ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

N-WGNの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

N-WGNの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り!

出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

車を選ぶ際にチェックしなければならないポイントはたくさんあります。走行性能やエクステリアデザイン、燃費などに注目してしまいがちかもしれませんが、ドライブの快適性や居心地の良さに関わるインテリアデザインや収納力も、カーライフの満足度を左右する重要な車選びのポイントなのです。

ここではホンダ「N-WGN」の内装について紹介します。

N-WGNの室内空間の特徴

N-WGNではホンダの特許技術である「センタータンクレイアウト」を採用しています。これは一般的には後席下や荷室下に搭載される燃料タンクを車体中央に配置するシステムで、居住空間や荷室の広さを確保する技術です。

この「センタータンクレイアウト」の採用により、低床化と広い室内空間を両立しました。十分な前後座席間距離を取り、足を組んでもくつろげる後席の広さを確保しています。

また、人に「なじむ」という考え方のもとに開発された体全体を包み込むようなシートを採用し、安定した姿勢をキープして乗員に安心とくつろぎを感じさせるように工夫されているのもN-WGNの特徴といえるでしょう。

N-WGNの内装

ここからは、N-WGNの内装について見ていきましょう。N-WGNには標準モデルと押し出しの強いエクステリアが特徴の「カスタム」の2種類のスタイルがあります。スタイルごとのインテリアデザインは大きく異なりますが、同スタイル内でのグレード間の差はあまり大きくないので、ここではスタイルごとに内装を紹介します。

居心地の良さを感じさせるアイボリー内装の標準モデル「G・Honda SENSING」/「L・Honda SENSING」/「L・ターボHonda SENSING 」

居心地の良さを感じさせるアイボリー内装の標準モデル「G・Honda SENSING」/「L・Honda SENSING」/「L・ターボHonda SENSING 」1出典:ホンダ「N-WGN」タイプ・価格・装備

標準モデルではアイボリーとブラウンを組み合わせた穏やかさや明るさを感じさせるインテリアカラーが採用され、居心地の良さを演出しています。「誰もが心地よく使え、親しみやすさを感じさせる」というN-WGNのコンセプトを表現したインテリアだといえるでしょう。

シートはアイボリーをベースに、ブルーやイエローのアクセントカラーを織り込んだジャージー素材のシートを採用。アイボリーは汚れが目立ちやすいカラーですが、このアクセントカラーがあることによってちょっとした汚れであればあまり目立たない、といったメリットがあります。

標準モデル内のグレード間のインテリアの違いはあまりありませんが、エントリーグレードの「G・Honda SENSING」ではインパネトレーがブラウン、それ以外のグレードではベージュとなっています。

居心地の良さを感じさせるアイボリー内装の標準モデル「G・Honda SENSING」/「L・Honda SENSING」/「L・ターボHonda SENSING 」2出典:ホンダ「N-WGN」タイプ・価格・装備

ステアリングガーニッシュも「G・Honda SENSING」ではアッパーガーニッシュがグレー、ロアガーニッシュがブラウンですが、「G・Honda SENSING」以外ではアッパーガーニッシュがブラウン、ロアガーニッシュがアイボリーになる点が異なります。

シャープなブラックインテリアが特徴「カスタムG・Honda SENSING」/「カスタムL・Honda SENSING」/「カスタムL・ターボHonda SENSING 」

シャープなブラックインテリアが特徴「カスタムG・Honda SENSING」/「カスタムL・Honda SENSING」/「カスタムL・ターボHonda SENSING 」1出典:ホンダ「N-WGN」タイプ・価格・装備

カスタムの内装カラーにはブラックを採用。標準モデルとは打って変わったシャープさやクールさを感じさせる室内は男性にも好まれそうな雰囲気です。

シート素材には起毛調のトリコットを採用し、角度によって光の反射によりふんわりと光る効果を持たせてハリ感を表現するとともに、カスタムならではの抑揚をつけたシート形状を際立たせます。

シャープなブラックインテリアが特徴「カスタムG・Honda SENSING」/「カスタムL・Honda SENSING」/「カスタムL・ターボHonda SENSING 」2出典:ホンダ「N-WGN」タイプ・価格・装備

「カスタムG・Honda SENSING」ではブラック一色の内装ですが、「カスタムL・Honda SENSING」/「カスタムL・ターボHonda SENSING」では助手席やステアリング、ドア周りに光の当たり方で色がブラウンからグリーンに変化するチタン調偏光塗装をあしらい、華やかな雰囲気を感じさせる仕上がりです。さらにシートにはブラウンのアクセントカラーが施され、「カスタムG・Honda SENSING」と一線を画す上質さを感じさせます。

シャープなブラックインテリアが特徴「カスタムG・Honda SENSING」/「カスタムL・Honda SENSING」/「カスタムL・ターボHonda SENSING 」3出典:ホンダ「N-WGN」タイプ・価格・装備

最上級グレードの「カスタムL・ターボHonda SENSING」ではシートのサイドサポートに高級感のあるプライムスムースを採用し、上質さを際立たせています。

メルマガ登録

N-WGNの座席周りの収納

N-WGNの座席周りの収納にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

ドリンクホルダー

ドリンクホルダー1出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

運転席のドリンクホルダーは、ステアリングホイール右側のドライバーから手が届きやすい位置にあります。

ドリンクホルダー2出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

助手席のドリンクホルダーは引き出し式。500mlの紙パックドリンクも収納できます。

ドライバーズロアーポケット

ドライバーズロアーポケット出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

サングラスや財布、折り畳み傘などが収納できます。ドライバーから手の届く場所にこうした収納があるのは評価できるポイントです。

助手席側インパネトレー

助手席側インパネトレー出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

走行中も収納物が落ちにくいように設計されたトレーは、ドライブ中によく使用するものを置いておくのに最適です。「G・Honda SENSING」「カスタムG・Honda SENSING」以外のグレードには充電用USBジャックがトレー横に装備されているので、スマートフォンなどを充電しながら置いておく場所としてもいいでしょう。

グローブボックス

グローブボックス出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

グローブボックスは奥行きがあり、書類のほかにティッシュボックスも収納できるサイズです。

センターロアーボックス

センターロアーボックス出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

足元には邪魔にならないサイズのコンパクトなロアーボックスがあります。ガムボトルなどの収納にいいでしょう。

ドアアッパーポケット

ドアアッパーポケット出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

すべてのドアにポケットが装備されています。リップクリームやミントタブレットなどの小物の収納に適したサイズです。

フロントドアロアーポケット

フロントドアロアーポケット出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

左右のフロントドアには、ノートや地図とともにペットボトルやタンブラーが保管できるスペースが用意されています。

ドアアームレストボトルホルダー(助手席・後席)

ドアアームレストボトルホルダー(助手席・後席)出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

助手席と後席のドアアームレストには、ペットボトルホルダーが装備されています。

リアシートアンダートレー

リアシートアンダートレー出典:ホンダ「N-WGN」デザイン・カラー インテリア

あまりほかのモデルでは見ない特徴的な収納がこのリアシートアンダートレーです。ホンダ独自の「センタータンクレイアウト」ならではの収納スペースで、リアシート下に大型トレーが装備されています。濡れた傘やドライビングシューズなどをすっきりと収納でき、取り外しも可能。手軽にお手入れができる点も魅力です。

N-WGNの荷室の収納

N-WGNの荷室の収納1出典:ホンダ「N-WGN」荷室・収納 インテリア

「センタータンクレイアウト」によって低床化した荷室は、広さを確保している上、地面から床までが近いので重い荷物も積み込みやすくなっています。

N-WGNの荷室の収納2出典:ホンダ「N-WGN」荷室・収納 インテリア

備え付けのボードを使用すれば上下で荷物の積み分けが可能になり、生活に合わせた使い方ができる点も魅力的です。ボードを外せば大きな荷物や背の高い荷物も収納可能。

N-WGNの荷室の収納3出典:ホンダ「N-WGN」荷室・収納 インテリア

さらに後席をすべて倒し、ボードを使用すればほぼ段差のない大容量の空間が出現します。荷室だけでは対応できない大きさの荷物も積み込めると同時に、ボード下のスペースも活用できます。

広い室内空間と使い勝手の良い荷室が魅力のN-WGN

ホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」によって実現した広い室内空間と、使い勝手の良い荷室はN-WGNの大きな魅力です。

収納やインテリアデザインなどの車の内装は、快適なカーライフを送るための重要なポイントとなる部分なので、車選びの際にはよく確認するようにしましょう。

よくある質問

Q1:N-WGNの室内空間の特徴は?

A:N-WGNでは燃料タンクを車体中央に配置するホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」を採用し、低床化と広い室内空間を実現させています。さらに十分な前後座席間距離をとることによって後席に座る人が足を組んで座ってもくつろげる広さを確保していることが特徴です。

Q2:N-WGNのグレードごとの内装の違いは?

A:N-WGNには標準モデルと「カスタム」の2種類のスタイルがあります。標準モデルはアイボリーにブラウンが組み合わされたインテリアで、明るく居心地のいい室内空間を演出しています。「カスタム」ではシャープさを感じさせるブラック内装を採用。さらに「カスタム」の上級グレードでは光の当たり方でブラウンからグリーンに変化するチタン調偏光塗装があしらわれ、華やかさを添えています。

Q3:N-WGNの荷室は十分に荷物が積める?

A:N-WGNではセンタータンクレイアウトによって低床かつ広さのある荷室を確保しています。地面から荷室までの距離が近いので、重たい荷物も楽に積み込めるというメリットがあります。また備え付けのボードを使用すれば上下で荷室の使い分けが可能になります。ボードを外せば大きな荷物や背の高い荷物にも対応できるようになっています。

※記事の内容は2020年3月時点の情報で執筆しています。

ホンダN-WGNの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダN-WGNの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード