ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

充実した装備が魅力!ステップワゴンスパーダのグレードを解説

充実した装備が魅力!ステップワゴンスパーダのグレードを解説

出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」スタイリング

車のグレード選びは苦手、面倒くさいと感じる方は少なくないようです。カタログを細かくチェックし、一つひとつの装備を確認するのは確かになかなかたいへんでしょう。しかし、グレードによって車の仕様は異なるため、しっかり確認しておかないとその後のカーライフの満足度に影響する可能性もあるのです。

ここでは、ホンダ「ステップワゴンスパーダ」のグレードごとの装備内容をわかりやすく解説します。

【この記事のポイント】
✔ステップワゴンスパーダのグレードは4種類
✔「わくわくゲート」や「Honda SENSING」は全車に標準装備
✔おすすめグレードは「SPADA・Honda SENSING」

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダのグレード構成

自分に適したグレードを選ぶためには、グレード構成を把握することも必要です。ステップワゴンスパーダのグレードは全部で4種類、「SPADA・Honda SENSING」「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」となっており、価格はこの順に高額になります。

なお、「SPADA・Honda SENSING」「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」には1.5L直列4気筒ガソリンエンジン、「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」には2モーター式のハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しています。

ステップワゴンスパーダのグレードごとの装備内容

ここからは、ステップワゴンスパーダのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

最も価格の安い「SPADA・Honda SENSING」

最も価格の安い「SPADA・Honda SENSING」出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

存在感のあるエクステリア

ステップワゴンスパーダは標準モデルのステップワゴンに専用のエアロパーツなどを装着し、エクステリアの迫力や力強さを高めたモデルです。全グレードにスパーダ専用のフロント・リアバンパー、カラーサイドシルガーニッシュ、LEDハイマウント・ストップランプ内蔵型のテールゲートスポイラーが装備されているのが特徴です。

インラインタイプのLEDヘッドライトやLEDアクティブコーナリングライトが、夜間の視認性を向上させるとともに先進性をプラスしています。

スパーダ専用デザインのアルミホイール

スパーダ専用デザインのアルミホイール出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

「SPADA・Honda SENSING」をはじめとするステップワゴンスパーダには、専用デザインの16インチアルミホイールが標準装備です。凝ったデザインのホイールが足元の存在感を増しています。

わくわくゲートも標準装備

わくわくゲートも標準装備出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

ステップワゴンの目玉装備ともいえる「わくわくゲート」ももちろん標準装備。バックドアが縦にも横にも開けられるため、車両の後ろのスペースが狭い駐車場でも荷物が楽に積み込めるユニークな装備です。

快適装備・安全装備も充実

ミニバンであれば欲しい両側のパワースライドドアやキーを身につけておけばその都度取り出さなくてもドアの解錠・施錠ができたり、スイッチ操作でエンジンを起動できたりするHondaスマートキーシステム&パワースイッチ、そしてホンダ自慢の安全運転支援システム「Honda SENSING」も標準装備なので、日常的に使用する分には十分な装備がそろっているといえるでしょう。

「SPADA・Honda SENSING」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

クールなルックスが持ち味の「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」

クールなルックスが持ち味の「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

よりシャープな印象のエクステリア

ステップワゴン標準モデル・ステップワゴンスパーダに共通してガソリン車の最上級グレードとなる「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」は、ダーククロームメッキのフロントグリルやリアライセンスガーニッシュがあしらわれ、よりシャープでクールさを増したルックスが持ち味のグレードです。

2WD車のアルミホイールは17インチに

2WD車のアルミホイールは17インチに出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

2WD車のアルミホイールは17インチにインチアップし、足回りの迫力をアップ。4WD車は「SPADA・Honda SENSING」と同じデザインの16インチのアルミホイールとなります。

前席シートヒーターが標準装備に

運転席・助手席にはシートヒーターが標準装備になり、寒い季節のドライブも快適に楽しめるように配慮されています。またエアコンは運転席・助手席と後席でそれぞれ調節が可能なプラズマクラスター機能付きのトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンが装備されます。

「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

2モーター式のe:HEV(ハイブリッド)を搭載する「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」

2モーター式のe-HEV(ハイブリッド)を搭載する「e-HEV SPADA G・Honda SENSING出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

e:HEV(ハイブリッド)専用装備以外はほぼ「SPADA・Honda SENSING」と同じ

「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」をはじめとするe:HEV(ハイブリッド)車には、専用装備として車両接近通報装置、電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能、エコ運転を支援すåるエコアシスト、充電用USBジャック、遮音・IRカット・UVカット機能付きのフロントウィンドウガラスが標準装備されます。

そのほかの装備内容はほぼ「SPADA・Honda SENSING」に準じます。

アルミホイールがe:HEV専用デザインに

アルミホイールがe-HEV専用デザインに出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

16インチアルミホイールはe:HEV専用デザインに。すっきりとした先進性のあるデザインです。

「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

パフォーマンスダンパーが標準装備となる「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」

パフォーマンスダンパーが標準装備となる「e-HEV SPADA G・EX Honda SENSING」出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」タイプ・価格

最上級グレードにあたる「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」の装備内容は、「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」とほぼ同じ装備内容にe:HEV(ハイブリッド)の専用装備を追加したものとなっています。

パフォーマンスダンパーが標準装備となる「e-HEV SPADA G・EX Honda SENSING」_2出典:ホンダ「ステップワゴンスパーダ」性能・安全

大きく異なるのは「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」にはパフォーマンスダンパーが装備される点でしょう。これは走行中に発生する車体のゆがみや微振動を減衰させ、より上質で快適な乗り心地や安定性を実現する最上級グレードにふさわしい装備です。

「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々37,300円から乗れるステップワゴンスパーダのお試し審査をチェック!

ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンスパーダ 月額37,300円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ステップワゴンスパーダは月額37,300円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくステップワゴンスパーダのプランを知りたい方はこちら

ステップワゴンスパーダのおすすめグレードは「SPADA・Honda SENSING」

ステップワゴンスパーダは、標準系のステップワゴンよりもクールでスタイリッシュなエクステリアが魅力的なモデルです。

エントリーグレードの「SPADA・Honda SENSING」はステップワゴンならではの装備「わくわくゲート」や両側のパワースライドドア、デザイン性の高いアルミホイール、そして安全運転支援システム「Honda SENSING」やHondaスマートキー&パワースイッチなど、新型車に期待したい装備はほぼそろっているため、コストパフォーマンスが高くおすすめできるグレードといえるでしょう。

グレードを選ぶ際には自分に必要な装備が搭載されているかを確認し、目指すカーライフを実現できるステップワゴンスパーダを選んでください。

よくある質問

Q1:ステップワゴンスパーダのグレード構成は?

A:ステップワゴンスパーダのグレードは「SPADA・Honda SENSING」「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」の4種類で、価格はこの順に高額になります。

Q2:ステップワゴンスパーダのグレードはどうやって選べばいい?

A:ステップワゴンスパーダにはガソリンエンジンとe:HEVと呼ばれる2モーター式のハイブリッドシステム「e:HEV」の2種類のパワートレインがあります。e:HEV車には専用装備として電子制御パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、専用デザインのアルミホイールなどがあるため、燃費だけでなくパワートレインによる装備内容の違いもチェックしてグレードを選ぶといいでしょう。

Q3:ステップワゴンスパーダのおすすめグレードは?

A:ステップワゴンスパーダはエントリーグレードであってもわくわくゲートや両側のパワースライドドア、安全運転支援システム「Honda SENSING」やHondaスマートキー&パワースイッチなど充実した装備内容となっているため、コストパフォーマンスの良いエントリーグレードの「SPADA・Honda SENSING」がおすすめです。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

ステップワゴン スパーダの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

ホンダステップワゴンスパーダの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダステップワゴンスパーダの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー