ノート オーラのプレミアム感あふれる内装の魅力に迫る!

ノート オーラのプレミアム感あふれる内装の魅力に迫る!

出典:日産「オーラ」室内

プレミアムコンパクトカーとして誕生した日産「ノート オーラ」の内装は、これまでのコンパクトカーとは一線を画した上質な室内空間に仕上げています。

ここでは、ノート オーラのインテリアデザインや、収納など内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔ツイード調織物やウッド調加飾をあしらい、プレミアムコンパクトカーにふさわしい上質な内装
✔上級グレードには本革シートを標準装備
✔「NISMO」ではNISMO専用にチューニングされたRECARO製スポーツシートの選択が可能

オーラ

ノート オーラの室内空間の特徴

ノート オーラは「上質さ」にこだわって開発されたプレミアムコンパクトカーであり、心地よくドライブが楽しめる空間、肌触りの良い素材を使用しているのが特徴です。

また、乗員の疲労を軽減するよう人間工学に基づいて設計された「ゼログラビティシート」の採用、ボディの随所に遮音対策を施し高い静粛性を実現するなど、快適に過ごすことができる環境にも配慮されています。

ノート オーラの内装

ここからは、ノート オーラの内装について見ていきましょう。

センスの良さを感じさせる「G」/「G FOUR」

センスの良さを感じさせる「G」/「G FOUR」出典:日産「オーラ」室内

ノート オーラでは、ドアトリムやインパネにツイード調織物をあしらい、センスの良さを感じさせる洗練された室内空間を作り上げています。

センスの良さを感じさせる「G」/「G FOUR」出典:日産「オーラ」室内

インパネやセンターコンソールにはウッド調加飾をあしらうなど、高級セダンのような上質さを感じさせるたたずまいが魅力といえるでしょう。

センスの良さを感じさせる「G」/「G FOUR」出典:日産「オーラ」室内

ベースグレードの「G」では、ブラウンの合皮とファブリックを組み合わせたコンビシートが採用されました。ブラックベースの室内空間にブラウンが華やかさをもたらしています。

ステアリングホイールは本革巻きで、細かい部分まで上質さを追求していることがわかります。なお、ステアリングが抗菌仕様となっているのも、今の時代にはうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

レザーシートが標準装備になる「G leather edition」/「G FOUR leather edition」

レザーシートが標準装備になる「G leather edition」/「G FOUR leather edition」出典:日産「オーラ」室内

ノート オーラでは、「G」「G leather edition」のあいだで装備の差はほとんどありませんが、シート素材が変わります。グレード名のとおり本革のシートが標準装備になるため、プレミアムモデルならではのラグジュアリー感を味わえるでしょう。

レザーシートが標準装備になる「G leather edition」/「G FOUR leather edition」出典:日産「オーラ」室内

なお、「G」ではインテリアカラーはブラックのみであるのに対し、「G leather edition」ではブラックとエアリーグレーから選択が可能です。

ブラックは重厚さと風格を感じさせるのに対し、エアリーグレーではウッド調加飾がメープルのような明るいカラーになることもあり軽やかで豪華な雰囲気を感じさせます。

アグレッシブな雰囲気が魅力の「NISMO」

アグレッシブな雰囲気が魅力の「NISMO」出典:日産「オーラ」価格・グレード

ボディ剛性を最適化していることに加え、専用のサスペンションなどを搭載し走行性能を引き上げたスポーツモデルの「NISMO」では、随所にレッドがあしらわれ、NISMOならではのスポーティーでアグレッシブな雰囲気を演出。ステアリングホイールには専用の本革と高級人工素材アルカンターラ®を使用し、レッドセンターマークやガンメタクローム加飾があしらわれます。

アグレッシブな雰囲気が魅力の「NISMO」出典:日産「オーラ」価格・グレード

また、インパネやコンソールフィニッシャーは専用のレッドカーボン調になります。

このほか、「NISMO」標準仕様のシートはレッドステッチをあしらった合成皮革と専用ファブリックのコンビシートですが、オプションでRECARO製のスポーツシートの設定もあります

アグレッシブな雰囲気が魅力の「NISMO」出典:日産「オーラ」価格・グレード

RECARO製スポーツシートはNISMO専用にチューニングされており、ホールド性を高め身体を包み込むことでノート オーラとの一体感を感じさせてくれます。

ノート オーラの座席周りの収納

ノート オーラにはどのようなポケッテリアが備わっているのかも確認してみましょう。

センターコンソールボックス

センターコンソールボックス出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

ノート オーラにはインパネ部にボックスなどがないため、前席のメイン収納となるのがセンターコンソールボックスです。深さがあるため、工夫次第でさまざまなものが収納できるでしょう。

センターコンソールロアボックス

センターコンソールロアボックス出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

センターコンソールが宙に浮いているようなデザインなので、センターコンソールの下部にも収納スペースがあります。前方にはHDMIも装備されています。

カップホルダー

カップホルダー出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

カップホルダーは引き出し式。使用しないときは収納しておけるので、車内をすっきりと保つことができます。

グローブボックス(ダンパー付き)

グローブボックス(ダンパー付き)出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

助手席前のグローブボックスは平均的な大きさ。車検証などの書類入れとして使用されることが多いですが、書類のほかにも小物が入ります。

助手席シートバックポケット(スマートフォンポケット付き)

助手席シートバックポケット(スマートフォンポケット付き)出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

助手席のシートバックポケットにはスマートフォンサイズの小さなポケットもあります。後席用のUSB電源ソケット(タイプA)もあるため、ドライブ中にスマートフォンを充電することも可能です。

リアセンターアームレスト(「G leather edition」「G FOUR leather edition」に標準装備)

リアセンターアームレスト(「G leather edition」「G FOUR leather edition」に標準装備)出典:日産「オーラ」内装

上級グレードの「G leather edition」「G FOUR leather edition」には、後席にカップホルダー2個付きのアームレストが備わっています。

このほか、ボトルホルダー付きのフロントドアポケット、リアドアボトルホルダーが用意されています。

ノート オーラの荷室&座席アレンジ

ノート オーラの荷室&座席アレンジ出典:日産「オーラ」室内

ノート オーラの荷室はベースモデルのノート同様、コンパクトカーとしては十分な容量を確保しています。後席は6:4分割可倒式シートを採用しているため、座席をアレンジして荷室を拡大することも可能です。

なお、2WD車と4WD車では荷室高が異なり、2WD車では画像のように荷室開口部から床面が下がっており、後席を倒した際にはフラットになりません。

ノート オーラの荷室&座席アレンジ出典:日産「オーラ」ラゲッジ・収納

ディーラーオプションのラゲッジアンダーボックスを装着すると、段差がなくなりほぼフラットになるため、使い勝手が向上します。荷物をたくさん積む機会が多い方や、大型の荷物を載せる方にはうれしいオプションでしょう。

ノート オーラの荷室&座席アレンジ出典:日産「オーラ」室内

なお、4WD車は標準仕様でほぼフラットな状態になります。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならノート オーラのインテリアも予算内で想いのまま

ノート オーラに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでノート オーラに月33,450円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、ノートオーラの新車に月額33,450から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくノート オーラに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額33,450円からノート オーラに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々33,450円から乗れるオーラのお試し審査をチェック!

オーラ

オーラ 月額33,450円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
オーラは月額33,450円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくオーラのプランを知りたい方はこちら

プレミアム感あふれる上質な内装が魅力のノート オーラ

ノート オーラの内装はワンランク上の上質な雰囲気が持ち味です。高級セダンなどの洗練された質の高い内装に魅力を感じていても、ボディサイズの大きさから敬遠していたという方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

よくある質問

Q1:ノート オーラの室内空間の特徴は?

A:プレミアムコンパクトカーであるノート オーラは「上質さ」を追求しており、乗員が心地よく過ごせるゆとりのある空間を実現していることに加え、肌触りの良い素材を使用しているのが特徴です。また、乗員の疲労を軽減する「ゼログラビティシート」の採用や遮音性を高めて静粛性を確保して快適に過ごせる環境を整えています。

Q2:ノート オーラの内装は?

A:ノート オーラでは、ツイード調織物やウッド調加飾を採用し、プレミアムコンパクトカーにふさわしい上質で洗練された室内空間を作り出しています。上級グレードの「G leather edition」「G FOUR leather edition」には、ラグジュアリーな本革シートが標準装備されます。なお、「NISMO」ではRECARO製のスポーツシートの選択も可能です。

Q3:ノート オーラでは座席アレンジは可能?

A:ノート オーラは全車に6:4分割可倒式のリアシートを標準装備しているため、座席アレンジによって荷室を拡大することができます。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

日産オーラの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産オーラの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
人気記事ランキング
注目のキーワード
読了後バナー