ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

レガシィアウトバックのグレードごとの装備はどう違う?(2014年~2021年モデル)

レガシィアウトバックのグレードごとの装備はどう違う?(2014年~2021年モデル)
レガシィアウトバックのグレードごとの装備はどう違う?(2014年~2021年モデル)

出典:スバル「レガシイアウトバック」ギャラリー

貯金ゼロでもマイカー持てる

車種選びまでは力を入れていても、その後に待っているグレード選びに関しては面倒だから、違いがよくわからないからと適当に決めてしまう方も少なくないといいます。しかし、車はグレードによって装備内容が異なるため、しっかりと確認して自身に適したグレードを手に入れることが満足度の高いカーライフを手に入れるためのひとつのポイントといえるでしょう。

ここでは、スバル「レガシィアウトバック」のグレードについて紹介します。

  • グレードは「B-SPORT」「X-BREAK」「Limited」の3種類
  • 「X-BREAK」はほかの2つのグレードと個性が異なる
  • おすすめグレードは「B-SPORT」

レガシィアウトバックのグレード構成

レガシィアウトバックのグレードは「B-SPORT」「X-BREAK」「Limited」の3種類で、価格は「B-SPORT」から順に高額になります。グレード数は比較的少ないモデルといえるでしょう。

なお、レガシィアウトバックのパワートレインは2.5L水平対向ガソリンエンジン+リニアトロニック、4WDのみであり、グレードによる走行性能、燃費の差はありません。

レガシィアウトバックのグレードごとの装備内容

ここからは、レガシィアウトバックのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。なお、内装や安全性能については別記事に詳しく紹介しています。

レガシィアウトバックの内装について、詳しくはこちら

レガシィアウトバックの安全性能について、詳しくはこちら

充実した装備内容が魅力の「B-SPORT」

充実した装備内容が魅力の「B-SPORT」出典:スバル「レガシイアウトバック」グレード・価格

レガシィアウトバックはスバルのクロスオーバーモデルの最上車種であるため、最も価格の安い「B-SPORT」でも充実した装備内容になっています。

スポーティーで精悍なルックス

スポーティーで精悍なルックス_01出典:スバル「レガシイアウトバック」外観

「B-SPORT」では、フロントグリルやオーナメント類にダークメッキを使用し、精悍でスポーティーなルックスに仕上げているのが特徴です。

スポーティーで精悍なルックス_02出典:スバル「レガシイアウトバック」外観

18インチのアルミホイールはダークグレーメタリック塗装が施された切削光輝仕様。シャープさを感じさせるホイール形状を際立たせています。

快適なドライブをサポートする装備も充実

レガシィアウトバックでは、快適なドライブを実現するための装備も充実しています。

快適なドライブをサポートする装備も充実_01出典:スバル「レガシイアウトバック」ドライビング装備

アクセスキーを携帯していればドアハンドルのセンサーにタッチするだけで解錠や施錠ができることに加え、エンジンもスイッチ操作で始動できるキーレスアクセス&プッシュスタートを標準装備しています。キーが手元にない場合でもドアの解錠が可能な暗証キー機能も搭載。

快適なドライブをサポートする装備も充実_02出典:スバル「レガシイアウトバック」ドライビング装備

近年新型車への搭載が増えつつある、スイッチでパーキングブレーキを作動できる電動パーキングブレーキも採用されています。発進時はアクセルを踏むとパーキングブレーキが解除されるため、解除忘れもありません。さらに、停止時にブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持してくれるオートビークルホールドもあるため、信号待ちや渋滞時などでのドライバーの運転負荷が軽減されるでしょう。

快適なドライブをサポートする装備も充実_03出典:スバル「レガシイアウトバック」ドライビング装備

フルオートエアコンには左右独立温度調整機能があるため、運転席・助手席それぞれ別々に温度調整することができます。さらに前席には3段階の温度調整が可能なシートヒーターも装備されているため、寒い時期のドライブも快適に楽しめるのではないでしょうか。

「B-SPORT」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

アクティブな雰囲気の「X-BREAK」

アクティブな雰囲気の「X-BREAK」出典:スバル「レガシイアウトバック」グレード・価格

「X-BREAK」は2018年9月にスバルの60周年特別仕様車として登場したモデルで、レガシィアウトバックの持つ上質さにアウトドアスポーツのファッション性や機能性を融合させたグレードです。

アクセントカラーにイエローグリーンを使用

アクセントカラーにイエローグリーンを使用_01出典:スバル「レガシイアウトバック」外観

「X-BREAK」では、ピアノブラックとラスターブラックの異なる質感を持つブラックで仕立てられたフロントグリルの一部にアクセントとしてイエローグリーン加飾をあしらうことで、ほかのグレードにはないアクティブさとスタイリッシュさを両立させています。

アクセントカラーにイエローグリーンを使用_02出典:スバル「レガシイアウトバック」外観

アルミホイールは、「B-SPORT」では「B-SPORT」と印象が異なるダークメタリック塗装を採用。より直線を強調したデザインによって、存在感を際立たせています。

SUVらしさを強めるクロスバービルトインタイプの大型ルーフレール

アクセントカラーにイエローグリーンを使用 SUVらしさを強めるクロスバービルトインタイプの大型ルーフレール出典:スバル「レガシイアウトバック」外観

ルーフレールはレガシィアウトバックの全車に標準装備されていますが、ほかのグレードはローマウントタイプであるのに対し、この「X-BREAK」のみ可動式のクロスバーを内蔵したクロスバービルトインタイプの大型ルーフレールを採用しました。よりSUVらしいタフな雰囲気を演出しています。

パワーリヤゲートを標準装備

「X-BREAK」以上のグレードには、電動でバックドアの開閉が可能なパワーリヤゲートが標準装備されます。両手がふさがっているときや雨の日には便利でしょう。バックドアの開度を任意の位置で設定できるメモリー機能も搭載されています。

さらに、後席左右のシートヒーターも追加されるため、席による快適性の差がなくなるのもうれしいポイントといえるでしょう。

「X-BREAK」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

堂々とした存在感のある最上級グレード「Limited」

堂々とした存在感のある最上級グレード「Limited」

出典:スバル「レガシイアウトバック」グレード・価格

最上級グレードである「Limited」は、「B-SPORT」の装備内容を充実させたモデルです。「X-BREAK」はレガシィアウトバックにカジュアルなアクティブさを追加したもので若干方向性が異なりますが、「Limited」はレガシィアウトバックならではの上質さや存在感をより際立たせたグレードといえるでしょう。フロントグリルはメッキ+ガンメタリック塗装です。

フロント&リアバンパーガードを搭載

フロント&リアバンパーガードを搭載出典:スバル「レガシイアウトバック」グレード・価格

「Limited」ではフロント&リアのバンパーガードが追加され、より存在感を強めているのが魅力。アルミホイールは「B-SPORT」と同じデザインで塗装色を変えており、ダークメタリック塗装となっています。

ルーフレールは「B-SPORT」と同じローマウントタイプですが、「B-SPORT」がブラック塗装であるのに対し、「Limited」では光輝塗装とすることでより高級さを演出。最上級グレードにふさわしい存在感を持つエクステリアに仕上げています。

そのほかの装備内容としては、「B-SPORT」の内容に後席左右のシートヒーター、ステアリングヒーター、パワーリヤゲートが追加されます。

「Limited」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

カーリースならレガシィアウトバックの上級グレードも夢じゃない

レガシイアウトバックに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのレガシィアウトバックを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでレガシイアウトバックに月額 50,770 円から乗れる

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準*のカーリースで、レガシィアウトバックの新車に月額 50,770 から乗ることが可能です。

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくレガシィアウトバックに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額 50,770 円からレガシィアウトバックに乗れるため、予算内で最上級グレードのレガシアウトバックを手にすることも夢ではなくなります。

* 文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照

レガシィアウトバックのおすすめグレードは「B-SPORT」

レガシィアウトバックは、スバルのクロスオーバーモデルのフラッグシップというだけあり、グレードを問わず装備内容が充実している傾向があります。また、グレードによる走行性能の差もないため、コストパフォーマンスの良い「B-SPORT」がレガシィアウトバックのおすすめグレードといえるでしょう。

満足度の高いカーライフを手に入れるために、自身がどの程度の装備を必要とするのかをはっきりさせ、最適なグレードを見極めてください。

よくある質問

Q1:レガシィアウトバックのグレード構成は?

A:レガシィアウトバックのグレードは「B-SPORT」「X-BREAK」「Limited」の3種類で、価格は「B-SPORT」から順に高くなります。なお、レガシィアウトバックのパワートレインは2.5L水平対向ガソリンエンジン+リニアトロニックの1種類、駆動方式は4WDのみのためグレードによる走行性能や燃費の差はありません。

Q2:レガシィアウトバックのグレードごとの違いは?

A:レガシイアウトバックはグリルやホイールの塗装などをグレードごとに変えています。「X-BREAK」はアクセントカラーにイエローグリーンをあしらい、クロスバービルトインタイプの大型ルーフレールを採用するなどアクティブさを強調したグレードで、上級クロスオーバーらしい上質さが持ち味の「B-SPORT」と「Limited」とは個性が異なります。

Q3:レガシィアウトバックのおすすめグレードは?

A:レガシィアウトバックはスバルのクロスオーバーモデルのフラッグシップということもあり、グレードを問わず装備内容は充実している傾向があります。そのため、コストパフォーマンスの良い「B-SPORT」がレガシィアウトバックのおすすめのグレードといえるでしょう。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

スバルレガシィアウトバックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルレガシィアウトバックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る