ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

タフト(ダイハツ)のグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

タフトのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)
タフトのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

出典:ダイハツ「タフト」特別仕様車

車種選びの際はライバル車とさまざまな部分を比較検討するなど熱心であっても、車種を決めた後に待っているグレード選びに関してはそれほど深く考えず、価格にのみ注目して決めてしまう、という声も耳にします。しかし車はグレードによって装備内容が異なるので、しっかりグレードごとの違いを把握して選ばないと、欲しい装備がなく不便を感じたりすることになりかねません。

ここでは、ダイハツ「タフト」のグレードについて、わかりやすく解説します。

タフトに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • タフトのグレードは「X」「Xターボ」「G」「Gターボ」の4種類に加え、特別仕様車の設定がある
  • ベースグレードでも充実した装備内容になっている
  • タフトのおすすめグレードは「G」

ダイハツ「タフト」のグレード構成

タフトのグレードは「X」「Xターボ」「G」「Gターボ」の4種類があります。これらに加え、特別仕様車として「G」と「Gターボ」に「クロム ベンチャー」「ダーククロム ベンチャー」の設定があるため、計8種類の選択肢が用意されています。駆動方式はいずれのグレードでも2WD、4WDの選択が可能です。

また、ダイハツは2023年4月に、長引く車の部品供給不足による納期遅れをカバーする対策のひとつとして、一部車種にアイドリングストップ機構であるeco IDLEを省いた「eco IDLE非装着車」を設定しました。タフトもその対象に含まれており、全グレード、特別仕様車にeco IDLE非装着車の設定があります

eco IDLE非装着車は、アイドリングストップ機構が省かれ燃費の数値が通常仕様とは異なりますが、それ以外の装備内容などに差はありません。

なお、タフトの内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介します。

タフトの内装について、詳しくはこちら

タフトの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々10.000円台からタフトを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が20万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

申込数20万人以上!業界最安水準のカーリースについて詳しくみる

タフトのグレードごとの装備内容

ここからは、タフトのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

タフトの特徴はスクエアなボディ、張り出したフェンダーなどによる、今では珍しいほどの無骨さやタフさを感じさせるエクステリアデザインといえます。外径サイズがFF軽自動車最大(2020年6月、ダイハツ調べ)となる165/65R15の大径タイヤを全グレードに採用しており、軽自動車とは思えない存在感を持つのが魅力です。

タフトのグレードごとの装備内容出典:ダイハツ「タフト」室内空間・荷室

また、前席上に広がるガラスルーフ「スカイフィールトップ」はタフトの目玉装備といえます。圧倒的な開放感を演出し、これまでとは違ったドライブの楽しみ方ができそうです。紫外線を約99%カットしてくれるスーパーUVカット機能や赤外線をカットするIRカット機能のあるガラスを採用しているのもうれしいポイントです。

さらに、フルLEDヘッドランプ、運転席シートリフター、チルトステアリング、キーフリーシステムやプッシュボタンスタート、USBソケットといった一般的な快適装備も全車に備わっています。

〈グレード別比較表〉

グレードX/GXターボ/Gターボ
エンジンNA(自然吸気)エンジンターボエンジン
駆動方式2WD・4WD
燃費
(km/L、WLTCモード):標準仕様
2WD:21.4
4WD:21.1
2WD:21.3
4WD:21.1
燃費
(km/L、WLTCモード):eco IDLE非装着車
2WD:19.8
4WD:19.4
2WD:18.7
4WD:18.2
全長(mm)3,395
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,630
最小回転半径(m)4.8

※特別仕様車の諸元はそれぞれのベースグレードに準じる
※eco IDLE非装着車の燃費以外の諸元は標準仕様に準じる

十分な装備が搭載された「X」/「Xターボ」

十分な装備が搭載された「X」/「Xターボ」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

〈グレード「X」「Xターボ」の車両本体価格〉

グレードXXターボ
駆動方式2WD4WD2WD4WD
価格:標準仕様135万3,000円147万9,500円144万1,000円156万7,500円
価格:eco IDLE非装着車132万円144万6,500円140万8,000円153万4,500円

先述のとおりタフトではフルLEDヘッドランプもグレードにかかわらず全車に搭載しています。LEDランプは省電力でより遠くまで明るく照らし出し、夜間の視界確保に貢献することに加え、先進的なニュアンスをエクステリアに追加してくれます。「X」「Xターボ」ではマニュアルレベリング機能付きです。

快適装備も十分なものがあることに加え、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能といった運転のしやすさを向上させてくれる機能もあることに加え、オプションでスマートフォンと連携するディスプレイオーディオの追加も可能なので、エントリーグレードといっても使いにくさを感じるようなことはないでしょう。

ボディカラーは、タフトならではの「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」といったアースカラーを含むモノトーン5色が設定されています。なお、ホイールは15インチのブラック塗装のスチールホイールです。

より充実した装備内容の「G」/「Gターボ」

より充実した装備内容の「G」/「Gターボ」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

〈グレード「G」「Gターボ」の車両本体価格〉

グレードGGターボ
駆動方式2WD4WD2WD4WD
価格:標準仕様148万5,000円161万1,500円160万6,000円173万2,500円
価格:eco IDLE非装着車145万2,000円157万8,500円157万3,000円169万9,500円

「G」以上のグレードでは、ホイールハウスやルーフヘッダーがブラックアウトする「ブラックフィニッシュ」が標準装備に。さらにLEDフォグランプが追加されることに加え、フルLEDヘッドランプがオートレベリング機能付きになり、メッキ加飾があしらわれ、エクステリアがぐっと引き締まった精悍なスタイルになるのが特徴です。

また、「X」「Xターボ」では選択可能なボディカラーが5色であるのに対し、「G」以上のグレードでは9色と、幅広い選択肢が用意されています。

なお、「G」「Gターボ」では、ドアアウターハンドル、アルミホイールなどを好みのカラーにカスタマイズできるオプション「スタイルパック」が選択可能です。より自分らしいスタイルを追求したい、個性を車でも表現したい方にはうれしいオプションではないでしょうか。

「Gターボ」の装備内容はほぼ「G」と変わりありませんが、「G」のアルミホイールがシルバー塗装であるのに対し、「Gターボ」ではガンメタリック塗装になります。

特別仕様車「クロム ベンチャー」

特別仕様車「クロム ベンチャー」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

〈特別仕様車「クロム ベンチャー」の車両本体価格〉

グレードG“クロム ベンチャー”Gターボ“クロム ベンチャー”
駆動方式2WD4WD2WD4WD
価格:標準仕様155万1,000円167万7,500円167万2,000円179万8,500円
価格:eco IDLE非装着車151万8,000円164万4,500円163万9,000円176万5,500円

2021年5月にラインナップに加わった特別仕様車「クロム ベンチャー」は、「G」と「Gターボ」に設定があります。
キャンプなどのアウトドアに似合うスタイルが特徴で、特別装備としてメッキのフードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、前後シルバーアンダーガーニッシュやメッキドアアウターハンドルを装着し、より精悍な装いとなっています。インテリアにも随所にダークシルバー加飾があしらわれます。

特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」

特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

〈特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の車両本体価格〉

グレードG“ダーククロム ベンチャー”Gターボ“ダーククロム ベンチャー”
駆動方式2WD4WD2WD4WD
価格:標準仕様155万6,500円168万3,000円167万7,500円180万4,000円
価格:eco IDLE非装着車152万3,500円165万円164万4,500円177万1,000円

2022年9月には、さらに「ダーククロム ベンチャー」も追加されました。「クロム ベンチャー」と同じく「G」「Gターボ」がベースであり、「X」「Xターボ」には設定されません。

ダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリックなどを随所にあしらい、「クロム ベンチャー」よりタフさを強めています

タフトの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

タフトの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

タフトのおすすめグレードは「G」

タフトはベースグレードの「X」であっても充実した装備内容となっています。「スカイフィールトップ」や大径タイヤなどタフトの目玉といえる装備もしっかり搭載されていることに加え、安全性能や利便性も申し分ないですが、スチールホイールなのが若干気になるところです。

その点を考慮すると、アルミホイールを標準装備することに加え、「ブラックフィニッシュ」による精悍なスタイルが持ち味の「G」がおすすめグレードといえるでしょう。ボディカラーの選択肢が豊富な点や、「スタイルパック」でカスタマイズができるのも魅力です。

オプションパックの追加も視野に入れながら、お気に入りのタフトを手に入れましょう。

タフトの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのタフトを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったタフトの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでタフトに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 17,880 円からタフトに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでタフトに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。タフトに各種税金などの維持費込みで月々 17,880 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で20万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

タフトに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!タフトがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分タフトで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 17,880 円から!お得にタフトに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでタフトの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

タフト 月額  17,880 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:タフトのグレード構成は?

A:タフトには「X」「Xターボ」「G」「Gターボ」の4種類のグレードに加え、特別仕様車「クロム ベンチャー」「ダーククロム ベンチャー」が「G」「Gターボ」に設定されているため、8つの選択肢があります。なお、すべてのグレードで2WD、4WDの選択が可能です。

Q2:タフトのグレードの違いは?

A:タフトの目玉装備といえる「スカイフィールトップ」や大径タイヤは全グレードで標準装備ですが、上位グレードになるとホイールハウスなどが「ブラックフィニッシュ」になり、アルミホイールが装備されるほか、「スタイルパック」というエクステリアをカスタマイズできるオプションの設定があります。

Q3:タフトのおすすめグレードは?

A:アルミホイールを標準装備することに加え、「スタイルパック」によってカスタマイズが楽しめる「G」グレードがタフトのおすすめグレードといえるでしょう。

※この記事は2023年12月4日時点の情報で制作しています

ダイハツタフトの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のダイハツタフトの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る