”」出典:トヨタ「ハリアー」スペック・装備比較

「Z“Leather Package”」は、本革シートとステアリングヒーター、助手席の4ウェイパワーシートが追加されるパッケージです。12.3インチの大画面ディスプレイを装備しているほか、車載ナビを搭載しています。運転席や助手席からも見やすく便利な仕様となっているのが特徴です。

なお、「Z”Leather Package”」の価格は、ハイブリッド車の2WDが492万8,000円、4WDは514万8,000円です。また、ガソリン車の2WDは433万8,000円、4WDは453万8,000円となります。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

3年リースの限定車種プラン登場!

ハリアーに試しに乗るなら、短期カーリースの「カルモ スリー」を利用してみませんか。

初期費用不要の完全定額制で、契約満了時には車を返却するだけという手軽さが魅力です。3年契約で車検前に契約が満了するので、高額な車検代を心配する必要もありません。

車種は人気の高いものが厳選されており、ハリアーも取り扱っています。試しに乗ってみたい、または転勤等で一時的に使いたいという方にもピッタリ。利用申込みは、オンラインで簡単に手続きができます。
グレードや金額の詳細を、下のバナーから確認してみましょう。

車種限定!買うよりお得_カルモ スリーを詳しく見る

月々 44,280 円から乗れるハリアーのお試し審査をチェック!

車種画像バナー

ハリアー 月額 44,280 円~

・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

 

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。ハリアーは月額 44,280 円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

​もっと詳しくハリアーのプランを知りたい方はこちら

買うよりお得にハリアーに乗れる!3年リースプランの詳細はこちら

ハリアーならではの高級感が味わえる「G」がおすすめ

ハリアーは実用性一辺倒ではなく、質感の高さや優雅さをコンセプトに開発されたモデルです。ハリアーならではの上質さやラグジュアリーな雰囲気を持つ「G」グレードがハリアー本来の魅力が味わえるおすすめグレードといえるでしょう。

グレード選びはその後のカーライフの満足度を決定付ける重要な車選びのポイントです。グレードごとの特徴をつかんで、目指すカーライフに合ったグレードを選択してください。

よくある質問

Q1:ハリアーのグレード構成は?

A:ハリアーには2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと2.0Lガソリンエンジンの2種類のパワートレインがあり、グレード構成は共通の仕様となっています。グレードは「S」「G」「Z」の3種類で、「Z」には本革シートが標準装備になる「Z“Leather Package”」の設定もあります。

Q2:ハリアーのグレードはどうやって選べばいい?

A:ハリアーはグレードによってアルミホイールのサイズ、デザインが変わります。また上級グレードになるとエクステリアにメッキパーツが使用されるなど、ルックスに差がつられているので好みのスタイルのハリアーを選ぶのもひとつの方法でしょう。前後方録画機能付きのインナーミラーやJBLサウンドシステムなど、ハリアーならではの装備が欲しいのであれば上位グレードがおすすめです。

Q3:ハリアーのおすすめグレードは?

A:ハリアーのおすすめグレードは「G」でしょう。エントリーグレードの「S」は、機能面は十分で価格も抑えてあり魅力的ですが、ハリアーならではの優雅さや上質さなどを備え、ハリアーらしさを味わえるという点では「G」に軍配が上がります。

※記事の内容は2022年12月時点の情報で執筆しています。

ハリアーの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?ご利用されている方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです。

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)

※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

​カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

カルモくんを資料で詳しく
トヨタハリアーの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタハリアーの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる