ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

GR86の内装のこだわりポイントを解説!グレードによる違いも確認しよう(2021年~現行モデル)

GR86の内装のこだわりポイントを解説!グレードによる違いも確認しよう(2021年~現行モデル)
GR86の内装のこだわりポイントを解説!グレードによる違いも確認しよう(2021年~現行モデル)

出典:トヨタ「GR86」ギャラリー

車の内装は、グレードによって差がつきやすい部分といえます。FRスポーツカーであるトヨタ「GR86」はその高い走行性能が魅力の1台ですが、やはりグレードによってシート表皮の素材や選択できるインテリアカラーなどが異なるため、それぞれの違いをよく見極めて選ぶ必要があります。

ここでは、GR86の内装について詳しくご紹介します。

  • ヒップポイントを下げ、車との一体感が得られるドライビングポジションを実現
  • 最上位グレード「RZ」のみブラック×レッドのインテリアカラーが選択可能
  • 一体可倒式のリアシートを採用し、トランクスルーが可能。トランクスルー状態ではタイヤ4本と工具、もしくはゴルフバッグ2個が積み込めるスペースを確保

GR86の室内空間の特徴

GR86はFR駆動のピュアスポーツカーであり、走りにとことんこだわって開発されているため、快適に移動できることを重視し室内のゆとりや快適さを重視した一般的なファミリーカーとはそもそものコンセプトが異なります。

専用設計したFRプラットフォームを採用し、低重心・低慣性、そしてコンパクトで軽量な「超低重心FRパッケージ」を採用。4人が乗れる空間は確保されていますが、すべてが走りのための設計となっています。

ドライビングポジションはヒップポイントを低く、中心に設定することでコーナリング時の安定性を向上しました。インパネは車両感覚をつかみやすい水平基調のデザインを採用、スイッチ類やシフトノブなどの配置もすべてドライバーの操作性を考慮して配置されています。

GR86の内装

ここからは、GR86の内装について見ていきましょう。

BOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)

BOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)出典:トヨタ「GR86」特長

メーターにはBOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)を採用。ブラックとホワイトのシンプルな配色、タコメーターを中心に視認性が良く必要な情報が見やすく配置されています。搭載されている水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションがドライバーの気分を高揚させてくれるのも特筆ポイントといえるでしょう。

BOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)2出典:トヨタ「GR86」特長

マルチインフォメーションディスプレイはGモニターやストップウォッチなど、スポーツカーならではのサーキット走行時に必要な情報を表示します。

BOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)3出典:トヨタ「GR86」特長

また、サーキット走行向けの「TRACK」モードでは回転数を大きく表示するなど、走行モードによってメーターの表示スタイルが変わります

フロントシート

フロントシート出典:トヨタ「GR86」特長

GR86ではフロントシートの形状にもこだわり、体をホールドする部分を独立したパッド形状とすることで、シートの軽量化を実現しました。また、最上位グレード「RZ」のシート表皮には海外の高級スポ―ツカーにも多く採用されているスエード調高級人工皮革素材のウルトラスエード®と本革を使用。

グリップ性に優れた素材を使用することで、スポーツ走行時のGにも耐え、体の軸がぶれにくく車との一体感を得られるよう工夫されています。なお、「RC」「SZ」のシート表皮はファブリックです。

スポーツアルミペダル(「RZ」に標準装備、「SZ」にメーカーオプション)

スポーツアルミペダル(「RZ」に標準装備、「SZ」にメーカーオプション)出典:トヨタ「GR86」特長

「RZ」には、スポーティーで精悍な雰囲気をもたらすアルミ製のスポーツペダルを標準装備しています。「SZ」はメーカーオプションでの選択が可能です。

グレード別の内装の違い

GR86ではシート表皮やペダル素材がグレードによって異なる以外にも、インテリアカラーなどに違いがあります。

グレード別の内装の違い出典:トヨタ「GR86」スペック・装備比較

グレード別の内装の違い2出典:トヨタ「GR86」スペック・装備比較

「RC」「SZ」のインテリアカラーは、ブラック1色です。スポーツモデルらしいシャープさを備え、クールさが際立ちます。

グレード別の内装の違い3出典:トヨタ「GR86」スペック・装備比較

グレード別の内装の違い4出典:トヨタ「GR86」スペック・装備比較

「RZ」では、ブラックに加え、ブラック×レッドの選択肢も用意されています。ブラック×レッドのカラーリングはレーシングカーのようなアグレッシブな雰囲気が魅力です。

また、フロントシートにレッドのアクセントラインがあしらわれるほか、ドアスカッフプレートにステンレス、ドアトリムに手触りの良いブランノーブ®を使用し高級感を演出しています。

さらに、「RZ」はシートヒーターが標準装備であり、快適性においてもほかのグレードとは差をつけています。

GR86の座席周りの収納

GR86はスポーツカーではありますが、サーキット走行専用モデルではなく、公道走行が可能で気軽にFRスポーツカーの走りを楽しみたい方にも人気のあるモデルです。そのため日常的な使い勝手にも配慮されており、今時のファミリーカーほどのこまごまとした収納はありませんが、身の回りの品やドリンクの置き場所は備わっています。

センターコンソールボックス

センターコンソールボックス出典:トヨタ「GR86」特長

センターコンソールボックスは、落ち込み式で観音開きのタイプを採用。さらに、AT車には画像のようにセンターコンソールボックスの前方にもカップホルダーが備わります。それに対し、MT車ではAT車よりもアームレスト位置を下げ、スポーティーなシフト操作ができるように配慮されています。

また、センターコンソールボックス内には充電用USB端子があるため、ドライブ中にスマートフォンなどのデバイスを充電することもできます。

グローブボックス

ピュアスポーツカーの場合、グローブボックスがない車種もありますが、GR86には一般的なサイズのグローブボックスが備わっています。車検証や自賠責保険証、取扱説明書など、必要な書類の保管場所に困ることはないでしょう。

このほかにも、ペットボトルが保管できるサイズのドアポケットが全グレードに備わっています。

GR86のトランクスペース

GR86のトランクスペース出典:トヨタ「GR86」特長

GR86では、一体可倒式のリアシートを採用しており、リアシートのシートバックを前倒ししてトランスクルーにすることが可能です。トランクスルー状態になるとタイヤ4本と工具類が積み込めます。

また、ゴルフバッグであれば2セットが収納可能なので、レジャーや旅行を楽しみたい方も荷物の収納場所に困ることはなさそうです。

GR86は日常的な使い勝手も文句なし

GR86は何よりも走りが魅力のFRスポーツカーですが、高揚感を得られるメーターの表示やカラーリングなど、内装にもその走りを存分に楽しみ、よりドライバーや乗員の気分を盛り上げるような工夫が見られます。

充電用USB端子が備わったセンターコンソールボックスやグローブボックス、トランクスルーにすると十分なスペースが確保できるトランクスペースなど、サーキット走行を楽しむ方から、日常生活でGR86の走りを気軽に楽しみたい方まで対応できる使い勝手の良さも魅力的です。

本格的にスポーツカーとして使用したい方はもちろん、スポーツカーならではのエクステリアデザインが好きというライトなスポーツカーファンまで、幅広い層を満足させてくれる1台といえそうです。

よくある質問

Q1:GR86の室内空間の特徴は?

A:GR86は走行性能に特化したFRスポーツカーであるため、一般的なファミリーカーのような室内のゆとりや快適さは重視されていません。インパネは水平基調のデザインでスポーツ走行時でもしっかりホールドするフロントシート、視認性が良く必要な情報を確認しやすいメーターなど、すべてが走ることを基準に設計されています。

Q2:GR86のグレードごとの内装の違いは?

A:「RC」「SZ」の内装はブラックのみですが、最上級グレード「RZ」ではブラック×レッドの内装カラーの選択も可能です。また、「RZ」にはアルミスポーツペダルが標準装備であったり、フロントシートの表皮はウルトラスエード®×本革であったりなど、高級感を演出する素材が随所に使用されています。

Q3:GR86のトランクは荷物がたくさん積める?

A:GR86では、全車に一体可倒式のリアシートを採用しており、リアシートのシートバックを倒すとトランクスルーになります。トランクスルー状態ではタイヤ4本と工具類、ゴルフバッグなら2セットが収納できる広さがあります。

※この記事は2024年3月時点の情報で制作しています

トヨタGR86の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタGR86の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン