RAV4のグレードを深掘り!グレードによって4WDシステムが異なる?

RAV4のグレードをリサーチ!

出典:トヨタ「RAV4」ギャラリー

車選びの悩みとして、グレード選択の難しさが挙げられることも少なくないようです。同じ車種でもグレードによって装備内容は異なるため、各グレードの内容を把握して比較検討することがグレード選びには求められます。

ここではトヨタ「RAV4」のグレードについてご紹介します。

【この記事のポイント】
✔グレード構成はガソリン車とハイブリッド車で異なる
✔2020年10月に特別仕様車「「Adventure“OFFROAD package”」が追加
✔日常的に使用するなら「X」、アウトドアなどでの使用が多く走破性を求めるなら「Adventure」がおすすめ

安く手に入れる

RAV4のグレード構成

RAV4のおもなグレードは「X」「G」の2種類です。これはガソリン車とハイブリッド車の両方に設定されています。

さらにガソリン車にのみ「G」グレードに新開発4WDシステムを搭載する「G“Z package”」、そして「X」の装備内容をベースとした専用のエクステリアパーツを持たせた「Adventure」がラインナップされています。

さらに2020年10月には、アグレッシブなスタイルと高い走破性を実現する特別仕様車の「Adventure“OFFROAD package”」がラインナップに追加されました。

RAV4リース

RAV4のグレード別の装備内容をチェック

ここから、RAV4のグレード別の装備内容を詳しく見ていきましょう。

ベーシックグレードの「X」/「HYBRID X」

ベーシックグレードの「X」:「HYBRID X」出典:トヨタ「RAV4」価格・グレード

充実した安全装備

ブラックのフロントグリルにシルバーメタリック塗装の17インチアルミホイールを備えた引き締まった印象のエクステリアが持ち味の「X」グレードでは、LEDヘッドランプやトヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」、またニーエアバッグやサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグが標準装備され、ベースグレードであっても高いレベルで視認性や安全性において配慮されています。

フォグランプは装備されていませんが、オプションで追加が可能です。

インテリアはシンプル

シートはファブリック素材、マルチインフォメーションディスプレイは上位グレードと比べると小さい画面の4.2インチとなっているなど、インテリアに関してはベーシックグレードらしいシンプルなものになっていますが、機能的には十分な装備を備えているといえるでしょう。

車載通信機DCMやディスプレイオーディオを標準装備

RAV4では全車に車載通信機DCMを標準装備し、24時間365日対応可能なオペレーターサービスや新しい道路情報をダウンロードして正確でスムーズなナビゲートを行うマップオンデマンド、急病や事故などの緊急時にオペレーターが消防や警察などの手配を行うヘルプネットなどのコネクティッドサービスの利用が可能な点も特筆すべきポイントです。

また、2020年8月の一部改良によってスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオも全車に採用され、よりコネクティッドカーとしての利便性を向上させています。

高い安全性能を持つ「G」/「HYBRID G」

高い安全性能を持つ「G」:「HYBRID G」出典:トヨタ「RAV4」価格・グレード

安全性が向上

この「G」では「X」の装備に加えて、後方の接近車両を検知して危険があればブレーキ制御を行うリヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]が標準装備され、安全性がさらに向上します。

快適装備も充実

またパワーバックドアや運転席・助手席の快適温熱シート、運転席の8ウェイパワーシートが装備されるなど、快適装備も充実した内容に。インテリアには合成皮革シートが採用されるとともに随所にシルバー塗装が施され、ステアリングホイールやシフトノブは本革巻き+サテンメッキ加飾付きになるなど、上質さを感じさせるものになっています。マルチインフォメーションディスプレイは7.0インチの大型のものが搭載されました。

迫力を増したエクステリア

エクステリアではガンメタリック塗装のフロントグリルやフロントバンパー、フロントフォグランプ、シルバー塗装のフロント・リアスキッドプレートに18インチのアルミホイールが装備され、ルックスにおいても「X」グレードとは差をつけています。

走破性の高さが自慢の「G“Z package”」

走破性の高さが自慢の「G“Z package”」出典:トヨタ「RAV4」価格・グレード

ダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載

「G“Z package”」では、ダイナミックトルクベクタリングAWDが採用されていることが最も大きな特徴でしょう。

これはRAV4に世界初搭載(※2019年4月、トヨタ自動車調べ)された新開発4WDシステムです。状況に応じて最適な前後トルク配分を行うとともに、後輪のトルクを左右独立して制御するトルクベクタリング機構と、4WDが不必要な場合には後輪への動力伝達を行う駆動系を切り離し、燃費向上に貢献するディスコネクト機構を採用したもので、高い操縦安定性や走破性を誇ります。

さらに下り坂での車速をブレーキ操作なしで低車速にキープし、安定走行に貢献するダウンヒルアシストコントロールが装備されています。これらはアウトドアなどで悪路を走ることが多いのであればぜひ欲しい機能といえるでしょう。アルミホイールは19インチのものが装備されています。

またこのグレードでは両手がふさがっていてもスマートキーを身につけていればリアバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアの開閉ができるハンズフリーパワーバックドアも搭載され、利便性もアップしています。

そのほかのインテリアなどは「G」に準じます。

迫力のある専用エクステリアが魅力の「Adventure」

迫力のある専用エクステリアが魅力の「Adventure」出典:トヨタ「RAV4」価格・グレード

押し出しの強いタフなスタイリング

専用デザインのフロントグリルやフロントバンパー、専用大型シルバー塗装のフロント・リアスキッドプレート、大型のホイールアーチモールを装備し、押し出しの強いタフさを感じさせるスタイリングがこの「Adventure」の持ち味です。アルミホイールにも19インチの切削光輝+ブラック+マットクリア塗装が施された専用デザインのものが使用され、足回りを引き締めています。

タフなスタイリングにふさわしく、走破性を高めるダイナミックトルクベクタリングAWDとダウンヒルアシストコントロールがこの「Adventure」にも装備されました。
そのほかの装備内容は「X」に準じますが、シートのみ専用のステッチ付きの合成皮革を使用したものとなっています。

アグレッシブな魅力を増した特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”」

アグレッシブな魅力を増した特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”」出典:トヨタ「RAV4」価格・グレード

2020年10月に追加された「Adventure“OFFROAD package”」は、ブリッジ型のルーフレールやグレーメタリック塗装の専用スキッドプレート、18インチのオールテレインタイヤにマットブラック塗装のアルミホイールを組み合わせたアグレッシブなスタイルが特徴の特別仕様車です。

ルックスだけでなく、サスペンションにも手を加え最低地上高は10mmアップ。悪路走破性をより高めているのも特筆すべきポイントでしょう。

一本化用RAV4

カーリースならRAV4の上級グレードも夢じゃない

RAV4に新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースもあるので、現金で用意しておかなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのRAV4を手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。
月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利の負担もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでRAV4に月額36,190円から乗れる

一本化用定額カルモくん

カーリースの定額カルモくんでは、実店舗を持たないオンライン営業でコストを削減したことによる大幅なネット割引により、頭金ナシ・ボーナス払いナシでは日本最安値(2020年3月、定額カルモくん調べ)で、RAV4に月額36,190円から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくRAV4に乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額36,190円からRAV4に乗れるため、予算内で最上級グレードのRAV4を手にすることも夢ではなくなります。

一本化用キャンペーンバナー

都会派へのおすすめは「X」、本格的アウトドア派へのおすすめは「Adventure」

RAV4はベーシックグレードである「X」でも充実した装備内容になっているので、特にアウトドアなどでの使用は考えておらず、シティユースがメインという方は「X」がコストパフォーマンスもよくおすすめです。

SUVならではの走りを堪能したい、本格的なアウトドアが趣味という方には走行性能も高くルックス的にもタフギア感満載の「Adventure」がいいのではないでしょうか。
使用用途や好みを考慮して最適なグレードを選び、RAV4のある暮らしを楽しんでください。

よくある質問

Q1:RAV4のグレード構成は?

A:RAV4にはガソリン車とハイブリッド車がありますが、どちらにも設定されているのは「X」と「G」の2種類です。ガソリン車にはそのほかに「G」をベースとして新開発の4WDシステムを搭載する「G“Z package”」、専用のエクステリアパーツを装着した「Adventure」、2020年10月に新たに追加された特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”」があります。

Q2:RAV4のグレードはどうやって選べばいい?

A:RAV4を選ぶ際は、まずガソリン車かハイブリッド車かを決めましょう。ガソリン車を選択するのであれば選択肢は豊富にありますが、日常的な買い物や送迎がメインなのか、それとも悪路を走ることが多かったりアウトドアレジャーを存分に楽しんだりしたいのかなど、自分の車の使用用途に応じてグレードを選ぶことをおすすめします。

Q3:RAV4のおすすめグレードは?

A:日常的な買い物など、シティユースがカーライフの基本になるのであれば「X」もしくは「HYBRID X」、本格的なアウトドアに出掛けることが多い方や高い悪路走破性を求める方には「Adventure」が機能面でもルックス面でもおすすめです。

※記事の内容は2021年2月時点の情報で執筆しています。

トヨタRAV4の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のトヨタRAV4の記事

カーリースお役立ち記事

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr