ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ワゴンRの人気グレードの違いを徹底比較!セーフティパッケージがポイント?

ワゴンRのグレードをリサーチ!

出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

車選びの際に大切なグレード選び。車種を決めるところまでは悩むのも楽しく、いろいろとカタログを見比べるものですが、情報量の多いグレード選びで迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

車種によって特徴や得意なシーンがあるように、選ぶべきグレードもライフスタイルや用途によって異なります。そのため、自分が車に乗るシチュエーションなどをしっかりと想定した上でグレードを選ばなければ、必要な装備が足りずに後から困ることがあるかもしれません。

ここではワゴンRのグレード選びに迷っている方のために、グレード別の装備を詳しく紹介します。

ワゴンR

ワゴンRのグレード構成

ワゴンRのグレード構成出典:スズキ「ワゴンR」WEBカタログ

ワゴンRは、軽ハイトワゴンというカテゴリーのパイオニア的な存在。全高を高くして室内空間を広げたこれまでにないスタイルが支持され、今日まで長年愛され続けているモデルです。

ワゴンRのグレード構成はガソリンエンジンを搭載する「FA」とマイルドハイブリッドシステムを搭載する標準グレードの「HYBRID FX」、同じくマイルドハイブリッドシステムを搭載した上級グレード「HYBRID FZ」の3種類が用意されており、価格はこの順に高額になります。
かなり多くのグレード設定がある車種も少なくない中、ワゴンRはそれほど複雑なグレード構成ではないので、グレードごとの特徴も把握しやすいのではないでしょうか。

ワゴンRのグレードごとの装備内容

ここからは、ワゴンRのグレードごとの装備内容について見ていきましょう。

唯一マニュアル車の設定がある「FA」

唯一マニュアル車の設定がある「FA」「FA」出典:スズキ「ワゴンR」カラー・価格

「FA」は、ワゴンRのラインナップの中で唯一マニュアル車が用意されています。しかし、CVT車ではスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が標準装備であるのに対し、マニュアル車では「スズキ セーフティ サポート」は標準装備ではなく、オプション設定もないので注意が必要です。そのほかにもマニュアル車はフロントシートがベンチシートではないなど、トランスミッションによって装備内容に差があることを把握しておく必要があるでしょう。

ヘッドライトはマニュアルレベリング機能付きのハロゲンヘッドランプを採用。電動格納式リモコンカラードドアミラー、カラードドアハンドルが用意されており、ベースグレードであってもエクステリアにチープさは感じさせません。

ガラスには女性ユーザーにうれしい全面UVカット機能付きガラスが使用されているのもポイントでしょう。また、リアドアやリアクォーター、バックドアがスモークガラスとなっているのでプライバシーにも配慮されていることがわかります。

エアコンはエアフィルター付き、キーシステムはスマートキーではなく電波式のキーレスエントリーとなっています。

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX」

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/index_fx.html「HYBRID FX」出典:スズキ「ワゴンR」カラー・価格

「HYBRID FX」は、低燃費を実現するマイルドハイブリッドシステムやアイドリンクストップシステムが搭載されているグレードです。

ドライブに欠かせない快適性能も充実しており、エアフィルター付きのフルオートエアコンやアイドリングストップ時にも冷たい風が出てくるエコクール、キーを差し込まずにスイッチ操作でエンジンの始動ができるキーレスプッシュスタートシステムなどのほかにも、運転席のヒートシーターなども標準装備になります。日常での利用に必要な装備は一通りそろっており、燃費性能とともに実用性も向上しているといえるでしょう。なお、この「HYBRID FX」とベースグレードの「FA」のCVT車では「スズキ セーフティ サポート」のレス仕様の選択も可能です。

スポーティーなエクステリアが特徴の最上級グレード「HYBRID FZ」

マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX」「HYBRID FZ」出典:スズキ「ワゴンR」カラー・価格

マイルドハイブリッド車を搭載する「HYBRID FZ」は、上下2段分割のLEDヘッドライト、エアロ形状のフロント・リアバンパー、サイドスポイラーやルーフエンドスポイラーが装備され、ほかのグレードとは差を付けたスポーティーなエクステリアが特徴の最上級グレードです。

足回りもほかのグレードが14インチのフルホイールキャップであるのに対し、「HYBRID FZ」では14インチのアルミホイールが装備されているのもポイント。ホイールサイズに変わりはなくとも、アルミホイールになると一気に質感が向上しより迫力や高級さを感じさせるため、エクステリアの質感にこだわる方にはうれしい部分でしょう。また、このグレードの2WD車にはリアスタビライザーが標準装備されており、走りの安定感も増しています。

運転席のシートリフターや赤外線をカットして日差しによる車内の温度上昇をやわらげるIRカット機能付きフロントガラス、UVカット率99%のプレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、快適装備も最上級グレードにふさわしい装備内容となっています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

月々14,530円から乗れるワゴンRのお試し審査をチェック!

ワゴンR
ワゴンR 月額14,530円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ
この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
ワゴンRは月額14,530円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくワゴンRのプランを知りたい方はこちら

ワゴンRのおすすめグレードは「HYBRID FX」

ワゴンRのおすすめグレードは「HYBRID FX」出典:スズキ「ワゴンR」スタイリング

価格と装備内容のバランスを考えると、フルオートエアコンやキーレスプッシュスタートシステムなどの実用的な装備がそろっていることに加え、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が標準装備されている「HYBRID FX」がワゴンR のおすすめグレードといえるでしょう。

マイルドハイブリッドシステムやアイドリングストップシステム、エコクールを搭載し、燃費性能を向上させている点も魅力的です。グレード選びはカーライフの満足度を左右する重要な車選びのポイントといえるので、装備内容をじっくりと比較検討して自分にぴったりのグレードを見つけてください。

よくある質問

Q1:ワゴンRのグレード構成は?

A:ワゴンRで唯一マニュアル車の設定があるガソリンエンジン「FA」、マイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX」、スポーティーなエクステリアでほかのグレードとは差をつけた最上級グレード「HYBRID FZ」があります。価格はこの順に高くなります。

Q2:ワゴンRのグレードはどうやって選べばいい?

A:まずはパワートレイン、トランスミッションを決めましょう。マニュアル車で走りを楽しみたい方は「FA」グレード一択になるでしょう。燃費にこだわるのであればマイルドハイブリッドシステムを搭載する「HYBRID FX」、「HYBRID FZ」が選択肢として残ります。そこからエクステリアのデザインや快適装備などの充実度を比較して、自分に必要な装備が過不足なく搭載されているグレードを選んでください。

Q3:ワゴンRのおすすめグレードは?

A:マイルドハイブリッドシステムやアイドリングストップシステムなどの燃費向上に貢献する機能を搭載し、キーレスプッシュスタートシステムやフルオートエアコンなどの実用性を高める装備もそろっている「HYBRID FX」が価格と装備内容のバランスから見るワゴンRのおすすめグレードといえるでしょう。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で執筆しています。

ワゴンRの利用を検討されている方へ

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーも参入している、個人向けカーリースをご存じでしょうか?
ご利用されている方からは「買うよりお得」という声もあるそうです。

カーリースで解消されること

おトクにマイカー 定額カルモくん」 の利用者の多くが以下の悩みを解決しています。

  • お金がないから新車を諦めて中古車に乗る
  • 車のために、お金を使うのを我慢する

もう、このような思いをする必要はありません。頭金を用意せず、維持費も安く新車に乗れるのがカーリースなのです。

カーリースの特長

「おトクにマイカー 定額カルモくん」を例に、カーリースのおもな特長をご紹介します。

  • 頭金なしなので、貯金を崩さず車に乗れます。
  • 税金・自賠責保険代金コミ、プランによって車検もコミなので、大きなお金が出ていくこともありません。
  • 返却の際もお金がかかりません(契約期間中の解約は違約金がかかります)。
  • 走行距離も月平均1,500kmまで(返却時に総走行距離を割って計算します)。

※車種によっては返却せずそのままもらえたり、走行距離制限がなかったりするものもあります。

カーリースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんについてもっと詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんの資料をご覧になりたいという方はこちら

資料請求

スズキワゴンRの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のスズキワゴンRの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー