ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

プリウスのおすすめグレードを解説!燃費はグレードによって違うの?(2020年7月~)

プリウスのおすすめグレードを解説!燃費はグレードによって違うの?(2020年7月~)
プリウスのおすすめグレードを解説!燃費はグレードによって違うの?(2020年7月~)

出典:トヨタ「プリウス」ギャラリー

車種選びには力を入れていても、その後に待っているグレード選びにはそれほどこだわらない、という方も多いといいます。しかし車はグレードによって仕様が異なるので、グレードの特徴を把握して自分に合ったグレードを選ばないと満足のいくカーライフが遠のいてしまうことになりかねません。

ここではトヨタ「プリウス」のグレードについて、詳しくご紹介します。

  • プリウスのグレードは大きく分けて「E」「S」「A」「Aプレミアム」の4種類
  • エントリーグレードの「E」以外に「ツーリングセレクション」の設定がある
  • おすすめグレードは燃費と実用性のバランスが取れた「S」

プリウスのグレード構成

プリウスに用意されているパワートレインは1.8L 直立4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム1種類のみです。

グレードは大きく分けて「E」「S」「A」「Aプレミアム」の4種類。加えて、エントリーグレードの「E」以外のグレードにはスポーツグレード「ツーリングセレクション」の設定があります。

さらに、これらに加えて「S“Safety Plus II”」と、「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」「A“ツーリングセレクション・Black Edition”」の3種類の特別仕様車がラインナップされています。

プリウスのグレードごとの特徴

ここからは、プリウスのグレードごとの特徴を見ていきましょう。

燃費を優先したエントリーグレード「E」

燃費を優先したエントリーグレード「E」「E」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

プリウスNo.1の低燃費を実現

プリウスは優れた燃費性能が自慢のモデルです。このエントリーグレード「E」はプリウスの中でも最も燃費が良く、WLTCモードで32.1km/Lの低燃費を実現しているのが一番の特徴であるといえるでしょう。また、トノカバーやシートバックポケットなどの一部の収納やスマートフォンと連携して利便性を高める8インチディスプレイオーディオなどが省かれている点、ステアリングホイールはウレタン仕様であることなどがエントリーグレードであることを感じさせる部分といえるかもしれません。

スマートキーやオートエアコン、先進安全技術も搭載

スマートエントリー&スタートシステムやオートエアコン、分割可倒式のリアシートなど、実用性にかかわる部分はエントリーグレードとはいえカバーされています。

またトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」やペダル踏み間違い急発進抑制装置に相当する「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)は全車に標準装備です。さらにヘッドランプには1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが可能な「Bi-Beam LEDヘッドランプが採用」されています。

プリウスの安全性能や「Toyota Safety Sense」について詳しくはこちら

「E」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

実用的な標準グレード「S」

実用的な標準グレード「S」「S」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

実用性の高さが魅力

標準グレードとなる「S」では、運転席のシート上下機能やフロントコンソールトレイ、大型コンソールボックスなどの収納が追加され、実用性が向上します。

さらに、8インチディスプレイオーディオやコネクティッドサービスを使用するための通信機であるDCM、UVカット・撥水機能付きのフロントドアグリーンガラスなど快適なドライブをサポートする機能も備わっており、日常的に使用するにはこのグレードからが現実的な選択肢になるでしょう。

4WD車の選択も可能

「E」では駆動方式は2WDのみであるのに対し、このグレードからは4WD車も設定されています。燃費も「E」には劣るとはいえ2WD車で30.8km/L、4WD車で28.3km/Lを実現しているので十分な低燃費といえるでしょう。

プリウスの燃費性能について詳しくはこちら

「S」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

快適装備と安全装備が充実する上級グレード「A」

快適装備と安全装備が充実する上級グレード「A」「A」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

快適なドライブを楽しむための装備が充実

上級グレードとなる「A」では、フロントドアガラスに99%紫外線をカットするスーパーUVカット機能付き・撥水機能付きの遮音性ガラスが採用されることに加え、運転席は8ウェイパワーシートになり電動ランバーサポートも装備されるなど、上級グレードらしい快適機能が充実します。

先進安全装備も追加

また、ドアミラーで確認しにくい位置の車両の接近を警告する「ブラインドスポットモニター」、スムーズな駐車をサポートする「シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付)」などの先進安全装備が追加され、安全性能を向上させている点も特筆すべきポイントといえるでしょう。

上質さを感じさせる最上級グレード「Aプレミアム」

上質さを感じさせる最上級グレード「Aプレミアム」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

本革シートが標準装備に

最上級グレードとなる「Aプレミアム」は、本革シートが標準装備になるほか、ステアリングホイールにも本革があしらわれ上質な雰囲気を感じさせるインテリアが特徴です。

上質さを感じさせる最上級グレード「Aプレミアム」2出典:トヨタ「プリウス」スペック・装備比較

フロントシートは快適温熱シートになり、さらにベンチレーション機能も搭載され季節を問わず快適なドライブが楽しめる仕様になっています。

プリウスの内装について、詳しくはこちら

「E」以外のグレードに設定される「ツーリングセレクション」

「E」以外のグレードに設定される「ツーリングセレクション」1「ツーリングセレクション」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

エントリーグレードの「E」以外に設定される「ツーリングセレクション」は、専用のブラック塗装のリアバンパーや専用の17インチのアルミホイール、LEDアクセサリーランプを装着し、迫力のあるスタイリングが魅力のスポーツグレードです。

また、「S」や「A」には、通常装備されない快適温熱シートが追加されている点にも注目。さらに「ツーリングセレクション」では2トーンのボディカラーが選択できるため、ルックスにこだわる方には魅力的な選択肢となるでしょう。

特別仕様車「S“Safety Plus II”」

特別仕様車「S“Safety Plus Ⅱ”」「S“Safety Plus II”」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

2020年7月に追加された「S“Safety Plus II”」は、「S」をベースにして先進安全技術を追加し、安全性能を高めた特別仕様車です。

ベースモデルの「S」では通常搭載されない安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」や車両後方からの接近車両を検知して安全確認をサポートする「リヤクロストラフィックアラート」、さらにLEDフォグランプや自動防眩インナーミラーなどが特別装備として搭載されます。

ブラックの内外装が魅力的な「Black Edition」

ブラックの内外装が魅力的な「Black Edition」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

「S“ツーリングセレクション”」「A“ツーリングセレクション”」に設定のある「Black Edition」は、ヘッドランプのブラック加飾、ブラック塗装樹脂加飾パーツ付きの17インチアルミホイールなど、効果的にブラックをあしらってクールでスタイリッシュな装いを実現した特別仕様車です。

インテリアにもダークメッキ調加飾などを使用し、洗練された雰囲気に仕上げています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

カーリースならプリウスの上級グレードも夢じゃない

プリウスに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのプリウスを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでプリウスに月額 33,010 円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準のカーリースで、プリウスの新車に月額 33,010 から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくプリウスに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額 33,010 円からプリウスに乗れるため、予算内で最上級グレードのプリウスを手にすることも夢ではなくなります。

月々 33,010 円から乗れるプリウスのお試し審査をチェック!

プリウス 月額 33,010 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

 

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
プリウスは月額 33,010 円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくプリウスのプランを知りたい方はこちら

プリウスのおすすめグレードは「S」

プリウスを選ぶ方が車に求めていることはやはり「低燃費」が一番なのではないでしょうか。しかしプリウスの中で最も燃費の良い「E」は省かれている装備も多くマイカーとしては物足りなさを感じるかもしれません。実用性と燃費のバランスを考慮するのであれば、実用性が高い「S」グレードがおすすめです。

上質な走りを求める方やルックスに少し変化をつけたい方は「S“ツーリングセレクション”」や「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」もいいでしょう。

グレード選びはカーライフの満足度を左右するので、じっくりと吟味して自分に合ったグレードを選んでください。

よくある質問

Q1:プリウスのグレード構成は?

A:プリウスのグレードは「E」「S」「A」「Aプレミアム」の4種類に大きく分けられます。これに加え、エントリーグレードの「E」を除き、スポーツグレードといえる「ツーリングセレクション」の設定があります。さらに、「S“Safety Plus II”」「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」「A“ツーリングセレクション・Black Edition”」の3種類の特別仕様車もあります。

Q2:プリウスのグレードごとの特徴は?

A:「E」は燃費性能を追求したグレードで、プリウスの中で最も低燃費を実現しています。「S」になるとディスプレイオーディオやDCMと呼ばれる通信機を搭載し、コネクティッド機能などが使用できます。「A」は快適装備・安全装備ともに充実するのが特徴。「Aプレミアム」は本革シートを採用し、上質なインテリアが魅力のグレードです。

Q3:プリウスのおすすめグレードは?

A:装備と価格のバランスが良く、実用性も高い「S」がプリウスのおすすめグレードといえるでしょう。ルックスにこだわりがある方には「S“ツーリングセレクション”」や「S“ツーリングセレクション・Black Edition”」も選択肢に入ってくるかもしれません。

※この記事は2022年5月時点の情報で制作しています

トヨタプリウスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタプリウスの記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー