ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

日産 スカイラインのグレード別の特徴や違いを比較!おすすめは?

日産 スカイラインのグレード別の特徴や違いを比較!おすすめは?
日産 スカイラインのグレード別の特徴や違いを比較!おすすめは?

日産「スカイライン」のように、最も安いグレードでも400万円以上するような高額な車種は、どのグレードを選んでもそれなりの装備は搭載しています。しかし、それでも快適性に関する装備や追加できるオプションはグレードによって異なるため、一つひとつのグレードの装備内容を吟味して自身に最適なグレードを見極める必要があります。

ここでは、スカイラインのグレードについてご紹介します。

スカイラインに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • スカイラインのグレードは4種類
  • 「400R」は専用チューニングが施されたエンジンが搭載されるハイパフォーマンスモデル
  • スカイラインのおすすめは「400R」

スカイラインのグレード構成

スカイラインのグレードは「GT」「GT Type P」「GT Type SP」「400R」で、価格は「GT」から「400R」へ順に高額になります。

現行型のスカイラインはハイブリッド車の設定がありましたが、2022年に生産を終了し2023年1月現在は3.0L V6ツインターボエンジンを搭載するガソリンモデルのみとなっています。

なお、内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介しています。

スカイラインの内装について、詳しくはこちら

スカイラインの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々50,000円台からスカイラインを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が15万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

定額カルモくん_人気の理由_15万人

 

 

スカイラインのグレードごとの装備内容

ここからは、スカイラインのグレードごとの特徴を見ていきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードGTGT Type PGT Type SP400R
エンジン3.0L V6ツインターボエンジン
駆動方式FR(後輪駆動)
最高出力224kW(304PS)/6400rpm298kW(405PS)/6400rpm
最大トルク 400N・m(40.8kgf・m)/1600-5200rpm475N・m(48.4kgf・m)/1600-5200rpm
燃費
(km/L、WLTCモード)
10.0
全長(mm)4,810
全幅(mm)1,820
全高(mm)1,440
最小回転半径(m)5.6

一部の快適装備が省かれた「GT」

一部の快適装備が省かれた「GT」出典:日産「スカイライン」価格・グレード

〈グレード「GT」の車両本体価格〉

グレードGT
価格456万9,400円

「GT」はスカイラインの中で最も安いグレードであり、上位グレードに搭載される一部の快適装備が省かれています。

そうはいっても450万円以上するモデルのため、インテリジェントキーや運転席・助手席パワーシート、99%紫外線をカットしてくれるスーパーUVカットグリーンガラスなど、一般的な車に搭載される快適装備はそろっています。快適装備に特にこだわりがなければ十分な装備といえるでしょう。

足回りは17インチの切削光輝仕立てのアルミホイールです。

プレミアムセダンらしい装備が充実する「GT Type P」

プレミアムセダンらしい装備が充実する「GT Type P」出典:日産「スカイライン」価格・グレード

〈グレード「GT Type P」の車両本体価格〉

グレードGT Type P
価格486万8,600円

歴代スカイラインはスポーティーセダンとして名を馳せてきたモデルですが、現行型では快適性にも優れ、プレミアムセダンとしての顔も持つようになっています。「GT Type P」では、プレミアムセダンならではともいえる贅沢な快適装備が搭載されます。

インテリジェントキーにドライバー情報を登録し、車両がインテリジェントキーのIDを認識すると、自動でステアリングホイールやドアミラー、シート位置を調節してくれる「パーソナルドライビングポジションメモリーシステム」を採用。前回降車時のエアコンやオーディオの設定も再現してくれます。

また、排出ガスの侵入を防ぐことに加え、高性能フィルターで花粉やにおいもシャットアウトしてくれるプラズマクラスター技術搭載「インテリジェントエアコンシステム」を標準装備しているので、ドライブ中はいつでもきれいな空気で快適に過ごせるでしょう。

BOSE Performance Series サウンドシステムが追加可能

BOSE Performance Series サウンドシステムが追加可能出典:日産「スカイライン」室内

また、「GT Type P」以上のグレードでは、16スピーカーで構成され、独創の最新テクノロジーを搭載した「BOSE Performance Series サウンドシステム」がオプションで追加可能になります。臨場感あふれるリアルなサウンドを車内で楽しむことができるので、ドライブに音楽は欠かせないという方には特にうれしいオプションではないでしょうか。

迫力のあるスタイルが魅力の最上級グレード「GT Type SP」

迫力のあるスタイルが魅力の最上級グレード「GT Type SP」出典:日産「スカイライン」価格・グレード

〈グレード「Gt Type SP」の車両本体価格〉

グレードGt Type SP
価格514万9,100円

「GT Type SP」は、ルックスでもほかのグレードと差をつけています。フロントとリアにスポーツバンパーを採用。さらに切削光輝アルミホイールは19インチにサイズアップし、迫力のあるエクステリアに仕上げています。

また、2019年のマイナーチェンジで新搭載された走行シーンに合わせてサスペンションの減衰力を制御する「インテリジェント ダイナミックサスペンション」の選択が可能です。快適な乗り心地を提供するのはもちろん、スポーツ走行時の優れた走行安定性を実現してくれます。

専用チューニングが施されたエンジンが搭載される「400R」

専用チューニングが施されたエンジンが搭載される「400R」出典:日産「スカイライン」価格・グレード

〈グレード「400R」の車両本体価格〉

グレード400R
価格589万9,300円

最上級グレードの「400R」は、走行性能を大幅に引き上げたハイパフォーマンスモデルです。

「400R」はエンジンに専用のチューニングを施し、標準仕様の3.0LV6ツインターボエンジンが最高出力304ps、最大トルク400Nmであるのに対し、最高出力は405PS、最大トルク475N・mまで引き上げたハイパフォーマンスモデルです。

ステアリングの動きを電気信号に置き換え、ライントレース性やレスポンスを向上させたダイレクトアダプティブステアリングをV6ターボ車専用にチューニング。さらに標準モデルではオプション設定である「インテリジェント ダイナミックサスペンション」を標準装備し、プレミアムスポーツセダンならではの快適な走行フィーリングや意のままの走りを実現しています。

最上級グレードの「400R」は、走行性能を大幅に引き上げたハイパフォーマンスモデルです。出典:日産「スカイライン」外観・デザイン

アルミホイールは19インチのガンメタ塗装。「400R」が持つ圧倒的な走りを予感させるアグレッシブな雰囲気が魅力です。

スカイラインの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

スカイラインの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。この車種を詳しくみる

スカイラインのおすすめグレードは「400R」

プレミアムセダンの顔を持つようになったとはいえ、やはりスカイラインに期待したいのは胸のすくような走りではないでしょうか。スカイラインが気になっている方におすすめするグレードは、存分にスカイラインの魅力を堪能できる「400R」で決まりでしょう。

そうはいっても、「400R」は580万円を超える車両本体価格なので、ほかのグレードと迷うこともあるかもしれません。そんなときにおすすめなのが、車のサブスクであるカーリースです。

スカイラインの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのスカイラインを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったスカイラインの上位グレードにも手が届く可能性があります。
しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでスカイラインに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

コスパの良さで大人気!月々 54,900 円からスカイラインに乗れる

定額カルモくん申込者数15万人突破

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでスカイラインに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。スカイラインに各種税金などの維持費込みで月々 54,900 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で15万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

スカイラインに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!スカイラインがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分スカイラインで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談

予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 54,900 円から!お得にスカイラインに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでスカイラインの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。

スカイライン 月額 54,900 円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

 

よくある質問

Q1:スカイラインのグレード構成は?

A:スカイラインのグレードは「GT」「GT Type P」「GT Type SP」「400R」の4種類で、価格は「GT」から「400R」の順に高額になります。

Q2:スカイラインのグレード選びのポイントは?

A:スカイラインならではの走りを存分に堪能したいか、それともスポーティーなスタイルのプレミアムセダンとして使用したいかで選ぶグレードは変わります。まずその方向性を決め、その上で快適装備などの充実度を比較してみるといいでしょう。

Q4:スカイラインのおすすめグレードは?

A:最高出力を引き上げ、スカイラインならではの走りが存分に楽しめる「400R」がおすすめです。

※この記事は2023年1月時点の情報で制作しています

日産スカイラインセダンの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産スカイラインセダンの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる