パッソのグレードをリサーチ!

パッソのグレードをリサーチ!

出典:トヨタ「パッソ」

この記事は、 5 分で読めます。

車種選びの次に待っているグレード選び。車はグレードによって価格はもちろん、装備内容も異なるのでグレードごとの違いを把握して、自分のカーライフに必要な装備が搭載されているグレードを選びようにしましょう。
ここではトヨタ「パッソ」のグレードについて詳しく紹介します。

パッソのグレード構成

パッソではパワートレインは1L直列3気筒NAエンジン+CVTの組み合わせの1種類のみとなっており、グレードは親しみやすいデザインのノーマルモデル「X」と、スマートさと上品さを感じさせる個性的なデザインが特徴の「MODA」の2種類に分けられます。

「X」には「X」「X“S”」「X“L package・S”」「X“G package”」の4つのグレード、「MODA」は「MODA」と「MODA “G package”」の2つのグレードがあり、全6種類のグレードが用意されています。

パッソのグレードごとの特徴

ここからはパッソのグレードごとの特徴を見ていきましょう。

最もシンプルな装備内容の「X」

最もシンプルな装備内容の「X」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

基本グレードにあたる「X」では、衝突支援回避システム「スマートアシストⅢ」は搭載されないのがほかのグレードと最も大きく異なる点でしょう。インテリアでも加飾類は省かれているほか、リアシートが分割式ではなく一体可倒式なので場合によっては少し不便に感じることもあるかもしれません。

キーフリーシステムやプッシュボタンスタートは標準装備となっています。エアコンはマニュアル式です。

「X」は必要最低限の装備内容にしてお手軽な価格を実現したグレードといえるでしょう。

「スマートアシストⅢ」が搭載される「X“S”」

「スマートアシストⅢ」が搭載される「X“S”」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

「X“S”」では「X」の内容にプラスして衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が装備されます。この「スマートアシストⅢ」には車両と歩行者を認識する衝突警報・衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、車線逸脱警報機能、オートハイビームが含まれ、パッソの「スマートアシストⅢ」搭載車は政府が普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の中でも最も上位の分類の「サポカーSワイド」に認定されています。

パッソでは「X」以外のグレードにはすべて「スマートアシストⅢ」が標準装備です。

リアシートが分割可倒式になり利便性がアップする「X“L package・S”」

リアシートが分割可倒式になり利便性がアップする「X“L package・S”」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

このグレードでは「X“S”」の装備内容に加えてUVカット機能・IRカット機能が付いたウィンドシールドグリーンガラス、さらにリアドアやバックドアにUVカット機能付きのプライバシーガラスが装備されます。

またエアコンがオートエアコンになるほか、リアシートが6:4分割可倒式になり、より利便性を高めたグレードといえるでしょう。

スーパーUVカットガラスが装備される「X“G package”」

スーパーUVカットガラスが装備される「X“G package”」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

フロントドアとリアドアのガラスには紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラスを装備。ウィンドシールドガラスもスーパーUVカット・IRカット機能付きにグレードアップされ、全席・後席のどこに座っても日差しを気にすることなくロングドライブが楽しめます。

そのほかにもヘッドランプはLEDになり、14インチのアルミホイールが装備されるなど上級グレードらしい装備内容になっています。

洗練されたエクステリアデザインが印象的な「MODA」

洗練されたエクステリアデザインが印象的な「MODA」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

「MODA」ではサテンメッキを施したフロントグリルの採用やフロント・センターピラーをブラックアウトさせることでスマートさや上質さをエクステリアにもたらしているのが特徴です。その個性的なエクステリアを引き立たせるために、「MODA」にはノーマルモデルにはないブラックルーフとのツートーンのボディカラーが用意されているのも特筆すべきポイントでしょう。

車のデザイン性にこだわる方にはうれしい仕様といえるのではないでしょうか。

インテリアにも専用のアクセントカラーが使用され、ノーマルモデルとは差をつけています。

ヘッドランプには1灯でハイビームとロービームの切り替えが可能なBi・Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプが標準装備です。その他の装備内容はほぼ「X“L package・S”」に準じます。

最上級グレードの「MODA “G package”」

最上級グレードの「MODA “G package”」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

最も装備内容が充実する最上級グレードの「MODA “G package”」では「MODA」の装備内容に「X“G package”」の内容が追加されたグレードです。

デザイン性の高さと車内で快適に過ごせる装備がそろい、パッソの魅力を十分に堪能できるグレードといえるでしょう。

また、パッソでは唯一このグレードにのみLEDフロントフォグランプ(MODA専用デザイン)が装備されます。このほかのグレードではオプションで設定が可能(MODAはMODA専用デザイン)です。

パッソのおすすめグレードは「X“L package・S”」

最上級グレードの「MODA “G package”」出典:トヨタ「パッソ」見積りシミュレーション

近年は軽自動車が高い人気を博していますが、パッソは5人が乗れる広い室内空間を備えながらも軽自動車並みの価格を実現したことで人気を集めたモデルです。シートアレンジが豊富になる分割可倒式のリアシートは必ず欲しい装備といえるでしょう。

また車の安全性を高める先進安全機能もこれからの車には必須の装備です。こうした点やコストパフォーマンスを考えると「X“L package・S”」がおすすめのグレードといえるでしょう。

デザインに強いこだわりを持つ方は「MODA」もいいかもしれません。

車はグレードによって大きく装備が変わるので、グレードごとに異なる装備内容をしっかりと把握して最適なグレードを選んでください。

※記事の内容は2019年12月時点の情報で執筆しています。

トヨタパッソ の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタパッソの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す