ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

装備内容はどう違う?プレオプラスのグレードについて解説

装備内容はどう違う?プレオプラスのグレードについて解説

出典:スバル「プレオプラス」エクステリア & インテリア

車のグレードを価格のみで選んではいませんか?もちろん、予算に応じたグレードを選ぶことは大切です。しかし装備内容を確認せずにグレードを選んでしまうと、欲しい装備がなかったり、逆に不要な装備が多く無駄になったりすることにつながり、満足のいくカーライフが遠のいてしまう危険があるのです。

ここでは、スバル「プレオプラス」の装備内容について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔プレオプラスのグレードは4種類
✔「F」には衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が搭載されない
✔プレオプラスのおすすめグレードは「G スマートアシスト」

プレオプラス

プレオプラスのグレード構成

プレオプラスのグレードは大きく分けて「F スマートアシスト」「L スマートアシスト」「G スマートアシスト」の3種類があり、価格は「F スマートアシスト」から順に高くなります。

なお、プレオプラスの基本となるグレード「F スマートアシスト」には、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が省かれる「F」の設定もあるため、プレオプラスのグレードは全部で4種類から選択が可能です。

プレオプラスのグレードごとの装備内容

ここからは、プレオプラスのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

基本となるグレードの「F」/「F スマートアシスト」

基本となるグレードの「F」/「F スマートアシスト」出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「F」「F スマートアシスト」は、必要最低限の装備内容にしぼることで価格を抑えたグレードです。

ホイールサイズはほかのグレードよりも小さい

ホイールサイズはほかのグレードよりも小さい出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

プレオプラスでは全グレードにフロント・リアのカラードバンパーやリアスポイラー、シルバーのドアハンドルが装備され、エクステリアにおけるグレードの差はあまりないといえるでしょう。ドアミラーが電動式ではなく、無塗装タイプである点のみがほかのグレードと異なる点です。

しかし足回りには明確な差がつけられており、ほかのグレードが14インチであるのに対し、このグレードのみ13インチとなっているため、この点にエントリーグレードであることを感じてしまう方もいるかもしれません。

最新鋭の装備は期待できない

最新鋭の装備は期待できない出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

キーシステムはアンサーバック機能付きのリモコンドアロック、エアコンはマニュアルエアコンが採用されています。実用には問題ありませんが、近年の新型車の主流となっているスマートキーやオートエアコンよりも使い勝手の良さでは劣る部分もあります。

加飾類はほとんどない

加飾類はほとんどない出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

内装においても加飾類がほぼ省かれているため、質感の良さよりも軽自動車の経済性を追求したグレードといえるでしょう。といっても実用性はしっかりとキープされているので、内装の質感や利便性を高める機能は特に必要なく、普通に使用できればいい、という方にとってはいい選択肢になるのではないでしょうか。

「F」は先進安全技術が省かれる

「F」は衝突被害軽減ブレーキなどを含む衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が省かれるグレードです。そのほかの装備内容は「F スマートアシスト」と変わりありません。

「F」/「F スマートアシスト」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

ワンランク上の装備が追加される「L スマートアシスト」

ワンランク上の装備が追加される「L スマートアシスト」出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「L スマートアシスト」は、「F スマートアシスト」よりもワンランク上の上質さを持つグレードです。

LEDヘッドランプを標準装備

LEDヘッドランプを標準装備出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「F スマートアシスト」ではヘッドランプはハロゲンであるのに対し、「L スマートアシスト」以上のグレードではLEDクリアランスランプ付きのLEDハイ&ロービームランプが標準装備になります。

より省電力で遠くまで明るく照らし出してくれるので、燃費向上に貢献するほか、夜間の視認性も向上。さらに先進的な雰囲気をエクステリアにプラスしてくれるのもうれしいポイントといえるでしょう。

14インチのホイール

14インチのホイール_01出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

ホイールサイズは14インチにインチアップ。アルミホイールではありませんが、「F スマートアシスト」よりも凝ったデザインとなるため上質感がアップします。

14インチのホイール_02出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

さらにカラードドアミラーを採用し、エクステリア全体の印象も向上。電動格納式になり、利便性も高めています。

内装の上質さが魅力

内装の上質さが魅力出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「L スマートアシスト」ではツートーンインパネを採用したことに加え、メッキ加飾が随所にあしらわれているため、内装の質感は「F スマートアシスト」よりも大幅に引き上げられ、チープさを感じさせません。「F スマートアシスト」の内装ではちょっと物足りない、という方でも「L スマートアシスト」なら満足できるのではないでしょうか。

「L スマートアシスト」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

快適にドライブが楽しめる最上級グレード「G スマートアシスト」

快適にドライブが楽しめる最上級グレード「G スマートアシスト」出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「G スマートアシスト」は、充実した装備内容が魅力の最上級グレードです。

快適装備が充実

快適装備が充実

出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

アクセスキーを携帯していればスイッチ操作でドアの解錠や施錠、エンジンスタートが可能なキーレスアクセス&プッシュスタートを標準装備。さらにアクセスキーなしではエンジンを始動できないイモビライザーも搭載されているので、防犯面でも安心です。

また、快適な車内温度をキープしてくれるオートエアコンフロントシートヒーター、ドライバーの体格に合わせて最適なドライビングポジションを確保できる運転席のシートリフターやチルトステアリングも搭載されるなど快適装備はほかのグレードよりも格段に充実しているため、ドライブも快適に楽しめるでしょう。

プレオプラスで唯一アルミホイールが装備される

プレオプラスで唯一アルミホイールが装備される出典:スバル「プレオプラス」グレード・価格

「G スマートアシスト」には、プレオプラスで唯一アルミホイールが標準装備されます。ホイールサイズは14インチで「L スマートアシスト」と変わりませんが、アルミホイールとなったことで足回りの存在感が増し、エクステリアの印象を引き締めています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならプレオプラスの上級グレードも夢じゃない

プレオプラスに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのプレオプラスを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでプレオプラスに月額13,650円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、プレオプラスに月額13,650から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくプレオプラスに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額13,650円からプレオプラスに乗れるため、予算内で最上級グレードのプレオプラスを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々13,650円から乗れるプレオプラスのお試し審査をチェック!

プレオプラス

プレオプラス 月額13,650円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
プレオプラスは月額13,650円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくプレオプラスのプランを知りたい方はこちら

プレオプラスのおすすめグレードは「G スマートアシスト」

近年の軽自動車はさまざまな利便性を高める装備や最新鋭の先進安全技術を搭載しているモデルも多く、コンパクトカーが視野に入るような高額なものも少なくありません。そういった流れの中にあっても軽自動車ならではの経済性を追求しながら、今時の装備も搭載した「G スマートアシスト」がプレオプラスのおすすめグレードといえるでしょう。

プレオプラスのような価格帯のモデルは安さばかりに目が行ってしまうかもしれません。しかし「G スマートアシスト」はプレオプラスの中では高いグレードとはいえ、人気の軽スーパーハイトワゴンのエントリーグレードよりも安い傾向にあり、コストパフォーマンスの良さが光ります。グレードを選ぶ際は価格だけでなく、装備内容とのバランスも考慮して自身に最適なグレードを見極めてください。

よくある質問

Q1:プレオプラスのグレード構成は?

A:プレオプラスのグレードは大きく分けて「F スマートアシスト」「L スマートアシスト」「G スマートアシスト」の3種類であり、価格は「F スマートアシスト」から順に高くなります。なお、「F スマートアシスト」から衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を省いた「F」の設定もあります。

Q2:プレオプラスのグレードごとの違いは?

A:「F スマートアシスト」は必要最低限に装備をしぼって価格を抑えた基本グレードです。「L スマートアシスト」にはLEDハイ&ロービームランプや電動格納式カラードドアミラー、ツートーンインパネなどワンランク上の上質感をプラスする装備が搭載されます。最上級グレード「G スマートアシスト」はキーレスアクセス&プッシュスタートやオートエアコンなど、快適装備が充実します。

Q3:プレオプラスのおすすめグレードは?

A:グレードは価格のみでなく、装備の充実度や価格と装備のバランスを考えて選ぶことが大切です。プレオプラスは快適装備が充実し、アルミホイールも標準装備されている最上級グレード「G スマートアシスト」がコストパフォーマンスも良く、おすすめのグレードといえるでしょう。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

スバルプレオプラスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスバルプレオプラスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー