ムーヴのグレードをリサーチ!

ムーヴのグレードをリサーチ!

出典:ダイハツ「ムーヴ」外観とカラー

ムーヴ

車のグレードは車種によっては非常に種類が多く複雑になっているものもあるため、グレード選びに苦手意識を持つ方は少なくないと聞きます。しかし、グレードごとに車の仕様は異なるので、グレードごとの特徴を把握してグレードを選ばないと必要な装備がついておらず使い勝手が悪いと感じたり、逆に不要な装備がついていて無駄になってしまったりするのです。そのため、グレード選びは車選びの重要なポイントといえるでしょう。

ここではダイハツ「ムーヴ」のグレードについて紹介します。

10024_ムーヴ

ムーヴのグレード構成

2014年12月に登場した現行型ムーヴはNAエンジンとターボエンジンの2種類のエンジンを採用しています。NAエンジンモデルには標準グレードの「L」と上級グレードの「X」の2種類の設定があり、さらにそれぞれのグレードに先進安全機能が追加された「L“SA Ⅲ”」「X“SA Ⅲ”」があり、計4種類のグレードとなっています。

ターボエンジンを搭載するグレードは「Xターボ“SA Ⅲ”」の1種類のみ。いずれのグレードにも2WDと4WD、2種類の駆動方式の設定があります。

加えて、2018年8月に「X“SA Ⅲ”」をベースとした特別仕様車「X“リミテッドⅡ SA Ⅲ”」がラインナップに加わりました。この特別仕様車でも2WDと4WD、どちらの選択も可能です。

ムーヴのグレードごとの装備内容

ここからは、ムーヴのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

最もお手軽な価格の「L 」

最もお手軽な価格の「L 」「L」出典:ダイハツ「ムーヴ」オンライン見積り

装備を必要なものに絞り、価格を抑えたのがこの「L」グレードです。インテリアの加飾や快適装備が上級グレードと比較すると省かれており、軽自動車に求められる経済性を追求したグレードだといえるでしょう。

ホイールは14インチのフルホイールキャップ、キーシステムもスマートキーではなくキーレスエントリー、エアコンはダイヤル式のマニュアルエアコンとなっています。リアシートの左右分割ロングスライド機能や左右分割リクライニング&可倒機構は搭載されているので、座席アレンジや荷室の拡大などの利便性は確保されているといえるでしょう。

先進安全機能が搭載される「L“SA Ⅲ ”」

先進安全機能が搭載される「L“SA Ⅲ ”」「L“SA Ⅲ ”」出典:ダイハツ「ムーヴ」オンライン見積り

このグレードでは「L」の装備内容に加えて、ダイハツの安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載されます。

ムーヴに搭載される「スマートアシストⅢ」には車両と歩行者を認識する被害軽減(自動)ブレーキ、車線逸脱警報機能、前方に加えて後方にも対応しているペダル踏み間違い時加速抑制装置、先進ライト、先行車発進お知らせ機能が含まれています。

快適装備が充実する「X」/「X“SA Ⅲ ”」

快適装備が充実する「X」/「X“SA Ⅲ ”」「X“SA Ⅲ ”」出典:ダイハツ「ムーヴ」オンライン見積り

上級グレードの「X」ではキーフリーシステムやプッシュボタンスタート、プッシュ式のオートエアコン、フロントドアガラスが99%紫外線をカットするスーパーUV&IR(赤外線)カットガラスや、花粉やPM2.5に対応するスーパークリーンエアフィルターなどが装備され、快適装備が各段に充実します。運転席シートヒーターも標準装備になります。

運転席の座面の高さを調節できるシートリフターやハンドルの上下調整機能であるチルトステアリングが搭載されており、ドライバーが運転しやすいように配慮されているのも「X」グレードの特徴です。外観ではホイールが14インチのアルミホイールになり、より足元の存在感を増しています。

また、このグレードから「L」には設定のないLEDヘッドランプや、ブラックのファブリックシート、ドアトリム、メッキインナードアハンドル、革巻きステアリングホイールが装備されるブラックインテリアパックのオプションが選べるようになる点もポイントといえるでしょう。

「X“SA Ⅲ”」は「X」に「スマートアシストⅢ」が追加されるグレードで、先進安全機能以外の装備内容は「X」と変わりありません。

ムーヴで唯一ターボエンジンが搭載される「Xターボ“SA Ⅲ ”」

ムーヴで唯一ターボエンジンが搭載される「Xターボ“SA Ⅲ ”」「Xターボ“SA Ⅲ ”」出典:ダイハツ「ムーヴ」オンライン見積り

64psを発揮するターボエンジンを搭載するこのグレードの装備内容はほぼ「X“SA Ⅲ”」と同じです。異なるのはステアリングホイールがウレタン巻きから革巻きになっている程度です。

なお、このグレードでのみ運転席・助手席のサイドエアバッグと前後席のカーテンシールドエアバッグのオプション追加が可能になっています。

特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ ”」

特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ ”」特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ ”」出典:ダイハツ「ムーヴ」オンライン見積り

「X“リミテッドⅡSA Ⅲ”」では、「X“SA Ⅲ”」をベースにオーディオ操作用のステアリングスイッチ、バックカメラ、16cmリヤスピーカー&ツィーター、GPSアンテナ、フルセグTVアンテナがセットになった純正ナビ装着用アップグレードパックとブラックインテリアパック、LEDヘッドランプが標準装備になります。「X“SA Ⅲ”」に追加できるすべてのオプションを追加し、全方向に充実した装備内容のお買い得なグレードといえるでしょう。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々15,560円から乗れるムーヴのお試し審査をチェック!

ムーヴ
ムーヴ 月額15,560円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ
5万円キャンペーン_お試し

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ムーヴは月額15,560円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくムーヴのプランを知りたい方はこちら

先進安全機能を搭載し、使い勝手にも配慮された「X“SA Ⅲ”」がおすすめ

被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などの先進安全機能は今や車には必須といえるものなので、「スマートアシストⅢ」の搭載は大前提です。キーフリーシステムやプッシュボタンスタート、オートエアコンなども近年の新型車であれば欲しい装備といえるでしょう。

その点から考えると、「X“SA Ⅲ”」がムーヴのおすすめグレードです。運転席のシートリフターやチルトステアリングも搭載しており、使い勝手にも配慮されている点も評価できるポイントといえます。

「X“SA Ⅲ”」にオプションの追加を考えている場合は、すべてのオプションが搭載されるお得な特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ”」も視野に入ってきます。

自分が優先する機能や予算との兼ね合いを考慮しながら、あなたにぴったりのムーヴを選んで楽しいカーライフを始めましょう!

よくある質問

Q1:ムーヴのグレード構成は?

A:ムーヴはNAエンジンとターボエンジンの2種類のエンジンを採用しています。NAエンジンには「L」「L“SA Ⅲ”」「X」「X“SA Ⅲ”」の4つのグレードと特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ”」があります。ターボエンジンを搭載するグレードは「Xターボ“SA Ⅲ”」の1種類です。いずれのグレードにも2WDと4WDの設定があります。

Q2:ムーヴのグレードはどうやって選べばいい?

A:ムーヴにはダイハツの安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載されるグレードと搭載されないグレードがあります。まず「スマートアシストⅢ」が必要かどうかを決めてから、そのほかの快適装備やオプション設定などに注目してグレードを選ぶといいでしょう。

Q3:ムーヴのおすすめグレードは?

A:安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載されることに加え、キーフリーシステムやプッシュボタンスタート、オートエアコンやチルトステアリングなどの快適装備が充実する上級グレードの「X“SA Ⅲ”」がおすすめです。オプションの追加を考えている場合はすべてのオプションが標準装備になっている特別仕様車「X“リミテッドⅡSA Ⅲ”」もいいでしょう。

※記事の内容は2020年2月時点の情報で執筆しています。

ダイハツムーヴの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツムーヴの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー