ページトップへ戻る
キーワードから記事を探す
車種から記事を探す
ライターから記事を探す

プリウスの内装デザインやポケッテリアと荷室の収納力などを徹底解説!(2023年~現行モデル)

プリウスの内装デザインやポケッテリア、荷室の収納力などを徹底解説!(2023年~現行モデル)
プリウスの内装デザインやポケッテリア、荷室の収納力などを徹底解説!(2023年~現行モデル)

出典:トヨタ「プリウス」デザイン

トヨタの代表車種のひとつである、ハイブリッド専用車の「プリウス」。現行型はハイブリッド車に期待される低燃費や環境性能の高さだけではなく、感性を揺さぶるような内外装のデザインも魅力のひとつといえます。

ここでは、プリウスの内装について詳しくご紹介します。

  • 圧迫感のない室内と運転に集中しやすいコックピットを両立している
  • 上位グレードの「Z」では「グラディエントブラック」と「マチュアレッド」の2色からインテリアカラーの選択が可能
  • 全車に非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントを標準装備

プリウスの室内空間の特徴

プリウスの室内空間の特徴出典:トヨタ「プリウス」室内空間

現行型のプリウスは、薄型でスリムベゼルの「トップマウントメーター」を採用。車速などの運転に必要な情報をリングに集約して表示します。

また、「アイランドアーキテクチャー」をコンセプトに、圧迫感のない広い室内空間と運転に集中できるコックピットを両立しました。トップマウントメーターが視線を前方に誘導することに加え、コックピットはメーターを起点とし、安全確認がしやすく直感的に操作できる環境を作り上げています。

プリウスの内装

ここからは、プリウスのインテリアデザインについて見ていきましょう。なお、プリウスのグレードは一般向けの「G」「Z」に加え、法人向けグレードの「X」、サブスクリプションサービス「KINTO」専用グレードの「U」がありますが、ここでは「G」「Z」についてご紹介します。

先進性を感じさせる「G」

先進性を感じさせる「G」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

「G」のインテリアカラーは「グラディエントブラック」で固定です。ブラックとダークグレーを基調とした室内空間に、ブルーのインパネイルミネーションを組み合わせることで、プリウスらしい先進性を表現しています。

なお、このインパネイルミネーションは、信号待ちなどで先行車の発進のお知らせや、先進安全技術のひとつで走行中の歩行者の飛び出しなどのリスクを先読みし減速支援や操舵支援を行う「プロアクティブドライビングアシスト」が作動対象を検出したときなどに注意喚起する「イルミネーション通知システム」としても機能します。

先進性を感じさせる「G」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

シート表皮は上級ファブリック。また、シートとインパネの加飾はニュアンススティールです。シフトノブにはサテンメッキ加飾をあしらい、上質感も表現しています。さらに、前席には3段階で温度調節が可能なシートヒーターが備わります。

インテリアカラーが2色から選択できる「Z」

インテリアカラーが2色から選択できる「Z」出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

上位グレードの「Z」では、インテリアカラーが「グラディエントブラック」と「マチュアレッド」の2色から選択できることに加え、シート表皮はより上質な合成皮革になります。

「グラディエントブラック」は「G」と同じカラーリングですが、「マチュアレッド」ではベースがブラックで、インパネイルミネーションはレッド、インパネとシート加飾はアナダイズドレッドに。

乗り込んだときに気分が高ぶるようなブラック×レッドのカラーリングが新しいプリウスの魅力を引き出しています。現行型プリウスのコンセプトのひとつ「感性に響くエモーション」を体現するカラーリングといえるでしょう。

また「Z」はオプションで手動サンシェード付きのパノラマルーフが選択可能です。大型パノラマルーフが室内に爽やかな光を取り込み、別次元の開放感を演出します。

なお、この「Z」には室内の空気環境を快適な状態に導く「ナノイーX」や、シート表皮の熱を吸い込んで冷涼感をもたらすことで暑い時期でも快適に過ごせる「前席シートベンチレーション」など、ドライブの快適性を向上させるさまざまな装備が搭載されています。

さらにドライバー2名分のシートポジションを記憶し、再現する「運転席シートポジションメモリー」や、乗り降りの際に自動で運転席をスライドさせ乗降性を高める「運転席オートスライドアウェイ」などもあります。

インテリアカラーが2色から選択できる「Z」出典:トヨタ「プリウス」機能・性能

スマートフォンと連携して利便性を高めるディスプレイオーディオは全車に標準装備ですが、「G」では8インチタイプであるのに対し、「Z」では12.3インチの大型のディスプレイを備えたものになり、視認性や操作性もワンランク上となっています。

プリウスのポケッテリア

プリウスのポケッテリア出典:トヨタ「プリウス」デザイン

座席周りの収納の充実度や使い勝手も、ドライブの快適性を左右します。そのため車選びの際には必ずチェックしておくべきポイントといえます。

プリウスでは、フロントコンソールに深さのある安定性の高いフロントカップホルダーが2個備わります。その前にはフロントコンソール2段トレイ(上段はマット付き)があり、スマートフォンやガムなどの小物が収納できます。

さらに内側にType-Cの充電用USB端子が2個備わるセンターコンソールボックスがあるので、タブレットやスマートフォンなどを充電することが可能。助手席前のグローブボックスには照明が備わっているので、暗い場所でも収納物が探しやすいメリットがあります。

このほか、ボトルホルダー付きの前後ドアポケット、助手席シートバックポケット、カップホルダー2個付きのリアセンターアームレストなどのポケッテリアが全車に標準装備です。

プリウスのポケッテリア出典:トヨタ「プリウス」価格・グレード

また、上位グレードの「Z」には、ワイヤレス充電器が備わるので、ケーブルなしでドライブ中に手軽にスマートフォンが充電できるのはうれしいポイントではないでしょうか。

なお、プリウスでは全車に非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントがセンターコンソールに1個、荷室左側に1個、計2個備わっています。停電などの非常時にプリウスの走行機能を停止したまま電気製品が使用できるので、万が一の備えとしても心強い存在となるのではないでしょうか。

窓とドアを閉めたまま給電するための「外部給電アタッチメント」の設定もあります。

プリウスの荷室・シートアレンジ

プリウスの荷室・シートアレンジ出典:トヨタ「プリウス」機能・性能

ハイブリッド車は、バッテリーを搭載するため荷室容量が小さくなりがちです。しかしプリウスでは荷室床面を最大限まで下げることで、定員乗車時の荷室容量410Lを確保。複数のスーツケースが収納できるサイズ感なので、日常的な買い物はもちろん、旅行などのレジャーでも活躍してくれるでしょう。また、荷室開口部は直線的で大きな荷物も出し入れしやすいように工夫されています。

プリウスの荷室・シートアレンジ出典:トヨタ「プリウス」機能・性能

さらに、6:4分割可倒式のリアシートを採用しているので、リアシートをすべて倒すと広々とした荷室空間が確保できます。また、リアシートの片側のみを倒して楽器やスノーボードなどの長さのある荷物を積み込むこともできるので、乗車人数や荷物の大きさ、量に合わせてフレキシブルなアレンジができます。

シンプルながらも乗ることが楽しみになるような質の高い内装デザインが魅力

現行型のプリウスは、燃費や環境性能一辺倒ではなくデザイン性や走りにも磨きをかけています。アクセントとなるブルーやレッドのインパネイルミネーションなど気分が上がるようなアイテムもあり、乗る度に満足感が得られるような内装であることに加え、上位グレードには快適装備も多数あるので満足度の高いカーライフが送れるのではないでしょうか。

よくある質問

Q1:プリウスの室内空間の特徴は?

A:「トップマウントメーター」を起点に、安全確認がしやすく運転に集中できるコックピットと、圧迫感のない広く快適な室内を両立させています。

Q2:プリウスの内装はどのような感じ?

A:現行型ではブラックをベースに、アクセントとなるインパネイルミネーションなどをあしらって、乗る度に気分が盛り上がるような上質感のある内装となっています。なお、「G」のインテリアカラーは「グラディエントブラック」で固定ですが、上位グレードの「Z」では「グランディエントブラック」と「マチュアレッド」の2色から選択可能です。

Q3:プリウスの荷室は荷物がたくさん積める?

A:プリウスの定員乗車時の荷室容量は410Lあり、複数のスーツケースなども積み込めるので旅行などのレジャーでも安心です。また、6:4分割可倒式のリアシートを採用しているため荷物の大きさや乗員の人数に合わせて荷室を拡大することもできます。

※この記事は2023年3月時点の情報で制作しています

トヨタプリウスの新車カーリース情報
関連するカーリース情報
その他のトヨタプリウスの記事
関連記事
カーリースお役立ち記事
車種から記事を探す
人気記事ランキング
注目のキーワード
閉じる

LINEでクイズキャンペーン