ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

MX-30の内装はサスティナビリティを意識した素材使いに注目!

MX-30の内装はサスティナビリティを意識した素材使いに注目!

出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

走行性能や燃費、安全性能などの機能に関する部分はもちろんのこと、内装のデザインや実際に手にふれる部分の手触りなど、感性に訴える部分も大切にすることが長く愛用できる車を選ぶためのひとつのポイントになるのではないでしょうか。

ここでは、マツダのコンパクトSUV「MX-30」の内装デザインや収納について、詳しくご紹介します。

  • サスティナビリティを意識した素材を内装の随所に使用
  • 「インテリアパッケージ」は2色から選択可能
  • サブトランクを含めた荷室容量は400Lを確保

MX-30の室内空間の特徴

MX-30の特徴として、センターオープン式のドア構造である「フリースタイルドア」の採用が挙げられます。開口部が広く乗降性が高いことに加え、フリースタイルドアの特徴を活かし、後席をソファのようにラウンドさせたデザインとすることで、包み込まれるような心地よさを演出しています。

また、個性を感じさせるフローティングさせたコンソールサスティナビリティを意識した素材使いなどによって、開放感のある、自然体でいられる室内空間を作り上げています。

MX-30の内装

MX-30はグレードの設定がなく、ベース車に好みのオプションを追加して一人ひとりのニーズや好みに応じた1台を作り上げる「Your Original Choice(ユア・オリジナル・チョイス)」を採用しています。

ここでは、MX-30のベース車、そしてパッケージオプション「インテリアパッケージ」の内装について見ていきましょう。

ベース車の内装

ベース車の内装出典:マツダ「MX-30」グレード・価格

MX-30のベース車の内装は、ブラックを基調とした落ち着きと気品のあるデザインとなっています。シート素材はクロスで、グレーとブラックの2色使いです。

ベース車の内装2出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

コンソールトレイやドアグリップ部には、サスティナビリティな素材であると同時に温かみやナチュラルな雰囲気を室内にもたらすコルク素材をあしらうことで、乗員が自然体でいられる空間づくりに貢献しています。

ベース車の内装3出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

ドアトリムのアッパー部にはペットボトルのリサイクル原料を使用し、空気を含んだような風合いが特徴の「呼吸感素材」と呼ばれる繊維素材を採用。

ベース車であってもMX-30のコンセプトはしっかりと表現されています。

なお、MX-30にはさまざまなパッケージオプションが用意されていますが、何らかのパッケージオプションを追加するのであれば必ず装着しなければならないオプションとして、「ベーシックパッケージ」が用意されています。

ベース車の内装4出典:マツダ「MX-30」グレード・価格

ベーシックパッケージを追加すると、ステアリングホイールとシフトノブが本革巻きになることに加え、プラチナサテンなどの金属調加飾が随所にあしらわれます。

2色の設定があるインテリアパッケージ

インテリアパッケージは、インダストリアル(ブラウン)とモダン(ホワイト)の2色の設定があります。シート素材やアームレスト、ニーレストパッドなどに上質な素材があしらわれ、ワンランク上の室内空間を作り出すオプションです。

なお、インテリアパッケージを選択する際には、ステアリングヒーターや運転席・助手席のシートヒータ―などを含む快適装備のパッケージオプション「ユーティリティパッケージ」を同時装着する必要があります。

インダストリアル(ブラウン)

インダストリアル(ブラウン)出典:マツダ「MX-30」グレード・価格

インダストリアルは絶妙なブラウンが大人の洗練された雰囲気を演出する、マツダならではの魅力的なカラーです。上品でセンスの良さを感じさせる内装が好みの方におすすめです。

モダン(ホワイト)

モダン(ホワイト)出典:マツダ「MX-30」グレード・価格

モダンは、爽やかで軽やかな空気感を室内にもたらします。アクセントにあしらわれたレッドラインが躍動感や若々しさを演出。万人に好感を与えるカラーリングです。

なお、インテリアパッケージではシート素材がクロス×人工皮革のコンビになります。人工皮革は生産時に有機溶剤を使用しておらず環境負荷低減に貢献する新開発素材で、ヴィンテージレザー柄をプリントするとともにシリコンシートを施し、奥行きのある質感や心地よい手触りを実現しているのが特徴です。

一般的にインテリアのオプションとなるとラグジュアリーさや上質さを演出する本革シートが設定されることが多いですが、MX-30は「わたしらしく生きる」ことをコンセプトに、自然体で車とともに過ごす時間を楽しむことを提案しているSUVのため、こうしたサスティナブルな素材をさまざまな部分に取り入れています。

MX-30のポケッテリア

MX-30には、使い勝手が良く、デザイン性にもこだわったポケッテリアが備わっています。

フロントカップホルダー(リッド付き)

フロントカップホルダー(リッド付き)出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

運転席・助手席用のカップホルダーはフローティングコンソールの下に2個用意されています。コルクを張ったリッド付きなので、ドリンクを収納しない際はインテリアの雰囲気を壊すことなくすっきりとした車内を保てます。アクセサリーなどの小さな物を保管する場所としても役立つのではないでしょうか。

また、フローティングコンソール下の吹き抜け部分は収納スペースとして活用でき、USB端子も備わっています。

アームレスト付きコンソールボックス

アームレスト付きコンソールボックス出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

フロントアームレストの下には、コンソールボックスがあります。

リアシート センターアームレスト

リアシート センターアームレスト出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

リアシートのセンターアームレストには、カップホルダーが2個備わっています。

MX-30には、このほかにもオーバーヘッドサングラスホルダーや助手席シートバックポケット、ボトルホルダー付きのドアポケット、リアコートフックなどが標準装備されています。

MX-30の荷室・シートアレンジ

MX-30の荷室・シートアレンジ出典:マツダ「MX-30」MX-30の特徴

MX-30では、フロア下に小物などが収納できるサブトランクを備えており、サブトランクを含む荷室容量は400Lを確保しています。

また、リアシートは6:4分割可倒式を採用。簡単な操作でシートバックを倒すことができ、荷室フロアとの段差がほぼない状態で荷室の拡大が可能です。

なお、6:4分割可倒式シートの6側を倒すと、9インチのゴルフバッグを3個積載することができます。十分な荷室容量を備えていることに加え、荷物の積み込み時の身体への負担が軽減されるよう人間工学に基づいた設計になっているため、重たい荷物でも楽に積み降ろしできるのはうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

メルマガ登録

MX-30は新時代を意識した素材使いやアイディアが魅力の1台

MX-30はペットボトルのリサイクル原料を使用した素材などを採用し、サスティナビリティを意識しているモデルです。さらに「フリースタイルドア」や「フローティングコンソール」など斬新なアイディアも取り入れており、内外装のデザイン性に定評のあるマツダならではの質感の高さは維持しつつ、これからの新しい時代に向けて地球と共存していく車としての新しい提案を体現するモデルといえるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:MX-30の室内空間の特徴は?

A:MX-30ではセンターオープン式で大開口を実現した「フリースタイルドア」によるサイドトリムの構造を活かし、後席をソファのようにラウンドしたデザインとすることで包み込まれるような心地よさを実現しています。

Q2:MX-30の内容はどんな感じ?

A:MX-30では内装にコルクやペットボトルのリサイクル原料を使用した繊維素材、生産過程で有機溶剤を使用せず環境負荷の低減に貢献する人工皮革など、サスティナビリティを意識した素材を随所にあしらっています。また、パッケージオプションの「インテリアパッケージ」では、インダストリアル(ブラウン)とモダン(ホワイト)の2色から内装色の選択が可能です。

Q3:MX-30は荷物がたくさん積める?

A:MX-30のサブトランクを含めた荷室容量は400Lです。なお、後席には6:4分割可倒式のシートを採用しており、6側を倒すと9インチのゴルフバッグ3個が積載できます。

※この記事は2022年4月時点の情報で制作しています

マツダMX-30の新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のマツダMX-30の記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード