充実した装備が魅力!タフトのグレードごとの装備内容を解説

充実した装備が魅力!タフトのグレードごとの装備内容を解説

出典:ダイハツ「タフト」外観・カラー

車種選びの際はライバル車とさまざまな部分を比較検討するなど熱心であっても、車種を決めた後に待っているグレード選びに関してはそれほど深く考えず、価格にのみ注目して決めてしまう、という方も少なくないといいます。しかし車はグレードによって装備内容が異なるので、しっかりグレードごとの違いを把握して選ばないと、欲しい装備がなく不便を感じたりすることになりかねません。

ここでは、ダイハツ「タフト」のグレードについて、わかりやすく解説します。

【この記事のポイント】
✔タフトのグレードは「X」「G」「Gターボ」の3種類
✔タフトはベースグレードでも充実した装備になっている
✔おすすめグレードは「G」

一本化用タフト

タフトのグレード構成

タフトのグレードは「X」「G」「Gターボ」の3種類で、車両価格はこの順に高額になります。なお、タフトには最高出力52psを発揮する直列3気筒NAエンジンと最高出力64psを発揮する直列3気筒ターボエンジンが採用されていますが、ターボエンジンを搭載するのは最上級グレードである「Gターボ」のみです。

駆動方式はいずれのグレードでも2WD、4WDが設定されています。

タフトのグレードごとの装備内容

ここからは、タフトのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

タフトならではの装備が魅力的な「X」

タフトならではの装備が魅力的な「X」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

充実した装備内容

タフトは機能面に関する装備内容はグレード間でそれほど大きな差がなく、最も車両価格の安い「X」であってもタフトを特徴付ける装備やいまどきの軽自動車であれば期待したい装備もほぼ網羅しています。

スカイフィールトップ(スーパーUV&IRカット機能/シェード付き)

スカイフィールトップ(スーパーUV&IRカット機能:シェード付き)出典:ダイハツ「タフト」車内空間・荷室

タフトの目玉装備ともいえるのがこの「スカイフィールトップ」でしょう。前席の頭上に大きく広がるガラスルーフが圧倒的な開放感を演出します。紫外線を99%カットしてくれるスーパーUVカット機能や赤外線をカットするIRカット機能のあるガラスを採用しているのもうれしいポイントです。

こうしたガラスルーフは上級グレードにのみ標準装備であったり、オプション設定となっていたりする車種が多い中、すべてのグレードに標準装備しているのは評価できるでしょう。

FF軽自動車最大の大径タイヤを採用

タフトでは、FF軽自動車代最大(2020年6月、ダイハツ調べ)となる165/65R15の大径タイヤを全車に標準装備。特徴的なスクエアボディと大径タイヤがSUVならではの武骨さや力強いイメージを演出します。

「X」では、ホイールはスチールホイールとなっています。

フルLEDヘッドランプで夜間も安心

また、タフトではフルLEDヘッドランプもグレードにかかわらず全車に搭載しています。省電力でより遠くまで明るく照らし出し、夜間の視界確保に貢献することに加え、先進的なニュアンスをエクステリアに追加してくれます。

快適装備も充実

そのほか、キーフリーシステムプッシュボタンスタート、バックカメラ、リアスピーカー、GPSアンテナなどがセットになった純正ナビ装着用アップグレードパック、USBソケットや電動パーキングブレーキなどが標準装備されており、快適装備も充実しています。

なお、電動パーキングブレーキはダイハツ車で初採用の装備です。

スマートアシストも搭載

ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」ももちろん全車に標準装備。安全性能に関しても抜かりありません。

タフトの安全性能、「スマートアシスト」について詳しくはこちら

コネクティッド機能も利用可能

コネクティッド機能も利用可能出典:ダイハツ「タフト」ナビ・その他装備

タフトでは全車に「ダイハツコネクトサービス」の利用やスマートフォンとの連携が可能な、コネクティッド機能を持つディスプレイオーディオの追加が可能です。

コネクティッド機能はこれからの車には欠かせなくなってくると考えられている装備です。オプション設定であるとはいえ、全車に搭載可能なのは評価できる部分といえるでしょう。

「X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

より充実した装備内容の「G」

より充実した装備内容の「G」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

ブラックフィニッシュで精悍なスタイルに

「G」以上のグレードではホイールハウスやルーフヘッダーがブラックアウトする「ブラックフィニッシュ」が標準装備となり、エクステリアがぐっと引き締まった精悍なスタイルになるのが特徴です。ホイールもシルバー塗装のアルミホイールになり、より迫力を増しています。

フォグランプが追加

LEDフォグランプが追加されるとともにフルLEDヘッドランプがオートレベリング機能付きになり、メッキ加飾があしらわれます。

ボディカラーの選択肢が豊富に

また、「X」では選択可能なボディカラーが5色であるのに対し、「G」以上のグレードでは9色から選択が可能です。

「G」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

ターボエンジンを搭載する「Gターボ」

ターボエンジンを搭載する「Gターボ」出典:ダイハツ「タフト」グレード・価格

最上級グレードの「Gターボ」は、タフトで唯一ターボエンジンを搭載するグレードです。装備内容はほぼ「G」と変わりありませんが、アルミホイールがガンメタリック塗装になるほか、高速道路や自動車専用道路でのドライバーの運転負荷を減らす運転支援技術などが追加されます。

「Gターボ」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険コミコミの定額料金で乗るならこちら

タフトのおすすめグレードは「X」

タフトはベースグレードの「X」であっても充実した装備内容となっています。「スカイフィールトップ」や大径タイヤなどタフトの目玉といえる装備もしっかり搭載されていることに加え、安全性能や利便性も申し分ないですが、スチールホイールなのが若干気になるところです。

加えてタフトには全車にフードガーニッシュやバックドアガーニッシュをメッキ仕立てにできる「メッキパック」の設定があるほか、「G」や「Gターボ」にはドアミラー、ドアアウターハンドルなどのカラーをカスタマイズできる「スタイルパック」がオプションで設定されています。

その点を考慮すると、ブラックフィニッシュとアルミホイールを標準装備し、精悍なスタイルが持ち味の「G」がおすすめグレードといえるでしょう。

オプションパックの追加も視野に入れながら、お気に入りのタフトを手に入れてください。

よくある質問

Q1:タフトのグレード構成は?

A:タフトには「X」「G」「Gターボ」の3種類のグレードがあり、価格はこの順に高額になります。なお、駆動方式はいずれのグレードにも2WD、4WDが設定されています。

Q2:タフトのグレードはどうやって選べばいい?

A:タフトの目玉装備といえる「スカイフィールトップ」や大径タイヤは全グレードで標準装備なので、機能面ではグレードごとの差はあまりないといえるでしょう。タフトは上級グレードになるとホイールハウスなどがブラックになる「ブラックフィニッシュ」になり、アルミホイールが装備されるなどエクステリアに違いが生じるため、好みのルックスでグレードを選ぶのもいいかもしれません。

Q3:タフトのおすすめグレードは?

A:「ブラックフィニッシュ」とアルミホイールが標準装備であり、精悍なスタイルが自慢の「G」グレードがタフトのおすすめグレードといえるでしょう。「G」と「G」ターボでは「メッキパック」や「スタイルパック」などのオプションも設定されているので、自分好みのタフトにカスタマイズする楽しみも味わえます。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

タフトの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されてる方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくんの利用者の多くが以下の思いを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです

カーリースの特長

おトクにマイカー 定額カルモくんを例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500キロまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。
    ※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちらをどうぞ

資料請求

ダイハツタフトの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツタフトの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

タグから記事を探す

pr