トールのグレードをリサーチ!

トールのグレードをリサーチ!

出典:ダイハツ「トール」外観・カラー

車のグレード選びは難しい、そう感じている方は少なくないと聞きます。中には値段のみでグレードを決めてしまったり、すすめられたグレードをそのまま内容を確認せずに選んだり、ということもあるようです。

しかし、車はグレードによって機能が異なる場合がほとんどなので、必要な機能が搭載されていないものを選んでしまうと後から不便を感じることになったり、逆に高いお金を出して不要な装備がついているものを選んでしまったりするおそれがあります。ぜひ、車のグレードごとの違いを把握して自分にあったグレードを選ぶようにしましょう。

ここでは、ダイハツ「トール」のグレードについて紹介します。

トールのグレード構成

トールにはノーマルモデルとメッキグリルなどを採用し力強いエクステリアが持ち味のカスタムモデルの2種類の仕様が設定されています。

ノーマルモデルにはNAエンジンの「X」「X“SA Ⅲ”」「G“SA Ⅲ”」に加えてターボエンジンを搭載する「Gターボ“SA Ⅲ”」の4種類、カスタムには「カスタムG“SA Ⅲ”」「カスタムGターボ“SA Ⅲ”」の2種類のグレードがあります。

さらに2018年11月に特別仕様車「Gリミテッド“SA Ⅲ”」「カスタムGリミテッド“SA Ⅲ”」がラインナップに加わりました。

ダイハツ_トール

トールのグレードごとの装備内容

ここからはトールのグレードごとの内容を見ていきましょう。

基本的な装備内容の「X」

基本的な装備内容の「X」出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

最もベーシックなグレードである「X」ではパワースライドドアが左側のみとなっている点、そしてダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載されない点がほかのグレードと大きく異なる部分です。これらの装備を省いて価格を抑えたグレードだといえるでしょう。

キーフリーシステムは装備されますがエアコンはダイヤル式のマニュアルエアコンです。また単眼メーターやLCDマルチインフォメーションディスプレイを採用、インテリアの加飾も省かれるなど、必要最低限の装備内容で実用に徹したグレードとなっています。

衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載される「X“SA Ⅲ”」

衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載される「X“SA Ⅲ”」出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

このグレードから「スマートアシストⅢ」が標準装備になり、安全性能が高まります。トールの「スマートアシストⅢ」には車両と歩行者を認識する衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、前方・後方の誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームが含まれており、トールの「スマートアシストⅢ」搭載車は「サポカーSワイド」に認定されています。

そのほかの装備内容は「X」と同じです。

両側のパワースライドドアが装備される「G“SA Ⅲ”」/「カスタムG“SA Ⅲ”」

両側のパワースライドドアが装備される「G“SA Ⅲ”」「カスタムG“SA Ⅲ”」出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

このグレードには「X“SA Ⅲ”」の内容に両側のパワースライドドアがプラスされ、より利便性が向上します。またフロントドアとフロントドアクォーターには約99%紫外線をカットするスーパーUV&IRカット機能が付いたガラスを採用し、ロングドライブも紫外線や日差しよる暑さを気にせずに楽しめます。

フルオートエアコンが装備され、メーターはタコメーター付きの2眼メーター、TFIカラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載ざれるなど、上級な装備がそろうのがこのグレードの特徴といえるでしょう。TFIカラーマルチインフォメーションディスプレイにはエコドライブをサポートするエコキャラモード&エコインジケーターが搭載されます。

カスタムG“SA Ⅲ”出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

「カスタムG“SA Ⅲ”」は基本的な装備内容は「G“SA Ⅲ”」と同じですが、カスタム専用装備としてメッキフロントグリルやメッキドアガーニッシュ、フロントのカラードバンパー、LEDヘッドランプやLEDフォグランプなどが追加され力強く迫力のあるエクステリアが持ち味です。インテリアにもシルバー加飾が随所に使用され、ノーマルモデルとは差をつけています。

また、ノーマルモデルがフルホイールキャップなのに対し、カスタムではアルミホイールが装着されて足回りの存在感も増しています。「カスタムG“SA Ⅲ”」は14インチのアルミホイールが標準装備です。

ターボエンジンを搭載する「Gターボ“SA Ⅲ”」/「カスタムGターボ“SA Ⅲ”」

ターボエンジンを搭載する「Gターボ“SA Ⅲ”」「カスタムGターボ“SA Ⅲ”」出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

1.5クラス相当のトルクを発揮する1.0Lターボエンジンを搭載したこのグレードではアクセル操作に対しての応答性を向上させたスポーツモードが設定されています。ステアリングに設置されたスポーツモードスイッチでワンタッチ切り替えが可能です。そのほかの装備内容は「G“SA Ⅲ”」に準じます。

カスタムGターボ“SA Ⅲ”出典:ダイハツ「トール」オンライン見積り

「カスタムGターボ“SA Ⅲ”」ではカスタム専用装備が追加され、さらに15インチのアルミホイールが装備されます。

特別仕様車「Gリミテッド“SA Ⅲ”」/「カスタムGリミテッド“SA Ⅲ”」

特別仕様車「Gリミテッド“SA Ⅲ”」「カスタムGリミテッド“SA Ⅲ”」出典:ダイハツ「トール」特別仕様車 G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”/カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”

この特別仕様車では運転席・助手席のシートヒーターやシートバックテーブルが装備されるパッケージオプションの「コンフォータブルパック」と、「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」が標準装備になり、より安全で快適なドライブが楽しめる仕様になっています。

この特別仕様車は「G“SA Ⅲ”」「カスタムG“SA Ⅲ”」をベースにしていますが、「Gリミテッド“SA Ⅲ”」には「G“SA Ⅲ”」には装備されないLEDヘッドランプやインテリアの追加されており、室内の質感もアップさせているほか、通常はカスタムでしか選べないツートーンカラーが選べます。

トールのおすすめグレードは「G“SA Ⅲ”」

トールのような日常生活で活躍する車には、便利な両側のパワースライドドアが欲しいところ。さらに安全面を考えれば「スマートアシストⅢ」は欠かせない装備といえるでしょう。

こうした点から、バランスの取れた装備内容になっている「G“SA Ⅲ”」がトールのおすすめグレードです。高速道路を走る機会が多いなど、走りに余裕の欲しい方は「Gターボ“SA Ⅲ”」もいいかもしれません。

必要とする機能や目指すカーライフを考慮に入れて、あなたに最適なトールを選んでください。

※記事の内容は2019年12月時点の情報で執筆しています。

ダイハツトール の新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のダイハツトールの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

この記事をシェアする

タグから記事を探す