ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ノートは最上級グレード「X」がベストバイ!その理由とは(2020年12月~)

ノートは最上級グレード「X」がベストバイ!その理由とは(2020年12月~)

出典:日産「ノート」外観・デザイン

第2世代へと進化した「e-POWER」を搭載し、走行性能に磨きをかけた日産「ノート」。特徴のはっきりした車種だけに車種選びまでは迷わないかもしれませんが、ノートを選んだ後にどのグレードにすればいいのか頭を悩ませる方は少なくないようです。

ノートに限らず、車はグレードによって搭載する装備に差があります。装備内容の違いを把握し、自身が必要とする装備を搭載しているグレードを選ぶことが満足度の高いカーライフの実現につながるのです。

ここでは、日産「ノート」のグレードについて詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔ノートのグレードは「F」「S」「X」の3種類
✔ノートはグレードによって選択できるオプションが異なる
✔おすすめグレードは「X」

ノート

ノートのグレード構成

2020年12月に登場した現行型のノートは、100%モーター走行が可能なハイブリッドシステム「e-POWER」の第2世代を搭載したモデルです。先代モデルまではガソリン車の設定がありましたが、現行モデルは「e-POWER」専用車となりました。

そのため、採用しているパワートレインが1.2L直列3気筒ガソリンエンジン+モーターの「e-POWER」1種類ということもあり、グレードは「F」「S」「X」の3種類とそれほど多くありません。なお、4WD車の「FOUR」は「S」と「X」にのみ設定されています。

ノートのグレードごとの装備内容

ここからは、ノートのグレード別の装備内容を見ていきましょう。

燃費に特化したグレードの「F」

燃費に特化したグレードの「F」出典:日産「ノート」グレード詳細

「F」は、燃費を追求したエントリーグレードです。

ノートNo.1の燃費を誇るグレード

「F」は、ほかのグレードのノート2WD車が28.4km/Lであるのに対し、29.5km/Lをマークしたノートの中で最も燃費の良いグレードです。

ほかのグレードは燃料タンクが36Lであるのに対し、「F」では32Lと容量が少ない専用のタンク容量を採用、さらにリア間欠式ワイパーや運転席シートリフターなどを省き軽量化しており、燃費向上に徹したグレードといえるでしょう。

メーカーオプションの選択肢はほとんどない

ノートにはさまざまなメーカーオプションの設定がありますが、「F」で選択できるのはLEDヘッドランプのみ。そのほかのオプションは選択できません。寒冷地仕様の設定もないので、寒い地域に住む方はこの「F」は選択肢から外れるでしょう。

走行性能に関する部分は上位グレードと変わりない

指先でパーキングブレーキの作動ができる電動パーキングブレーキ、停止時にブレーキペダルから足を離しても自動的にブレーキ力が維持されるオートブレーキホールド、3種類のドライブモードなど、走行性能に関する部分は上位グレードと同じものが搭載されています。

「S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

基本となるグレードの「S」/「S FOUR」

燃費に特化したグレードの「F」出典:日産「ノート」グレード詳細

「S」は、ノートの基本となるグレードです。燃費は28.4km/Lであり、わずかながら「F」よりも悪くなります。

価格は「F」を下回る

ノートは「F」が装備内容は最も簡素で選択できるオプションが少ないエントリーグレードなのですが、価格面では「S」が「F」を下回ります。これは「F」が燃費のために燃料タンクを小さくしていることから、エアコンの使用頻度を少なくするためにフロントドアガラスにIRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用していることが一因であると考えられます。

なお、「S」ではフロントドアのIRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスは装備されていませんが、メーカーセットオプションでフロントのIRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスの追加が可能です。

オプションの選択肢が増える

リア間欠ワイパーが標準装備されますが、そのほかの装備内容はほぼ「F」と同じです。しかし、追加できるオプションの選択肢が圧倒的に豊富になるのがこのグレードの魅力といえるでしょう。

「F」では設定のなかった寒冷地仕様はもちろん、周囲の安全確認をサポートするインテリジェント アラウンドビューモニターやキーを携帯していればキー操作なしでドアのロックやアンロックが可能なインテリジェントキー、日産オリジナルナビ取り付けパッケージなどが選択可能です。

「S」「S FOUR」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

プロパイロット(ナビリンク機能付き)が追加できる最上級グレード「X」/「X FOUR」

プロパイロット(ナビリンク機能付き)が追加できる最上級グレード「X」/「X FOUR」出典:日産「ノート」グレード詳細

最も高額な最上級グレード「X」は、日産の誇る運転支援システム「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」が追加できます。

日産国内初搭載となるナビリンク機能付きのプロパイロットが選択可能

「X」の最も大きな魅力は、最新鋭の運転支援機能「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」がオプション設定されていることにあるでしょう。

「プロパイロット」は高速道路においてシステムがステアリング・アクセルペダル・ブレーキペダルの操作をアシストしてドライバーの運転負荷を大幅に軽減してくれる機能です。ノートに搭載された「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」はさらにナビゲーションシステムとの連携機能を加え、より高度な運転支援を可能にしました。

「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」やノートの安全性能について、詳しくはこちら

快適装備が充実

「S」ではオプション設定であったフロントのIRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスや、サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー、インテリジェントキー、日産オリジナルナビ取り付けパッケージなどが標準装備になり、最上級グレードにふさわしい快適さを備えます。

コネクティング機能が使用できるのはこの「X」のみ

これからの車であれば欲しい装備のひとつといえる、コネクティング機能が使用できるNissanConnectナビゲーションシステムのオプション設定があるのもこのグレードのみです。

NissanConnectナビゲーションシステムを追加すると、スマートフォンと連携して音楽ストリーミングを楽しむことや、緊急時に専門オペレーターに接続できる「SOSコール」、車から離れた場所でも車のロック状態を確認したり、リモート操作でロックしたりできる「リモートドアロック」などの利用が可能です。

「X」「X FOUR」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならノートの上級グレードも夢じゃない

ノートに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのノートを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます。

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでノートに月額26,960円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、ノートの新車に月額26,960円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくノートに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額26,960円からノートに乗れるため、予算内で最上級グレードのノートを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従
* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々26,960円から乗れるノートのお試し審査をチェック!

ノート
ノート 月額26,960円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ
この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ノートは月額26,960円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくノートのプランを知りたい方はこちら

ノートのおすすめグレードは「X」

ノートはより進化した第2世代の「e-POWER」専用車であり、燃費性能はもちろん先進性が魅力といえるモデルです。ノートを選ぶのであれば、やはり「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」やNissanConnectナビゲーションシステムが搭載できる「X」がおすすめグレードといえるでしょう。

日産が現行型ノートの発売から約1ヵ月後にあたる2021年2月時点で発表した情報によると、「X」を選ぶ方が8割を超えているということ。実際に「X」が最も高い人気を得ているようです。

ノートのグレードを選ぶ際には、オプションの選択肢も視野に入れながら自身に適したグレードを選ぶといいでしょう。

よくある質問

Q1:ノートのグレード構成は?

A:現行型のノートは「e-POWER」専用車であり、パワートレインは1.2L直列3気筒ガソリンエンジン+モーターの「e-POWER」だけです。そのためグレード数はさほど多くなく、「F」「S」「X」の3種類となっています。なお、4WD車の「FOUR」は「S」と「X」にのみ設定があります。

Q2:ノートのグレードごとの違いは?

A:「F」は燃料タンクを小さくするなどして燃費を追求したグレードで、ノート内で最も良い燃費を誇ります。「S」はノートの基本となるグレード。「F」よりも選択できるオプションの幅が広がります。最上級グレード「X」では、日産が誇る最新鋭の運転支援機能「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」やコネクティング機能が利用できるNissanConnectナビゲーションシステムの追加が可能です。

Q3:ノートのおすすめグレードは?

A:快適装備が充実することに加え、「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」などの追加が可能な最上級グレード「X」がノートのおすすめグレードといえるでしょう。実際にノートを購入した方の8割以上が「X」を選んでおり、最も人気のあるグレードでもあるようです。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

日産ノートの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産ノートの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー