シビックタイプRの内装は?収納の使い勝手もチェック

シビックタイプRの内装は?収納の使い勝手もチェック

出典:ホンダ「シビックタイプR」室内空間

貯金ゼロでも

車の個性は、エクステリアデザインや内装に反映されます。走行性能の高さが魅力のホンダ「シビックタイプR」の内装は、レーシーでスポーティーな雰囲気にあふれ、ベースモデルのシビックとはまったく異なる個性を持っているのが魅力です。

ここでは、シビックタイプRの内装について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔シビックタイプRのインテリアカラーはブラック×レッドでレーシーな雰囲気
✔専用開発されたホールド性の高い「Honda TYPE Rシート」を搭載
✔6:4分割可倒式リアシートを採用し、荷室の拡大が可能

シビックタイプRの室内空間の特徴

シビックタイプRは、一般的なファミリーカーとは異なり、サーキットでの走行も視野に入れた走行性能に特化したモデルです。

そのため、シビックタイプRのパッケージングは近年の車に多く見られる室内空間をできるだけ広く取って居住性の良さを追求したタイプではなく、フロントシートの位置を低く設定し、車両と一体感のあるスポーティーなドライビングポジションを確保しているのが特徴です。

それでも、フルオート・エアコンディショナーやアレルフリー高性能脱臭フィルター、後席の快適性を高めるリアベンチレーション、リアヒーターダクトなどの装備も搭載されており、乗用車としてのある程度の快適さは確保されているといえるでしょう。

シビックタイプRの内装

ここからは、シビックタイプRの内装について見ていきましょう。なお、シビックタイプRは「TYPE R」のモノグレードですが、2020年11月に国内200台限定のモデル「TYPE R・Limited Edition」が販売されました。

この限定モデルと「TYPE R」の内装は、エンブレム以外に差はありません。

ブラック×レッドのスポーティーなカラーリング

ブラック×レッドのスポーティーなカラーリング_01出典:ホンダ「シビックタイプR」タイプ・価格・装備

シビックタイプRでは、インテリアカラーのベースはブラック、アクセントとしてレッドを効果的かつ大胆に取り入れることによってアクティブでスポーティーなスタイルを表現しています。インパネやフロントドアパネルにはカーボン調×アルマイト調素材を採用。

乗り込んだ瞬間からシビックタイプRの持つ走りのポテンシャルを感じさせてくれるでしょう。随所にあしらわれたアルミがレーシーな雰囲気を際立たせます。

ブラック×レッドのスポーティーなカラーリング_02出典:ホンダ「シビックタイプR」タイプ・価格・装備

センターコンソールにはシリアルナンバーが刻印されたエンブレムが配され、所有欲を満たしてくれます。

ブラック×レッドのスポーティーなカラーリング_03出典:ホンダ「シビックタイプR」Limited Edition

なお、標準仕様のエンブレムはアルミですが、限定モデルの「TYPE R・Limited Edition」では専用のダーククローム仕上げになります。

専用ステアリングホイール

専用ステアリングホイール出典:ホンダ「シビックタイプR」室内空間

シビックタイプRのステアリングホイールは、専用設計されたDカットタイプを採用しています。グリップの内側には、手触りの良さで定評のある人工スエード調素材のアルカンターラがあしらわれ、フィット感を向上させることで車両の挙動がダイレクトに感じられるように工夫されています。

また、ストレスなく運転に集中できるように形状やステッチの位置など、細部にまでこだわり抜いていることに加え、ロックトゥロックは2.1の設定なのでスポーティーなハンドリングが楽しめるでしょう。

ホールド力の高い「Honda TYPE Rシート」

ホールド力の高い「Honda TYPE Rシート」出典:ホンダ「シビックタイプR」室内空間

シートも専用開発の「Honda TYPE Rシート」を搭載。Honda TYPE Rシートの座面には高密度ウレタンを採用し、疲労につながる底づきを低減しています。

また、サーキットにおけるスポーツ走行時でも、ドライバーの体格にかかわらずしっかりと操縦姿勢をサポートする優れたホールド性を確保しているため、思う存分走りが楽しめるのではないでしょうか。

シートのほかにもステンレス製のスポーツペダルや手になじむティアドロップ型のアルミ製シフトノブなど、スポーツカー好きの心を躍らせるこだわりがたくさん詰まった内装となっています。

なお、一般的な高級車によく見られるインテリアカラーの選択肢や、シート素材のアップグレードオプションなどの設定はありません。

シビックタイプRの座席周りの収納

シビックタイプRはサーキットでのスポーツ走行だけではなく、街乗りでも快適に過ごせるようにさまざまなポケッテリアが用意されています。

アームレスト付きコンソールボックス

アームレスト付きコンソールボックス出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

アームレスト付きのコンソールボックスは深さがあり、メイクポーチなどのドライブ時に必要な小物を収納するスペースとして活躍するでしょう。取り外しのできるドリンクホルダーも用意されています。

センターポケット/フロントコンソールトレー

センターポケット/フロントコンソールトレー出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

シフトノブ前方にはスマートフォンやハンドタオルなどの置き場所として最適なセンターポケット、その下段にはさらにトレーが用意されています。

フロントドアポケット(ボトルホルダー付き)

フロントドアポケット(ボトルホルダー付き)出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

左右のフロントドアポケットは、ペットボトルを収納してもある程度のスペースがあります。

グローブボックス

グローブボックス出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

グローブボックスは十分な容量が確保されているため、車検証などの書類入れとして使用するのはもちろん、ティッシュボックスも収納可能です。照明付きなので夜間でも使用しやすいでしょう。

リアドアポケット(ボトルホルダー付き)

リアドアポケット(ボトルホルダー付き)出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

リアドアポケットはフロントドアポケットよりも容量が小さく、ペットボトルを収納するとガムやリップクリームなどの小さなものしか収納できません。

コートフック(リア左右席)

コートフック(リア左右席)出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

ジャケットなどの上着をかけておけるフックがリア左右席に備わります。

サーキット走行が可能なスポーツカーでこれだけのポケッテリアが用意されている車はそう多くありません。シビックタイプRは、実用性にもきちんと配慮されていることがうかがえます。

シビックタイプRの荷室・座席アレンジ

シビックタイプRの荷室・座席アレンジ_01出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

シビックタイプRは走行性能に特化したスポーツカーであっても、日常的に使用する車としてのユーティリティも犠牲にはしておらず、荷室もゆとりのあるサイズを確保し、テールゲートを大開口とすることで荷物の積み降ろしもしやすいように配慮されています。

シビックタイプRの荷室・座席アレンジ_02出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

また、リアには6:4分割可倒式シートを採用しているため、乗車人数や荷物の大きさに合わせて荷室を拡大することも可能。

シビックタイプRの荷室・座席アレンジ_03出典:ホンダ「シビックタイプR」荷室・収納

さらに、横引き式で左右どちらにも取付けができるカーゴエリアカバーを標準装備しています。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならシビックタイプRのインテリアも予算内で想いのまま

シビックタイプRに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでシビックタイプRに月58,410円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」 は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、シビックタイプRの新車に月額58,410から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくシビックタイプRに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくん なら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額58,410円からシビックタイプRに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

*一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々58,410円から乗れるシビックタイプRのお試し審査をチェック!

シビックタイプR

シビックタイプR 月額58,410円
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

この車でお試し審査

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
シビックタイプRは月額58,410円から乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくシビックタイプRのプランを知りたい方はこちら 

シビックタイプRの内装はスポーティーなデザインと実用性を両立させているのがポイント

シビックタイプRはアグレッシブさやレーシーな雰囲気を演出するカラーリング、専用開発のステアリングホイールやHonda TYPE Rシートなど、スポーツカーならではの要素をふんだんに取り入れています。

それだけではなく、座席周りの収納や拡大が可能な荷室など、実用性もしっかりと確保されているため、サーキットでのスポーツ走行だけでなく日常的に使用する車としても使いにくさを感じることはないでしょう。

よくある質問

Q1:シビックタイプRの室内空間の特徴は?

A:シビックタイプRは一般的なハッチバックではなく走行性能を突き詰めたサーキット走行も可能なFFスポーツカーであるため、フロントシートの位置を低く設定し、車両と一体感のあるスポーティーなドライビングポジションを確保しています。

Q2:シビックタイプRの内装の特徴は?

A:ブラック×レッドのカラーリングやステンレス製スポーツペダル、アルミ製のシフトノブを採用し、スポーツカーらしいアクティブさやレーシーな雰囲気を演出しているのが特徴です。またステアリングホイールはアルカンターラをあしらったDカットタイプ、フロントシートには専用開発のホールド力に優れた「Honda TYPE Rシート」を採用しています。

Q3:シビックタイプRの荷室はどんな感じ?

A:シビックタイプRは日常的な使い勝手にも配慮されており、大開口でゆとりのある広さの荷室を確保しています。また、6:4分割可倒式のリアシートを採用しているため、乗車人数や荷物の量・大きさに合わせて荷室を拡大することも可能です。

※記事の内容は2021年9月時点の情報で執筆しています。

ホンダシビックタイプRの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダシビックタイプRの記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー