ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

明るく開放感あふれるシビックの内装デザインを深掘り!

明るく開放感あふれるシビックの内装デザインを深掘り!
明るく開放感あふれるシビックの内装デザインを深掘り!

出典:ホンダ「シビック」室内空間

燃費性能や走行性能など車を選ぶ際にチェックしたいポイントはたくさんありますが、居住性に関わる内装は特に入念に確認しておきたい部分といえます。

ここでは、ホンダ「シビック」の内装について、詳しく紹介します。

  • 水平基調のベルトラインによって明るく開放的な室内空間を実現
  • 上級グレードの「EX」ではプライムスムース×ウルトラスエード®のコンビシートを採用
  • 荷室容量はクラストップレベル(2021年8月、ホンダ調べ)の452Lを確保

シビックの室内空間の特徴

ホンダ車の代名詞ともいえるシビックは、日本のみならず世界的に名が知られた世界戦略車であり、2021年9月に登場した現行型で11代目となる歴史のあるモデルです。

歴代シビックは、広い室内空間と広いガラスエリアによるゆとりのある居住スペースを確保しているのが魅力のひとつといえます。

現行型でもその伝統を受け継ぎ、ベルトラインを低く水平基調にすることによって広い水平視野角を実現し、前席だけではなく後席も開放感を得られる室内空間を確保。「爽快シビック」のキャッチフレーズを体現するような光あふれる空間で快適にドライブを楽しむことができるでしょう。

さらに、先代モデルよりもホイールベースを延長し、前後間乗員距離を35mm拡大して後席でもゆったりとくつろげる広さを確保しました。

シビックの室内空間の特徴出典:ホンダ「シビック」デザイン・カラー

また、内装の質感も先代モデルよりも高めています。インパネにあしらわれたパンチングメタルのエアコンアウトレットは一際存在感があり、室内空間に上質さをもたらしています。さらに、ステアリングホイール、セレクトレバー(CVT車)・シフトノブ(MT車)は本革巻きです。

メッキやシルバーなどの加飾で飾り立てるのではなく、質の良さを追求していることがうかがえる内装といえるでしょう。

シビックのグレードごとの内装

ここからは、シビックのグレードごとの内装について見ていきましょう。

カジュアルなファブリックをあしらったシートを備える「LX」

カジュアルなファブリックをあしらったシートを備える「LX」出典:ホンダ「シビック」デザイン・カラー

シビックでは、グレードを問わず内装カラーにはブラックを採用し、シャープさやクールさを感じさせる室内空間としています。前述したとおりガラスエリアが広く、外光がふんだんに入る設計になっているため暗さや圧迫感を覚えることはないでしょう。

カジュアルなファブリックをあしらったシートを備える「LX」出典:ホンダ「シビック」デザイン・カラー

ベーシックグレードの「LX」では、プライムスムースにファブリックを組み合わせたコンビシートを採用。中央部分にラインをあしらい、カジュアルで軽やかな印象を与えています。

カジュアルなファブリックをあしらったシートを備える「LX」出典:ホンダ「シビック」室内空間

メーターには、視認性が高い7インチのデジタルグラフィックメーターを採用しています。

レッドステッチがスポーティーさを醸し出す上級グレード「EX」

レッドステッチがスポーティーさを醸し出す上級グレード「EX」出典:ホンダ「シビック」デザイン・カラー

「EX」では、ブラック内装にレッドステッチを組み合わせてスポーティーさやアグレッシブさを表現。また、「EX」専用インテリアとして手触りの良いプライムスムースをドアライニングに使用していることに加え、パワーウィンドウスイッチパネルにヘリンボ―ンブラックのガーニッシュ、メーターバイザーにシルバー加飾があしらわれます。

レッドステッチがスポーティーさを醸し出す上級グレード「EX」出典:ホンダ「シビック」デザイン・カラー

シート素材はプライムスムース×ウルトラスエード®にグレードアップされ、ワンランク上のラグジュアリーさもプラスしています。

レッドステッチがスポーティーさを醸し出す上級グレード「EX」出典:ホンダ「シビック」室内空間

メーターは「LX」では7インチサイズであったのに対し、「EX」ではホンダのヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)の考え方である「直感操作・瞬間認知」を追求した10.2インチのデジタルグラフィックメーターを搭載しているのも特筆すべきポイントでしょう。

左側にオーディオなどの情報、右側に安全運転支援システム「Honda SENSING」の動作状況など運転に必要な情報を表示します。この表示はステアリングスイッチの位置と連携させているため、ドライバーは直感的な操作が可能です。

シビックの座席周りの収納

ポケッテリアの充実度や使い勝手もドライブの快適さを決めるポイントのひとつといえます。シビックにはどのようなポケッテリアが備わっているのかを確認してみましょう。

ドリンクホルダー(フロント)

ドリンクホルダー(フロント)出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

運転席・助手席用のドリンクホルダーは、センターコンソールに2個用意されています。固定式なので走行中も安心して使用できるでしょう。

ポップアップ式アームレスト付きコンソールボックス

ポップアップ式アームレスト付きコンソールボックス出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

フロントシートのアームレストの下部には、ポーチなどを収納できるボックスが備わっています。

グローブボックス(照明付き)

グローブボックス(照明付き)出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

車検証や自賠責保険証など、書類の保管場所として使用されることの多いグローブボックスは照明付きのため、トンネルや夜間など車内が暗いシーンでも収納物を探しやすいでしょう。

リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付き)

リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付き)出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

後席中央に用意されたアームレストには、ドリンクホルダーが2個あります。後席にもカップのドリンクが置けるスペースが確保されているのはうれしいポイントではないでしょうか。

助手席シートバックポケット

助手席シートバックポケット出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

助手席のシートバックには、雑誌や地図などが収納できるポケットがあります。タブレットの置き場所としても活用できるでしょう。

ドアポケット(ボトルホルダー付き)

ドアポケット(ボトルホルダー付き)出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

左右のフロントドアには、ボトルホルダーとガムなどの小物が収納できるスペースが用意されています。

ドアポケット(ボトルホルダー付き)出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

リアドアにもボトルホルダー付きのポケットがありますが、フロントドアよりも収納スペースは小さめです。

シビックの荷室&座席アレンジ

シビックの荷室&座席アレンジ出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

シビックの荷室は、クラストップレベル(2021年8月現在、ホンダ調べ)の452Lもの容量を確保しています。シビックは先代モデルでも荷室の広さには定評がありましたが、現行型ではさらに拡大することで実用性を高めているといえるでしょう。

シビックの荷室&座席アレンジ出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

後席には6:4分割可倒式のシートを採用しているため、荷物の大きさや乗車人数に合わせて座席アレンジすることも可能です。

シビックの荷室&座席アレンジ出典:ホンダ「シビック」荷室・収納

また、荷室には扱いやすい横引きのカーゴエリアカバーが標準装備されているため、プライバシーも守られます。取り外すこともできるので必要に応じて利用でき、便利です。

メルマガ登録

開放感あふれる明るい室内空間が魅力

現行型のシビックは歴代モデルの伝統を継承し、ガラスエリアを広く取って開放感のある明るい室内空間を確保しています。また大容量の荷室を確保するなど、居住性や実用性に高い配慮が見られるモデルといえるでしょう。

基本的な内装のデザインやベースとなる内装カラーは両グレード共通ですが、シートに使用される素材が異なる、上級グレードの「EX」には随所にレッドステッチがプラスされるなどの違いがあります。内装デザインが好みかどうかもカーライフの満足度には大きく影響するので、よく比較して自身の感性に合ったシビックを選んでください。

LINE買い方診断

よくある質問

Q1:シビックの室内空間の特徴は?

A:長い歴史を誇るシビックは、歴代モデルにおいて広いガラスエリア、ゆとりある室内を持つのが特徴です。現行型のシビックにおいてもその伝統を踏襲し、ベルトラインを低く水平基調にすることで開放的で明るい室内空間を確保しました。さらにホイールベースの延長によって従来型よりも前後乗員間距離を35mm拡大し、後席の居住性を高めています。

Q2:シビックのグレードに内装の違いは?

A:内装カラーのべーズはいずれのグレードでもブラックで共通ですが、上級グレードの「EX」では随所にレッドステッチがあしらわれ、スポーティーさを演出しています。また、ベーシックグレードの「LX」ではプライムスムース×ファブリックのコンビシートであるのに対し、「EX」ではプライムスムース×ウルトラスエード®のコンビシートとなっています。

Q3:シビックの荷室は荷物がたくさん積める?

A:シビックの荷室はクラストップレベル(2021年8月、ホンダ調べ)の452Lの容量を確保しています。また、後席には6:4分割可倒式のシートを標準装備しているため、荷物の大きさや量、乗車人数に合わせて座席をアレンジし、荷室を拡大することも可能です。

※この記事は2021年11月時点の情報で制作しています

ホンダシビックの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダシビックの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード