ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ロードスターのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2015年~現行モデル)

ロードスターのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2015年~現行モデル)
ロードスターのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2015年~現行モデル)

出典:マツダ「ロードスター」特長

スタイリッシュな2シーターのオープンカーでありながら、優れた走行性能でライトウェイトスポーツカーとしても存在感を発揮するマツダ「ロードスター」。全国にオーナーズクラブがあるなど、熱烈なファンも多数存在するモデルです。

ロードスターはインパクトの強いエクステリアや走行性能に注目が集まりがちかもしれませんが、実際に使用するとなるとそのほかの装備内容もしっかりとチェックしたいところです。ここでは、ロードスターのグレード別の装備内容についてご紹介します。

ロードスターに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • ロードスターには多彩なグレードの選択肢がある
  • 「S」は車両重量990kgを実現している
  • おすすめグレードは装備のバランスがとれており、普段使いもしやすい「S Special Package」

ロードスターのグレード構成

ロードスターは「S」「S Special Package」「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」「RS」の5種類のグレードに分けられており、さらに特別仕様車「990S」「Brown Top」と、モータースポーツベース車である「NR-A」の設定もあります。

また、ロードスターではグレードごとにラインナップされるトランスミッションが異なり、「S」「RS」「NR-A」「990S」では6MTのみですが、「S Special Package」「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」「Brown Top」では、6MTに加えて6ATが追加されています。

レザーシートを備えるなど、比較的装備が充実したグレードに6ATが設定されているので、スタイリッシュさなどのロードスターのスポーツ性能以外の部分に魅力を感じる方でも導入しやすいのではないでしょうか。

なお、内装や安全性能については別記事で詳しくご紹介しています。

ロードスターの内装について、詳しくはこちら

ロードスターの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々30,000円台からロードスターを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が15万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

定額カルモくん_人気の理由_15万人

ロードスターのグレードごとの特徴

ここからは、ロードスターのグレードごとの装備内容の違いを比較していきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードS/990S/RS/NR-AS Special Package/
S Leather Package/
S Leather Package White Selection/
Brown Top
エンジンSKYACTIV-G 1.5
駆動方式2WD(FR)
トランスミッション6MT6AT
燃費
(km/L、WLTCモード)
16.817.2
全長(mm)3,915
全幅(mm)1,735
全高(mm)1,235
最小回転半径(m)4.7

 

シンプルな装備に徹し、軽量化を追求した「S」

シンプルな装備に徹し、軽量化を追求した「S」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈グレード「S」の車両本体価格〉

グレードS
トランスミッション6MT
価格268万9,500円

基本グレードにあたる「S」グレードのエアコンはマニュアルエアコン、オーディオは4スピーカー、電波式のキーレスエントリーシステムなど、快適装備は必要最低限に抑えたシンプル内容になっています。

ステアリングホイールはオーディオリモートコントロールスイッチのついた本革巻き、チルト&テレスコピックステアリングが標準装備になっている点もロードスターがライトウェイトスポーツカーとして存在感を発揮しているモデルであることを感じさせます。

なお、このグレードは車両重量が990kgであり、ロードスターの中で最も軽量です。1,000kgを切る車両重量を実現しているのは「S」のみです。

装備が充実する「S Special Package」

装備が充実する「S Special Package」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈グレード「S Special Package」の車両本体価格〉

グレードS Special Package
トランスミッション6MT6AT
価格290万6,200円302万1,700円

「S Special Package」では、フルオートエアコンや「アドバンストキーレスエントリーシステム」、コネクティビティシステム「マツダコネクト」に対応した「7インチWVGAセンターディスプレイ」や運転席に座った状態でセンターディスプレイを操作できるコマンダーコントロールが装備されるなど、快適機能が充実します

また、MT車にはトルクセンシング式スーパーLSD、リアスタビライザーが標準装備になります。ロードスターならではの走行性能を求めるのであれば欠かせない装備といえるでしょう。エクステリアではハイマウントストップランプカバーやリアのタイヤディフレクターが装備されます。

またクルーズコントロールや交通標識認識システムなどがセットになり安全性能が充実する「セーフティパッケージ」や、CD/DVDプレイヤーと地上デジタルTVチューナー、シートヒーターのセットオプション、「ボーズサウンドシステム+9スピーカー」など、「S」と比較して追加可能なオプションが豊富なのもこの「S Special Package」の特徴です。

レザーシートを装備し高級感あふれる「S Leather Package」/「S Leather Package White Selection」

レザーシートを装備し高級感あふれる「S Leather Package」/「S Leather Package White Selection」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈グレード「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」の車両本体価格〉

グレードS Leather PackageS Leather Package White Selection
トランスミッション6MT6AT6MT6AT
価格325万7,100円337万2,600円329万7,800円341万3,300円

この「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」は、「S Special Package」をベースに、シート素材を本革にして高級感を持たせたグレードです。寒い時期のドライブも快適に楽しめるシートヒーターも追加されています。

「S Special Package」ではオプションだったセーフティパッケージや「ボーズサウンドシステム+9スピーカー」が標準装備になるなど、ロードスターにラグジュアリーカーとしての要素を持たせたグレードといえるでしょう。

なお、「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」はシート表皮とカラーの違いだけで、「S Leather Package」にはブラックのレザーシート、「S Leather Package White Selection」にはピュアホワイトのナッパレザーシートが備わります。

走る楽しさを実感できる最上位グレード「RS」

走る楽しさを実感できる最上位グレード「RS」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈グレード「RS」の車両本体価格〉

グレードRS
トランスミッション6MT
価格342万2,100円

走りの楽しさを追求した「RS」では、海外の高級スポーツカーなどによく使用される人工スエード調素材のアルカンターラとナッパレザーを使用したレカロ社製シートが装備されます。

さらにRS専用チューニングが施されたビルシュタイン社製ダンパーや大径ブレーキローター、ボディ剛性を向上させるフロントサスタワーバーや爽快なエンジンサウンドを響かせるインダクションサウンドエンハンサーなど、まさに走りを楽しむ装備内容となっています。

そのほかの装備内容は「S Leather Package」に準じます。

より軽やかな走りを実現する特別仕様車「990S」

より軽やかな走りを実現する特別仕様車「990S」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈特別仕様車「990S」の車両本体価格〉

グレード990S
トランスミッション6MT
価格295万9,000円

「990S」は、最も軽い「S」をベースに、RAYS社製鍛造16 インチアルミホイールを採用することで3.2kgの軽量化を図り、さらなるばね下重量の低減を図った特別仕様車です。

フロントブレーキにはBrembo社製大径ベンチレーテッドディスク&Brembo社製対向4ピストンキャリパーを採用。さらにダンパーやコイルスプリング、電動パワーステアリングやエンジン制御も990S専用セッティングとなっています。

また、ほかのグレードのソフトトップカラーがブラックであるのに対し、「990S」ではダークブルーを組み合わせ、特別感を演出しているのもポイントです。

リッチな雰囲気が魅力の特別仕様車「Brown Top」

リッチな雰囲気が魅力の特別仕様車「Brown Top」出典:マツダ「ロードスター」グレード・価格

〈特別仕様車「Brown Top」の車両本体価格〉

グレードBrown Top
トランスミッション6MT6AT
価格325万7,100円337万2,600円

「Brown Top」は「S Leather Package」をベースにした特別仕様車で、テラコッタのソフトトップやナッパレザーシートを採用し、リッチで品の良さを感じられるカラーリングが特徴です。

サーキットでの走りに焦点を当てたモータースポーツベース車「NR-A」

サーキットでの走りに焦点を当てたモータースポーツベース車「NR-A」出典:マツダ「ロードスター」モータースポーツベース車

〈グレード「NR-A」の車両本体価格〉

グレードNR-A
トランスミッション6MT
価格284万3,500円

サーキットなどのモータースポーツでの使用を前提とした「NR-A」では、快適装備などはほとんど省かれ、ストイックにサーキットでの走りを追求する仕様になっています。

「S」の装備内容をベースにトルクセンシング式スーパーLSD、リアスタビライザー、大径ブレーキローターやフロントサスタワーバー、車高調節機能付きのブルシュタイン社製ダンパーなどが装備されます。

モータースポーツでロードスターを活躍させたいのであれば、このグレードがおすすめといえるでしょう。

ロードスターの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

ロードスターの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

バランスのとれた装備の「S Special Package」がロードスターのおすすめグレード

フルオートエアコンや「7インチWVGAセンターディスプレイ&コマンダーコントロール」「アドバンストキーレスエントリーシステム」などの今時の装備を多数搭載していることに加え、オプションの選択肢も豊富な「S Special Package」が、ロードスターの中ではバランスがとれており普段使いしやすいおすすめグレードといえるでしょう。

運転のしやすいAT車を選んでスタイリッシュなロードスターの魅力を楽しむか、トルクセンシング式スーパーLSD、リアスタビライザーが標準装備されるMT車でロードスターならではの走りを味わうのか。好みや予算に合わせてあなたのカーライフに合うロードスターを選んでください。

ロードスターの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのロードスターを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったロードスターの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでロードスターに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 37,350 円からロードスターに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでロードスターに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。ロードスターに各種税金などの維持費込みで月々 37,350 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で20万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

ロードスターに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!ロードスターがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分ロードスターで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 37,350 円から!お得にロードスターに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでロードスターの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

ロードスター 月額  37,350 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:ロードスターのグレード構成は?

A:ロードスターは「S」「S Special Package」「S Leather Package」「S Leather Package White Selection」「RS」の5種類のグレードに分けられています。さらに特別仕様車「990S」と、モータースポーツベース車である「NR-A」もラインナップされており、選択肢は豊富です。

Q2:ロードスターのおすすめグレードは?

A:「アドバンストキーレスエントリーシステム」などの今時の快適装備を多数搭載していることに加え、オプションの選択肢も豊富、さらにトランスミッションも選べる「S Special Package」が、バランスがとれており普段使いしやすいおすすめグレードといえるでしょう。

※この記事は2023年5月時点の情報で制作しています

マツダロードスターの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダロードスターの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る