ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

プリウスのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2023年~現行モデル)

プリウスのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2023年~現行モデル)
プリウスのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2023年~現行モデル)

出典:トヨタ「プリウス」デザイン

世界初の量産ハイブリッドカーとして、世界的に高い知名度を誇るトヨタ「プリウス」。5代目となった現行型では、ハイブリッド車が一般的になったこれからの時代のハイブリッドカーの新しい在り方を提案するモデルとなっています。

ここでは、プリウスのグレードについて詳しくご紹介します。

プリウスに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • プリウスの一般向けグレードは「G」「Z」の2種類
  • 「G」の実用性は申し分ないが、「Z」になるとさらに最先端の快適装備が多数追加される
  • おすすめグレードは上位グレードの「Z」

プリウスのグレード構成

プリウスの一般向けのグレードは「G」「Z」の2種類。この2つのグレードは現行型から採用された2.0Lモデルで、「Z」にはさらにプラグインハイブリッドモデルの設定もあります。

このほかに、法人向けグレードとしてカタログが別扱いとなっている「X」、サブスクリプションサービス「KINTO」専用グレードである「U」の設定がありますが、ここでは一般向けグレードの「G」と「Z(ハイブリッド車)」についてご紹介します。

なお、内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介しています。

プリウスの内装について、詳しくはこちら

プリウスの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々40,000円台からプリウスを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、2018年のサービス開始以来、累計申込者数が25万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

申込者数25万人以上の実績!業界最安水準のカーリースについて詳しく見る

プリウスのグレードごとの特徴

ここからは、プリウスのグレードごとの装備内容の違いを比較していきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードGZ
エンジン2.0Lハイブリッドシステム
駆動方式2WD/E-Four
燃費
(km/L、WLTCモード)
28.6(2WD)
26.7(E-Four)
全長(mm)4,600
全幅(mm)1,780
全高(mm)1,430
最小回転半径(m)5.4

実用性は申し分のない「G」

実用性は申し分のない「G」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

〈グレード「G」の車両本体価格〉

駆動方式2WDE-Four
価格320万円342万円

プリウスは、「G」と「Z」で共通の19インチ切削光輝仕立て+センターオーナメント付きのアルミホイールを採用しています。また、ヘッドランプも両グレードともに1灯の光源でハイビームとロービームの切り替えができる「Bi-Beam LEDヘッドランプ」なので、エクステリアは「G」と「Z」で細かい違いはありますが、一見したときの印象はそれほど変わりません。

なお、ホイールはダークグレーメタリック塗装の樹脂フルキャップ付き17インチスチールホイールにダウングレードすることも可能で、その場合は「G」「Z」ともに11万2,200円安くなります。プリウスは車両本体価格が300万円を超えており、安いモデルというわけではないのでルックスにそれほどこだわりがないのであればホイールをダウングレードするのもひとつの方法でしょう。

ボディカラーは「プラチナホワイトパールマイカ」「アッシュ」「アティチュードブラックマイカ」と、新色の「マスタード」のモノトーン4色の設定があります。

快適装備としては、電動パーキングブレーキやブレーキペダルから足を離してもブレーキを維持してくれるブレーキホールド、ドライバーの体格に関係なくベストなドライビングポジションを確保できるチルト&テレスコピックステアリング、スマートエントリー&スタートシステムといった一般的なものは一通りそろいます。

3段階で温度設定ができる前席シートヒーター、運転席の除電スタビライジングプラスシートも備わっています。除電スタビライジングプラスシートは、シートの一部に除電機能付き表皮を使用してドライバーの身体や周辺の静電気を分散させ、帯電量を軽減することで空気の流れを整えて車両挙動の安定性向上に貢献する機能です。

また、プリウスでは全車に非常時給電システム付きのアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)がセンターコンソールと荷室の左側にそれぞれ1個ずつ搭載されています。給電モードは2つ用意されており、外部給電モードはエンジンをかけずにバッテリーのみで給電し、バッテリー残量が所定値を下回ると給電終了となる「EV給電モード」、初めはバッテリーで給電し、バッテリー残量が少なくなるとエンジンがかかり給電を継続する「HV給電モード」から選べます。

「EV給電モード」はアウトドアレジャーなどの際に、「HV給電モード」は災害などの非常時に、という使い分けが可能です。

多数の快適装備が搭載される「Z」

多数の快適装備が搭載される「Z」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

〈グレード「Z」の車両本体価格〉

駆動方式2WDE-Four
価格370万円392万円

上位グレードの「Z」では、ボディカラーが「G」に設定のあるカラーのほか、あざやかな「エモーショナルレッドII」と「ダークブルー」が選択できるので、計6色までボディカラーの選択肢が広がります

さらに、ドライバー2名分のポジションを記憶・再現してくれる「運転席シートポジションメモリー」、運転席が自動でスライドし乗り降りしやすいようにサポートしてくれる「運転席オートスライドアウェイ」、車内を快適な空気環境に導く「ナノイーX」や前席のシートベンチレーションなど、上位グレードらしい多くの快適装備が搭載されています。

プリウスの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

プリウスの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

プリウスのおすすめグレードは「Z」

今の時代にプリウスを選ぶのであれば、「ハイブリッド車である」「燃費性能が良い」以外にも付加価値が欲しいもの。その点、最先端の快適装備を多数採用している「Z」なら、満足度が高く充実したカーライフが送れるでしょう。

「G」でも毎日使用する車としての実用性には遜色ありませんが、「あったらうれしい装備」はカーライフの質を底上げしてくれます。

しかし、「G」と「Z」の価格差は50万円あるので、予算の問題から「Z」をあきらめ「G」にしようか悩むこともあるかもしれません。そういったときに検討したいのが車の新しい乗り方、カーリースです。

プリウスの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのプリウスを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったプリウスの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでプリウスに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 41,640 円からプリウスに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2024年4月までで申込者数25万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでプリウスに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。プリウスに各種税金などの維持費込みで月々 41,640 円から乗れます。

その手軽さから注目を集め、申込者数が累計25万人を突破しています。いまや多くの方が、カーリースで車を手に入れる選択をしています。

プリウスに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!プリウスがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約の場合、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分プリウスで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 41,640 円から!お得にプリウスに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでプリウスの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

プリウス 月額  41,640 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:プリウスのグレード構成は?

A:プリウスの一般向けグレードは「G」「Z」の2.0Lモデル2種類です。このほかに、カタログが分けられ法人向けとされているグレード「X」、サブスクリプションサービス「KINTO」専用グレードである「U」の設定があります。

Q2:プリウスのグレードごとの特徴は?

A:「G」は今の車に期待したい一般的な快適装備があることに加え、「Z」と同じデザイン・サイズのアルミホイールと最新式のヘッドランプを備えています。「Z」ではさらに「ナノイーX」や「運転席シートポジションメモリー」、「運転席オートスライドアウェイ」、「前席シートベンチレーション」など上位グレードならではの快適装備が多数搭載されるという違いがあります。

Q3:プリウスのおすすめグレードは?

A:先進性の高いイメージのあるプリウスにふさわしい、多数の最新鋭の快適装備が搭載される上位グレードの「Z」が、満足度が高くおすすめです。

※記事の内容は2023年3月1日時点の情報で制作しています

トヨタプリウスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタプリウスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

車検・税金込みでも月1万円台~ 定額カルモくんの資料を見る