ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

カローラ クロスの内装や荷室の使い勝手を確認

カローラ クロスの内装や荷室の使い勝手を確認

出典:トヨタ「カローラ クロス」ギャラリー

カローラクロス_目次上

車を選ぶ際、真っ先に目に入るエクステリアのデザインや維持費に関わる燃費性能、事故の危険を減らしたり被害を軽減してくれたりする安全性能などを優先し、内装は二の次になるという声も耳にします。しかし、内装はドライブの快適さを左右するため、室内の広さや収納の使い勝手なども確認しておくことが長く愛用できる車を手に入れるポイントといえるでしょう。

ここでは、トヨタ「カローラ クロス」の内装について紹介します。

  • SUVならではの車高を活かした見晴らしの良い室内空間
  • 上級グレードではパノラマルーフの選択も可能
  • 多彩なアレンジが可能な使い勝手の良い荷室
カローラクロス

カローラ クロスの室内空間の特徴

カローラ クロスでは、SUVならではの車高の高さを活かして見晴らしの良い開けた視界を確保して、どの席に座っても閉塞感を覚えることなく快適にドライブが楽しめる室内空間を実現しています。

また、後席のひざ周りに十分な余裕を持たせたことに加え、2段階のリクライニング機能を搭載したリアシートを採用しているため、リラックスした姿勢で快適に過ごせるでしょう。さらにリアドアの高さを確保し大きく開く設計としたことで、優れた乗降性も実現しています。

カローラ クロスの内装

ここからは、カローラ クロスの内装について見ていきましょう。

「G」「G”X“」/「S」

カローラ クロスの内装_「G」「G”X“」/「S」出典:トヨタ「カローラ クロス」価格・グレード | スペック・装備比較

カローラ クロスのインパネデザインは、水平基調で前方視界を邪魔しないすっきりとしたデザインです。インパネからドアトリムにかけて連続性のあるスタイルとしたことで、室内に広がり感をもたらしています。

また、室内のイルミネーションにはすべてLEDを使用。SUVらしいブラックのクールな室内空間に、上質さやスタイリッシュさを添えています。

カローラ クロスの内装_「G」「G”X“」/「S」2出典:トヨタ「カローラ クロス」価格・グレード | スペック・装備比較

「G」「G“X”」のメーターはアナログメーター+4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイです。

カローラ クロスの内装_「G」「G”X“」/「S」3出典:トヨタ「カローラ クロス」価格・グレード | スペック・装備比較

「S」以上のグレードはメーターがオプティトロンメーター+7.0インチの大画面のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイにグレードアップ。室内により先進的な雰囲気が加わります。

カローラ クロスの内装_「G」「G”X“」/「S」4出典:トヨタ「カローラ クロス」価格・グレード | スペック・装備比較

シートはブラックのファブリックシートで、「G」「S」のフロントシートにはホールド性を高めたスポーティータイプのシートを採用しています。「G“X”」はノーマルタイプです。

最上級グレード「Z」

カローラ クロスの内装_最上級グレード「Z」出典:トヨタ「カローラ クロス」価格・グレード | スペック・装備比較

最上級グレードの「Z」では、シートは本革+ファブリックのコンビシートを採用し、上質さを感じさせるインテリアとなります。フロントシートにはシートヒーターや電動ランバーサポート(運転席のみ)もあるため、快適性も向上しているのはうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

なお、カローラ クロスでは全グレードにおいてインテリアカラーはブラックのみで、カラーバリエーションはありません。

カローラ クロスの内装_最上級グレード「Z」2出典:トヨタ「カローラ クロス」ギャラリー

また、「S」「Z」では、パノラマルーフの選択も可能です。大きなガラス面でより見通しが良く、抜群の開放感を室内にもたらしてくれるでしょう。挟み込み防止機能がついているので安全に利用できることに加え、日差しがコントロールできる電動サンシェードも付属しています。

カローラ クロスのポケッテリア

カローラ クロスのポケッテリア出典:トヨタ「カローラ クロス」特長

座席周りの収納の配置や充実度なども、カーライフの快適さに関わります。ここでは、カローラ クロスにはどのようなポケッテリアが用意されているのかを確認してみましょう。

カップホルダー

フロントシート用のカップホルダーは、運転席、助手席のどちらからも手に取りやすいセンターコンソールに2個設置されています。

「S」「Z」には、リアセンターアームレストにも2個カップホルダーがあります。

グローブボックス

助手席前には、グローブボックスが備わっています。車検証や自賠責保険証、取扱説明書などの書類の保管場所としては十分な容量を備えているといえるでしょう。書類といっしょにポーチなどの収納も可能です。

フロントコンソールトレイ

シフトノブの奥には、トレイが用意されています。なお、この場所に通信用のUSB端子も備わっています。

センターコンソールボックス

それほど大きな容量ではありませんが、センターコンソールボックスもあります。タオルやメガネケースなど、ドライブの際によく使用する小物の保管場所として役立つでしょう。

なお、「G」はセンターコンソール内に1個、「S」「Z」ではセンターコンソールボックスの後部に2個の充電用USB端子が装備されています。「G”X“」には充電用USB端子はありません。

このほか、フロント・リアドアのボトルホルダーや助手席シートバックポケットなどの収納が用意されています。

カローラ クロスの荷室&座席アレンジ

カローラ クロスの荷室&座席アレンジ出典:トヨタ「カローラ クロス」ギャラリー

カローラ クロスの荷室は、定員の5人が乗車した状態であっても487L(2WD車)を確保しています。これはクラストップレベル(2021年9月時点、トヨタ調べ)の大容量。9.5インチのゴルフバッグが4個積載できるので、旅行やキャンプなど、荷物が多くなりがちなレジャーでも余裕で対応できます。

また、荷室開口部は地面から720mmの高さに設定し、小柄な方でも荷物が楽に積み込めるように工夫されています。さらに最上級グレードの「Z」では、スマートキーを身につけていればリアバンパーに足をかざすと自動でバックドアが開閉する「ハンズフリーパワーバックドア」を搭載しているので、両手がふさがっていても荷物を地面に置くことなく、より便利に利用できるでしょう。

ハンズフリーパワーバックドアは停止位置の記憶や自動クローズ中の予約ロック機能もあります。なお、「S」はオプションでハンズフリーパワーバックドアの追加が可能です。

カローラ クロスの荷室&座席アレンジ2出典:トヨタ「カローラ クロス」特長

また、後席をすべて倒すとロードバイクの積載も可能な奥行きのあるスペースが出現。さらに全車で6:4分割可倒式のリアシートを標準装備しているため、後席の片側だけを倒して長さのある荷物を積み込むこともできます。

カローラ クロスの荷室&座席アレンジ3出典:トヨタ「カローラ クロス」特長

カローラ クロス用に専用設計された「ラゲージアクティブボックス」を利用すると、荷物が外から見えない状態で収納できるほか、蓋を閉めるとフラットな状態になるためマットを敷いて休憩するなど、さらに荷室アレンジの幅が広がるでしょう。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならカローラ クロスのインテリアも予算内で想いのまま

カローラ クロスに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。

また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでカローラ クロスに月28,390円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で業界最安水準のカーリースで、カローラ クロスの新車に月額28,390から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくカローラ クロスに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額28,390円からカローラ クロスに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

月々28,390円から乗れるカローラ クロスのお試し審査をチェック!

カローラクロス

カローラ クロス 月額28,390円~

  • 頭金・ボーナス払いなし
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ
この車でお試し審査

※審査に通過しても契約をする必要はありません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。
審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
カローラ クロスは月額28,390円で乗ることができます。
気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくカローラ クロスのプランを知りたい方はこちら

荷室の使い勝手の良さが魅力

カローラ クロスは後席の分割可倒機構によって乗員の人数や荷物の形状・量に合わせて荷室アレンジができることに加え、ハンズフリーパワーバックドアやラゲージアクティブボックスなど、利便性を高める魅力的な装備も採用しています。

車は長く使用するものなので、エクステリアや燃費だけではなく室内空間のデザインや収納の使い勝手がしっくりくるかどうかを重視して選ぶことをおすすめします。

よくある質問

Q1:カローラ クロスの室内空間の特徴は?

A:カローラ クロスはSUVならではの高い全高を活かし、どの席でも見通しの良い視界を確保して閉塞感のない快適な室内空間を確保しました。さらに後席のひざ周りの余裕のある空間とリアシートの2段階リクライニング機能によって、後席でもリラックスした姿勢でドライブが楽しめるように配慮されています。

Q2:カローラ クロスの内装デザインは?

A:カローラ クロスは水平基調でドアトリムにかけて連続性のあるインパネデザインを採用することで、広がりを演出。内装カラーは全グレードでブラックを採用し、カラーバリエーションはありません。なお、最上級グレードの「Z」では本革とファブリックのコンビシートが標準装備されます。

Q3:パノラマルーフはどのグレードでも選べる?

A:いいえ、パノラマルーフが選択できるグレードは「S」「Z」の2種類で、「G」「G”X“」では選択できません。

Q4:カローラ クロスの荷室は荷物がたくさん積める?

A:カローラ クロスの荷室は定員の5名乗車時でもクラストップレベル(2021年9月時点、トヨタ調べ)の487L(2WD車)を確保。9.5インチのゴルフバッグ4個が積載できる広さです。後席をすべて倒せばロードバイクが積み込める奥行きのある空間が確保できます。また、「Z」にはリアバンパーに足をかざすだけでバックドアが自動で開閉する「ハンズフリーパワーバックドア」が標準装備されます。

※この記事は2022年1月の情報で制作しています

トヨタカローラクロスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラクロスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる
読了後バナー