ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

クラスを超えた上質さが魅力!ノートの内装を徹底解説(2020年12月~)

クラスを超えた上質さが魅力!ノートの内装を徹底解説(2020年12月~)

出典:日産「ノート」室内

エクステリアのデザインは真っ先に目に入るものなので、ほとんどの方がそれなりにこだわりを持って選んでいるでしょう。その一方で内装はパッと目に付く部分ではないため、あまり気にしないという方もいるようです。

しかし、内装は居住性の良さを左右する重要な車選びのポイントのひとつです。長く快適に使用できる車を選ぶには、自身の感性に合った使いやすい内装を持つモデルを選びましょう。

ここでは、日産「ノート」の内装について紹介します。

【この記事のポイント】
✔クラストップレベルの後席のニールーム・ヘッドルームの広さを確保
✔センターディスプレイと一体化したメーターを採用し、先進性を表現
✔最上級グレードの「X」ではオプションで本革シートの選択が可能

ノートの室内空間の特徴

ノートは先代モデルから、コンパクトカーとは思えない後席の広さに定評のあるモデルです。しかし2020年12月に登場した現行モデルは、新開発のプラットフォームを採用し、全長やホイールベースが短縮された影響を受け、室内長は先代モデルよりも短い2,030mmとなっています。

それでもニールーム、ヘッドルームともにクラストップレベルの十分にゆったりとしたスペースを確保しているので、ボディサイズが小さくなってもノートの居住性の良さはそのまま現行モデルに引き継がれているといえるでしょう。

ノートの室内空間の特徴出典:日産「ノート」室内

インパネは外へ向かって広がるような形状としたことで、広く開放感のある室内を演出。さらにセンターディスプレイと一体化したメーターによってノートならではの先進性を表現するとともに、美しさと機能性も持たせているのが特徴です。

ノートの内装

ここからは、ノートのグレードごとの内装について見ていきましょう。

部分的にグレーをあしらった「F」/「S」

部分的にグレーをあしらった「F」/「S」出典:日産「ノート」室内

「F」「S」では、ブラックを基調に、シートの一部にグレーをあしらい軽さを出しているのが特徴です。ブラックのクールさやシャープさをやわらげ、親しみやすさが加わるのでファミリーなどにおすすめでしょう。老若男女問わず使用しやすいカラーです。シート地には扱いやすいトリコットが採用されています。

部分的にグレーをあしらった「F」/「S」_02出典:日産「ノート」室内

インパネにはカーボン調の加飾をプラス。クラスを超えた上質さを演出します。

部分的にグレーをあしらった「F」/「S」_03出典:日産「ノート」価格・グレード

シフトには新デザインの電制シフトを採用しています。前後の動きだけでシフト操作ができる機能性の高さはもちろん、未来を感じさせる先進性も魅力。つやのあるピアノブラック調加飾をあしらい、質感を高め存在感を際立たせます。

本革シートの選択が可能な最上級グレード「X」

本革シートの選択が可能な最上級グレード「X」_01出典:日産「ノート」室内

最上級グレードの「X」では、標準仕様のシート地にはグラデーションストライプをあしらったトリコットが採用されています。

本革シートの選択が可能な最上級グレード「X」_02出典:日産「ノート」室内

背面から座面にかけてグラデーションをあしらうことで、「F」「S」とは異なるスポーティーさとスタイリッシュさを感じさせる室内空間に仕上げています。

さらにインナードアハンドルがメッキ仕立てになり、フロントドアのドアトリムにトリコットを採用するなど、細かい部分にもこだわり、最上級グレードにふさわしい品のある高級さを感じさせる内装です。

本革シートの選択が可能な最上級グレード「X」_03出典:日産「ノート」室内

また、「X」では本革シートの選択も可能です。

本革シートの選択が可能な最上級グレード「X」_04出典:日産「ノート」室内

滑りにくいように工夫されているので、座り心地も申し分ありません。ノートにラグジュアリーな雰囲気をプラスしたい方にはおすすめのオプションです。

なお、本革シートを選択する場合は、本革巻きステアリングホイール、カップホルダー2個付きのリアセンターアームレスト、インストロアのピアノブラック調フィニッシャーも追加され、より快適さと質感が向上します。

ノートの座席周りの収納

ドライブの際には、身の回りの品を収納しておくスペースも必要です。座席周りの収納の使い勝手はドライブの快適さを左右するので、必ず確認しておきましょう。

カップホルダー(2個)

カップホルダー(2個)出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

運転席・助手席にはそれぞれ1個ずつカップホルダーがあります。収納できるタイプなので、使用しないときは車内をすっきりと保てるでしょう。

センターコンソールボックス

センターコンソールボックス出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

現行型のノートでは、前席中央に大型のコンソールボックスを装備しています。長財布や大型の手帳などが十分入る大きさなので、工夫次第でさまざまなものが収納できるでしょう。コンパクトカーでグローブボックス以外にこうした大型の収納があるのは評価できるポイントです。

センターコンソールボックス_02出典:日産「ノート」室内

なお、最上級グレード「X」には、センターコンソールに合皮のアームレストが備わります。

センターコンソールロアボックス&ポケット

センターコンソールロアボックス&ポケット出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

センターコンソールにはロアボックスとポケットも備わっています。ロアボックスは薄型のティッシュボックスが収まるサイズです。

助手席シートバックポケット

助手席シートバックポケット出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

雑誌や地図の収納に役立つポケットです。タブレットを収納してもいいでしょう。運転席シートバックにはありません。

リアドアボトルホルダー

リアドアボトルホルダー出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

後席にもドリンクを置くスペースが確保されています。

ノートにはこのほかにもバニティミラーとチケットホルダーが付属した前席サンバイザーと、フロントセンタートレイが用意されています。なお、オプションのNissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)を追加した場合は、フロントセンタートレイの場所にワイヤレス充電器が装備されます。

ノートの荷室&座席アレンジ

ノートの荷室&座席アレンジ_01出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

ノートの荷室は広い開口部と荷室幅を確保し、荷物が積み込みやすいように配慮されています。定員の5人が乗車していても、550mm×400mm×250mmサイズのスーツケースが4個積み込めるので、ちょっとした旅行なども楽しめるでしょう。

ノートの荷室&座席アレンジ_02出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

荷室幅が広いので、画像のようにベビーカーを横倒しにして積み込むこともできます。

また、後席には全グレードに6:4分割可倒式のシートを採用しているため、座席アレンジによって荷室を拡大することも可能です。

ノートの荷室&座席アレンジ_03出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

後席の片側を倒せば、後席に1人を乗せたままゴルフバッグやスノーボードなど、ある程度の長さのあるものも収納できます。

ノートの荷室&座席アレンジ_04出典:日産「ノート」ラゲッジ・収納

また、後席すべてを倒せば広い空間が出現します。荷物の大きさや量、乗車人数に合わせてさまざまなアレンジができる使い勝手の良い荷室といえるでしょう。

メルマガ登録

先進性のある内装デザインが魅力

「e-POWER」専用車として生まれ変わった現行型のノート。走りの質感を大幅に向上させた第2世代の「e-POWER」を搭載した先進コンパクトカーにふさわしく、機能性と先進性を両立させた内装デザインが魅力です。クラスを超えた上質感も、乗る人の所有欲を満たしてくれるでしょう。コンパクトなボディながら後席の居住性はしっかりと確保されているので、狭さを感じることなくゆったりとドライブが楽しめるのではないでしょうか。

充実したカーライフを送るためには、居住性の良さは決して無視できません。車選びの際には走行性能や燃費性能と同様に内装もよく確認して、長く愛せる車を選んでください。

よくある質問

Q1:ノートの室内空間の特徴は?

A:現行型のノートは新開発のプラットフォームを採用しており、先代モデルよりも全長やホイールベースが縮小されています。その影響により室内長も短くなっていますが、それでも後席のニールーム・ヘッドルームはクラストップレベルのゆとりを確保しています。また、インパネは外へ向かって広がるような形状としたことで、広く開放感のある室内空間を実現しました。

Q2:ノートの内装はグレードによって差がある?

A:ノートは全グレードブラックを基調とした内装となっています。「F」「S」の内装は共通で、シートの一部分にグレーを取り入れ、明るさを演出しています。最上級グレードの「X」ではグラデーショントリコットをシートに採用し、上質さやスタイリッシュさをプラス。さらに「X」ではオプションで本革シートの選択も可能です。

Q3:ノートの荷室は荷物がたくさん積める?

A:ノートは広い開口部と荷室幅を確保し、ストレスなく荷物が積み込めるように工夫されています。定員5人が乗車してもスーツケースが4個積み込める広さがあるので近場への旅行などでも対応できるでしょう。なお、後席には6:4分割可倒式のシートを採用しているため、荷室の拡大も可能です。

※記事の内容は2021年4月時点の情報で執筆しています。

日産ノートの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他の日産ノートの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード