ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

フィットの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!(2020年2月~)

フィットの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

出典:ホンダ「フィット」インテリア

車の内装は、乗る人が直接触れる部分だけに、居心地の良さを左右する重要な車選びのポイントです。5つのタイプが用意されたホンダ「フィット」の内装はタイプごとに個性が大きく異なるので、それぞれの個性をしっかりと把握しておきましょう。

ここではフィットの内装について、タイプごとに詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔広い室内空間や多彩なシートアレンジが魅力
✔新開発の「ボディスタビライジングシート」を搭載
✔タイプごとに異なる個性を持たせたインテリア

フィットの室内空間の特徴

歴代フィットはホンダの独自技術である燃料タンクを前席下に設置して室内空間を広く取る「センタータンクレイアウト」 を採用し、同クラスのコンパクトカーの中でもトップクラスの広い室内空間を確保しているのが特徴です。

もちろん現行型である4代目フィットでも、室内の広さやその広さを活かした多彩なシートアレンジは継承されています。

さらに、フィットのフロントシートには骨盤をしっかり支える新フレーム構造や新サスペンションマットを採用した新開発の「ボディスタビライジングシート」を搭載。この「ボディスタビライジングシート」は運転しやすい姿勢を保ち、長時間の運転でも疲れにくいように工夫されたシートです。

リアシートにも厚みのあるパッドを使用し、座り心地を向上。またフロントシートの背中部分をカーブ上にすることで、狭くなりがちな足元空間を拡大し、後席でも足が組み替えやすい広さを確保しています。

フィットのタイプごとの内装

ここからは、フィットのタイプ別の内装を見ていきましょう。

シンプルで機能性を重視した「BASIC」

シンプルで機能性を重視した「BASIC」出典:ホンダ「フィット」インテリア

シート素材にはファブリックを採用

ベ―スグレードにあたる「BASIC」のインテリアは加飾類をほとんど使用せず、華美さのないシンプルな仕様になっています。

シート素材にはファブリックを採用1出典:ホンダ「フィット」インテリア

シート素材にはファブリックを採用2出典:ホンダ「フィット」インテリア

シート素材は扱いやすいファブリック、助手席のインパネには3Dテクスチャープラスチックが採用されています。

シート素材にはファブリックを採用3出典:ホンダ「フィット」インテリア

インテリアカラーは明るさを感じさせるソフトグレーと落ち着いたブラックから選択可能です。

居心地の良さを重視する人におすすめの「HOME」

居心地の良さを重視する人におすすめの「HOME」1出典:ホンダ「フィット」インテリア

居心地の良さや質感の高さを求める人におすすめなのが「HOME」です。

居心地の良さを重視する人におすすめの「HOME」2出典:ホンダ「フィット」インテリア

プライムスムースとナチュラルテキスタイルを使用した上質なコンビシート

「HOME」ではサイドに質感の高さを感じさせる人工素材のプライムスムース、メイン部分にはナチュラルテキスタイル使用した、ゆったりとくつろげる上質なコンビシートを装備しているのが特徴です。

プライムスムースとナチュラルテキスタイルを使用した上質なコンビシート出典:ホンダ「フィット」インテリア

柔らかさを感じさせるソフトパッドを採用

助手席のインパネやコンソール二―パッドなどにはソフトパッドを採用し、柔らかく上質な雰囲気を室内に持たせています。「HOME」は室内で快適に過ごすことを追求し、質感の高さと快適性を持たせたタイプだといえるでしょう。

柔らかさを感じさせるソフトパッドを採用出典:ホンダ「フィット」インテリア

インテリアカラーは「BASIC」と同じく、ソフトグレーとブラックから選択が可能です。

機能性の高さが自慢の「NESS」/「CROSSTAR」

機能性の高さが自慢の「NESS」/「CROSSTAR」出典:ホンダ「フィット」インテリア

「NESS」と「CROSSTAR」のインテリアの仕様は共通

毎日をアクティブに過ごしたい方のためのタイプ「NESS」は、インテリアにアクセントカラーを取り入れ躍動感のあるインテリアが持ち味です。

「NESS」と「CROSSTAR」のインテリアの仕様は共通1出典:ホンダ「フィット」インテリア

専用エクステリアをまとい、アウトドアスタイルのルックスが持ち味の「CROSSTAR」と「NESS」のインテリアの仕様は同じものになっています。選択できるカラーのみが異なり、「NESS」ではブラック×ライムグリーンとブラック×グレーの2色、「CROSSTAR」ではブラック×グレーのみという違いがあります。

「NESS」と「CROSSTAR」のインテリアの仕様は共通2出典:ホンダ「フィット」フィットの魅力 NESS

機能性の高い撥水素材を随所に使用

シート素材には撥水加工が施されたファブリックを採用。アクティブにカーライフを楽しめるように実用性に配慮されています。

機能性の高い撥水素材を随所に使用出典:ホンダ「フィット」インテリア

助手席インパネなどのソフトパッドも汚れに強く、お手入れも楽な撥水加工のものに。「NESS」/「CROSSTAR」はとことんまで機能性の高さにこだわったタイプといえるでしょう。

上質さやラグジュアリーさを追求した最上級モデル「LUXE」

上質さやラグジュアリーさを追求した最上級モデル「LUXE」出典:ホンダ「フィット」インテリア

本革シートがラグジュアリーさを演出

最上級グレードにあたる「LUXE」では、本革シートが装備されるのが最も大きな特徴です。

本革シートがラグジュアリーさを演出1出典:ホンダ「フィット」インテリア

座席のメイン部分にはラグジュアリーさを演出する本革と、織物と合成皮革のハイブリッド素材であるレザテックを組み合わせ、滑りにくいように工夫されているのもポイント。サイド部分には本革とプライムスムースが組み合わされています。

本革シートがラグジュアリーさを演出2出典:ホンダ「フィット」インテリア

印象の異なるブラウンとブラックの2色のカラーを用意

インテリアカラーは柔らかさや高級感を強く感じさせるブラウンと、クールでシャープなブラックから選択可能。カラーによって全く異なった表情を見せるのも魅力的です。

印象の異なるブラウンとブラックの2色のカラーを用意出典:ホンダ「フィット」フィットの魅力 LUXE

もちろんステアリングホイールやセレクトレバーにも本革をあしらい、細かい部分まで質感を向上させています。

メルマガ登録

フィットの座席周りの収納

座席周りの収納も居心地の良さに関わる重要な部分です。ここではフィットにはどのような収納が備わっているのか、見ていきましょう。

インパネアッパーボックス

インパネアッパーボックス出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

助手席前にはインパネアッパーボックスが用意されています。それほど大きなサイズではありませんが、助手席から手の届きやすいところにあるので、ドライブ中に使用するものを収納するのに便利です。

ドリンクホルダー(運転席・助手席)

ドリンクホルダー(運転席・助手席)出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

運転席・助手席のエアコン吹き出し口の前にはドリンクホルダーが1個ずつ備わっています。

スマートフォントレー

スマートフォントレー出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

ドライブ中に使用することも多いスマートフォンの置き場には意外と困ってしまうもの。こうしたスマートフォンの専用の収納があれば安心でしょう。「LUXE」ではここにワイヤレス充電器を装備することも可能です。

テーブルコンソール

テーブルコンソール1出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

フロントの真ん中のスペースは、バッグや上着置き場として使用できるテーブルコンソールとなっています。ラバーマットが敷かれているので乗せたものも滑りません。

テーブルコンソール2出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

オプションを追加すれば、マルチコンソールとして使用することもできます。

テーブルコンソール3出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

「LUXE」では、アームレスト付きセンターコンソールボックスの追加も可能です。

充電用USBジャック(「e:HEV BASIC」を除くe:HEV車に標準装備)

充電用USBジャック(「e:HEV BASIC」を除くe:HEV車に標準装備)出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

テーブルコンソールの最後部には急速充電にも対応する充電用USBジャックが2個装備されています。前席からも後席からも使いやすい位置にあり、便利です。

助手席シートバックポケット(「BASIC」「e:HEV BASIC」以外のタイプに標準装備)

助手席シートバックポケット(「BASIC」「e:HEV BASIC」以外のタイプに標準装備)出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

タブレットや雑誌、地図などの収納に便利なシートバックポケットが助手席のシートバックに用意されています。

「e:HEV LUXE」には、さらに運転席のシートバックポケットが備わります。

シートバックスマートフォンポケット(e:HEV車に標準装備)

シートバックスマートフォンポケット(e:HEV車に標準装備)出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

シートバックの上部にスマートフォンを保管できるポケットがあります。後席にもこうしたスマートフォンの置き場所が確保されているのは評価できるポイントです。

ドアボトルホルダー(運転席・助手席)

ドアボトルホルダー(運転席・助手席)出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

フロントドアにはボトルホルダーと、手帳が収納できるサイズのポケットがあります。

このほか、助手席前グローブボックスやフロントドア・リアドアのドアプルポケット、後席ボトルホルダーなどの収納がフィットには装備されています。

フィットの荷室&座席アレンジ

開口部が広く、積み降ろしが楽

開口部が広く、積み降ろしが楽出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

フィットの荷室は人の腰の高さに合わせてテールゲートの最大開口部を広くするように工夫されているため、大きな荷物でも楽々と積み込めるようになっています。

荷物の大きさに合わせて多彩なシートアレンジが可能

フィットでは、後部座席にチップアップ&ダイブダウン機構付6:4分割可倒式リアシートを採用しているため、荷物の大きさや長さに合わせて多彩なシートアレンジが可能です。

自転車も積み込めるユーティリティー・モード

自転車も積み込めるユーティリティー・モード出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

後部座席をすべて倒してしまえば、自転車も積み込める大容量の荷室が出現します。

ロング・モードではサーフボードの収納が可能

ロング・モードではサーフボードの収納が可能出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

後席の片側と助手席を倒せば、サーフボードなどの長さのある荷物も積めるスペースが確保できます。

鉢植えなどの高さのある荷物に対応するトール・モード

鉢植えなどの高さのある荷物に対応するトール・モード出典:ホンダ「フィット」荷室・収納

後席の座面をチップアップすれば、鉢植えなどの高さのある荷物にも対応可能。状況に応じてフレキシブルな座席アレンジかできるのもフィットの魅力のひとつといえるでしょう。

タイプによって異なるインテリアを持つフィット

フィットではタイプごとに明確な個性を打ち出しています。インテリアにもそれが反映され、それぞれ異なる個性を持っているので、タイプごとの違いをしっかりとつかむことが大切です。その上で、自分のライフスタイルや好みに合った内装のフィットを選んでください。

※記事の内容は2020年5月時点の情報で執筆しています。

ホンダフィットの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダフィットの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード