ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ノアのベストグレードはどれ?オプションの選択肢も視野に入れよう(2022年~現行モデル)

ノアのベストグレードはどれ?オプションの選択肢も視野に入れよう(2022年~現行モデル)
ノアのベストグレードはどれ?オプションの選択肢も視野に入れよう(2022年~現行モデル)

出典:トヨタ「ノア」ギャラリー

ほとんどの車には複数のグレードの設定があり、価格と装備内容はグレードによって大きく異なります。グレード選びは面倒なので人気のグレードをとりあえず選ぶ、という声も耳にしますが、装備内容を確認しないで選んでしまうと人気であっても自分が欲しいと思っていた装備が搭載されていなかったり、逆に余分なものがあり無駄に感じてしまったりすることになりかねません。

ここでは、ノアのグレード選びについてお悩みの方に向けて、ノアのグレードごとの特徴を詳しくご紹介します。

  • ノアのグレードは「X」「G」「Z」「S-G」「S-Z」の5種類
  • 「S-G」「S-Z」はエアログレード
  • ノアのおすすめグレードは「G」

ノアのグレード構成

ノアのグレードは「X」「G」「Z」「S-G」「S-Z」の5種類で、グレード構成はハイブリッド車、ガソリン車共通です。なお、ノアでは7人乗りと8人乗りの設定がありますが、「Z」「S-Z」は7人乗りのみ、そのほかのグレードでは7人と8人の選択が可能です。

また、ハイブリッド車の8人乗りではE-Four(電気式4WD)が選べず2WDのみとなっていますが、ガソリン車ではグレード、乗車定員に関係なく2WD、4WDが選べます。

ノアのグレードごとの特徴

ここからは、ノアのグレードごとの装備内容を詳しく見ていきましょう。なお、内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介します。

ノアの内装について、詳しくはこちら

ノアの安全性能について、詳しくはこちら

厳選した装備で価格を抑えた「X」

厳選した装備で価格を抑えた「X」出典:トヨタ「ノア」トップ

エントリーグレードの「X」には、スライドドアのパワースライド機能がありません。また、スマートフォンと連携するディスプレイオーディオも省かれ、ホイールは16インチのスチールホイールです。

また、このグレードでは現行型のノアの目玉装備のひとつでもある高度運転支援技術「トヨタチームメイト」やパッケージオプションの「快適利便パッケージ」が追加できないなど、選べるオプションの数も上位グレードと比較すると少なめです。ただしその分買いやすい価格となっているため、とにかく安くノアに乗りたい場合は選択肢のひとつとなるでしょう。

コネクティッドサービスの利用を可能にする専用通信機「DCM」、LEDヘッドランプやフロントオートエアコン+リアクーラーは標準装備です。なお、標準仕様のキーシステムはパワートレインによって異なり、ハイブリッド車ではスマートエントリー&スタートシステムですが、ガソリン車はワイヤレスドアロックリモートコントロールとなっています。

「X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

オプションの選択肢が広がる「G」

ワンランク上の「G」では、助手席側のワンタッチスイッチ付きパワースライドドアが標準装備になります。さらに、センターから通信で取得した最新情報を基に目的地の検索やルート設定が可能な「コネクティッドナビ」対応の8インチディスプレイを備えたディスプレイオーディオも追加され、「X」よりも使い勝手が向上しているのが特徴です。

また、「G」では「ナノイーX」や左右独立温度コントロールフロントオートエアコン+リアオートエアコン、センサーに足をかざせば自動でパワースライドドアが開閉する機能を搭載した「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」などの利便性を高める装備がセットになったパッケージオプション「快適利便パッケージ(Mid)」や、「トヨタチームメイト」などのオプションの選択が可能になります。

このほかでも上位グレード「Z」に標準装備される機能がオプションで追加できるものも多いので、自身に必要なもののみを追加してカスタマイズしやすいグレードといえるでしょう。

足回りは16インチのシルバーメタリック塗装のアルミホイールになり、存在感が増しているためミニバンならではの迫力もあるのがうれしいポイントです。

「G」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

ミニバンとしての十分な利便性を確保した上級グレード「Z」

上級グレードの「Z」では、メッキのフードモールディング、ステンレスのドアベルトモールディングなどを採用し、エクステリアにも上質感をもたせています。アルミホイールは「G」と変わりありません。

そのほかでは両側のワンタッチスイッチ付きパワースライドドア、運転席・助手席の快適温熱シートが標準装備になることに加え、ハイブリッド車には非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントもあるので、災害などの停電時にも心強いのではないでしょうか。

なお、「Z」では「快適利便パッケージ(Mid)」に2列目キャプテンシートのシートヒーター、オットマン(2WDのみ)、角度調整付きアームレスト(2WDのみ)が追加される「快適利便パッケージ(High)」と、カラーヘッドアップディスプレイ&デジタルインナーミラーが追加される「ドライビングサポートパッケージ」の選択が可能です。

「Z」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

エアログレードの「S-G」「S-Z」

「S-G」「S-Z」はエアロタイプの専用前後バンパーやサイドマッドガード、スモークメッキ+メッキの専用フロントグリルを装着し、エクステリアの迫力を増したエアログレードです。

アルミホイールは「S-G」と「S-Z」の4WDもしくはE-Fourはエアロ専用の16インチのシルバーメタリック塗装のアルミホイールで、「S-Z」の2WDは17インチの切削光輝+ブラック塗装のものになります。

内外装以外の装備やオプションの選択肢はベースとなる「G」「Z」に準じます。

「S-G」「S-Z」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

カーリースならノアの上級グレードも夢じゃない

ノアに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのノアを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

頭金ボーナス0円_PC
頭金ボーナス0円_SP

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

月額料金_PC
月額料金_SP

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでノアに月額 37,460 円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準のカーリースで、ノアの新車に月額 37,460 から乗ることが可能です。

カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図
カーリースでは車両本体価格が安くなる上に、月額料金に多くの費用が含まれていることを解説する図

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくノアに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額 37,460 円からノアに乗れるため、予算内で最上級グレードのノアを手にすることも夢ではなくなります。

月々 37,460 円から乗れるノアのお試し審査をチェック!

車種画像バナー

ノア 月額 37,460 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ノアは月額 37,460 円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくノアのプランを知りたい方はこちら

ノアのおすすめグレードは「G」

ミニバンであればスライドドアのパワースライド機能は欲しいので、使い勝手の良さを考えれば「G」以上のグレードが視野に入ってくるでしょう。

「G」は助手席側のワンタッチスイッチ付きパワースライドドアを標準装備していることに加え、上級グレードに搭載されている機能やパッケージオプションも追加できるので、自由度が高く、無駄なく自身が欲しい装備を追加できるのでコストパフォーマンスが高く、おすすめです。

オプションの追加も積極的に検討しながら、自身の思うカーライフを実現できるノアを選んでください。

よくある質問

Q1:ノアのグレード構成は?

A:ノアのグレードは「X」「G」「Z」「S-G」「S-Z」の5種類で、ハイブリッド車、ガソリン車共通です。なお、ノアでは7人乗りと8人乗りがありますが、ハイブリッド車、ガソリン車ともに「Z」「S-Z」は7人乗りのみです。駆動方式はガソリン車ではいずれのグレード、乗車定員でも2WD、4WDの設定がありますが、ハイブリッド車では8人乗りではE-Fourの選択ができません。

Q2:ノアの「X」「G」「Z」の特徴は?

A:「X」はスライドドアにパワースライド機能がなく、選べるオプションも限られています。「G」は助手席側のワンタッチスイッチ付きパワースライドドアが標準装備になることに加え、上級グレードに搭載される機能の多くがオプションで追加可能です。「Z」は上級グレードらしくさらに利便性を高め、ルックスにも上質感を持たせているのが特徴です。

Q3:「S-G」「S-Z」は「G」「Z」とどう違うの?

A:「S-G」「S-Z」は専用のエアロパーツやブラック塗装のフードモールディング、スモークメッキ+メッキの専用フロントグリルを採用したエアログレードです。内外装のデザイン以外の装備はそれぞれのベースグレードの「G」「Z」に準じます。

※この記事は2022年8月時点の情報で制作しています

トヨタノアの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタノアの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る