ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

C-HRの内装はどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!(2019年10月~)

C-HRの内装はどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!(2019年10月~)

出典:トヨタ「C-HR」ギャラリー

車を見たときに真っ先に目に入るのはエクステリアのデザインでしょう。そのためエクステリアについてはじっくりと吟味する方が多い一方、インテリアについてはあまりこだわらないという方も一定数いらっしゃるようです。しかし車の内装は居住性の良さを左右するため、快適なカーライフを送るためには車選びの際に内装もしっかり確認しておくことが重要といえます。

ここでは、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」の内装について紹介します。

  • エクステリアと共通するダイヤモンドモチーフが随所にあしらわれたインテリア
  • 上級グレード「G」「G-T」にはブラック本革シートの設定がある
  • スポーツグレードの「GR SPORT」はGR専用装備を多数搭載

C-HRの室内空間の特徴

C-HRのグレードごとの内装ではフロントシートのアイポイントを高く設定し、ドライバーが運転しやすいよう前方の見通しの良さを確保するとともにスイッチ類やペダル、シフトレバーの位置や角度などにも工夫を凝らし、自然な姿勢で無理なく運転できるように配慮されています。

C-HRの室内空間の特徴出典:トヨタ ニュースルーム

また、C-HRのエクステリアのデザイン発想の原点である「ダイヤモンド」モチーフを天井のくぼみやステアリングスイッチ、ドアトリムオーナメントやスピーカーグリルなど随所に採用することで、エクステリアと統一感を持たせたスタイリッシュな室内空間を実現しています。

C-HRのグレードごとの内装

ここからは、C-HRのグレードごとの内装を見ていきましょう。

すっきりとシンプルな標準グレード「S」/「S-T」

すっきりとシンプルな標準グレード「S」/「S-T」出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

シート素材はファブリック

標準グレードである「S」/「S-T」は、ブラックでまとめたすっきりとシンプルな内装です。アクティブさが持ち味のクロスオーバーSUVらしく、ファミリー向けのベージュやライトブラウンではなく、スポーティーさやスタイリッシュさを感じさせるブラックでまとめているところがポイントです。シート素材はファブリックを採用しています。

加飾部もブラックで統一

加飾部もブラックで統一出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

センターコンソールアッパー加飾、インパネのレジスター加飾やパワーウィンドウスイッチベース加飾などもすべてブラックで統一されています。

上質さを感じさせるオーキッドブラウンの内装が印象的な上級グレード「G」/「G-T」

上質さを感じさせるオーキッドブラウンの内装が印象的な上級グレード「G」/「G-T」出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

上級グレードならではの洗練された雰囲気

上級グレードの「G」/「G-T」では、標準の内装色がオーキッドブラウンになります。やわらかさを感じさせる優しいブラウンカラーが車内に上質さをもたらし、上級グレードにふさわしい洗練された雰囲気を醸し出しています。シートにはブラックの上級ファブリックとブラウンの本革が組み合わされたコンビシート、ステアリングホイールは本革巻きが採用されました。

加飾類はつやのあるピアノブラック

加飾類はつやのあるピアノブラック出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

このグレードでは、センターコンソールアッパー加飾などの加飾類はつやのあるピアノブラックがあしらわれ、シンプルながらもさりげない高級感を室内空間にプラスしています。

美しいブルーのイルミネーション

美しいブルーのイルミネーション出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

加えて、「G」/「G-T」にはフロントカップホルダーとフロントドアアームレスト下部にブルーのLEDライトを使用したイルミネーテッドエントリーシステムが搭載されているため、エントリーの度に美しいブルーの幻想的な空間を演出してくれます。

ブラックの本革シートの選択が可能

ブラックの本革シートの選択が可能出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

また、このグレードにのみブラックの本革シートがメーカーオプションで用意されています。ラグジュアリーかつクールな雰囲気をインテリアにも求めるのであれば、ブラックの本革シートはいい選択肢になるのではないでしょうか。

GR専用のインテリアが用意される「GR SPORT」

GR専用のインテリアが用意される「GR SPORT」出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツグレード「GR SPORT」には、GR専用ブラック内装が用意されました。シートはシルバーダブルステッチが施されたパーフォレーション(穴明け加工)付きブランノープと合成皮革の専用スポーティーシートが採用されており、ほかのグレードとは一線を画すスポーティーさが持ち味です。

インパネ加飾やドアインナーガーニッシュも専用のものに

インパネ加飾やドアインナーガーニッシュも専用のものに出典:トヨタ「C-HR」特長

センターコンソールアッパー加飾などはベースグレードである「S」「S-T」に準じますが、インパネ加飾とドアインナーガーニッシュはGR専用の金属調ダークシルバー塗装になり、細かな部分までこだわっていることがわかります。

GR専用装備を多数搭載し、スポーツグレードであることを実感させるインテリア

GR専用装備を多数搭載し、スポーツグレードであることを実感させるインテリア出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

加えてアルミペダル、GR専用ディンブル付きの本革巻きシフトノブ、シルバーステッチとGRエンブレム、スポーク部にダークシルバー塗装を施したGR専用本革巻き小径3本巻きスポークステアリングホイールが装備されており、スポーツ走行を楽しむためのモデルであることを実感させるインテリアとなっています。

C-HRの座席周りの収納

座席周りの収納は車の使い勝手の良さを左右する重要な部分です。ここでは、C-HRの座席周りにはどのような収納があるのかを見ていきましょう。

フロントカップホルダー

フロントカップホルダー出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

センターコンソールには2個のカップホルダーが装備されています。上級グレードの「G」/G-T」には画像のようにブルーのLEDイルミネーションが付属します。

コンソールボックス

前席のメインの収納となるコンソールボックスはそれほど大きくはありませんが、メイクポーチやメガネなどを収納できるサイズです。

センターロアトレイ

センターロアトレイ出典:トヨタ「C-HR」特長

センターロアトレイはスマートフォンやカードケース、小銭入れなど小さなものの置き場所として最適でしょう。

助手席グローブボックス

助手席グローブボックス出典:トヨタ「C-HR」特長

車検証や自賠責保険証などの書類入れとして定番のグローブボックスは照明付きなので、夜間など車内が暗い場合でも書類を探しやすく、便利です。

シートバックポケット(「S」「S-T」を除くグレードに標準装備)

シートバックポケット(「S」「S-T」を除くグレードに標準装備)出典:トヨタ「C-HR」価格・グレード

上級グレードの運転席・助手席のシートバックにはシートバックポケットが装備されており、地図や雑誌、タブレットなどが収納できます。C-HRはそれほど座席周りの収納が充実しているわけではないので、可能であれば全グレードに装備してほしいところです。

このほか、フロントドアにボトルホルダー付きのフロントドアポケット、リアドアにドアボトルホルダーが装備されています。

C-HRの荷室・座席アレンジ

C-HRの荷室・座席アレンジ出典:トヨタ「C-HR」特長

ハイブリッド車もガソリン車と同じ荷室容量を確保

ハイブリッド車ではバッテリーなどが場所を取るため荷室容量はガソリン車よりも狭くなることが多いですが、C-HRではハイブリッド車であってもガソリン車と同じ容量の318Lを確保しています。

後席をすべて倒すと1,112Lの大容量を確保。コンパクトSUVであっても荷物がしっかりと積める荷室を備えているので、レジャーシーンなどでも活躍してくれるでしょう。

後席には6:4分割可倒式シートを採用

後席には6:4分割可倒式シートを採用出典:トヨタ「C-HR」特長

C-HRの後席には6:4分割可倒式シートを採用しているため、荷物のサイズや量に合わせて座席アレンジすることも可能です。

車の内装は居住性の良さを決める大切な車選びのポイント

車のインテリアデザインや収納力は居住性の良さを決める重要なポイントです。実際に車を使用するときになって不便や不満を感じたりしないよう、車選びの際には好みのインテリアの質感なのか、収納力、収納スペースの使い勝手に問題はないのかなどをしっかりと確認するようにしましょう。

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:C-HRの室内空間の特徴は?

A:C-HRでは、フロントシートのアイポイントを高く設定してドライバーの前方の見通しの良さを確保して安全運転に貢献するとともに、スイッチ類やペダルなどの配置を工夫し、無理なく自然な姿勢で運転できるように配慮されています。またエクステリアデザインの発想源である「ダイヤモンド」モチーフを室内の随所にあしらい、統一感を持たせているのが特徴です。

Q2:C-HRのグレードごとの内装の違いは?

A:標準グレードの「S」「S-T」ではブラック内装であるのに対し、上級グレードの「G」「G-T」では上質感のあるオーキッドブラウンの内装が標準であるという違いがあります。また、スポーツグレードの「GR SPORT」ではGR専用装備を多く搭載したスポーティーな専用ブラック内装となっています。

Q3:C-HRの荷室は十分に荷物が積める?

A:C-HRは、一般的にガソリン車よりも狭くなりがちなハイブリッド車においても、ガソリン車と同じ荷室容量の318Lを確保しています。後席を倒せば1,112Lの大きな空間が出現するので、ハイブリッド車であっても荷物が多くなりがちなレジャーシーンでも活躍してくれるでしょう。

※記事の内容は2020年7月時点の情報で執筆しています。

定額カルモくんの資料をご覧になりたい方はこちらのボタンからどうぞ

カルモくん資料ダウンロード

トヨタC-HRの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタC-HRの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
LINEクルマ診断