ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

質の良さと機能性が両立!オデッセイの内装を深掘り

質の良さと機能性が両立!オデッセイの内装を深掘り

出典:ホンダ「オデッセイ」デザイン・カラー

車の内装は車の快適性に関わる重要な部分です。インテリアの色使いや素材の質感、収納の使いやすさなどはドライバー以外の乗員にも大きく影響する部分のため、細かい部分までしっかりとチェックしておきましょう。

ここではインテリアや収納など、ホンダ「オデッセイ」の内装についてわかりやすく紹介します。

  • 7人乗りシートには「プレミアムクレードルシート」を標準装備
  • シートにはフッ素樹脂加工によって汚れやにおいが染み込みにくい「FABTECT(撥水撥油シート)」を採用
  • 「ABSOLUTE・EX」の7人乗り、「e:HEV ABSOLUTE・EX」では本革シートの選択が可能

オデッセイの室内空間の特徴

オデッセイの7人乗りモデルには、オデッセイの特徴ともいえる「プレミアムクレードルシート」が装備されています。これはシートバックを倒すと座面がシートバックに連動して姿勢の維持に最適な位置まで持ち上がり、深いくつろぎを与えるシートです。

大型のヘッドレストやオットマン、背もたれの中折れ機構もついているため、ゆったりとドライブを楽しめる特等席といえるでしょう。

3列目シートには3分割リクライニング機能が採用され、それぞれ角度をずらすことで大人3人でも肩がふれ合うことなく座れるように工夫されており、すべての座席で広く快適な状態でドライブが楽しめるように設計されています

オデッセイの内装

ここからは、オデッセイの内装を見ていきましょう。

ブラックでまとめた室内空間

インテリアはブラックでまとめ落ち着きを演出し、ピラーや天井にはホワイトを使用して明るさや開放感を演出。「走るラウンジ」のコンセプトどおり、ただの移動空間にとどまらない居心地の良さを追求しています。

オデッセイでは、標準仕様のインテリアデザインは収納が多少異なる程度で、グレードによる差はありません。

ブラックでまとめた室内空間出典:ホンダ「オデッセイ」デザイン・カラー

やららかいブラウンの木目調パネルがインパネやフロントドアパネルに使用され、温かみを感じさせるインテリアが魅力的です。

インパネの手にふれやすい部分にはソフトパッドを配置し、さわり心地にも配慮されています。

「FABTECT」を採用

「FABTECT」を採用出典:ホンダ「オデッセイ」デザイン・カラー

シート素材も全グレードでプライムスムース×ファブリックのコンビシートです。なお、オデッセイではシート表皮に撥水性に加え、撥油性を備えた「FABTECT」を採用しているのも特筆すべきポイントでしょう。

「FABTECT」はシート表皮に施したフッ素樹脂加工の表面張力によって水や油をはじき、シートに汚れやにおいが染み込みにくいため、小さな子供のいるファミリーにはうれしい機能でしょう。

なお、「ABSOLUTE・EX」の7人乗り、「e:HEV ABSOLUTE・EX」では、オプションで本革シートの選択も可能です。

「FABTECT」を採用_02出典:ホンダ「オデッセイ」デザイン・カラー

オデッセイのインテリアに更なるラグジュアリーさを求めるのであれば、本革シートを選択するといいでしょう。なお、本革シートを選択した場合は「FABTECT」は装備されません。

メルマガ登録

オデッセイの座席周りの収納

シート素材やインテリアの質感と同様に、収納も居心地の良さに大きく関係する部分です。ここでは、オデッセイの座席周りの収納について見ていきます。

インパネアッパーボックス

インパネアッパーボックス出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

2020年11月のマイナーチェンジでは、収納にも手が加えられ、インパネアッパーボックスが追加されました。リッド付きで収納物が見えず、車内をすっきりと保ってくれます。

運転席ドリンクホルダー(収納式)

運転席ドリンクホルダー(収納式)出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

運転席のドリンクホルダーも2020年11月のマイナーチェンジのタイミングで追加されました。ドライバーが手に取りやすい位置にあることに加え、使用しないときは収納しておけるので邪魔にならないのも評価できるポイントです。

センターコンソールリフトアップトレー(ドリンクホルダー付き)

センターコンソールリフトアップトレー(ドリンクホルダー付き)出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

オデッセイは、運転席と助手席のウォークスルーを考慮した引き出し式のコンソールトレーが装備されています。引き出した状態にすると運転席や助手席から手が届きやすい位置までリフトアップされ、使いやすさにも配慮されているのがポイント。ドリンクホルダーが2個付属します。

室内確認用ミラー付きサングラスボックス

室内確認用ミラー付きサングラスボックス出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

フロントシートの頭上にはサングラスが収納できるサイズのオーバーヘッドコンソールがあります。2列目や3列目シートの様子を確認できるミラーが標準装備されているので、後部座席の子供の様子なども振り返らずに確認することが可能です。

グローブボックス

グローブボックス出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

助手席前の定番収納、グローブボックスは大きめサイズで車検証や自賠責保険証などの書類関係に加えて薄型のティッシュボックスも収納できるサイズになっています。

フロントドアポケット/ボトルホルダー

フロントドアポケット/ボトルホルダー出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

左右のフロントドアには500mlのペットボトルが保管できるボトルホルダーと小型のポーチなどが収納できるポケットがあります。

運転席・助手席シートバックポケット

運転席・助手席シートバックポケット出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

運転席・助手席の両方のシートバックにシートバックポケットが装備されました。雑誌や新聞、観光ガイドやタブレット端末、スマートフォンなどを収納しておくといいでしょう。

スライドドアボトルホルダー/3列目シート用ドリンクホルダー

スライドドアボトルホルダー/3列目シート用ドリンクホルダー_01出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

スライドドアボトルホルダー/3列目シート用ドリンクホルダー_02出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

左右のスライドドア、3列目シートの左右にはボトルホルダーのみが装備され、ポケットはありません。

ドリンクホルダー付き2列目シートセンターアームレスト(8人乗り)

ドリンクホルダー付き2列目シートセンターアームレスト(8人乗り)出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

8人乗りシートにはドリンクホルダーが2個付属する格納式のアームレストが備わります。

センターコンソールボックス(「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)

センターコンソールボックス(「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備)_01 出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

オデッセイでは、センターコンソールボックスが装備されるのは最上級グレードの「e:HEV ABSOLUTE・EX」のみです。ほかのグレードではオプションの設定もありません。

センターコンソールボックス(「e:HEV ABSOLUTE・EX」に標準装備) _02出典:ホンダ「オデッセイ」室内空間

100V AC電源が付属するので、非常時やアウトドアなどで役立つでしょう。
なお、「e:HEV ABSOLUTE・EX」はセンターコンソールボックスのレス仕様を選択することも可能です。

オデッセイの荷室や座席アレンジ

オデッセイの荷室や座席アレンジ_01出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

オデッセイの荷室は開口部が広い上、低床設計なので荷物の出し入れがしやすいのが特徴です。上級グレードにはスマートキーを携帯してリアバンパーの下に足をかざすだけでテールゲートが開閉する「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」が搭載されます。

オデッセイの荷室や座席アレンジ_02出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

3列目シートを立てたままでも日常的な買い物などには十分な容量が確保されています。

オデッセイの荷室や座席アレンジ_03出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

3列目シートは軽い力で出し入れでき、収納すればかなりの容量の荷室が確保できます。2列目シートのシートバックを倒すとさらに大きな荷物も収納可能。

オデッセイの荷室や座席アレンジ_04出典:ホンダ「オデッセイ」荷室・収納

また、8人乗りシートでは3列目シートと2列目シートの中央席を倒せば6人が乗車しつつも長さのある荷物が収納できるなど、豊富な座席アレンジができるのもオデッセイの魅力といえるでしょう。

多彩なシートアレンジと使い勝手の良い荷室が魅力のオデッセイ

満足のいくカーライフを送るためには、エクステリアや燃費性能とともにこうした車の内装も確認しておくことが大切です。

オデッセイの荷室は座席のアレンジ次第で容量を自在に調節できる上、開口部が大きいので荷物の積み降ろしがしやすく使い勝手の良さは抜群です。座席周りの収納はそれほど多いわけではありませんが、各シートのドリンクホルダーは確保されるなど必要最低限のものはそろっているといえるでしょう。

LINEクルマの買い方診断

よくある質問

Q1:オデッセイの室内空間の特徴は

A:オデッセイの7人乗りモデルには、シートバックを倒すと座面が連動して姿勢の維持に最適な位置まで持ち上がり、楽にくつろげる「プレミアムクレードルシート」が装備されています。

また3列目シートは3席別々にリクライニングできるため、角度をずらせば大人でも肩がふれ合うことなくゆったりと過ごせるように工夫されています。

Q2:オデッセイの内装はどんな感じ?

A:オデッセイの内装デザインは全グレード共通で、ブラックを基調とし天井やピラーにはホワイトを組み合わせています。インパネなどにやわらかいブラウンの木目調パネルをあしらい、上質さや居心地の良さを演出。

Q3:オデッセイに本革シートの設定はある?

A:本革シートを標準装備するグレードはありませんが、「ABSOLUTE・EX」の7人乗り、「e:HEV ABSOLUTE・EX」では、オプションで本革シートの選択が可能です。

Q4:オデッセイの荷室や座席アレンジは?

A:3列目シートを立てたままでも日常的な買い物には十分な容量の荷室を確保していることに加え、多彩な座席アレンジによって荷室が拡大できるのも魅力です。

※記事の内容は2021年5月時点の情報で執筆しています。

ホンダオデッセイの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のホンダオデッセイの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード