シャトルのグレードをリサーチ!

シャトルのグレードをリサーチ!

出典:ホンダ「シャトル」デザイン・カラー

シャトル

車種を決定した後に待っている車のグレード選びに苦手意識を持つ方もいるようですが、グレード選びは実は車選びの重要なポイントとなる部分です。車はグレードによって価格はもちろん装備内容も異なるので、満足のいくカーライフを手に入れるためにはグレードごとの特徴を把握し、自分に適したグレードを選ぶ必要があるのです。

ここではホンダ「シャトル」のグレードについて紹介します。

シャトルのグレード構成

シャトルには1.5L直噴ガソリンエンジンと、1.5Lエンジンと高出力モーターを組み合わせたホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」の2種類のパワートレインを採用しています。

ガソリンエンジンを搭載するグレードは「G・Honda SENSING」の1種類のみ。ハイブリッドシステムを搭載するグレードは「HYBRID・Honda SENSING」「HYBRID X・Honda SENSING」「HYBRID Z・Honda SENSING」の3種類です。

いずれのグレードにも2WD、4WDが設定されています。

安く手に入れる

シャトルのグレードごとの装備内容

ここからは、シャトルのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

ガソリンエンジンを搭載する最もお手軽な価格のグレード「G・Honda SENSING」

ガソリンエンジンを搭載する最もお手軽な価格のグレード「G・Honda SENSING」「G・Honda SENSING」出典:ホンダ「シャトル」タイプ・価格・装備

最も手軽な価格を実現しているこの「G・Honda SENSING」はシャトルで唯一ハイブリッドシステムを搭載しないグレードです。アイドリングストップシステムは搭載されていますが、エコドライブをサポートする機能「エコアシスト」は省かれています。

ヘッドランプはマニュアルレベリング機能付きのハロゲンランプを採用。フォグライトは装備されていません。足回りには15インチのスチールホイールにフルホイールキャップが組み合わされています。

エアコンはフルオートエアコンですが、キーシステムはスマートキーではなく電波式のキーレスエントリーシステムとなっており、必要最低限のシンプルな装備内容であるといえるでしょう。

安全性能に関してはシャトルにはホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車標準装備されていますが、グレードによって先進安全機能の充実度が異なります。

「G・Honda SENSING」は「サポカーSベーシック+」に該当し、「衝突軽減ブレーキ」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「路外逸脱抑制機能」「アダプティブ・クルーズ・コントロール」「車線維持支援システム」などの先進安全機能が搭載されています。

ハイブリッドのベースグレード「HYBRID Honda SENSING」

ハイブリッドのベースグレード「HYBRID Honda SENSING」「HYBRID Honda SENSING」出典:ホンダ「シャトル」タイプ・価格・装備

このグレードからハイブリッドシステムが搭載されるとともに、燃費向上に貢献するようエコドライブをサポートする「エコアシスト」が搭載されます。

またキーシステムにはキーを身につけておけばキーに触れずにドアの解錠・施錠ができ、エンジンもスイッチを押して始動できるHondaスマートキーシステム&パワースイッチが採用されました。

フルオートエアコンは左右独立温度コントロール式になり、さらにプラズマクラスター技術を搭載。フロントウインドウガラスやフロントドアガラスにはUVカット機能に加えて赤外線をカットして車内の温度上昇を防ぐIRカット機能も追加されるなど、「G Honda SENSING」よりもワンランクアップした装備内容となっています。

快適装備が充実する「HYBRID X Honda SENSING」

快適装備が充実する「HYBRID X Honda SENSING」「HYBRID X Honda SENSING」出典:ホンダ「シャトル」タイプ・価格・装備

このグレードではLEDヘッドライトとLEDフォグライトが標準装備になります。LEDヘッドライトはハロゲンライトと比較するとより遠くを明るく照らしだすことができるので、夜間の視認性が向上する上、電力の消費も少ないというメリットがあります。

さらにエクステリアにはクロームメッキのフロントバンパーロアガーニッシュが追加され、フロントフェイスもより精かんな印象になりました。足回りは、標準仕様は15インチのスチールホイール+フルホイールキャップですが、オプションでアルミホイールに変更することも可能です。

「HYBRID Honda SENSING」の装備に加えて、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器が標準装備になるほか、運転席と助手席のシートヒーターも追加され、快適装備がより充実したグレードだといえるでしょう。

また、フロントとリアの振幅感応型ダンパーを搭載し、走行性能を向上させている点も特筆すべきポイントです。マニュアル感覚の運転が楽しめるパドルシフトも標準装備。

さらにこのグレードから「Honda SENSING」に「オートハイビーム」が追加されるため、サポカーの中でも最も上位の分類の「サポカーSワイド」に該当することに加え、サイドエアバッグやカーテンエアバッグも標準装備になり、安全性能も格段に向上しているといえるでしょう。

内外装の質感が向上する最上級モデル「HYBRID Z Honda SENSING」

内外装の質感が向上する最上級モデル「HYBRID Z Honda SENSING」「HYBRID Z Honda SENSING」出典:ホンダ「シャトル」タイプ・価格・装備

最上級グレード「HYBRID Z Honda SENSING」では、「HYBRID X Honda SENSING」の内容にプラスしてヘアライン加工を施したアルミ製ルーフレールやクロームメッキのサイドシルモール、クロームメッキアウタードアハンドルが標準装備になり、より迫力のあるステーションワゴンらしいエクステリアデザインとなっています。

足回りにはシャトルで唯一16インチのアルミホイールが採用されました。

インテリアでもピアノブラック加飾や木目調の素材を使用し、より質感の高い室内空間に仕上げています。

シャトルのおすすめグレードは「HYBRID X Honda SENSING」

「サポカーSワイド」の認定に必要な安全機能を備えていることに加え、夜間の視認性を高めるLEDヘッドランプを標準装備する「HYBRID X Honda SENSING」がシャトルのおすすめグレードです。

「HYBRID X Honda SENSING」には、振幅感応型ダンパーやパドルシフトなどの走行性能を高めてより走りを楽しむための機能が搭載されている点も魅力。価格以上の充実した装備を搭載したグレードだといえるでしょう。

グレード選びはカーライフの質を決める重要なポイントです。自分に必要な機能を搭載したグレードを選び、充実したカーライフを送ってください。

よくある質問

Q1:シャトルのグレード構成は?

A:シャトルでは1.5L直噴ガソリンエンジンと1.5Lエンジン+高出力モーターを組み合わせたハイブリッドの2種類のパワートレインがあります。ガソリンエンジンを搭載するグレードは「G・Honda SENSING」のみ、ハイブリッドシステムを搭載するグレードは「HYBRID Honda SENSING」「HYBRID X Honda SENSING」「HYBRID Z Honda SENSING」の3種類です。

Q2:シャトルのグレードはどうやって選べばいい?

A:まず、ガソリンエンジンかハイブリッドかを決めてしまいましょう。ハイブリッドを選択するのであれば3つの選択肢がありますが、ベースグレードの「HYBRID Honda SENSING」と、それ以外の上位グレードでは安全性能や走行性能に関する機能の充実度が異なります。その点に着目して、自分に適した装備内容のグレードを選ぶといいでしょう。

Q3:シャトルのおすすめグレードは?

A:シャトルのおすすめグレードは「HYBRID X Honda SENSING」です。「サポカーSワイド」に該当する安全性能を持っていることに加え、夜間視認性を高めるLEDヘッドランプや走行性能を高める振幅感応型ダンパーやパドルシフトなどを搭載し、充実した装備内容が魅力です。

※記事の内容は2020年3月時点の情報で執筆しています。

ホンダシャトルの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダシャトルの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

読了後バナー