ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

積載性抜群!カローラツーリングの内装や収納について徹底解説

積載性抜群!カローラツーリングの内装や収納について徹底解説

出典:トヨタ「カローラツーリング」ギャラリー

車のインテリアデザインや収納の使い勝手などは、居心地の良さを左右するためしっかりとチェックしたい部分といえます。車種によって内装の質感は大きく異なるので、車選びの際にはエクステリアのデザインや走行性能、燃費性能と同様に内装も必ず確認しておきましょう。

ここではトヨタのステーションワゴン「カローラツーリング」の内装について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔薄型でワイド化したインパネの採用によって開放感のある室内空間を確保
✔最上級グレード「W×B」のみブラックとホワイトの2色からインテリアカラーの選択が可能
✔カローラツーリングの定員乗車時の荷室容量は382L、最大荷室容量は802L

カローラツーリングの室内空間の特徴

2019年9月に登場したカローラツーリングは、薄型でワイド化したインパネを採用することで良好な視界を確保するとともに開放感のある室内空間を実現しています。さらに車を単なる移動空間ではなく心地よく過ごせる居住空間として、インテリアの部品の合わせや形状・質感を統一することなどによって上質感をも手に入れました。

全グレードにドアの解錠や施錠時、またドアの開閉時にはルームランプなどの照明が自動的に点灯・消灯するおもてなし機能であるイルミネーティッドエントリーシステムを採用している点にも注目です。

カローラツーリングのグレードごとの内装

ここからは、カローラツーリングのグレードごとの内装について見ていきましょう。

シンプルで機能的な「G-X」

シンプルで機能的な「G-X」出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

ブラックベースのシンプルなインテリア

エントリーグレードの「G-X」はブラック基調ですっきりとしたシンプルな室内空間となっています。シート素材にもブラックのファブリックが使用され、統一感のある雰囲気に。

インパネは合皮巻きになっており、エントリーグレードといっても質感の高さは確保されています。加飾類はほとんど使用されず、派手さのない機能的な印象を与えるインテリアといえるでしょう。

アナログメーターを採用

メーターにはスポーティーなアナログメーターを採用し、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを搭載しています。

シート形状が変わり、加飾類が追加される「S」

シート形状が変わり、加飾類が追加される「S」出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

上級ノーマルシートを搭載

「S」では座り心地の良い上級ノーマルシートが標準装備になります。シート素材は「G-X」と変わりありません。

メッキ加飾やシルバー加飾をプラス

メッキ加飾やシルバー加飾をプラス出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

センタークラスターやレジスターノブ、シフトノブ、シフトベゼル、インサイドドアハンドル、パワーウィンドウスイッチベースなどにシルバーやメッキ加飾が追加され、華やかさを室内にもたらしています。

出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

メーター周りにもシルバーのメータークラスターやシルバー加飾メーターリングがあしらわれ、コックピットの質感をアップしています。

インテリアカラーの選択が可能になる最上級グレード「W×B」

インテリアカラーの選択が可能になる最上級グレード「W×B」出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

ブラックとホワイトの2色のインテリアカラーを用意

最上級グレードとなる「W×B」では、カローラツーリングで唯一ブラックとホワイトの2色からインテリアカラーが選択できるのが特徴です。ホワイト内装はシートに加えてドアアームレスト表皮、センターコンソールボックス部分がホワイトとなり、スポーティーさを残しながらも最上級グレードらしい質の高さも感じさせます。シートも合成皮革とレザテックを組み合わせたスポーティーシートにグレードアップしています。

加飾類はスモークシルバーに

加飾類はスモークシルバーに出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

また、このグレードでは、スモークシルバーの加飾類を採用し質感の高さを表現。抑制された輝きが洗練された印象を与えます。

先進性を感じさせるオプティトロンメーター

先進性を感じさせるオプティトロンメーター出典:トヨタ「カローラツーリング」スペック・装備比較

メーターは青く光り先進性を感じさせるオプティトロンメーターになり、マルチインフォメーションディスプレイも7.0インチの大型のものを採用。一気に室内の雰囲気に高級感が加わります。

シルバー加飾が追加され、上質感を持たせた特別仕様車「G-X“PLUS”」

シルバー加飾が追加され、上質感を持たせた特別仕様車「G-X“PLUS”」出典:トヨタ「カローラツーリング」特別仕様車 G-X“PLUS”

エントリーグレードの「G-X」をベースとした「G-X“PLUS”」では、シルバー加飾メーターリングやシルバー塗装のメータークラスター、インサイドドアハンドルやドアトリムガーニッシュ、ステアリングホイールなどにシルバー塗装があしらわれ、上質感を持たせた特別仕様車です。

上級グレードのような豪華な装備内容はいらないけれども、内装にちょっと色気が欲しい、という方にはぴったりでしょう。

カローラツーリングの座席周りの収納

カローラツーリングにはどのような座席周りの収納が用意されているのでしょうか。

フロントカップホルダー(2個)

フロントカップホルダー(2個)出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

カローラツーリングのフロントシートのカップホルダーはセンターコンソールに2個用意されています。縦並びなので運転席からも助手席からも手に取りやすく、便利です。

センターコンソールボックス(リアボックス付き)+充電用USB端子

センターコンソールボックス(リアボックス付き)+充電用USB端子出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

センターコンソールボックスには、タブレットやスマートフォンが充電できるUSB端子が備わります。ハイブリッド車と「W×B」グレードには3個、「S」と「G」のガソリン車は1個とグレードによって装備される個数に差があります。

また、後席からも利用できるリアボックスがあるのは評価できるポイントでしょう。後席には前席と比較すると収納が少ないので、小物入れとして重宝するのではないでしょうか。

フロントコンソールトレイ

フロントコンソールトレイ出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

スマートフォンや小銭入れなどの保管に適したトレイも用意されています。

グローブボックス

グローブボックス出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

助手席前には定番収納のグローブボックスがあります。

リアセンターアームレスト(カップホルダー2個付き)

リアセンターアームレスト(カップホルダー2個付き)出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

リアセンターアームレストにはカップホルダーが2個備わっています。後席にドアポケット以外にもこうしたドリンクの置き場所が確保されているのはうれしいポイントでしょう。

ドアポケット(ボトルホルダー付き)

ドアポケット(ボトルホルダー付き)出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

フロント・リアともにペットボトルが収納できるドアポケットがあります。

助手席シートバックポケット(「S」「W×B」に標準装備)

助手席シートバックポケット(「S」「W×B」に標準装備)出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

エントリーグレードの「G-X」を除き、助手席のシートバックに地図や雑誌、タブレットなどの収納が可能なシートバックポケットが装備されています。

カローラツーリングの荷室・座席アレンジ

カローラツーリングの荷室・座席アレンジ出典:トヨタ「カローラツーリング」内装

最大荷室容量は802Lを確保

ステーションワゴンには積載性の高さを期待したいもの。カローラツーリングでは、定員乗車時でも392Lの荷室容量を確保しています。またシートアレンジによって最大荷室容量は802Lにまで拡大できるため、さまざまなシーンで活躍できるでしょう。

幅広い座席アレンジが可能

幅広い座席アレンジが可能出典:トヨタ「カローラツーリング」特長

そのままの状態でも9.5インチのゴルフバッグを4個積み込める荷室は、座席アレンジによって拡大可能。リアシートには6:4分割可倒式シートを採用しているので片側だけを倒して長さのある荷物を収納したり、リアシートをすべて倒して自転車などの大型の荷物を積み込んだりすることもできます。

荷室側面のレバーを引くだけで簡単にシートバックが倒れ、座席アレンジしやすいのも評価できる部分です。

メルマガ登録

大容量で使い勝手の良い荷室と質の高いインテリアがカローラツーリングの魅力

カローラツーリングは華美にならない質のいいインテリアとステーションワゴンに期待したい積載性を備え、使い勝手にも配慮されたモデルです。

荷物の多くなりがちなアウトドアが趣味の方はもちろん、普段は通勤や買い物などに使用して週末はレジャーや旅行を楽しみたい、という方にも使いやすい一台なのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:カローラツーリングの室内空間の特徴は?

A:カローラツーリングでは薄型でワイド化したインパネを採用することで良好な視界を確保するとともに、開放感のある室内空間を実現しています。またインテリア部品の形状や合わせ、質感を統一することによって上質さを表現しているのが特徴です。

Q2:カローラツーリングのグレードごとの内装の違いは?

A:エントリーグレード「G-X」と中間グレード「S」ではインテリアカラーは選択できませんが、最上級グレードの「W×B」ではブラックとホワイトの2色からインテリアカラーの選択が可能です。またシートが「G-X」ではノーマルシート、「S」では上級ノーマルシート、「W×B」ではスポーティーシートとなっておりグレードによってシート形状に差があります。

Q3:カローラツーリングの荷室は十分に荷物が積める?

A:カローラツーリングのようなステーションワゴンは積載性が魅力です。カローラツーリングでは定員5人が乗車した状態で392L、9.5インチのゴルフバッグが4個積み込める荷室容量を確保しています。リアシートをすべて倒すと、802Lの大容量の荷室が出現します。またリアシートには6:4分割可倒式シートを採用しているため、シートアレンジも自由自在です。

※記事の内容は2020年11月時点の情報で執筆しています。

定額カルモくんの資料をご覧になりたい方はこちらのボタンからどうぞ

カルモくん資料ダウンロード

トヨタカローラツーリングの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタカローラツーリングの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード