ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

ヤリスクロス(トヨタ)のグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

ヤリスクロスのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)
ヤリスクロスのグレード別の特徴や違いを比較解説!おすすめは?(2020年~現行モデル)

出典:トヨタ「ヤリスクロス」ギャラリー

車種を選んだ後に待っているグレード選びをおろそかにしていませんか? 車はグレードによって異なる特徴があるので、適当に選んでしまうと装備内容に不満が残るなど、後悔することになりかねません。カーライフの充実度は、自分に適したグレードを選ぶことができるかどうかにかかっていると言っても過言ではないため、細かい部分まで比較してよく検討することが大切です。

ここでは、トヨタ「ヤリスクロス」のグレードについて、わかりやすく解説します。

ヤリスクロスに初期費用0円で乗れる方法はこちら

  • ヤリスクロスのグレードは「X」「G」「Z」「Z“Adventure”」「GR SPORT」
  • ハイブリッド車とガソリン車でグレード構成に差はない
  • ヤリスクロスのおすすめグレードは「Z」

トヨタ「ヤリスクロス」のグレード構成

ヤリスクロスのグレードは「X」「G」「Z」「Z“Adventure”」、そして走行性能を高めた「GR SPORT」の5種類で、ハイブリッド車とガソリン車でグレード構成に差はありません

2020年8月のヤリスクロスのデビュー時は「X」の一部装備を省き価格を抑えた廉価グレード「X“Bパッケージ”」の設定がありましたが、2022年7月の改良時に廃止されました。

なお、ヤリスクロスの内装、安全性能については別記事で詳しくご紹介しています。

ヤリスクロスの内装について、詳しくはこちら

ヤリスクロスの安全性能について、詳しくはこちら

おトクにマイカー 定額カルモくん」なら、予算を気にせず欲しい機能が搭載されたグレードを選ぶことが可能です。初期費用不要、頭金・ボーナス払いなしで月々20,000円台からヤリスクロスを持てるため、本当に乗りたいグレードをあきらめずに済むでしょう。

定額カルモくんは充実したサービスとサポートにより、サービス開始から5年で申込者数が20万人を突破。多くの方に支持される定額カルモくんについて、詳しくは下のバナーをチェックしてみましょう。

申込数20万人以上!業界最安水準のカーリースについて詳しくみる

ヤリスクロスのグレードごとの特徴

ここからは、ヤリスクロスのグレードごとの装備内容を見ていきましょう。

〈グレード別比較表〉

グレードXGZ/ Z“Adventure”GR SPORT
パワーユニット1.5Lガソリンエンジン/ハイブリッドシステム
駆動方式2WD/4WD(ガソリン車)・E-Four(ハイブリッド車)2WD
燃費
(km/L、WLTCモード)
ガソリン2WD:20.2
ガソリン4WD:18.5
ハイブリッド2WD:30.8
E-Four:28.7
ガソリン2WD:19.8
ガソリン4WD:18.2
ハイブリッド2WD:30.2
E-Four:28.1
ガソリン2WD:18.8
ガソリン4WD:17.4
ハイブリッド2WD:27.8
E-Four:26.0
ガソリン車:17.6
ハイブリッド車:25.0
全長(mm)4,180(Z“Adventure”のみ4,200)4,185
全幅(mm)1,765
全高(mm)1,5901,580
最小回転半径(m)5.3

エントリーグレードの「X」

エントリーグレードの「X」出典:トヨタ「ヤリスクロス」価格・グレード

〈グレード「X」の車両本体価格〉

パワーユニット1.5Lガソリンエンジンハイブリッドシステム
駆動方式2WD4WD2WDE-Four
価格189万6,000円212万7,000円228万4,000円251万5,000円

「X」は、ヤリスクロスの中で最も価格が安いエントリーグレードではありますが、電動パーキングブレーキやブレーキホールド、スマートエントリー&スタートシステム、チルト&テレスコピックステアリングなどが標準装備であり、日常的な使用において物足りなさを感じることはないでしょう。

上位グレードと差がある部分としては、足回りが16インチの樹脂フルキャプ付きのスチールホイールであること、ディスプレイオーディオのディスプレイサイズが小さい点が挙げられます。なお、ヤリスクロスでアルミホイールが標準仕様ではないのはこの「X」のみです。

また、追加できるオプションの選択肢が限られ、駐車支援機能「トヨタチーメイト:アドバンスト パーク」や安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」といった安全性を高める予防安全技術が追加できません。

一方でヤリスクロスの目玉装備のひとつである「運転席ターンチルトシート」は選択可能です。運転席ターンチルトシートはシートが回転しながら傾くことで両足をそろえてスムーズな乗り降りを可能にすることに加え、足腰への負担軽減にも貢献してくれる優れものです。なお、運転席ターンチルトシートが追加できるのは「X」と「G」のみです。

ツートーンカラーが選択できる「G」

ツートーンカラーが選択できる「G」出典:トヨタ「ヤリスクロス」価格・グレード

〈グレード「G」の車両本体価格〉

パワーユニット1.5Lガソリンエンジンハイブリッドシステム
駆動方式2WD4WD2WDE-Four
価格202万円225万1,000円239万4,000円262万5,000円

「G」では、サイズは16インチで「X」と同じですが、スチールホイールではなくアルミホイールが標準装備となるため、ルックスの上質感が一気にアップします。さらに、オプションで上位グレードに装着される切削光輝タイプの18インチのアルミホイールの選択も可能です。

「X」は選択できるボディカラーがモノトーン8色のみですが、「G」以上のグレード(GR SPORTを除く)ではモノトーン8色に加えてツートーンカラーが選択肢に加わります。ツートーンカラーは5色用意されているため、計13色もの豊富なボディカラーから好みのカラーが選べるのはうれしいポイントといえるでしょう。

充実した装備が魅力の「Z」

充実した装備が魅力の「Z」出典:トヨタ「ヤリスクロス」価格・グレード

〈グレード「Z」の車両本体価格〉

パワーユニット1.5Lガソリンエンジンハイブリッドシステム
駆動方式2WD4WD2WDE-Four
価格223万2,000円246万3,000円260万6,000円283万7,000円

「Z」では、フルLEDヘッドランプ+フルLEDリアコンビネーションランプが標準装備になり、夜間の視認性を向上させていることに加えルックスにも先進性をもたらしています。

加えてアッパーラジエーターグリルがピアノブラック加飾をあしらったものになることに加え、インチアップした18インチの切削光輝+センターオーナメント付きアルミホイールが採用されているため、エクステリアの印象もほかのグレードとは一線を画す迫力のある仕上がりとなっているのが特徴です。

また、運転席の6ウェイパワーシートや運転席・助手席のシートヒーター、助手席シートアンダートレイなどの収納が追加され、車内で快適に過ごせる装備が充実

さらに視認性の良いオプティトロンメーターになることに加え、7インチカラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイが備わり、ディスプレイオーディオは8インチディスプレイを備えたものにグレードアップします。

ルックスにこだわる方にぴったりの「Z“Adventure”」

ルックスにこだわる方にぴったりの「Z“Adventure”」出典:トヨタ「ヤリスクロス」価格・グレード

〈グレード「Z“Adventure”」の車両本体価格〉

パワーユニット1.5Lガソリンエンジンハイブリッドシステム
駆動方式2WD4WD2WDE-Four
価格233万1,000円256万2,000円270万5,000円293万6,000円

「Z“Adventure”」は、「Z」をベースに専用のフロント・リアバンパー、そしてシルバーのルーフレールを装着し、よりアグレッシブな印象のエクステリアデザインが特徴のグレードです。

そのほかの快適装備や内装などについては「Z」と大きな差はありません。

走行性能を高めた「GR SPORT」

走行性能を高めた「GR SPORT」出典:トヨタ「ヤリスクロス」価格・グレード

〈グレード「GR SPORT」の車両本体価格〉

パワーユニット1.5Lガソリンエンジンハイブリッドシステム
駆動方式2WD2WD
価格236万7,000円275万円

専用剛性アップパーツを採用し、電動パワーステアリングをよりスポーティーな特性にチューニングすることにより、軽快な走りと車との一体感を得られる操縦性を実現。さらに加速時、減速時のアクセルレスポンスを向上させるとともに、ドライブシャフトのねじり剛性をアップさせた専用パワートレイン制御&ドライブシャフト(ハイブリッド車のみ)など、走りの質感を高めるための専用セッティングが施されているのが「GR SPORT」です。

専用開発された5ツインスポークで硬質な印象のデザインが特徴の18インチアルミホイール、「G」をモチーフにしたメッシュ形状のグリルなどを採用し、エクステリアもスポーティーで精悍な装いとなっています。

ヤリスクロスの魅力をもっと知りたい方はこちらをチェック

ヤリスクロスの燃費やカラー、安全装備などについて、わかりやすくご紹介しています。また、買うよりお得な定額制の乗り方で、グレードやカラーを選んで料金シミュレーションもできるので下のバナーからお気軽にどうぞ。

この車種を詳しくみる

ヤリスクロスのおすすめグレードは「Z」

快適装備が充実し、エクステリアの質感もアップする「Z」がヤリスクロスのおすすすめグレードといえるでしょう。ルックスにこだわるのであれば「Z“Adventure”」、より走りを追求したいのであれば「GR SPORT」も視野に入ってきます。

ヤリスクロスの上級グレードも夢じゃない!お得に新車を持つ方法とは

カルモくん_new

憧れのヤリスクロスを手に入れる方法には、一括購入やローン購入のほかにカーリースという車の新しい持ち方もあります。業界最安水準*の定額カルモくんなら、初期費用不要で月々の定額料金も手頃なので、購入ではあきらめざるをえなかったヤリスクロスの上位グレードにも手が届く可能性があります。

しかも、「カーリースの車は借り物」という概念を覆すサービスも満載です。詳しくご紹介しましょう。

カーリースでヤリスクロスに乗るメリット・デメリットについて詳しくはこちら

*文末の制作日における調査結果に基づく。調査概要はコンテンツポリシー参照。以下「業界最安水準」については同様

コスパの良さで大人気!月々 26,570 円からヤリスクロスに乗れる 

カーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが、2023年9月までで申込者数20万人を突破し、人気上昇中であることを表す図

定額カルモくんは初期費用も頭金・ボーナス払いもなく、月額料金だけでヤリスクロスに乗り始められます。しかも料金は業界最安水準。ヤリスクロスに各種税金などの維持費込みで月々 26,570 円から乗れます。

その手軽さが話題を呼び、サービス開始から5年という短期間で20万人以上の申込み実績を誇ります。いまや多くの方が、カーリースで車を持つ選択をしています。

ヤリスクロスに乗る際のカーリースとカーローンの支払額比較はこちら

乗り方は自由自在!ヤリスクロスがマイカーになる

カーリースは使い方に制約があるという理由で、利用をためらう方も少なくないでしょう。しかし、定額カルモくんは7年契約以上の全車で走行距離制限がありません。また、7年以上の契約に月額プラス500円の「もらえるオプション」をつけると、契約満了時に車をもらうことができます

そのため、購入した車のように、思う存分ヤリスクロスで長距離のドライブや旅行を楽しんだり、自分好みのカスタマイズをしてずっとマイカーとして乗り続けたりできるのです。

気になるグレードに月々いくらで乗れるか、まずは下のバナーからチェックしてみましょう。

この車種で料金シミュレーションをする

希望に合わせてぴったりの車種やグレードを提案してもらえる

コンシェルジュに相談 予算や欲しい機能などが決まっていても、後悔しない車選びは難しいものです。定額カルモくんでは、専門知識の豊富なマイカーコンシェルジュが契約前からカーライフをサポート。希望に沿ってぴったりの車やグレードを紹介してもらえて、スムーズに車選びができるので、気軽に問い合わせてみましょう。

マイカーコンシェルジュ_無料相談
平日10:00~19:00(土日祝・年末年始休み)

月々 26,570 円から!お得にヤリスクロスに乗れるか簡単チェック!

車種画像バナー

業界最安水準の定額カルモくんでヤリスクロスの希望のグレードに乗れるかは、オンラインで簡単にチェックできます。下のバナーの「お試し審査」は5分程度の簡単な入力で完了。通常翌営業日には結果がわかります。

通過後に、グレードやプランはもちろん、車種を変更することも可能で、最適なプランの提案もしてもらえるのでぜひ気軽に試してみましょう。 

ヤリスクロス 月額  26,570 円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

よくある質問

Q1:ヤリスクロスのグレード構成は?

A:ヤリスクロスには、ガソリン車とハイブリッド車に共通して「X」「G」「Z」「Z“Adventure”」「GR SPORT」の5種類のグレードが設定されています。

Q2:ヤリスクロスのおすすめグレードは?

A:ツートーンカラーが選べることに加え、快適装備が充実し価格と装備のバランスの取れた「G」がヤリスクロスのおすすめグレードです。ルックスにもこだわりたいのであれば「Z“Adventure”」も視野に入ってくるでしょう。

※この記事は2023年12月4日時点の情報で制作しています

トヨタヤリスクロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタヤリスクロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

20万人が申し込んだ 人気のカーリース 定額カルモくんの資料を見る