インサイトの内装や収納をチェック!荷室は拡大できる?

インサイトの内装や収納をチェック!荷室は拡大できる?

出典:ホンダ「インサイト」Top

5万円キャンペーン_目次上

内装のデザインは居住性を大きく左右します。ホンダ「インサイト」はハイブリッド専用車にありがちな先進性を追求するだけではなく、乗る人がくつろげる上質な室内空間を持つモデルです。

ここでは、インサイトの内装について詳しく紹介します。

【この記事のポイント】
✔ハイブリッド車であることを感じさせない広い居住空間
✔内装カラーはブラックがベース、新しく追加された「EX・PRIME STYLE」のみアイボリーを採用
✔519Lの大容量の荷室にトランクスルー機構付きの6:4分割可倒式シートを備えている

インサイトの室内空間の特徴

インサイトは、ホンダ独自の2モーター式のハイブリッドシステムを全車に標準装備するハイブリッド車です。ハイブリッドシステムはバッテリーを搭載するため居住空間や荷室が狭くなりがちですが、2018年12月に登場した現行型では、IPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化して後席下に収納することで、ハイブリッド車であることを感じさせないゆとりのある居住空間を確保しています。

さらにシートの形状にもこだわり、前席は包み込まれるような心地良いホールド感を追求。狭くなりがちな後席は足元の空間や頭上に余裕を持たせ、ゆったりとくつろげるように配慮されているのが特徴といえるでしょう。

インサイトの内装

ここからは、インサイトのグレードごとの内装について見ていきましょう。

上質なおもてなし空間を演出する「LX」

インサイトは全体的な傾向として必要以上に華美さのない、シンプルでありながら質感の良さを感じさせる内装となっています。目立つメッキ加飾やシルバー加飾も全グレードにおいてそれほど使用されていません。

上質なおもてなし空間を演出する「LX」_01出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

助手席前のインパネにはプライムスムースを採用するなど、セダンらしい上質なおもてなし空間を演出しています。

上質なおもてなし空間を演出する「LX」_02出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

グレードごとの差はおもにシートの素材と考えていいでしょう。ベーシックグレードの「LX」では、スタンダードなブラックファブリックシートが採用されています。

本革シートの選択が可能な「EX」

本革シートの選択が可能な「EX」_01出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

上級グレードの「EX」では、シート素材がプライムスムースとファブリックのコンビシートになり、質感がアップします。

本革シートの選択が可能な「EX」_02出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

加えて、オプションで本革シートの選択も可能です。本革シートのカラーは標準仕様と同じくブラックのみとなっています。

専用のアイボリーインテリアが魅力的な「EX・PRIME STYLE」

専用のアイボリーインテリアが魅力的な「EX・PRIME STYLE」_01出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

2020年5月のマイナーチェンジで新たに追加されたグレード「EX・PRIME STYLE」は、都会的で洗練されたスタイルが持ち味のグレードです。

「EX・PRIME STYLE」以外のグレードのインテリアカラーがブラックであるのに対し、「EX・PRIME STYLE」では専用のアイボリーインテリアを採用。シートだけではなくドアトリムや助手席インパネもアイボリーになるので、ほかのグレードとは一線を画す華やかさ、明るさを感じさせる内装といえるでしょう。

専用のアイボリーインテリアが魅力的な「EX・PRIME STYLE」_02出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

シートは本革と人工素材・ウルトラスエード®を組み合わせたコンビシートで、より贅沢な質感が魅力です。シート中央にあしらわれたライムグリーンのアクセントが爽やかで若々しい雰囲気を室内にもたらします。

これまでのイメージを一新する、新しいスタイルのインサイトといえるのではないでしょうか。

スポーティーさの際立つ最上級グレード「EX・BLACK STYLE」

スポーティーさの際立つ最上級グレード「EX・BLACK STYLE」_01出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

18インチのアルミホイールを採用し、スポーティーさが魅力の最上級グレード「EX・BLACK STYLE」では、助手席のインパネがプライムスムースからウルトラスエードにグレードアップ。より上質でスポーティーな室内空間を演出しています。

スポーティーさの際立つ最上級グレード「EX・BLACK STYLE」_02出典:ホンダ「インサイト」タイプ・価格

専用装備として、室内にシャープな雰囲気をもたらすステンレスペダルが採用されているのもポイント。

スポーティーさの際立つ最上級グレード「EX・BLACK STYLE」_0出典:ホンダ「インサイト」デザイン・カラー

シート素材は本革×ウルトラスエード®のコンビシートです。なお、「EX・BLACK STYLE」ではオプションのボディカラー「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」と「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」のどちらかを選択した場合に限り、エクステリアカラーに合わせた2色ステッチが随所にあしらわれます。

インサイトの座席周りの収納

インサイトのポケッテリアについても、確認しておきましょう。

大型コンソールトレー

大型コンソールトレー出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

センターコンソールに用意されたトレーは5.5インチのスマートフォンが収まる大型。トレーの上部にはUSBジャックが備わっているので、ドライブ中にスマートフォンを充電することができます。トレー底面にはラバーマットが装備されているため、走行中に滑り落ちる心配もありません。

なお、ラバーマットは取り外し可能。汚れても洗えるので、清潔な状態を保てます。

センターコンソールボックス

センターコンソールボックス出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

センターコンソールボックスはそれほど大きなタイプではありませんが、タオルなどのこまごまとした物の収納場所として活躍するのではないでしょうか。ドリンクが置けるスペースも確保されています。

グローブボックス

グローブボックス出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

助手席前に用意されているグローブボックスは、車検証などの書類入れとしては十分な大きさでしょう。夜間など、車内が暗くても収納物が確認しやすい照明付きです。

リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付き)

リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付き出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

リアセンターアームレストには、カップホルダーが2つ備わっています。

運転席&助手席シートバックスマートフォンポケット

運転席&助手席シートバックスマートフォンポケット出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

後席にもスマートフォンを収納するスペースがあるのはうれしいポイントです。なお、助手席のシートバックには別にシートバックポケットも標準装備されています。

インサイトには、このほかにもサングラスホルダーやチケットホルダー、ボトルホルダー付きのフロント&リアドアポケット、リア左右席のコートフックなどがあります。

インサイトの荷室&座席アレンジ

インサイトの荷室&座席アレンジ_01出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

インサイトはIPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化して後席下に収納することで、広い居住空間だけでなく519Lもの大容量の荷室を確保しています。

これはゴルフバッグが4個積み込めるほどの広さ。荷室開口部は広く、内部はでこぼこが少ない設計となっているため荷物の出し入れもしやすく、レジャーシーンでも十分活躍してくれるでしょう。

インサイトの荷室&座席アレンジ_02出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

 

さらに、後席にはトランクスルー機構付きのシートを採用。セダンであっても後席を倒して荷室を拡大することができます。

インサイトの荷室&座席アレンジ_03出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

インサイトの荷室&座席アレンジ_04出典:ホンダ「インサイト」荷室・収納

6:4分割可倒式なので、後席に人を乗せたまま荷室を拡大することも可能。長尺物の積載に役立つでしょう。セダンでもこうした座席アレンジができるのはうれしいポイントなのではないでしょうか。

より詳しい説明や料金シミュレーションはこちら

プラン詳細・お見積り

カーリースならインサイトのインテリアも予算内で想いのまま

インサイトに新車で乗るには、車両本体価格のほか、法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。初期費用は本体価格の1~2割ほどになることが多く、カーローンには含められないケースでは現金で支払わなければなりません。
また、カーローンを利用する場合は、頭金としてまとまった金額を用意することも考えられます。

車は人生最大の買い物のひとつともいわれるほど高価な買い物だけに、カーローンの借入可能額や予算によっては、希望するグレードや、インテリアをより快適にするオプションなどをあきらめなければならないこともあるでしょう。

しかしカーリースであれば、頭金も初期費用も用意する必要がないため、貯金を切り崩すこともなく、望みどおりの快適なインテリアを実現することが可能になります。

カーリースで望みどおりのインテリアを実現できるワケ

月額にコミコミ

カーリースは、リース会社が所有権を持つ車を、定額料金を支払うことでマイカーのように利用できる車のサブスクリプションサービスです。

月々のリース料には各種税金や自賠責保険料、手数料などが含まれているため、頭金も初期費用も別途支払うことなく、定額料金だけで新車に乗り始めることができます

一本化用月々支払

リース料は、車両本体価格から契約満了時の想定残価を引き、契約期間で割って算出されます。そのため、車両本体価格が購入よりも安くなる上、契約期間が長いほど月々のリース料を安くできます。購入費用を借入れるカーローンとは違い、金利という概念もありません。

カーリースについて詳しく知りたい方はこちら

定額カルモくんなら税金、自賠責保険などコミコミでインサイトに月40,860円から乗れる

カルモくん_new

おトクにマイカー 定額カルモくん」は、頭金なし・ボーナス払いなし・契約満了時の残価精算もない契約方式で日本一安い*カーリースで、インサイトの新車に月額40,860から乗ることが可能です。

月々支払

月額料金には、毎年納める自動車税(種別割)のほか、車検時に必要な自動車重量税や自賠責保険料なども含まれるため、大きな出費の心配なくインサイトに乗り続けることができます。

メンテナンスプランをつければ、車検基本料や一部消耗部品の交換費用と工賃が定額にできるほか、プランによっては契約期間中に渡ってメーカー保証と同程度の延長保証がついたり、返却時の原状回復費用が補償されたりと、充実したサービスが受けられます。

カーリースの定額カルモくんなら、数十万円に上る初期費用を用意する必要がなく、税金や車検費用などの維持費も定額にできて月額40,860円からインサイトに乗れるため、予算内でインテリアにこだわることも可能になります。

定額カルモくん_詳しく見る_追従

* 一般社団法人日本自動車リース協会連合会所属のすべての業者の中で、完全定額(頭金なし・ボーナス払いなし・クローズドエンド契約)で新車を個人向けにリースしているサービスにおいて月額料金が日本最安値(2021年7月13日、ステラアソシエ株式会社調べ)

月々40,860円から乗れるインサイトのお試し審査をチェック!

インサイト

インサイト 月額40,860円~
・頭金・ボーナス払いなし
・自動車税(種別割)、自動車重量税、環境性能割、登録諸費用、自賠責保険料など、税金+保険料コミコミ

審査は契約にはなりません。

定額カルモくんをご利用いただくには審査が必要です。なお、審査に通過した場合でもご契約にはなりません。審査通過後でもキャンセルでき、車種やオプションの変更、プランの作り直しも可能です。
インサイトは月額40,860円で乗ることができます。気になる方はまず、ウェブから5分程度でできるお試し審査にお申込みください。

もっと詳しくインサイトのプランを知りたい方はこちら

質の良さと使い勝手の良さを兼ね備えたインサイトの内装

インサイトは派手に飾り立てるのではなく、質の良さを感じさせる素材を随所にあしらって上質で居心地のいい室内空間を作り上げています。荷室の使い勝手もよく考えられており、日常生活から週末のゴルフや旅行などもこなしてくれる、今の時代に合ったセダンといえるでしょう。

5万円キャンペーンバナー_記事内

※対象は、こちらのバナーから審査をしていただいた方で初回引き落としが確認取れた方。また、新規申込みの方(申込み期限は2021年12月31日まで)

よくある質問

Q1:インサイトの室内空間の特徴は?

A:ハイブリッド車はバッテリーを搭載するため室内や荷室が狭くなりがちですが、インサイトではIPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化し、後席下に収納することによってハイブリッド車であることを感じさせない余裕を持った居住空間を確保しています。

Q2:インサイトの内装はどんな感じ?

A:インサイトの内装は華美にするのではなく、シンプルなデザインながらプライムスムースなど質の良さを感じさせる素材を随所に使用することで上質さを演出しています。内装カラーは落ち着いたブラックがベース。2020年5月のマイナーチェンジで追加された「EX・PRIME STYLE」のみ、明るく華やかな印象のアイボリーを採用しています。

Q3:インサイトの荷室はたくさん荷物が積める?

A:インサイトはゴルフバッグが4個積み込める519Lもの大容量の荷室を確保しています。荷室開口部が広く、内部はでこぼこが少ないため荷物の出し入れがしやすいのもポイント。さらに後席にはトランクスルー機構付きの6:4分割可倒式のシートを採用しているため、セダンであっても座席アレンジによって荷室の拡大が可能です。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

ホンダインサイトの新車カーリース情報

関連するカーリース情報

その他のホンダインサイトの記事

関連記事

カーリースお役立ち記事

人気記事ランキング

注目のキーワード

読了後バナー