ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ピクシスメガのグレード別装備を解説!おすすめはどれ?

ピクシスメガのグレード別装備を解説!おすすめはどれ?

出典:トヨタ「ピクシスメガ」ギャラリー

スライドドアのパワースライド機能など、利便性を高める装備の充実度はグレードによって大きく異なります。そのためグレードごとの装備を確認して、自身に必要な装備を過不足なく搭載しているグレードを選択することが満足するカーライフのための第一歩といえます。

ここでは、トヨタ「ピクシスメガ」のグレードについて紹介します。

【この記事のポイント】
✔ピクシスメガのグレードは4種類
✔「D」「D“SA III”」にはパワースライドドアが標準装備されない
✔ピクシスメガのおすすめグレードは「L“SA III”」

ピクシスメガ

ピクシスメガのグレード構成

ピクシスメガのグレードは「D」「D“SA III”」「L”SA III”」「Gターボ“SA III”」の4種類。駆動方式は「D」「D”SA III”」では2WDのみとなっていますが、それ以外のグレードでは2WDと4WDから選択が可能です。

なお、ピクシスメガはダイハツ「ウェイク」のOEM供給を受けたモデルであり、予防安全技術に「ダイハツの「スマートアシストIII」を採用しているため、グレード名についている「“SA III”」はスマートアシストIIIが搭載されていることを示しています。

ピクシスメガのグレードごとの特徴

ここからは、ピクシスメガのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。なお、内装、安全性能については別記事で詳しく紹介します。

ピクシスメガの内装について、詳しくはこちら

ピクシスメガの安全性能について、詳しくはこちら

パワースライドドアが装備されない「D」/「D“SA III”」

パワースライドドアが装備されない「D」/「D“SA III”」出典:トヨタ「ピクシスメガ」価格・グレード

ピクシスメガはスーパーハイトワゴンと呼ばれるボディタイプで全高を上げて広い室内空間を確保しているのが特徴であり、スライドドアを標準装備しています。「D」「D“SA III”」では、スライドドアにパワースライド機能が搭載されていないのがほかのグレードとの最も大きな差です。

快適装備もマニュアルエアコン、キーレスエントリーなど、最新ではないものとなっており、できるだけ簡素化した装備で買いやすい価格を実現したエントリーグレードといえるでしょう。

なお、「D“SA III”」と「D」の違いは、「D”SA III”」ではスマートアシストIIIが搭載されるのに対し、「D」ではスマートアシストIIIが省かれる点のみです。

「D」「D“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

両側パワースライドドアを備える「L“SA III”」

両側パワースライドドアを備える「L“SA III”」出典:トヨタ「ピクシスメガ」価格・グレード

ワンランク上のグレード「L“SA III”」では、両側にパワースライドドアが標準装備されます。ピクシスメガのパワースライドドアはドアハンドルのワンタッチスイッチを押すだけでドアのアンロックと同時に自動でドアが開くワンタッチオープン機能付きであることに加え、スライドドアが閉まりきる前に自動ロックを予約できる予約ロック機能も搭載されています。

子供を抱っこしていたり、荷物で両手がふさがったりしていても楽にドアが開閉でき、利便性が飛躍的に高まるため、特に小さな子供がいるファミリーにはうれしい機能といえるのではないでしょうか。

両側パワースライドドアを備える「L“SA III”」出典:トヨタ「ピクシスメガ」特長

また、「L“SA III”」以上のグレードでは、電子カードキーを携帯していればキー操作をしなくてもドアのロックやアンロックができるキーフリーシステムを採用。プッシュボタンスタートも標準装備されます。

さらにエアコンはプッシュ式のオートエアコンになるため、一般的な軽自動車に欲しい装備はそろっている印象です。

なお、「L“SA III”」以上のグレードでは、スーパークリーンエアフィルターやスーパーUVカット・IRカット機能付きのフロントドアガラスが組み合わされ、より快適なドライブが楽しめる「コンフォータブルパック」、チルトステアリングや運転席シート上下アジャスターによってベストなドライビングポジションが確保できることに加え、「D assist(走行モード選択用ステアリングスイッチ)」が搭載される「ドライビングサポートパック」の追加が可能です。

「L“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

ターボエンジンを搭載する最上級グレード「Gターボ“SA III”」

ターボエンジンを搭載する最上級グレード「Gターボ“SA III”」出典:トヨタ「ピクシスメガ」価格・グレード

最上級グレード「Gターボ“SA III”」は、ピクシスメガで唯一最高出力64psを発揮するターボエンジンが搭載されるグレードです。荷物をたくさん載せる方や、高速道路の使用頻度が高い方にはいい選択肢になるでしょう。

「Gターボ“SA III”」ではフードガーニッシュにメッキがあしらわれることに加え、アルミホイールも専用デザインのものが採用されており、存在感を高めたエクステリアとなっているのが特徴です。さらにほかのグレードではヘッドランプがハロゲンであるのに対し、LEDを採用しているため先進性も感じさせてくれます。

そのほかの快適装備などは「L“SA III”」とほぼ変わりありません。

「Gターボ“SA III”」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならピクシスメガの上級グレードも夢じゃない

ピクシスメガに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのピクシスメガを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでピクシスメガに月額18,600円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、ピクシスメガの新車に月額18,600から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくピクシスメガに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額18,600円からピクシスメガに乗れるため、予算内で最上級グレードのピクシスメガを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々18,600円から乗れるピクシスメガのお試し審査をチェック!

ピクシスメガ 月額18,600円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ピクシスメガは月額18,600円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくピクシスメガのプランを知りたい方はこちら

ピクシスメガのおすすめグレードはパワースライドドアが標準装備の「L“SA III”」

利便性を各段に高めてくれるパワースライドドアは、外せない装備といえるでしょう。パワースライドドアを標準装備していることに加え、一般的な快適装備もあり日常的な使用では十分な内容の「L“SA III”」が使いやすいのではないでしょうか。オプションが複数設定されているため、自身の好みの仕様にアレンジできる自由度があるのも魅力です。

予算や車の使用シーンを考慮して、最適なピクシスメガを選んでください。

よくある質問

Q1:ピクシスメガのグレード構成は?

A:ピクシスメガのグレードは「D」「D“SA III”」「L”SA III”」「Gターボ“SA III”」の4種類です。なお、駆動方式は「D」「D”SA III”」は2WDのみ、そのほかのグレードでは2WDと4WDから選択が可能です。

Q2:ピクシスメガのグレードごとの装備内容の違いは?

A:「D」「D“SA III”」は、スライドドアのパワースライド機能がないなど、必要最低限の装備にして価格を抑えたグレードです。「L”SA III”」では両側にパワースライドドアが標準装備されることに加え、オプションの選択肢も広がります。「Gターボ“SA III”」はターボエンジンを搭載し、LEDヘッドランプや専用デザインのアルミホイールが備わる最上級グレードです。

Q3:ピクシスメガのおすすめグレードは?

A:両側のパワースライドドアを標準装備して使い勝手を高めており、オプションの追加によって自分好みの仕様にアレンジもできる「L“SA III”」がおすすめグレードといえるでしょう。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

トヨタピクシスメガの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタピクシスメガの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー