ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ヴェゼルのベストグレードは「e:HEV Z」!その理由とは?(2021年4月~)

ヴェゼルのベストグレードは「e:HEV Z」!その理由とは?

出典:ホンダ「ヴェゼル」デザイン・カラー

車のグレードはよく違いがわからない、といって価格のみで決めてしまったり、すすめられるままに内容を確認せずに選んだりしてしまうと、欲しい装備がない、逆に余分な装備が多すぎるなど、後悔することになりかねません。自身に適した車を選ぶためには、グレードごとの違いを把握して欲しい装備が過不足なく搭載されているグレードを見極める必要があります。

ここでは、ホンダ「ヴェゼル」のグレードについて詳しく紹介します。

  • ヴェゼルのグレードは4種類
  • 「e:HEV PLaY」は個性の異なる新しい価値観を持ったグレード
  • おすすめグレードは「e:HEV Z」
ヴェゼル

ヴェゼルのグレード構成

ヴェゼルのグレードは「G」「e:HEV X」「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」の4種類で、価格は「G」から順に高くなります。

なお、ヴェゼルでは1.5L直列4気筒ガソリンエンジンと、ホンダ独自の2モーター式のハイブリッド「e:HEV」の2種類のパワートレインを採用していますが、ガソリンエンジンが搭載されるのは「G」のみ、ほかの3種類のグレードは「e:HEV」を搭載しています。

駆動方式は最も価格の高い「e:HEV PLaY」が2WDのみですが、そのほかのグレードでは2WDと4WDから選択が可能です。

ヴェゼルのグレードごとの特徴

ここからは、ヴェゼルのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。なお、内装と安全性能については別記事で詳しく紹介します。

ヴェゼルの内装について、詳しくはこちら

ヴェゼルの安全性能について、詳しくはこちら

エントリーグレードの「G」/「e:HEV X」

エントリーグレードの「G」/「e:HEV X」出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

ヴェゼルの中で唯一のガソリン車「G」とハイブリッド車で最も安い「e:HEV X」は、パワートレインが異なる以外、装備内容はほぼ変わりありません。

エントリーグレードでもフルLEDヘッドライトを標準装備

ヴェゼルは2021年4月にデビューした新型車だけあって、エントリーグレードにおいても十分な装備内容となっているのが特徴です。

エントリーグレードでもフルLEDヘッドライトを標準装備出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

ヘッドライトはマニュアルレベリング機構式のフルLEDタイプです。夜間視認性を高めるとともにルックスに先進的な雰囲気やスタイリッシュさをもたらしています。

エントリーグレードでもフルLEDヘッドライトを標準装備出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

足回りはブラック+切削仕様の16インチアルミホイール。ブラックを効果的に取り入れ、足元を引き締めています。

実用性もしっかりと確保

実用性もしっかりと確保出典:ホンダ「ヴェゼル」インテリア

快適装備も抜かりありません。フルオート・エアコンディショナーが標準装備されているのはもちろん、現行型から新たに採用された「そよ風アウトレット」も備わっています。そよ風アウトレットは乗員の体に直接風をあてることなく、そよ風のような優しい風の膜を作り出してくれます。

また、車載通信機やリアカメラなどが含まれた「Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ」も搭載されているため、実用性は十分といえるでしょう。

「G」「e:HEV X」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

安全性や快適性が高まる上級グレード「e:HEV Z」

安全性や快適性が高まる上級グレード「e:HEV Z」出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

ハイブリッド車の上級グレードにあたる「e:HEV Z」は、安全性・快適性ともに高められている上級グレードです。ヘッドライトはオートレベリング機構付きにグレードアップすることに加えルックスにも多少の差があり、流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンシグナルランプ(フロントのみ)を採用、さらにアルミホイールは18インチにサイズアップされています。

予防安全装備をプラス

ヴェゼルでは、エントリーグレードを含む全車にホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」が標準装備されていますが、「e:HEV Z」ではさらに後側方の安全確認をサポートする「ブラインドスポットインフォメーション」や、右左折時に進行方向の内側の路面を照らしだす「LEDアクティブコーナリングライト」が追加され、より安全性が高められています。

快適装備も充実

快適装備も充実出典:ホンダ「ヴェゼル」インテリア

また、駆動方式にかかわらず運転席・助手席のシートヒーターステアリングヒーターリアのベンチレーション機能が追加されることに加え、フルオート・エアコンディショナーに左右独立温度コントロール機能が備わり、季節を問わずいつでも快適にドライブを楽しむことができるのが魅力です。

「e:HEV Z」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

個性の異なる「e:HEV PLaY」

個性の異なる「e:HEV PLaY」出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

最も高額な「e:HEV PLaY」は現行型から新たに設定されたグレードで、ほかのグレードとは一線を画す個性を持つモデルです。

ボディカラーは「e:HEV PLaY」を除くグレードがワントーン6色の設定であるのに対し、「e:HEV PLaY」ではツートーンカラーのみの5色の設定となります。

個性の異なる「e:HEV PLaY」出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

さらに、カラーバーオーナメント付きのフロントグリルやピューターグレー塗装のフォグライトガーニッシュ、パッションレッド塗装のドアロアーガーニッシュなどの専用エクステリアを採用し、ワンランク上のスタイリッシュさを演出しています。

パノラマルーフ・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器を標準装備

パノラマルーフ・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器を標準装備出典:ホンダ「ヴェゼル」タイプ・価格・装備

「e:HEV PLaY」では、高い断熱性と日射遮蔽性能を有するLow-Eガラスを採用したパノラマルーフが標準装備です。別格の開放感のある室内空間でくつろげるのは大きな魅力ではないでしょうか。

パノラマルーフ・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器を標準装備出典:ホンダ「ヴェゼル」インテリア

また、新世代コネクテッド技術「Honda CONNECT」をフル活用できる「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」が標準搭載されます。「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」はほかのグレードでも選択できますが、約22万円と高額な費用が必要です。

スマートフォンでドアのロックやアンロック、エンジン始動、乗車前からエアコンをかけておくなどさまざまなことができるため、利便性は飛躍的に高まります。

なお、「e:HEV PLaY」には「e:HEV Z」に搭載されるLEDアクティブコーナリングライトやエアコンの左右独立温度コントロール機能、LEDヘッドライトのオートレベリング機構が省かれているため、注意が必要です。

「e:HEV PLaY」に頭金・ボーナス払いなし、税金・自賠責保険料コミコミの定額料金で乗るならこちら

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならヴェゼルの上級グレードも夢じゃない

ヴェゼルに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、憧れのグレードのヴェゼルを手にすることが可能になります。

カーリースで憧れのグレードが手にできるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には法定費用や各種手数料が含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでヴェゼルに月額30,920円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、ヴェゼルの新車に月額30,920から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な法定費用や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくヴェゼルに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用や頭金を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額30,920円からヴェゼルに乗れるため、予算内で最上級グレードのヴェゼルを手にすることも夢ではなくなります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々30,920円から乗れるヴェゼルのお試し審査をチェック!

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼル 月額30,920円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ヴェゼルは月額30,920円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくヴェゼルのプランを知りたい方はこちら

ヴェゼルのおすすめグレードは「e:HEV Z」

ヴェゼルのグレードで最も高額の「e:HEV PLaY」は、パノラマルーフや「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」を搭載するなど、従来のヴェゼルとは異なる新しい価値観を持つグレードです。しかし、高額なオプションを標準装備する一方で「e:HEV Z」から省かれる機能もあります。

その点を考慮すると、安全性や快適性が十分であり、装備と価格のバランスが良い「e:HEV Z」がヴェゼルのおすすめグレードといえるでしょう。

よくある質問

Q1:ヴェゼルのグレード構成は?

A:ヴェゼルのグレードは「G」「e:HEV X」「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」の4種類で、ガソリンエンジンを搭載するグレードは「G」のみ、そのほかのグレードはハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しています。なお、駆動方式は「e:HEV PLaY」を除くグレードで2WDと4WDの選択が可能です。「e:HEV PLaY」は2WDのみの設定となっています。

Q2:ヴェゼルのグレードごとの違いは?

A:ヴェゼルは新型車らしくエントリーグレードであっても実用十分な装備内容となっています。ワンランク上の「e:HEV Z」ではさらに安全性や快適装備が充実。最も高額な「e:HEV PLaY」はパノラマルーフや「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器」を標準装備する、ほかのグレートとは異なる個性を持つグレードです。

Q3:ヴェゼルのおすすめグレードは?

A:安全装備や快適装備が充実し、価格と装備のバランスが良い「e:HEV Z」がおすすめといえるでしょう。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

ホンダヴェゼルの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダヴェゼルの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー